太郎 さん プロフィール

  •  
太郎さん: 和田心理カウンセラー!!
ハンドル名太郎 さん
ブログタイトル和田心理カウンセラー!!
ブログURLhttp://sougaku.at.webry.info/
サイト紹介文神経症の皆様へ! こころの安定を求めるサロンです。
自由文こころ系の皆様へ

日々、強迫神経症というモンスターと対峙され、さぞお疲れでしょう・・・

こころの安定の一助になればと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2011/04/17 20:07

太郎 さんのブログ記事

  • ■ プラハの春
  • 旧チェコスロバキアで1968年、民主化を求める運動が全土に広がった。しかし、旧ソ連ブレジネフ共産党政権はチェコのアレクサンデル・ドプチェク党第1書記が主導する自由化路線(通称「プラハの春」)を許さず、ワルシャワ条約機構軍を派遣し、武力で鎮圧した。あれから今月20日で50年目を迎える。 [続きを読む]
  • ■ 社会システム 家庭
  • 上智大学文学部新聞学科の水島宏明教授が指導する「水島ゼミ」は、大学生に小さなビデオカメラを持たせ、この世の中にある何らかの社会問題を映し出すドキュメンタリーの作品づくりを指導している。若者たちが社会の持つリアリティと向き合い、最前線で活動する人々と出会うことによて、社会の構図や真髄を自ら把握していってほしいという取り組みだ。そんな若者たちの10章のドキュメンタリーをまとめたのが『想像力欠如社会』(弘 [続きを読む]
  • ■ 社会システム 不正
  • ソフトバンク特典東京医科大幹部ら入試加点に関与 受託収賄7/5(木) 10:411437 日本テレビ系(NNN)エラーコード:1002100ご利用の環境では、映像を快適にご視聴できない可能性があります。詳しくはヘルプをご確認ください。Nippon News Network(NNN)文部科学省の前局長が、東京医科大学に便宜を図る見返りに、自分の息子を合格させてもらったとして逮捕された事件で、東京医科大学の幹部らが点数の加算に関わっていたことがわかっ [続きを読む]
  • ■ 社会システム いじめ
  • 小5女児自殺はいじめ要因 蹴られ、仲間はずれ 兵庫・多可の第三者委調査報告書産経新聞 7/2(月) 17:03|Yahoo!ニュース TwitterFacebookLINE 兵庫県多可町で昨年5月、小学5年の女子児童=当時(10)=が自殺した問題で、町教委が設置した第三者委員会は2日、調査報告書を公表した。女児が同級生から蹴られたり、仲間外れにされたりするなどのいじめがあったと認定し、自殺の要因の一つがいじめだったと結論づけた。 [続きを読む]
  • ■ 社会システム ひきこもり
  • 人とは違う見た目のため、好奇の目にさらされ、学校や就職、結婚で差別にあう「見た目問題」。上映中の映画「ワンダー 君は太陽」では、遺伝子の疾患で顔が変形した10歳の少年オギーが、見た目に悩む姿が描かれています。この映画を鑑賞した江原小学校(東京都中野区)の6年生68人が6月下旬、特別授業で、オギーと同じ疾患を持つ大学院生、石田祐貴さん(25)と交流しました。(朝日新聞文化くらし報道部記者・岩井建樹) [続きを読む]
  • ■ 通り魔
  •  自らの命を犠牲に、刃物を振り回す男から乗客2人の命を救った梅田耕太郎さん。勇気ある行動をとった彼の半生を振り返りたい。元同僚や同級生が明かした、知られざるエピソードを紹介する。刺されても立ち向かった [続きを読む]
  • ■ 不安感 うつ病
  • うつ病を治療しないで放っておくと、どうなるのでしょうか? 治療しないと他の病気と同じように、うつ病の症状も次第に悪化していきます。そして、状態が悪くなってから治療をはじめても、治療の成果がなかなか上がらず、治療の期間も長くなってしまいます。また、うつ病はきちんとした治療をしないと、今は何とかふんばって仕事を続けていたり、家事をすることができていても、徐々にからだを動かすのが億劫になったり、自分の殻 [続きを読む]
  • ■ 社会 犯罪
  •  「私は無実無罪でございます。検察側の主張は架空の事実で、証拠は捏造(ねつぞう)です。非常に腹立たしい」−。昨年3月、千葉県松戸市立六実(むつみ)第二小3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)、ベトナム国籍=が殺害された事件の裁判員裁判で、死刑を求刑された元同小保護者会長の渋谷恭正被告(47)は表情を変えることなく、逆に捜査当局による捜査の非を訴えた。 [続きを読む]
  • ■ 事件
  • 渋谷被告「面倒くさい事件が…」次々遺族逆なで発言日刊スポーツ 6/15(金) 9:52|Yahoo!ニュース TwitterFacebookLINE 千葉県松戸市のベトナム国籍の小学3年生レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判第8回公判が14日、千葉地裁で開かれ、初めての被告人質問が行われた。事件は警察の捏造(ねつぞう)として無罪を主張する渋谷被告は、遺族の [続きを読む]
  • ■ 袴田事件
  • 1966年に静岡県で一家4人が殺害された事件で、東京高裁は11日、死刑が確定した袴田巌さん(82)の再審開始を認めない決定をした。高裁で決定を出したのは大島隆明裁判長(63)。77年に司法試験に合格し、80年に弁護士登録した後、翌81年に岡山地裁で判事補になった。東京、横浜地裁で部総括判事を歴任したほか、金沢地裁所長などを務め、2013年8月から現職。来年7月に定年を迎える。 [続きを読む]
  • ■ 虐待
  •  東京都目黒区で3月に船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が父親から殴られた後に死亡した事件で、一家が香川県から都内に転居して来た1月以降、結愛ちゃんが外出した形跡は1回しかないことが6日、警視庁捜査1課への取材で明らかになった。同課は父親で無職の雄大(33)、母親の優里(25)の両容疑者(保護責任者遺棄致死容疑で逮捕)が虐待の発覚を恐れて外出させなかったとみている。 [続きを読む]
  • ■ 社会システム 虐待
  • 子どもの虐待に関するニュースを見聞きすることが多いですが、加害者から「しつけの一環だった」という声が聞かれることがあります。しかし、本来、しつけと虐待はまったく違うものなのです。子どもの虐待事情に詳しい山梨県立大学教授の西澤哲先生にしつけと虐待の違い、そして子どもの虐待についてお話を伺いました。しつけは「セルフコントロール力」を身に付けさせるもの [続きを読む]