佐藤よしのり さん プロフィール

  •  
佐藤よしのりさん: 福島県議会議員 佐藤よしのり Official Site
ハンドル名佐藤よしのり さん
ブログタイトル福島県議会議員 佐藤よしのり Official Site
ブログURLhttp://www.yoshinori.link/category/blog/
サイト紹介文ふくしまの未来のため「若さ、行動力、実行力」で皆様とともに福島県と会津の明日を創って参ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/04/15 01:13

佐藤よしのり さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • JR只見線復旧後の利活用プラン【私案】
  • JR東日本が今月15日、2011(平成23)年7月に発生した新潟・福島豪雨によって不通区間となっている只見線の会津川口−只見駅間について、6月から復旧工事に着手することを発表しました。いよいよ6月15日に起工式が行われ、完成は2021年度の予定です。 さて、この復旧工事には約81億円が必要とされており、2/3の約54億円を県と会津地方17市町村、残り1/3の約27億円をJR東日本が負担します。 復旧後は、福島県が線路や駅舎などの [続きを読む]
  • 衆議院解散!なぜ万歳と言うのか?
  • 本日、衆議院が解散した。 毎回、恒例であるが解散時には議場で議員が「万歳!万歳!万歳!」と声を上げる。 なぜだろう? 解散と同時に議員は失職となり、次の選挙に勝たなければ再び戻ることはない。 普通に考えれば「えらいこっちゃ!!」となるはず。 昔からの慣例のようだが、合理的な理由がないとのことから小泉進次郎代議士はやらないらしい。 そこで、調べてみました。 さかのぼること明治30年の第11回帝国議会解散時、 [続きを読む]
  • 県政報告会「七夕のつどい」を開催
  • 7月7日(金) ルネッサンス中の島にて、県政報告会を開催いたしました。 当日は、今井絵理子参議院議員を特別ゲストに迎え、お忙しいなか菅家一郎衆議院議員、元法務大臣岩城光英先生、室井照平会津若松市長にも駆けつけていただきました。自身の活動報告に加え、会津地域の様々な重要課題に対する必要な取組と展望を説明いたしました。 会場に足をお運びいただきました多くの皆様に深く感謝しております。 これからも会津地域の [続きを読む]
  • 奥会津・南会津活性化(私案)
  • 平成23年7月に発生した福島・新潟豪雨災害によって川口〜只見駅間が不通となっていた只見線について、JR東日本が鉄路存続を決定し、昨日福島県と基本合意しました。 今後は、利用客数を増やして持続可能な路線とすることが課題です。 社会人となって十数年、会津地域をくまなく営業していた時から、「南会津・奥会津の欠点」は車以外に周遊観光ができない事にあると考えていました。南会津の旧田島町と奥会津の只見町を繋ぐこと [続きを読む]
  • 伊東正義先生のご命日
  • 今日は、敬愛する故伊東正義先生のご命日。 毎年この日は、お花をお供えしてご供養させていただいておりますが、朝から忙しい一日であったため、夕方の日没前に何とか間に合うことができました。 お顔をよーく見れば、西日が照らすそのご尊顔には、左目に一筋の涙のようなものが覗えます。 いまの政治を懸念されているのか。はたまた、いまの会津の状況を憂いていらっしゃるのだろうか。 東京では都議選を前に、これまで散々世話に [続きを読む]
  • 憲法記念日にあたって
  • 今日は、憲法記念日。 今年は、現行憲法が施行されて70年目の節目を迎える。 日本国憲法は、近代憲法の中で14番目に成立した憲法だが、日本国憲法より前の13か国の憲法は既に幾度も改正しており、その意味で我が国の憲法は「世界最古の憲法」ともいえる。 さて70年もの間、金科玉条の如く大事にされてきた我が国の憲法だが、時代が移りゆくなかで不適応かつ国民が不利益となるようなことも発生してきている。 その代表例が [続きを読む]
  • 日本農業「第一の標的」
  • 最近、原田伊織著「官賊と幕臣たち〜列強の日本侵略を防いだ徳川テクノクラート〜」という本を読んだ。 この本は、幕末以前の史実を勝者の論理で上書きしたような官製歴史書やそれを踏襲した現代の教科書を良しとせず、誤った歴史教育に一石を投じるものとして論じている。 私は、学生のころから表面的な歴史の教科書が大嫌いで、この手の「逆説・日本史」や「日本史雑学」、「江戸庶民文化」といった本を好んで読んできたので、七 [続きを読む]
  • 東日本大震災七回忌
  • あの日から6年が経ち、今年も各地で追悼式が執り行われている。 直接津波に襲われ被害に遭われた人々、原子力災害によって故郷を奪われた避難者、風評被害と戦っている生産者。 震災はいまも続く。 ・・・が、しかし、生きている我々には未来がある。 少しずつ少しずつ止まった時計の針を進めようと、この春には帰還困難区域を除いて避難指示が解除される。 変化は、困惑と混乱をもたらす。様々な課題も浮き彫りになってくるであ [続きを読む]
  • 北朝鮮核開発の本当の脅威とは
  • 本日、県庁で行われていた要望聴取会の最中、北朝鮮が5回目となる核実験を強行したという知らせが入った。 しかも、これまでの爆発の規模を上回る結果ということなので、着実に性能を伸ばしていることは言うまでもない。 いよいよ、核弾頭の小型・軽量化による弾道ミサイルへの搭載が現実味を帯びてきており、当然ながら日本をはじめ各国首脳は怒りを露わにして非難の声明を行っている。 さて一連のミサイル発射と核実験が意味す [続きを読む]
  • 福島大学農学類
  • さて、ここ二、三日、議会や選挙運動の活動のほかに、福島大学農学類に関する動きも慌ただしく動いております。私は、均衡ある県全域の発展と、農業という地域性や気候など、その学問を修める上で幅広い実地研修が伴う特殊性を考え、分散立地(サテライトキャンパス)の必要性を強く感じてます。 その思いを同じくする教授から、28日火曜日に連絡が入り、木曜日(今日30日)に場所を決定するかもしれないと報告を受けました。 一昨 [続きを読む]
  • 福島県における参院選とEU離脱
  • と、いう表題でキャッチしてみた。 英国の国民投票によるEU離脱は、イギリス国内のみならず世界に衝撃と混乱を与えた。 ところがその結果に、離脱賛成票を投じた有権者自身が「まさか本当に離脱するとは思っていなかった」などと、今さら後悔を口にする声も多い。 さて今回の参院選... 福島県にとっては、野党候補を選び政権与党を否定「離脱」するのか、それともこれまでの復興の路線を「継続」して与党候補の【いわき光英】 [続きを読む]
  • 過去の記事 …