晋 さん プロフィール

  •  
晋さん: 親健整体院・新宿3丁目
ハンドル名晋 さん
ブログタイトル親健整体院・新宿3丁目
ブログURLhttp://sinken55.jugem.jp/
サイト紹介文新宿3丁目整体院 肩こり腰痛筋肉疲労、減退、などでお悩みの方 お勧めです。
自由文50分5000円基本コース
80分8000円重点コース
午後2時から午後9時まで
電話予約制
070-5558-7491
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/04/17 15:10

晋 さんのブログ記事

  • 体調管理
  • 「季節の変わり目にはめまいがする」「天気が崩れる前には頭痛がする」など、気象の変化によって持病が悪化することを「気象病」と呼んでいます。その中でも、うつや不安といった気分障害にまつわるものや精力減退は低気圧が続... [続きを読む]
  • いわゆるサドル領域
  • 陰茎に信号を送る神経が損傷を受けるとEDが起こる可能性があります。糖尿病も、動脈硬化を引き起こすことに加えて、陰茎を支配する神経に影響を与えることがあります。 EDを引き起こすあまり一般的ではない神経の病気には、脊髄損傷、... [続きを読む]
  • 腰痛
  • 脊髄とは頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙骨、尾骨から構成がされています。勃起をおこす仕組みに関わってきますが脳で性的興奮を感じた刺激が脊髄に通ります。脊髄下部には勃起中枢が存在し、勃起中枢が刺激を受けると仙骨にあ... [続きを読む]
  • ストレス
  • 確かに歳を重ねるとEDになる割合は高くなります。しかし、最近は歳のせいだけではないことがわかっています。知らず知らずのうちにストレスをためていたり、不規則な食事を続けていたり、車での通勤による運動不足、連日のお酒... [続きを読む]
  • 股関節周辺の筋肉
  • 「男らしさ」を支える筋肉のなかでも、年齢を重ねた男性が特に注目すべきなのが、股関節周辺の筋肉である「内転筋」。カッコいい立ち姿をキープするのに欠かせないほか、精力アップにも役立つという [続きを読む]
  • お休み連絡
  • 梅雨は自律神経を不安定にさせるこの自律神経の不安定は勃起や精力と関係している。自律神経には交感神経と副交感神経という2種類あるんだが、簡単に言えば交感神経(緊張状態)、副交感神経(リラックス状態)ということ。... [続きを読む]
  • 最も細いのが血管
  • 「精力減退の原因には、精神的ストレス、うつに加えて、加齢男性性腺機能低下症候群などが考えられ、最近は、動脈硬化など心臓血管障害の初期症状としても注目されている」 動脈硬化が進むと心臓に血液を送る冠動脈が狭くなって狭心症を起... [続きを読む]
  • 目からくる
  • 目からくる眼精疲労は体の疲れでもあります。体が疲れているわけですから、男性機能にも少なからず悪影響を与えていると考えても良いでしょう。睡眠の質や精神的ストレスにも良くないといわれている就寝前のスマホ。暗い部屋で... [続きを読む]
  • 冬と冷え
  • 体が冷えると全身の血流が悪くなります。血液は体中に酸素や栄養素を運ぶ役割をしているため、免疫力や自律神経にも影響が出てきます。そして、もっと怖いのが男性ホルモンの分泌の低下。男性ホルモンが少なくなれば... [続きを読む]