カレンティート さん プロフィール

  •  
カレンティートさん: カレンティート
ハンドル名カレンティート さん
ブログタイトルカレンティート
ブログURLhttp://calentitomusic.blogspot.com/
サイト紹介文音楽(主に洋楽)の流通と宣伝の会社です。
自由文カレンティートは東京を拠点とする、音楽の流通ならびに宣伝をてがける会社です。
一般的な枠組みから脱線してしまった(けれども一定のニーズがあるような)音楽への道を切り拓くことを目的としています。ジャンル、国籍は問いません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2011/04/24 16:21

カレンティート さんのブログ記事

  • SRI LANKA : The Golden Era of Sinhalese & Tamil Folk-pop Music
  • 旧音源発掘、フィールド録音から新作まで、世界音楽を様々な切り口から掘り起こす注目の新興レーベル「アクフォン」が初期にリリースしていたスリランカ・ポップの企画盤をご案内。M.I.A.のルーツ。紅茶と香辛料と宝石の国。実は素晴らしい音楽の宝庫でもあるスリランカ。隣国インドや仏教、ヒンドゥ教、大航海時代にまで遡るポルトガルとアフリカからの影響。様々なエレメントがミックスして出来上がった1960年代後半から70年代に [続きを読む]
  • CHEVALREX: Anti Slogan
  • ジム・オルーク・ミーツ・ヴァンサン・ドレルムとも言われブレイクが期待されるフランスの新進シンガー/ソングライター、シェヴァルレクスによる最新アルバムが名門ビコーズ・ミュージックからリリースに。柔らかなホーンとストリングスに彩られた珠玉のポップ・ナンバー「L’adversaire」を筆頭に、フレンチ&アメリカーナの稀有なバランスで独自世界を打ち出した力作です。シェヴァルレクス/アンチ・スローガンCHEVALREX: Anti [続きを読む]
  • THE BUTTSHAKERS: Sweet Rewards
  • ニコル・ウィリスやシャロン・ジョーンズを思わせるソウルフル・ヴォイスとダップ・キングスばりのタイトなグルーヴを武器にヨーロッパ全土で快進撃を続けてきたフランスのヴィンテージ・ソウル・バンド、バットシェイカーズが待望の新作『Sweet Rewards』を携え遂に日本上陸!ソウル、ファンク、リズム&ブルース、サーフ、ガレージからエキゾなアジア歌謡まで、過去のありとあらゆる音楽世界遺産をゴッタ煮して独自のレトロ・モ [続きを読む]
  • GUIZMO: Amicalement Votre
  • ベルギーのシンガー/ソングライター、ソコ(Soko)諸作への客演でも知られるフレンチ・ヒップホップのネクストブレイク筆頭「Guizmo(ギズモ)」。米英シーンでも注目を集めるストロマエやPNLと並ぶフランス屈指の人気ラップ・アクトによる2018年最新アルバムが名門ビコーズ・ミュージックからリリースに。GUIZMO: Amicalement VotreBecause Music (BEC5543272)1. J’ai le blues2. Pardon3. Je n’ sais pas quand ca finira4. L [続きを読む]
  • Rational Anthem 26.01.18 w/ Guerssen Records
  • スペインのダブラブ内「Rational Anthem」という番組のゲスト・セレクターにGuerssen Recordsが。Guerssenや傘下のPharaway Sounds、Sommor、Mental Experienceなどの最近のリリースを中心に、サイケ、エクスペリメンタルから世界音楽まで、さまざまな音をお楽しみいただけます。https://www.mixcloud.com/dublabes/rational-anthem-260118-w-guerssen-records/ [続きを読む]
  • BATTRE LYSS: Till Den Strang Som Brast An Att Aldrig Spanna En Bage
  • ピッグ・ライダーやクロード・ロンバールをディグったスペインの再発レーベル「SOMMOR」から、北欧プログレの人気バンド、ライフのメンバーも参加したスウェディッシュ・サイケの知られざる至宝の世界初CD化企画が。リリカルなピアノ・サウンド、エモーショナルなギター・ソロ、絶妙なスパイスのサックス&フルートやオルガンにスウェーデン語詞が醸し出す独特の牧歌的でメランコリックなムードをミックスして息をのむような未知の [続きを読む]
  • ADRIENNE PAULY: A Vos Amours
  • ヌーヴェル・ヴァーグのフィーチャリング・シンガーのひとりで、女優としても活躍するフランス人歌手、アドリエンヌ・ポーリーによる12年ぶりまさかのアルバムがパリの名門ビコーズ・ミュージックからリリースに。ADRIENNE PAULY: A Vos AmoursBecause Music (BEC5546840)1. Tout l’monde s’eclate2. J’veux tout, j’veux rien3. L’excusemoihiste4. La conne5. Chanson d’amour6. C’est toujours7. Comme un truc qui deco [続きを読む]
  • JACOB BELLENS: Trail Of Intuition
  • 「デンマークのミスターAOR次世代代表」渾身のニュー・アルバム!メランコリックなAOR/シンセポップで躍進したデンマークのSSWヤコブ・ベレンスによる待望の最新作が完成。デリケートなタッチを残しながらもアーバン感ちょい増しでよりカラフルに、ジワリ心温まる良曲を満載!ジャンルの壁を突き崩しながら独自の地平を目指した意欲作となりました。ヤコブ・ベレンス/トレイル・オヴ・インテュイションJACOB BELLENS: Trail Of I [続きを読む]
  • MENTAL BEND: One Step
  • エックス・エックス以降のダンス感やポーティスヘッド的なダウナー・ムード、ベルリンならではの無機質な都会派エレクトロニック・サウンドを掛け合わせた唯一無二のスタイルで頭角を現したミステリアスなドイツの新鋭メンタル・ベンドによる1stアルバム。シンセ、エレクトロニカ、アンビエントでシューゲイズ。とことんハイフィデリティかつハイクオリティな理想のベッドルーム・ポップを引っ提げ、堂々のビューです。メンタル・ [続きを読む]
  • PALM UNIT: A Tirbute To Jef Gilson
  • クラブジャズ名門「キンドレッド・スピリッツ」のメンバーが新レーベル「スーパー・ソニック・ジャズ」を立ち上げ。注目の第一弾リリースは、エリック・トラファズ・バンドのメンバーらフランスの腕利きジャズ・プレイヤーたちによるジェフ・ギルソン・トリビュート。ジャズマンやジャイルズ・ピーターソンをはじめ世界中のディガーたちを魅了したスピリチュアル&コズミックな唯一無二の音世界を現在進行形クラブジャズ文脈でモダ [続きを読む]
  • MOLECULE: -22,7°C
  • 北大西洋の荒れ狂う海上でレコーディングされた酔狂過ぎる前作が名門エド・バンガーのフックアップを受け突如ブレイクしたフレンチ・エレクトロの奇才モールキュール2018年最新アルバム。今度はまさかのグリーンランド録音です。凍てつくブリザードのごときディープなダブテクノやオーロラを思わせるアトモスフェリックなピュア・アンビエント、ザラついたインダストリアル・ムードをミックスした完全寒冷地仕様の傑作となりました [続きを読む]
  • My Way #7 by balearic gabba sound system
  • Balearic Gabba Soundsystem / Hell Yeah Recordingsから年始のご挨拶。プリンス・トーマス、テンペルホーフとジジ・マシン、ルミノディスコやキト・イェンオエレのリミックス(ジミ・テナーとマックス・エッサ)などなど。本年も宜しくお願い致します♪  [続きを読む]
  • トーマッシュの追加公演
  • Voodoohopの首領トーマッシュの追加公演がございますよ。実はなにげに長逗留中でした…が、これで今回の来日の日程はすべてフィニッシュです。新年のユルリ踊り初めに、お近くの会場へ、ぜひ足をお運びいただけましたらと。***昨年11月、Festival de Frueを皮切りにおこなった全国ツアーと、秀逸なヴァイナルとCDのリリースで話題をさらったVoodoohop Collective。その首謀者Thomashの新年追加公演が決定した。札幌PROVO、福岡Desi [続きを読む]
  • THE BROTHERHOOD: Stavia
  • ディープ・ファンク名門「トランプ・レコード」による7"復刻で注目を集めたUSオハイオのバンド、リヴァイスド・ブラザーフッド改めザ・ブラザーフッドのアルバムが初の正規再発。70年代初頭にアシッドなフルートやとろけるエレピとソリッドなリズムをミックスしたハイクオリティなファンク・ロックを奏でたカレッジ・バンドの唯一作は、いまだ中古市場で6ケタを下ることのないメガ・レア盤としてディープなコレクター筋ではおなじ [続きを読む]
  • Tani: Disco Rumba And Flamenco Boogie, 1976 - 1979
  • DJハーヴィーやジェームス・マーフィーをも魅了した70年代スペイン産ルンバ・ファンク&ディスコのレア曲を一網打尽にしたコンピレーション2タイトルが世界音楽名門「ファラウェイ・サウンズ」からリリースに。こちら第二弾の『Tani: Disco Rumba And Flamenco Boogie』では、ディスコやブギーとルンバやフラメンコをミックスした70年代後半のユニークなご当地ダンス・トラックにスポットライトを当てています。ターニ ― ディスコ [続きを読む]
  • Rumbita Buena: Rumba Funk & Flamenco Pop from the Belter & Discophon archives, 1970 - 1976
  • DJハーヴィーやジェームス・マーフィーをも魅了した70年代スペイン産ルンバ・ファンク&ディスコのレア曲を一網打尽にしたコンピレーション2タイトルが世界音楽名門「ファラウェイ・サウンズ」からリリースに。こちら第一弾の『Rumbita Buena』は70年代前半から半ばにかけてのファンク曲を中心としたセレクション。ルンビータ・ブエナ ― ベルテルとディスコフォンのルンバ・ファンク&フラメンコ・ポップ 1970 - 1976Rumbita Buen [続きを読む]
  • ショップ「ロスアプソン」さんの年間ベスト
  • 未知の音世界へのよき道しるべ、高円寺のショップ「ロスアプソン」さんの年間ベストで弊社リリース・取り扱い商品をいくつか選出いただいております。? http://www.losapson.net/chart2017/モンストロメリーいいですね。買い逃していた、あるいはチェック漏れてたアレやコレや、ぜひまたこの機会に振り返っていただけたらと。  [続きを読む]
  • THE LIMINANAS: Shadow People
  • ニュー・オーダーやブライアン・ジョーンズタウン・マサカーも参加。パスカル・コムラードとのコラボでブレイクしたフレンチ・ガレージ・ロッカー「ザ・リミニャナス」待望の新作が完成しました。ヴィンテージ・ロックとフレンチ・イェイェのアヤシ過ぎるミクスチャー・マジックがさく裂したバンド史上最高傑作かと!ザ・リミニャナス/シャドウ・ピープルTHE LIMINANAS: Shadow PeopleBecause Music / WORDANDSOUNDritmo calentit [続きを読む]
  • ROBERT COHEN-SOLAL: Les Shadoks 50th Anniversary Edition
  • モンド/電子音楽クラシックスとして名高いフランスのTVアニメ『Les Shadoks』のサウンドトラックが、スコアを手掛けたロベール・コーエン・ソラル直々の監修で50周年記念エディションとして世界初復刻。エレクトロニクス、アヴァンギャルド、8ビットからディープファンクまで、レコ好きの琴線を刺激しまくる様々な要素を詰め込んだ問答無用の名盤を、高田みどりや映画『Dark Star』再発で名を上げたスイス「メンタル・グルーヴ」 [続きを読む]
  • Marco peeDoo Gallerani (Hell Yeah Recordings)来日
  • ジジ・マシンとテンペルホーフのコラボ『Hoshi』『Tsuki』やキト・イェンペレ、テレスパツィオなどを手掛けるイタリアのレーベル「Hell Yeah Recordingsの総帥マルコが来日します。お近くの会場に、ぜひ足をお運びいただけたらと!12/8 渋谷Techniqueインストア12/8 神楽坂KGR(n)12/9 渋谷Cafe Apres Midi12/11 Dommune12/15 福岡Desiderata12/16 沖縄Red Room  [続きを読む]
  • DOLORES “La Terremoto” VARGAS: Anana Funk Hip 1970-1975
  • 「アイケッツ時代のティナ・ターナーにも匹敵する、スペイン屈指のワイルドなパフォーマー」 ― チャルリ・ブラウンジプシー・ファンクの核弾頭ドロレス・バルガスのフロア・キラーを厳選した即死コンピが世界音楽金看板「ファラウェイ・サウンズ」から登場。ニックネームの「La Terremoto」とは「Earthquake」すなわち「地震」の意。音も歌も全てが震度マックスだ!その強烈なインパクトにより、その後のスペイン・クラブ・シーン [続きを読む]