k-nagamochi-plus さん プロフィール

  •  
k-nagamochi-plusさん: かごしま長持ち住宅ぷらす
ハンドル名k-nagamochi-plus さん
ブログタイトルかごしま長持ち住宅ぷらす
ブログURLhttps://ameblo.jp/kayanomasao/
サイト紹介文大切なマイホームを長持ちさせます!住宅診断やリフォームのコツ、手抜き工事を見抜く目を持てます!
自由文「元気なかごしま!」で木造建築に携わる1級建築士/JSHI公認ホームインスペクター(鹿児島県第1号)。『かごしま長持ち住宅診断』『ホームインスペクション鹿児島』代表。長持ちする住まいのお手入れ/診断、安心して住める省エネ住宅を考えます。壁内結露から桑田佳祐までつぶやきます^^; 趣味は珈琲豆の自家焙煎、苦め好き^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/04/18 06:11

k-nagamochi-plus さんのブログ記事

  • かし保険、手抜き工事でも保証ゼロ?のお話♪
  • 業界の常識は、世間の非常識かも? 新築マイホーム、かし保険があるから大丈夫って思ってません? 先日、とあるブログを読んでて感じたことですが。。 新築マイホームは、かし保険の付保、もしくは資力確保措置が義務です。どちらでも保証の範囲は同じです。 ・構造耐力上主要な部分・雨水の浸入を防止する部分 この二つに関する、10年間の瑕疵担保責任が保証の範囲です。延長制度もありますが、一般的には10年。 保証範囲が [続きを読む]
  • 「耐震適合」と「耐震診断」の違いとは?のお話♪
  • タイトルの違い、わかりますか? 中古のマイホーム購入や、築年数の古いマイホームのリフォームの場面で遭遇する言葉。 「耐震適合」は、正確には「耐震基準適合証明書」のこと。 その物件が、新耐震基準に適合していたことを証明する書類です。 中古マイホームを購入する際には、いろんな税制優遇がありますが、木造建築の場合、築年数20年を超えるとこの証明書が必要になります。 建築士事務所に属する建築士なら誰でも発行で [続きを読む]
  • 「千三つ」と「足の裏の米粒」のお話♪
  • 「千三つ(せんみつ)」って聞いたことありますか? 不動産の勉強をしたことある方なら、一度は聞いたことあるかも。 不動産の成約率は千に三つ、0.3%しかない、という意味と、「不動産屋は、千に三つしか本当のことを言わない」つまり嘘ばかりつく、ってことなんですね@@ 「足の裏の米粒」はいかがですか? 知り合いの建築士さんが、ボヤいてませんか? 「取らないと気持ち悪いが、とっても食えない」そういう資格→1級建築 [続きを読む]
  • 10月の感謝♪
  •   なんと、もう10月も終わり!!新築監理、工程検査、リフォーム施工、建築相談、移住相談。。いろいろお話してるうちに、あっという間のひと月!今年も、あと2ヶ月ですよ〜!!もうじきジングルベルが鳴り出すと、焦りますよねぇ。。「かごしまの人と建築・不動産の関係をより幸せに!」来月も、この想いを大切に、頑張っていきます♪では今月も、大好きな動画♪ ほんと〜〜に、人っていいですね!1周年バージョンも♪本当 [続きを読む]
  • 素敵なマイホームは勉強しなきゃ無理!な、お話♪
  • やっと台風終わったと思ったら、段々と寒くなりますね〜(汗) 寒くなると話題になるのが、断熱のお話。 旭化成グループがまとめた 「住まいの温熱環境の実態と満足度」 もちろん断熱材のメーカーですから、我田引水的な話もw 少し驚くのは、断熱の違いをサッシのガラスだけで分けてること。 断熱レベルの松竹梅が、それぞれLow-Eペア・ペア・シングルなのねま、一番わかりやすいし、相関関係があるらしいのでいいか。 このレ [続きを読む]
  • ”中古住宅の新規格「安心R住宅」は、本当に安心なのか?”
  • 不動産業界の鼻息荒くスタートした、「安心R住宅」 マイナスイメージを減らすのは大事だけど、そこじゃないだろ!って感じですね。 まずは、中古住宅の正しいコンディションを知ること。 次に、適正なメンテナンス計画を知ること。 全てを考慮した資金計画のもと、住宅の購入を検討すること。 これこそ、安心住宅だと思います! 鼻息荒く、売買したいが為の商標って、本当にお客さんのためなんだろうか? きちんと考えましょうね [続きを読む]
  • ”中古住宅の購入♪大成功の実例!”
  • みんなの回答を見る やはり、しっかりと勉強しながら、マイホームを検討する。 これが一番大切ですね!♪ 正直者はバカを見るどころか、ダマされて当然の業界! 勉強する時間がなければ、プロの知識を買うことをオススメします♪ では、どんなプロに依頼するのが安心なのか? きちんと考えて下さいね〜! [続きを読む]
  • 9月の感謝♪
  •   9月も終わるのに、まだ台風が!!猛暑の夏を乗り切ったと思ったら、長雨・台風!これを乗り切ったら、すぐに寒くなってクリスマス・年末ですよ〜〜><今月も、けしんかぎーきばいもした!「かごしまの人と建築・不動産の関係をより幸せに!」来月も、この想いを大切に、頑張っていきます♪では今月も、大好きな動画♪ ほんと〜〜に、人っていいですね!1周年バージョンも♪本当に、この子たちに、明るい未来を残したいです [続きを読む]
  • 「建築相談委員」の研修を受けてみた♪
  • 「建築相談委員」知ってます? たぶん知ってる人少ないですよねぇ。建築士連合会が、建築の知識やトラブルに関しての相談を受ける窓口。無料相談から始まりますから、不安な方は行ってみる価値ありですね。電話相談や面接相談、予約制が多いので建築士会に聞いてみて下さい! 私自身も、建築トラブルの相談を受けることが多いので、建築士会としての立場や、考え方を知ってみたくて参加しました。弁護士と建築士、それぞれの立場 [続きを読む]
  • プロが語る〜第7条〜新築建売り住宅の選び方♪必須の7か条!
  • 第7条 アフターサービス対応こそ最後の決め手? ・アフター基準があるか?専任の担当者は丁寧か?その質は?引越し後に気になるのは、アフターメンテナンス。売りっ放しで、あとの面倒を見ない業者も多いのです。 確認しておきたいのは、アフターメンテの基準と体制。専任の担当者がいるのか?資格は?どんなアフター依頼が多いのか?そして、アフター基準書が、きちんと書類として存在するのか? ・いつまでアフターを要求で [続きを読む]
  • プロが語る〜第6条〜新築建売り住宅の選び方♪必須の7か条
  • 第6条 それでも不安な場合の対処法とは? ・やはり素人では勝てない?なんだかんだ言っても、相手はプロ。まず、知識の面で差があるのですから、勝てないことが多い。 話が進めば「こんなことまで言うのは失礼かも?」みたいな場面も。少しでも、不安があるなら、中立なプロを味方につけるべきです! ・中立なプロを味方につけるメリット・デメリット素人さんが、人生で一番高い買い物をする、重要な場面。ここに、丸腰で挑む [続きを読む]
  • プロが語る〜第5条〜新築建売り住宅の選び方♪必須の7か条!
  • 第5条 買うと決めたら、どんどん注文つけるべし! そろそろ契約に進む段階に来たら、細かい手直しや要望はどんどん出しましょう。完璧な物件などありませんが、悪意のない手抜き・見落としも多いもの。 ・新築でも現状有姿が条件中古住宅の場合は、経年劣化してますから見たままの状態での購入。つまり「現状有姿」が、特約事項にも記載され、かつ「かし担保」も売主は免除の条件がついたり(個人間売買の場合)。 新築建売り [続きを読む]
  • プロが語る〜第4条〜新築建売り住宅の選び方♪必須の7か条
  • 第4条 建物の性能は、最低限ここをチェックすべし! ・耐震性 「耐震等級3」と「耐震等級3相当」今どき、耐震等級1で満足する人っていらっしゃるんでしょうか。最低の義務基準ですから、特記がなければ等級1でしょう。 「耐震等級3」と「耐震等級3相当」 この二つは明確に違います。「相当」だと、公的なお墨付きがない。つまり、地震保険の割引は受けられない。ただし、公的なお墨付きを得るには、費用がかかります。 費 [続きを読む]
  • プロが語る〜第3条〜新築建売り住宅の選び方♪必須の7か条!
  • 第3条 その施工に愛はあるのか?記録をチェックしよう! 購入申し込みする気に入った物件なら、必ず確認したい施工中の記録。工程写真を初めとする、施工管理の記録。中身が見えないのですから、当然ですね。 ・かし保険の検査は形式だけかし保険がついてるから大丈夫、保険の検査が通ったから大丈夫!こういう言い方をする営業担当者だったら、ズバリ素人です。かし保険は義務ですから、取扱いの5法人に共通レベルなのです。 [続きを読む]
  • プロが語る〜第2条〜新築建売り住宅の選び方♪必須の7か条
  • 第2条 建売り業者、優劣の見分け方とは? ・もちろんHPから♪ でもいくらでも盛れるその業者は、怪しくないのか?HPをチェックしない人はいないでしょう。でも、HPって、専門の業者に頼めば、いくらでも盛れるのです。お客さんの信用を得る為に、夢を語るために。では、どこに注目しますか? ・代表プロフィールこそ大切 ものづくりの姿勢を読み込むまずここでしょう。代表者の考え方が一番。組織のトップが営業出身なのか、 [続きを読む]
  • 8月の感謝♪
  •   夏休みも終わりぃ〜〜(汗) あ、あと2日あるのか。。お母さんたち、ご苦労さまでした! 先生がた、よろしくお願いします!お仕事やら、お仕事やら、お仕事やら+お盆でバタバタした8月♪いろんな縁があるんだなぁって、本当に感謝です♪残暑も厳しい時期ですが、全力できばらんならです!!「かごしまの人と建築・不動産の関係をより幸せに!」来月もこの想いを大切に、頑張っていきます♪ではでは今月も、大好きな動画♪ [続きを読む]
  • プロが語る〜第1条〜新築建売り住宅の選び方♪必須の7か条!
  • 第1条 1点物は早い者勝ち!買う?買わない?の意思決定・ 運と縁とタイミングを大切に一番大切なことは 「いつまでに、いくらかけて、どんな暮らしがしたいのか?」 ここをきちんと整理しましょうね。ここがブレると、物件の見極めができません!その上で、運と縁とタイミングを大切に。自分の勘・相性を信じて考えましょう! ・ 立地と環境は自分の五感で確認その建売りは、すぐ売れそうですか? 建売りの注目度は、完成か [続きを読む]
  • プロが語る〜序章〜新築建売り住宅の選び方♪必須の7か条!
  • 序章 その建売り住宅は、本当に大丈夫なのか? 建売住宅って聞くと、不安になりますか? あまり気にならないですか?ここ鹿児島でも、戸建ての建売り住宅って、結構人気です。 細かく考える必要がないので、便利な面もあるんでしょうね♪というか、業者は、売れるから造るだけの話ですが。しかも、結構儲かる!! ただ、業者が売主の場合は、法的にも責任が大きいのですが、売ってしまえばこっちのもの。 後からのクレームは、 [続きを読む]
  • 猛暑の夏!実例で見る断熱リフォーム、圧倒的にオススメ!!
  • 最近は、「猛暑日」や「熱帯夜」という言葉だらけ。さほど驚かなくなった、自分の慣れが怖い! リフォーム中の住宅で、興味深い画像が撮れましたので、皆さんの参考のなればと、ご紹介しますね。 築48年の木造、無断熱住宅の赤外線画像です♪ まずは、屋根♪ 金属屋根の表面は、この暑さだとさすがに60度を超えます。 素材や厚み、空気層の有無で、断熱性能が違ってくるはず。 さて、興味深いのは、屋根直下の天井の表面温度。こ [続きを読む]
  • あなたのインスペクション選び、間違ってませんか?
  • 優良物件も多いのが、中古物件から探すマイホーム♪ この春から「インスペクションの有無」の告知が、義務化されてます。 「インスペクション」 ご存知ですか? かなり普及してきましたが、内容はピンキリ。なんでこうなるのか? 「買主の立場で依頼する、中立な劣化診断」 今の不動産売買の現状では、正しいインスペクションとはこれに尽きます。でも、こういうインスペクションは、まだまだ少ない。 では、現状のインスペクシ [続きを読む]
  • プロの視点から語る〜第7条〜「賢いリフォーム術7か条♪」
  • 第7条 最後は、必ず納得してからの支払いを! いよいよ、最終段階! 工事完成後の支払いです。 業者からの請求書、あわてて払う必要はありません。契約書に支払日が記載してある? いえいえ、関係ありません。 不良品にお金払う人、いないですよね? きちんと、最終の施主検査してからにして下さいね。わからなければ、第3者のプロに検査してもらいましょう! 外回り、内部の仕上げ、設備の使い勝手、稼働状況。。きず・へこ [続きを読む]
  • プロの視点から語る〜第6条〜「賢いリフォーム術7か条♪」
  • 第6条 現場が始まったら、ここに注目しよう! いよいよ現場が動き出すと、後戻りはできません。施主側としても、しっかりと現場をチェックしたいものです! では、どこに注目するのか? 3つのポイントです! ① 実力は、養生・片付け・大工の立ち振る舞いでわかる! 現場は、養生に始まり、養生に終わります。 ここができない工務店は論外。養生するためには、整理整頓・清掃・片付けが、基本中の基本になります。 まずは [続きを読む]
  • プロの視点から語る〜第5条〜「賢いリフォーム術7か条♪」
  • 第5条 丁寧な説明と、現場監督の力量で仕上りが決まる! 工事が始まると、誰が現場を管理するのか?が最重要ポイントです♪ いわゆる、現場監督さんですね。営業担当がそのまま担当したり、専任の工事の担当者が現れたり。 現場監督さんの実力は、「勘と知識と経験」+資格 で判断できます!工務店の中で、きちんと育てるのに一番時間のかかるのが現場監督なのです。 しかしながら、実力がなくても名乗れるのが「現場監督」 で [続きを読む]
  • プロの視点から語る〜第4条〜「賢いリフォーム術7か条♪」
  • 第4条 ローンや税制控除、リフォーム補助金のアドバイスは十分にもらえたか? 経験上、リフォームローンよりも現金のお客さまの方が多いのですが、ローンの場合、金利優遇や、借り換えなども含めて考えたいもの。 もちろん、現金でリフォームされる場合でも、税制優遇は受けられます! また、中古住宅を購入する場合は、少し手を入れるだけで耐震証明やフラット適合証明、更には「かし保険」への加入なども可能な場合も。もちろ [続きを読む]