小野真理子 さん プロフィール

  •  
小野真理子さん: 小野真理子のバレエ・ピラティス・マスターストレッチ
ハンドル名小野真理子 さん
ブログタイトル小野真理子のバレエ・ピラティス・マスターストレッチ
ブログURLhttps://ameblo.jp/barrepilates/
サイト紹介文小野真理子のバレエピラティス、マスターストレッチなどボディコンディショニングについて
自由文BodyElementSystemJapan小野真理子のバレエ・ピラティス・マスターストレッチ・ボディキーなどボディコンディショニングについてのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2011/04/23 17:02

小野真理子 さんのブログ記事

  • 進路のミカタ
  • 先日 進路のミカタ というサイトからの取材を受けました。本編番外編見て頂けたら嬉しいです??私の時代と今とでは変わってきていることもあるかと思いますが 変わっていないところもある。バレエを職業にしていきたいという子どもたちの参考になれば幸いです。小野真理子 [続きを読む]
  • アップデート
  • AWAKEで大切にしていること。それは《自分の足で歩く力》何でも知っている先生に習うより良い治療の先生に体を診てもらうより自分の力で自分の行きたいところへ自分を導く力体の仕組みなど細かく説明しますが、それよりも自分達で考え、挑戦する機会を作ります。何でも知っている先生に出会うとついつい良い先生に出逢えた!と安心してしまいますが歩くのは自分の足で歩く。依存させてしまうことは その人の考えるチャンス 挑戦 [続きを読む]
  • My Size
  • 不思議なもので、体に向き合うと心にもきちんと向き合うことが出来行動が変わって行動が変わると体も変わって少しずつ自分のサイズがわかってきました。自分の歩幅自分の胃袋のサイズ自分と生徒さんのクラスでのバランス仕事とプライベートの割合時間の使い方や速度などなどここ最近 体重も減り洋服のサイズまで変わってきた。骨盤が一回り小さくなり胃袋も自分が必要な分の量がわかることでお腹いっぱいもわかるようになった。自 [続きを読む]
  • 根っこ
  • 地面に根を張り幹が伸び枝が伸び葉が茂り花が咲き花の香りが 風に助けられ 周りに放たれ花粉も 風や虫に助けられ 遠くまで届き実は 食べられることで また新たに芽が出るきっかけとなる。見えない 根っこの部分。これが全て。幹に鎧をつけるのでもなく偽物の見た目だけの花や実を付けるのでもなく地面にしっかり根を張れているか。地面に根を張り余分な力を抜き自分のサイズで幹や枝や葉を付け見せかけばかりの枝葉や実では [続きを読む]
  • やり切る
  • やり切ること。誰かから見た出来たか 出来てないかではなくて自分の中で納得行くまですることが出来たかどうか。挑戦の場に立って言い訳をせずに相手に答えを求めず自分のためだけにやり切る。結果も大事だけど何よりその場で自分がベストを尽くすべく楽しめたかどうか。悔い無し!と言えるかどうか。大きな舞台だけでなく毎日のクラスも仕事もプライベートも自分がどうありたいか 挑戦の場。小野真理子 [続きを読む]
  • まぁるく まぁるく
  • 挑戦することと深みを出すことそんなバランスを探しています。思いっきり 自分を楽しみきるのも 好きでも今のままの自分をまぁるく受け止め 力の抜け具合を楽しむ。良い意味で 力を抜く。この前のルグリのガラを観て感じたありのままでいて色んな人生経験してきたからこそ出せる味があって(ルグリとゲランからそれを特に感じた)熟成されてとろみというか、良い意味で力が抜けたまろやかな空気感。若さや とんがったもの では [続きを読む]
  • NO EXCUSES
  • 以前テレビで見て衝撃的だったカイル・メイナードさん。AWAKEは訪れる人にとって更なる飛躍のための準備の場でありたいと常々言ってきました。じゃあ、私にとってAWAKEからの更なる飛躍とは???そんなことを自分なりに考え、行動に移しています。先生として伝えたいことは正解やこうあるべき。を伝えるだけではなく挑戦することを恐れないことどんな時でも自分らしくいられることそんなことを言葉でなくても見せられたらと思いま [続きを読む]
  • 動く
  • 踊る。とは 体を動かすことではなく心が動いた結果。踊るとは心が感じたままを現すこと心が動くから体が動く。踊り手の心が動いていなければお客様の心は動かすことは出来ない。心の感じた物を素直に体が伝えられるように体と向き合う。私が世界で1番大好きなパン?生徒さんが作ってくれたパンや、可愛い可愛い小春師匠から心をたくさん動かされた 充実した1日でした。 [続きを読む]
  • 感じる。
  • 感じること。を日々大切にしています。考える と 感じる は異なる。目の前にいる人目の前で起きている出来事から自分は何を感じ自分という存在は何を大切にして歩んでいくのかを気付く。先生という立場上答えを求められることが多いですが、先生から見た視点ではなく自分はその時何を感じているか。挑戦 の機会も感じ 受け取るも自分のすぐ側にある。目の前の出来事から 目を背けたり自分という人間を誰かと比較したりではな [続きを読む]
  • 手間をかける
  • 失敗したくない遠回りしたくない損したくない効率的なことばかりが溢れる世の中ですが、手間をかけることの大切さを 日々実感しています。お花を生ければ 水を替えたりダメになってきたお花を取り、また花瓶を変えたりと手間がかかります。  でもお花がある生活そしてお花に触れていることで受け取る物があるからこそその手間は 自分を大切にする時間になる。血流を改善するセッションをしていますが、血液自体もより良いもの [続きを読む]
  • 北海道展
  • 美味しい 美味しい 海からの贈り物。北海道から帰って以来 こちらばかり食べております。ドンドン魔法のように、あれもこれもと美味しい技を出してくるから、ドンドンはまる。笑体調崩して、余分な物を吐き出して体が軽く 自分のサイズがわかってきた気がします。食べ過ぎ頑張り過ぎ通じているのかな。だからこそ 毎日の食事の大切さを感じています。ルグリのガラとも通ずるところがある。 北海道の生徒さんがプレゼントして [続きを読む]
  • RAMBERT SCHOOL Summer Course
  • 今日、明日とランベールスクールのサマーコースがあります。今回の目玉はなんと言ってもMatthew Bourne’s主催NEW ADVENTURESに在団中の鎌田真梨さんに直接学べるマスタークラスではないでしょうか。 本来レパートリーをやらせてもらえるクラスは無いらしく、今回はとても貴重な機会?本日はSleeping Beautyから妖精のバリエーションをやりました。まずはこの作品の中での妖精の独特な動きの練習からスタートし、それに個性を加え [続きを読む]
  • RAMBERT SCHOOL Summer Course
  • 今日、明日とランベールスクールのサマーコースがあります。今回の目玉はなんと言ってもMATTHEW BOURN主催NEW ADVENTURESに在団中の鎌田真梨さんに直接学べるマスタークラスではないでしょうか。 本来レパートリーをやらせてもらえるクラスは無いらしく、今回はとても貴重な機会?本日はSleeping Beautyから妖精のバリエーションをやりました。まずはこの作品の中での妖精の独特な特徴の練習からスタートし、それに個性を加えなが [続きを読む]
  • 生ける
  • 近所のお花屋さんはダメになりそうな手前のお花を安く売ってくれます。スタートはここ。今回はたくさんあったので①②③④⑤⑥⑦7パターンのお花達に。お花を生けるときどんなイメージでどの花瓶で生けるかを考えます。それはバレエの振付と同じ。この人だったら こんなイメージ。でもこの人とあの人が一緒に踊ったらどんなイメージになる?等々楽しさが広がっていきます。このお花は左右対称な完璧な形をしていないから使えない [続きを読む]
  • バレエとは
  • バレエ の定義。人それぞれにあると思います。先日ルグリのガラを観に行きました。今年 初めて バレエを観た。いえ、もちろん初めてではありません。何回も色んなバレエ団の公演は見ています。でも私が求めてるバレエ。私にとってのバレエは ルグリのガラが 今年初めて。 心が魂が洗われる。 心が動いた。魂が震えた。知らない間に涙が出てた。 色んな記憶が甦り色んな余分な物が流れていった。 放心状態〜幸せ〜そんな感じの [続きを読む]
  • 9月通常クラススケジュール
  • 恵比寿 AWAKE バレエ・マスターストレッチ ピラティス・コンディショニング8月27日(日)朝9時より受付開始致します。9月分スケジュール一覧はこちらから 【お休み・代講】・9月よりスケジュール、担当講師が変更になるところがございます。ご確認の上いらして下さい。・9月3週目から12月2週目まで火曜日と金曜日クラスは全クラスクローズとなります。12月3週目より再開致します。・9月15日16日17日はお休みとな [続きを読む]
  • piano piano
  • 私が好きな響きの言葉。piano piano. イタリア語で 少しずつ という意味です。進むこと止まることどちらも少しずつ。進みすぎても 消化しきれない。止まりすぎても 進めない。体と向き合うことは 心に向き合うこと。バレエに取り組むバレエが上達する近道は やはり己を知ること。体は魂の入れ物。体と心は切っても切り離せないからこそ何が必要で 何が要らないのか詰めすぎ でもなくスカスカ でもなく程よい バランス。 [続きを読む]
  • 原点回帰
  • バレエの先生のスタートはここ。今生徒さんが楽しんでいるように同じ場所からのスタート。先生は別の立場ではない。先生は 生徒さんより 生徒歴が長いだけ。基本的には同じラインの先にいるだけ。先輩といった方が近いかもしれない。偉いわけではないし全てがわかっているわけではないし全てが出来るわけでもない全ての人に正しいことを教えられるわけでもないでも生徒さんより先にその道を通って知ってきているからこそ出来たこ [続きを読む]
  • お結び
  • 人のご縁人の優しさ良いときだけ寄ってくるのではなく私が至らないときにでもその機会をチャンスと生かし助けてくれる サポートしてくれる人達。とっても美味しい優しいお結びを握ってくれました。人を想う気持ち。それが最大の調味料。日常を大切に 丁寧に 毎日を過ごしたいと思う3泊4日でした。たくさん たくさん ありがとう。神様ではない 普通の至らない私を受け入れ サポートしてくれて それぞれの道に生かしてくれ [続きを読む]
  • ありのまま
  • お休みの間、片付けをしています。子供の頃の写真に思わず 気付くことがたくさん。上の2枚はバレエではなく幼稚園のクリスマス会でのお遊戯ですが、本当に楽しそう。踊るって特別なことなんだけれどもとてもシンプルで 自分を自由にするもんなんだなぁと。どの写真も その瞬間を本当に楽しんでいる 笑顔がたくさん。自分を自由にしてほしいからこそ ハッキリと伝えることもありますがバレエを通して 人を笑顔にするきっかけ [続きを読む]
  • 見極める
  • 15年以上の付き合いになる友人(バレエの先生)が最近膝の怪我をきっかけに ピラティスやバレエのクラスを受けに来てくれています。彼女は私とは真逆の基礎って何?難しいからわからな〜いっていうか必要って感じてない!ってタイプ でした。しかし『ここから3年間は毎日まりちゃんのクラスを受けたい! 体って面白いよね! 自分にしか操作できないし、 自分の言うことしか聞かないから、なんだか可愛いよね〜(笑)』そんな風 [続きを読む]
  • 居て 捨てて 語る
  • 言葉がない方が 伝わることもある。劇団四季時代の 居て 捨てて 語る今の方がその言葉の意味の大切さを感じます。ここから何を読み取るか。言葉をたくさん発して伝えることよりもただいるだけ。その方が伝わる。そんな人でありたい。小野真理子 [続きを読む]
  • 居心地の良い振りをしない。
  • 毎日 それなりに 悪くなく 過ぎていく。ではなく毎日 自分にとって 1番良い!と思えるように 精一杯 生き抜く。バレエのクラスも ついつい 慣れる。毎回同じことの繰り返しを そこそこな気分で過ごすのか毎回同じことの繰り返しを 毎回異なった視点から 見つめ直し 新鮮な気持ちで楽しく過ごすのか 居心地の良い振りをするのはもうお終い居心地が悪くない 本質に触れない時 は もう終わり。 避けてきた 居心地 [続きを読む]
  • 知ろうとすること。
  • あなたが知らない世界知ろうとしていないだけ見知らぬ心の扉開けて覗いてほしいのディズニー映画 ポカホンタスの歌 Colors Of The Windの歌詞の一部です。自分で?を抱いて自分で知ろうとするのと人から答えを聞こうとするのは全く違う。自分の体に興味を持つこと自分が出来ていないことに気付くこと自分がどんな感情を抱いているのかに気付くことそんなことがバレエ上達姿勢改善日常生活の質の向上に直結します。自分次第。ター [続きを読む]