cafeape さん プロフィール

  •  
cafeapeさん: Once-in-a-lifetime chance
ハンドル名cafeape さん
ブログタイトルOnce-in-a-lifetime chance
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/cafeape
サイト紹介文全身にリアルに感じた自遊日々記 シルバー文鳥❤30gと少し×2 の生活
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2011/04/15 18:00

cafeape さんのブログ記事

  • ガーデンフェスティバル2018 in 辻堂。
  • 天気予報も秋晴れ、雨雲予想の雲もなく、晴れだ晴れだと颯爽と出掛けた2度目ましてのガーデンフェス。超雨男の二人に声を掛けてしまったせいか、どんより雲と小雨と北風。。。それでもどうにか晴れ間も時々、陽気な音楽、美味しい食事とビール、少々遠いのが難点だけど、きっとまた来よう?? [続きを読む]
  • おおまさり。
  • 昨年食べて感動した大粒落花生『おおまさり』今年は千葉の奥地で収穫体験。 大粒の良さそうな粒を!と選り分けてると段々無口になっていく性で二人に笑顔はなく。。。圧力鍋ver.と普通鍋ver.での食感の違いに驚愕!(茹40分・圧5分+10分)採れ立てのおおまさりは憧れの『緩衝材』仕様としても。。。 [続きを読む]
  • 実りの秋。
  • 『ふるさと』から山盛りの旬。感謝。季節を感じさせてくれる食べ物、匂い、空気、色、イベントなんかもありますが、かつて我が家の夏といえば!の『代表チーム』今年は春、夏、そして秋までも堪能させて頂いております!感謝感謝。。カボチャって寝かした方がいいのかな? [続きを読む]
  • ふるさと便。
  • 収穫や荷造りの様子を思い浮かべて、ニヤニヤしてしまう。届いた野菜で季節を感じ、どう生かすかを巡らし、幸福感で満たされる。(思い)があれば「ふるさと」ってことでいいですよね? [続きを読む]
  • 季節の便り。
  • 割りと安くて利用しているスーパーで4個入168円で売られていて、まだちと高いかな?と買わずに帰ってきたところで、山盛りの茗荷が到着??恒例となりつつあるのが、ありがたいやら、申し訳ないやら。。。緩衝材に小梅や茗荷を使うって、なかなかの贅沢ですよ!!(^o^;) [続きを読む]
  • 未知との遭遇。
  • 福の島からピクミン?的な鮮やかな果実【品種名ビックリグミ】が到着(☆。☆)なんとも言えない感触の、プニプニの、触ったこと有りそな、無さそうな、まずはそのままで、パク、パク、酸っぱい、あ、さっきより甘い、何かに似てる、何だ、?、パク、?、パク、種がでかい、パク、、、このままパクパクしても勿体ないので、梅干しの実を削ぐように包丁で種と実を分け、砂糖一匙加えてジャムというか、ソースに。ちょうど晩飯に準備し [続きを読む]
  • 小象 in 7th floor。
  • 何かの舞台の幕前に見かけた切りだったフォークシンガー小象。まさかのメジャーデビュー?大堀さん好きなんで来ちゃったけど、小箱のライブハウスって独特?着席でピザとか丼もの食べながら〜ゆるーい感じで始まって笑いっぱなしの第一部からの意外なエンディング。ふざけてる大人が好きなのはみんな何周も回った上でふざけてるからなんだよね。 [続きを読む]
  • 誕鰻。
  • 小江戸川越でサプライズ鰻重。コエド伽羅と出汁巻玉子で乾杯からのう・な・ぎ。昨夜のヘビー級ディナーが嘘のように、箸が進む美味さでございます。真夏のような日差しの川越を散策しコエドの限定(シンレン)、毬花、 帰宅後の風呂上がりの毬花、 どれも美味い‼? [続きを読む]
  • 誕グルマン2018。
  • 誕生日の前夜は初夏のシュングルマン。味覚の秋冬を狙いがちなもんで、春夏は久しぶり。肉屋のポテトサラダテットドヴォーのサラダ仕立てブルギニヨンバターで和えた牛ホルモンとアワビ茸と枝豆カダイフで包んで焼いたフォアグラのパルフェととうもろこしを仔鳩ラグーで冷製ボロネーゼ やまつ辻田さんの山椒風味(『傾奇者』使用)前菜は−,とか、メインだから−,とかでバランスを考えがちなところ、一皿一皿に全力をかけ過ぎち [続きを読む]
  • 平成の三社祭。
  • 平成最後の三社祭。昨年、一昨年より、少しでも多く神輿を担ぎたいと思ってはいたもののやっぱり柔な素人にはナカナカ。不格好ながら、それでも踏ん張り歩いた数歩と肩の痛みはまた格別。諸々の事由で、今年最後なんて噂もチラホラ。バランスの取り方を見失いかけ過ぎてるこの国には『粋』と『文化』は必要なんじゃないかと。 [続きを読む]
  • 切られの与三。
  • 渋谷・コクーン歌舞伎第十六弾『 切られの与三 』瀬川如皐 作「与話情浮名横櫛」より補綴:木ノ下裕一演出・美術=串田和美出演=中村七之助、中村梅枝、中村萬太郎、中村歌女之丞、中村鶴松、真那胡敬二、笹野高史、片岡亀蔵、中村扇雀 ジャズのような生演奏が流れてもコクーン歌舞伎じゃ驚かないが、流れる世界は何とも言い難い。立ち役の七之助演じる与三郎の線の細さと頼り無さがモヤモヤしたまま芝居が進む。自らの運命を受け [続きを読む]
  • 横浜フリューリングスフェスト。
  • 数年ぶりのフリューリングスフェストー。いい出会い、ありました!ビールの里・遠野『東北魂的IPA ver.ZUMONA』震災後に東北地方のビール醸造所が集まり発足した「東北魂ビールプロジェクト」の第8段ということだけど、復興とか東北とか関係なくハッとする美味さ!横浜ブルワリー『苺ウィートエール』神奈川産の朝摘み完熟苺を使用し、香りは最大限に苺なのに甘くなく、しっかり華やかなビール今年もイロイロ飲み進めてますが、正 [続きを読む]