泰將庵 さん プロフィール

  •  
泰將庵さん: 木工房《泰將庵》のブログです
ハンドル名泰將庵 さん
ブログタイトル木工房《泰將庵》のブログです
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/taishouanmost
サイト紹介文泰將庵という木工房で作った木工品(組木・木彫・木製玩具・額縁等)の展示ブログです。
自由文工房で作成したものを、訪問者に見て頂きコメント等をもらえると、制作の励みになります。6畳間の工房ですから、作品は小物ばかりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/04/17 22:00

泰將庵 さんのブログ記事

  • 日の目を見た『ザクロのレリ−フ』完成!
  • 『ザクロのレリ−フ』が完成しました!先日アップしたザクロのレリ−フですが、着色を終え・・・・雨と曇りの愚図ついた天気の数日。今日は久し振りに青空も見え、最後の塗装を終えることが出来ました。写真の撮り方で左が短く見えますが、  全体は長方形です。ランキングに参加しています。                  ↓のボタンを & で応援してくださいね! [続きを読む]
  • やっと日の目を見るか?木彫レリ−フ『ザクロ』
  • いつ彫り始めたのだろう・・? 日記を調べてみると何と3月21日。彫り始めた時は、「これは面白い作品になりそう!」と思っていたのに・・・・あれでつまづき、これであきらめ・・・・暫く手につかず。葉っぱが沢山あって、間を深く彫るのも大変だ〜!彫刻刀も切れが悪い・・・研磨機も調子が悪い・・・等と理由を付け他の依頼品があるとそっちを優先したり・・・・もう止めようかなど思った事も度々。こんな事ではいかん!折角作 [続きを読む]
  • 二度目の台湾旅行・・へ〜〜という事が
  • 二度目の台湾旅行・・へ〜〜という事がありました。20数年前に台北・花蓮へ旅行しました。ツア−だったはずなのに参加者は私たち家族3人だけ。添乗員もつかず、空港でチケットその他を渡され台北にて現地係員に会うまで心配。ここで良いですよと言われて乗り込もうとした飛行機が、花蓮行きではなく金門島行きでヒヤヒヤした旅だったことを覚えています。そんな経験から今回は添乗員付きの台湾旅行に行ってきました。コ−スは福岡 [続きを読む]
  • 依頼を受けて『武者飾り』を作る。
  • 「暇だ〜、何も作るものが無い〜」とブログに書いていたら .知人から、それなら私の息子の為に『武者飾り』を作って〜と依頼がありました。どんなのが良いのか分からず、いくつか候補を挙げた中から・・・・『武者段飾りが良いで〜す』・・・メ−ルで依頼を受けました。作ったことないけど遊プランの『個人的に組み木を作ってみたいという方は著書から図面をコピーしてご使用ください。』という有難いご配 [続きを読む]
  • 時計練習盤を作りました。
  • もうすぐ4歳の孫が、保育園で『とけいのほん』(内容は針の読み方)を2度も借りてきました。よほど興味をひかれたのでしょうか? 親も何で?という感じでした。読み聞かせましたが、まだちょっと解らないみたいです。途中で読むのを止めようかなと思いながら、最後まで読みました。「もう一回読んで!」と言うので、「難しいやろう?」と訊きました。「うん!」と言いましたが、願いに答えてもう一度読んでやりました。子どもたち [続きを読む]
  • こんなオモチャのドミノ牌はいかが?
  • 孫の誕生日プレゼント用の積み木、そのオマケで作ったドミノ牌です。ドミノ牌の公式の大きさは、46×23×8だそうです。オモチャにしては小さすぎるので、少し大きめの60×30×8にしました。長方形の物ばかりだと幼児には面白みが湧かないと考え、アニメのキャラクタ−に登場してもらいました。孫はプリキュアが好きですが、絵を描くのはちょっと面倒なので、少し前に好きだったアンパンマン達に登場してもらいました。(営業用では [続きを読む]
  • 積み木完成
  • 切って紙やすりがけして・・着色塗装(オスモカラ−)して完成しました。ビ−玉が転がる溝部品を含めて47ピ−ス。収納ケ−スは、きちんと納める木箱より実用的だと思い百均で買ってきたカゴにしました。特に計ったわけでもないのに、キチンと収まりました。ラッキ−!さあ!どう遊んでくれるか・・・あっという間に飽きちゃうでしょうか?誕生日までは、あと一か月。+αでドミノ牌を作っています。ランキングに参加しています。  [続きを読む]
  • 孫二人の為の積み木
  • 上の孫が3歳10か月、下の孫が2歳になったばかりの共に女の子。そろそろ下の子が、お姉ちゃんのおもちゃにも興味を示し、油断すると奪い合って取り合い!上の子の誕生日は6月29日、その日に合わせてビ−玉を転がせる溝付き積み木を含んだものを作ろうと考えました。下の子が何でも口に入れてしまう時期をやっと通過したようなので、そろそろ良いかなと思った次第です。取り合っても良いように沢山作らなきゃと頑張っています。材 [続きを読む]
  • 『雪の大谷』開通初日に行ってきました!
  • 6年前に利尻・礼文のツア−に参加後、自分で宿も交通機関も予約し単独で観光旅行をしてきました。しかし、昨年も雪の大谷を計画したのですが、団体優先で個人では時間の計画が難しいと知り断念して、安曇野周辺を自転車で回る旅行に替えました。そんな理由で、今回は開通初日のツア−を申し込み行って来たという次第です。扇沢に近づいた安曇野辺りから北アルプスの雪を被った常念岳もハッキリ見える素晴らしい天気でした。(こん [続きを読む]
  • 今頃になって、やっと干支のストラップ
  • 今年は作らないことにしていましたが、作りたいものを思いつかないので、自分と家内の車2台のルームミラ−に取り付けるため、2個の酉のストラップを作りました。モデルは土鈴。糸鋸で切り取って片面は両面テ−プで板に固定し彫刻刀で彫ります。残りの反対面は、くぼみを作った板に両面テ−プで固定し(強い固定は期待できない)彫ります。着色し透明塗装して出来上がりです。『ガオ』近くのパチンコ屋の屋上に載せてあるライオンを [続きを読む]
  • 今頃になって、やっと干支のストラップ
  • 今年は作らないことにしていましたが、作りたいものを思いつかないので、自分と家内の車2台のルームミラ−に取り付けるため、2個の酉のストラップを作りました。モデルは土鈴。糸鋸で切り取って片面は両面テ−プで板に固定し彫刻刀で彫ります。残りの反対面は、くぼみを作った板に両面テ−プで固定し(強い固定は期待できない)彫ります。着色し透明塗装して出来上がりです。『ガオ』近くのパチンコ屋の屋上に載せてあるライオンを [続きを読む]
  • 鳥の巣にわが家のハンガ−
  • 先日、何気なく外を眺めていると、一羽の鳥が何か変な形の物をくわえて飛んで行く光景が目に入りました。「何だろう?」とよくよく見てみると、『金属製のハンガ−』、まさか?という感じでした。数日後、家内から「ベランダのハンガ−知らない?」と尋ねられ、あっ!あの時の鳥の仕業だと直感しました。何と10本全て持って行かれていました。前の公園の隅にある電柱に大きな鳥の巣が作られていました。下から見上げていると、まだ [続きを読む]
  • 鳥の巣にわが家のハンガ−
  • 先日、何気なく外を眺めていると、一羽の鳥が何か変な形の物をくわえて飛んで行く光景が目に入りました。「何だろう?」とよくよく見てみると、『金属製のハンガ−』、まさか?という感じでした。数日後、家内から「ベランダのハンガ−知らない?」と尋ねられ、あっ!あの時の鳥の仕業だと直感しました。何と10本全て持って行かれていました。前の公園の隅にある電柱に大きな鳥の巣が作られていました。下から見上げていると、まだ [続きを読む]
  • ステンドグラス調の木製ランプに挑戦・・完成
  • アクリルカラ−を裏側から塗りました。裏側から塗るか表側から塗るか迷いましたが、塗って乾くと艶が無くなるために裏側から塗ることにしました。塗ると言っても、ただ筆で塗るだけではガラスらしくならず筆の後がモロに出てしまいます。少し薄めに溶かした絵の具を、穂先でチョンチョンと載せる感じが良いことに気付きました。ブドウの紫も青に赤を混ぜて作りましたが、写真の色は実際とは違う青みがかったものになっています、残 [続きを読む]
  • ステンドグラス調の木製ランプに挑戦・・完成
  • アクリルカラ−を裏側から塗りました。裏側から塗るか表側から塗るか迷いましたが、塗って乾くと艶が無くなるために裏側から塗ることにしました。塗ると言っても、ただ筆で塗るだけではガラスらしくならず筆の後がモロに出てしまいます。少し薄めに溶かした絵の具を、穂先でチョンチョンと載せる感じが良いことに気付きました。ブドウの紫も青に赤を混ぜて作りましたが、写真の色は実際とは違う青みがかったものになっています、残 [続きを読む]
  • ステンドグラス調の木製ランプに挑戦
  • 切り絵に続いて、木でステンドグラス調の物は出来ないだろうかと挑戦してみました。窓にはめ込む様な平板の物は出来そうですが、丸みを帯びた傘の形を作るのは手こずりそうなので、方錐のランプにしてみました。ステンドグラスなら半田で加工する所を厚さ4mmのシナベニヤで作り、ガラスの部分は0.3mm〜0.42mmの厚さの色付きエンビ板を使いました。ただ、この材料には2つの難点がありました。一つは、透明でガラスのように見 [続きを読む]
  • ステンドグラス調の木製ランプに挑戦
  • 切り絵に続いて、木でステンドグラス調の物は出来ないだろうかと挑戦してみました。窓にはめ込む様な平板の物は出来そうですが、丸みを帯びた傘の形を作るのは手こずりそうなので、方錐のランプにしてみました。ステンドグラスなら半田で加工する所を厚さ4mmのシナベニヤで作り、ガラスの部分は0.3mm〜0.42mmの厚さの色付きエンビ板を使いました。ただ、この材料には2つの難点がありました。一つは、透明でガラスのように見 [続きを読む]
  • 木で切り絵に挑戦
  • 般若心経の文字切りを終えて、何か他に出来ないだろうかと考えていました。『切り絵』はどうだろうかと思い挑戦してみました・・・・・が、出来栄えは今ひとつかな?でも、折角作ったのでアップしました。作り方①シナベニヤの厚さ4mm板に、切り絵を印刷したものをスプレ−糊で貼り付ける。②白い部分に卓上ボル盤で穴をあける。③糸鋸盤で白い部分を切り取る。細い部分は切り始めるところを誤ると簡単に欠けてしまうので、  [続きを読む]
  • 木で切り絵に挑戦
  • 般若心経の文字切りを終えて、何か他に出来ないだろうかと考えていました。『切り絵』はどうだろうかと思い挑戦してみました・・・・・が、出来栄えは今ひとつかな?でも、折角作ったのでアップしました。作り方①シナベニヤの厚さ4mm板に、切り絵を印刷したものをスプレ−糊で貼り付ける。②白い部分に卓上ボル盤で穴をあける。③糸鋸盤で白い部分を切り取る。細い部分は切り始めるところを誤ると簡単に欠けてしまうので、  [続きを読む]
  • 『般若心経』額付き完成
  • 今日の福岡の気温は、最低気温4℃・最高気温13℃、明日は最高気温16℃の予報。天気は晴。それでも寒いと感じているのは、ず〜と暖かい所で暮らしている贅沢者だからでしょうか?今年も残すところ2週間、このブログを覘いて下さった皆様方にとって、来年が良い年でありますようお祈りいたします。(年賀状を見てブログを覘いて頂いた方には、改めて・・・ おめでとうございます!。)年内に完成できるかどうか心配していましたが、 [続きを読む]
  • 『般若心経』額付き完成
  • 今日の福岡の気温は、最低気温4℃・最高気温13℃、明日は最高気温16℃の予報。天気は晴。それでも寒いと感じているのは、ず〜と暖かい所で暮らしている贅沢者だからでしょうか?今年も残すところ2週間、このブログを覘いて下さった皆様方にとって、来年が良い年でありますようお祈りいたします。(年賀状を見てブログを覘いて頂いた方には、改めて・・・ おめでとうございます!。)年内に完成できるかどうか心配していましたが、 [続きを読む]
  • 般若心経の文字切り276文字、緊張と忍耐
  • 今年8月、鹿児島の木工作家の方のブログで、般若心経の文字切りの画像(以下見本と書く)を拝見しました。いつか自分も作ってみたいと思っていましたが、特にこれといって作るものが無かった8月半ば、思い切って作り出しました。まず材料探しですが、ストックした木材の中から欅の板を探し出しました。手持ちの材料の寸法が不十分で、厚さは8mm、1文字の大きさは27mm四方、1行10文字の2行板と3行板に分けて作ることにしました [続きを読む]
  • 般若心経の文字切り276文字、緊張と忍耐
  • 今年8月、鹿児島の木工作家の方のブログで、般若心経の文字切りの画像(以下見本と書く)を拝見しました。いつか自分も作ってみたいと思っていましたが、特にこれといって作るものが無かった8月半ば、思い切って作り出しました。まず材料探しですが、ストックした木材の中から欅の板を探し出しました。手持ちの材料の寸法が不十分で、厚さは8mm、1文字の大きさは27mm四方、1行10文字の2行板と3行板に分けて作ることにしました [続きを読む]
  • 何個目の制作だったかな? このオモチャのキッチン!
  • 2か月前位から修行とも言える文字切り作業を糸鋸盤でしています。とても集中力と忍耐力のいる作業です。と、そんな中娘から「高校の時の友達が、じいじが作ってくれたキッチンを見て、作って欲しいって言ってるけど出来る?」と尋ねられた。娘の友達の子どもさんの為なら、仕方ないだろうと引き受けました。早速制作開始!と思いましたが、前に作った図面(構想図・組立図など)が見当たりません。孫に作ってやったキッチンを見て [続きを読む]
  • 何個目の制作だったかな? このオモチャのキッチン!
  • 2か月前位から修行とも言える文字切り作業を糸鋸盤でしています。とても集中力と忍耐力のいる作業です。と、そんな中娘から「高校の時の友達が、じいじが作ってくれたキッチンを見て、作って欲しいって言ってるけど出来る?」と尋ねられた。娘の友達の子どもさんの為なら、仕方ないだろうと引き受けました。早速制作開始!と思いましたが、前に作った図面(構想図・組立図など)が見当たりません。孫に作ってやったキッチンを見て [続きを読む]