シーサー君 さん プロフィール

  •  
シーサー君さん: シーサー君ブログ
ハンドル名シーサー君 さん
ブログタイトルシーサー君ブログ
ブログURLhttps://rkdojo.jp/colum/
サイト紹介文北海道釧路市で活動する経営コンサルタント&中小企業診断士。沖縄系ピン芸人の三線奏者としても活動。
自由文販売促進中心にセミナー、コンサルティングしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2011/04/22 06:49

シーサー君 さんのブログ記事

  • 仏の顔も三度まで
  • なるべくなら地元の親しい人からモノを買おう。僕は基本的にはそんなことを日頃思っています。多分、多くの人が同じような志向を持って日々生活しているのではないかと思っています。 でも、もし商品のレベルや価格に大きな差があったら... [続きを読む]
  • 第4の開国?
  • 基幹産業という言葉があります。 その地域に住む人々の社会と暮らしを支えるだけの富を生み出す主要産業が基幹産業、今更言うまでもないことですが、その基幹産業のこれからを考える上で示唆に富んだお話を聞くことが出来ました。 今週... [続きを読む]
  • 爺ちゃんに倣え!
  • 経営塾でもコンサルティングの場でも必ず確認することがあります。 それはそもそも何故、今の商売をしているのですか?何をきっかけに開業したのですか?ということです。 会社によっては先代や先々代にまで遡る場合もあります。 それ... [続きを読む]
  • ニカクとは夢にも思わず
  • 昔から結構人のあだ名をつけるのが得意です。 得意というよりは、彼(彼女)はあの人に似ているよね、とか、◎◎みたいだねと言うと不思議に賛同を得て、それが自然に広まっていくという感じです。 高校時代の現代国語の富樫先生という... [続きを読む]
  • 先入観なしで、ありのままで
  • 以前、今の時代の激しい変化を称してドックイヤーという言葉がさかんに使われましたが最近あまり耳にしなくなりました。犬の1年の成長は人間の7年分に相当するということでそう言われたのですが、2018年の今はドックイヤーどころか... [続きを読む]
  • 結果にコミットする
  • 数日前にフィットネス事業のRIZAPに関する記事を複数回目にして大変興味深く読みました。僕自身、ややダブつき気味なボディを絞りたいという潜在的願望は常にあり、ダイエットやフィットネスに興味がないわけではないのですが、今回... [続きを読む]
  • 飛脚はもういない
  • 日本製紙の釧路工場の生産ライン3基のうち1基を停止するというニュースが数日前に報じられました。釧路も含めて全国3工場で生産を縮小するとのことで、苫小牧では勇払工場自体が生産を停止するそうです。 製紙は釧路市の基幹産業の一... [続きを読む]
  • 右往左往は命取り
  • このところ連日、日大アメフト部の悪質タックル問題が報じられ完全に社会問題化していますね。 スポーツ現場で発生したルール無視の悪質性もさることながら、もっと深刻な問題が事故発生後の指導者と大学側の対応の出鱈目さと無策ぶり。... [続きを読む]
  • 次の一手は
  • 「SWOT分析は意味がない」とよく言われてきました。 それは主に僕らコンサルタントや中小企業診断士にむけられて発せられてきた言葉です。 というのは分析までは出来るけど、その後どうすれば業績が上るのか指南できないコンサルタ... [続きを読む]
  • 数字が先か、シナリオが先か
  • 今年の連休中は依頼されたとある会社の事業計画案づくりに終始していました。 中小企業の事業計画ですから本来は経営者自ら骨格を作り込むのが当然なのですが、これを自力で作れない中小企業がまだまだ多いのが実体です。 まさに家業か... [続きを読む]
  • 家業 or 企業
  • 経営コンサルタントとして独立して18年が経ちました。 それまで情報処理会社の営業職、SE職、運送会社の事務職、さらにその前はレンタルレコードFCの店長など複数の業務を経験し、さらに中小企業診断士資格も取得し、経営コンサル... [続きを読む]
  • ムダ放置する者やがて滅びる
  • 先週は、毎年この時期に行っている決算活用セミナーを行いました。 決算は計算して終わりではなく、この数字を起点に次年度の目標設定や戦略立案、事業計画を作成し、内外への説明を行って欲しい。 その中で活用をお勧めしたのが、決算... [続きを読む]
  • 未来を語る力、説得する力
  • 「人材が定着しない!」 経営者の悲鳴にも近い嘆き節を頻繁に耳にするようになりました。 そもそも、人は何故会社を辞めるのでしょうか? 私自身、独立の時やアルバイトも含めると過去5回転職の経験があります。 何故、自分はあの時... [続きを読む]