daddy-k さん プロフィール

  •  
daddy-kさん: daddy-kのいきあたりばったり
ハンドル名daddy-k さん
ブログタイトルdaddy-kのいきあたりばったり
ブログURLhttp://sun.ap.teacup.com/daddy-k/
サイト紹介文北海道の自然を愛し、ダイビングとトレッキング好きのオヤジが肩幅サイズの日常をボツボツと綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/04/26 17:48

daddy-k さんのブログ記事

  • O・V・ライトとアーサー・コンレィ
  • 最近はあまり聞いていないのですが、70〜80年代の私はサザン・ソウルが大好きでした。50年代のアメリカは、白人音楽と黒人音楽ははっきりと別れ黒人はゴスペルやブルーズ、R&Bなどを、白人はカントリーやミュージカル・映画音楽、若い層はドリーミー・ポップス等を。ビル・ヘイリーやプレスリーがR&Bの要素を取り入れたロックンロールを歌い支持されますが、兵隊にとられたり事故死したりで60年代前半まではまだ、若 [続きを読む]
  • 蔦と札幌軟石と赤い煉瓦と
  • 午後からは晴れの予報を信じて、町の中の紅葉探しパート?は途中雨がぱらついたりしましたが、ま、雪やみぞれよりいいか?まだ夏靴履いていますしね。札幌の統計上一番遅い初雪は、1890年の11月20日だそうで出来れば11月中も降雪ゼロだと嬉しいな。12月に入ったら諦めますから…タイヤ交換も予約入れたし。[画像]先回は紅葉と銀杏だったので、今回は蔦の赤を探しに、まずは札幌市資料館(旧札幌控訴院)へ[画像]建物の [続きを読む]
  • 京都嵐山からの百年もみじ
  • いいトシになったいま、身の丈に合わない高望みの幸せなんて求めたりはしません。今時期なら、低くなった日差しが居間の奥まで届く小春日和の昼下がり「秋あがり」と、季節の肴を少しつまんで一杯やってソファーで丸くなってクゥクゥと微睡む…何て言うのが幸せかも。とは思いつつも、天気が良ければ「もったいない、何かしなくては」と思ってしまうあたり、根っからの貧乏性なのでしょうねぇ、私は。今年の札幌は降雪がまだです。 [続きを読む]
  • 黄金とサファイア・ブルーの海
  • お天気の週末、婚姻色に染まったのエゾアイナメと、その卵を見にいつもの積丹の海へ。着底するとすぐに先回同様、ケムシカジカが何匹も見られます。水深10〜15mあたりのゴロタの場所です。[画像]この魚は鰾(うきぶくろ)を持たないので、泳ぎはやや不器用でドタドタトとした感じで泳ぎ、ダイバーが並んで泳げるくらい。お腹の大きなメスも見かけ、少し一緒してシャッターチャンスを狙ったのですが、あまり負担をかけてはと、途中 [続きを読む]
  • Hi-Fiオーディオが憧れだった頃
  • 社会人デビューしたら、まず欲しかった物はレコードを聴く機器。普段テレビは見ないし、車を持つのは到底無理で、自分の電話を持つなんて事は、考えた事がなかった半世紀も前の自分なりの優先順位ですが、当時は同じ思いの人も結構いたのでは?固定電話ですら、自分の部屋に置くなんて思いもしない頃ですから、携帯電話とかスマホなんて想像もつかない時代で、無線での会話と言えば、アマチュア無線かトランシーバーの頃ですから、 [続きを読む]
  • 紅葉は里にも下りて
  • 春は、雪どけの畑から立ち上る土の匂い、若葉の緑が好き。秋は、枯葉積もった森の道、熟したような甘い香りが好き。そして陽に透ける木の葉が好き、水音のする場所ならなお…[画像]柄にもなくオヤジを隠して(本音を隠して?)いますが、これも季節のなせる業でしょうか?それとも知と体力の衰えに、人生の秋を悟ったせいでしょうか?[画像]紅葉と言えば、やはり陽を受けて透ける紅葉が綺麗。好きです。今年は大雪山系に登っていな [続きを読む]
  • 海は凪いで透明度は高くて
  • 本日もホームグラウンドの積丹町美国、宝島周辺でダイビング。前回潜ったのが9月29日だから三週間ぶりの海です。前回潜った時に婚姻色(まだ薄かったけれど)のエゾアイナメを見かけ、お目当てはその卵だったのですが、まだ少しだけ早いようで、卵は見る事が出来ませんでした。[画像]そのかわり…と言っては何ですが、ケムシカジカを結構見かけました。この魚は、普段は沖合の深い所にいるそうですが、産卵の時期になるとこうし [続きを読む]
  • 白鳥大橋と樽前ガロー
  • 今年は室蘭の白鳥大橋が開通し、20年になるそうですが、それを記念し、ラン&ウォークのイベントがありました。6年振りだそうで。[画像]橋そのものは1380mだそうですが、スパイラルの部分を合わせるとあるくのは往復で3キロちょっと程になるのでしょうか?[画像]朝は7時から受付開始、4400人程の方が参加したそうで、時間前から並んだ方もいるそうですが、私は8時頃の受付。受付順に9時から10分おきにグループで [続きを読む]
  • 室蘭港内ナイトクルーズ
  • 7月に室蘭で写真のイベントがあり、その時は夜景写真もぜひ!と意気込んでいたのですが、晴れ男のはずが珍しく雨に負け、撮影を断念しました。今回はその時の「借り」を返すのと、翌日の白鳥大橋ウォークのため昼間から室蘭入りし、まずは港など廻って夜景に備えます。[画像]幸い良いお天気で、祝津展望台からの白鳥大橋の眺めもすっきり。単独行動だと、本来の晴れ男パワーが活きるみたい?です。[画像]橋の下や、橋展望台から橋 [続きを読む]
  • 秋の森できのこウオッチング
  • 私が生まれ育ったのは、北海道の太平洋岸の田舎町でした。小学校低学年の頃に住んでいた家は、川に沿って三戸の家と更に奥に、元砂金掘りだったお爺さんが住むだけというとりわけ長閑な?場所で、当時私は山越えをして学校に通っていました。行きも帰りも一人で歩きます。同じ通学路の同級生はいないので。だから帰りの道のコースは自由自在。山道を外れ森の中も歩いて春先は福寿草やカタクリ、エゾエンゴサクなどの野に咲く花が友 [続きを読む]
  • 神仙沼、長沼、シャクナゲ沼
  • 良いお天気との予報だったので、もう紅葉が見頃だろうとニセコに。[画像]最初は神仙沼で、湿原はまったく秋の装い。真っ青な空の下の木道、池塘の青、お日様を映す湖面、枯れた草。[画像]これは紅葉も期待できるか?と思ったのですが、今年の紅葉は少し遅れているようで、まだ1週間ほど早かったかな?という感じです。[画像]でも、池塘に映る青空や木々、チセヌプリの山影が綺麗で満足。ちなみに、アイヌ語でチセは家、ヌプリは山 [続きを読む]
  • 水面にキラキラと小魚が
  • 9月最後の土曜日は、ホームグラウンドの積丹町美国でダイビング。[画像]この日の茶津海岸はもう最高のお天気。海も凪いでいて、今年一番のお天気と言って良い一日でした。[画像]一本目はビーチからのエントリー。[画像]水温はまだ20度はありますし、浅場の透明度も陽が入ってきれいで目の前を小鯖の群れが通り過ぎて行きます。[画像]エゾメバルは一杯いますが、メバル(左)は積丹半島では珍しいです。クジメ(右)もそうそうは見か [続きを読む]
  • 河辺で鮭をウォッチング
  • 藻岩山がまだ少しだけですけれど、黄色が入ってもう9月も下旬。郊外の小さな川でも鮭が見られる所があるよ、と教えてもらったので、まだ少し早いかな?と思いながら出かけてみました。[画像]まず堤防の草花を観察。こちらはエゾノコンギクでしょうか?名前は「蝦夷の紺菊」ではなく、「蝦夷野紺菊」かららしいですが。[画像]黄色い花はオオアキノキリンソウとサイタカアワダチソウでしょうか?青い花はなんでしょうね?これ一株だ [続きを読む]
  • 積丹の海はまだ夏?
  • 週末は例によって積丹半島の海に潜りに出かけました。水温はまだ20度あり、アブラコなどの婚姻色も始まっていないから水中は夏?といいたい所ですが、上がってからが寒いので先週よりドライスーツで潜っています。陸の上ではもう秋ですからね。本音言うと、ウェットだと2?で済むウェイトがドライだと3倍必要になるので、ウェットの時期が長いほどうれしいのだけれど、今年の夏は何度もぼやいているけれど、夏らしい気温が無く [続きを読む]
  • オータムフェストで呑んで支援?
  • 北海道の胆振東部沖地震、私の育った日高地方とはお隣同士だし復興の応援に何かできないか?ボランティアでも、でもジジイは足でまとい?と思っていたら、人数過多の仕事より産地のものを購入したり、応援の方法は他にもあるよと新聞で。なるほど。そんなとき、いつもお世話になっている酒屋さん、桜本商店さんが毎年札幌の大通公園で行われるオータムフェストに初出店すると。[画像]更には売上利益を全額寄付しますとの事で、それ [続きを読む]
  • イシダイ乱舞!
  • 折角北海道の短いウエットスーツの時期なのに、8月に潜ったのは一日だけ。それも透明度2〜3mという酷い濁り。以降、土用波が続き、9月に入って震災がありで、ほぼ一ヶ月振りのダイビングは、久しぶりのいいお天気で水温も20度強。一本目はビーチ・エントリーで平均水深10m程を一時間ほどかけてぷか〜りとリラックスダイビング。[画像]砂の上をゆっくりと進むのはカノコキセワタ。[画像]こちらはヒラツメガニでですが、後 [続きを読む]
  • あれから一週間…
  • 北海道が胆振東部地震に見舞われてから、一週間がたちました。夢を一杯背負った高校生が、孫に新米を食べさせるのを楽しみにして刈入れ時期を待っていたであろう同年代が…本当に悲しくて切なくて。亡くなられた皆様とご家族の皆様に、心より哀悼の意を表します。7月の西日本豪雨、今月に入り関空が孤島となった台風21号と大きな災害が続き、いまも避難を余儀なくされたり、停電や断水等で不自由な生活を強いられている皆様に、お [続きを読む]
  • 高岡から金沢城公園へと
  • 前日は弾丸ツアー?で、四時間ほど楽しんできた「おわら風の盆」帰りはバス待ちに30分程並び(貸切バスですが、混雑緩和のため並んだ団体順にバスが迎えに来るという仕組み)ホテルに付くと12時半近く、シャワー浴びてビール飲むともう…宴の翌日はゆっくり…とも思いましたが、高岡に泊まる事はまず無いだろうからと、結局普通の時間に起き市内を散策。[画像]市内には札幌の市電と似た車両も走っていて、親しみが湧きますがた [続きを読む]
  • おわら風の盆
  • 祭りや踊り、人混みが煩わしくなってきた最近は殆ど興味が無いのですが、「越中おわら風の盆」だけは興味が持続していています。仕事で北陸を担当していた時からだから、もう20年越しの恋?日本の祭りには珍しい(唯一?)胡弓を使った演奏とか、夜の街を静かに流してあるくとか、スタティックな祭りってとても興味があるし。[画像]私の知っていた八尾町は、平成の大合併により富山市八尾地区となりましたが、石畳の道や「うだつ [続きを読む]
  • 百花繚乱 日本の美
  • 夏は30度越えが10日以上ないとだめでしょう?などと言うと暑さが得意ではない純道産子のカミさんなどは、猛反発しそうですが、私は適度に暑い方がいいなぁ〜 札幌は今年は夏が来なかったよねぇなどとボヤきながらボ〜っとしていているうちに、早くも9月の声。東京富士美術館の特別展も今週末で終わりとなります。[画像]前期と後期は大幅に入れ替えがあり、前期は風神・雷神と北斎で後期は広重と言ったら良いのでしょうね?風 [続きを読む]
  • 森の中の美術館
  • 札幌市の芸術の森美術館で、中世の画家一族の「ブリューゲル展」が開かれています。[画像]開催は9月24日までですが、嬉しい事に8月19日までは展示中の作品の一部が撮影可能ですので、早めにと行ってきました。最初に出迎えてくれるのは、ピーテル・ブリューゲル?世と工房によるキリストの復活。ブリューゲル一族は、このピーテルから始まり曾孫の代まで150年に渡り画業をなしたそうですが、当時は工房による制作=漫画作 [続きを読む]
  • 南部美人、大那、みむろ杉と軸屋
  • 私が良く利用する酒店、桜本商店さんの主催で四蔵酒の会と言う催しがありました。清酒の蔵から岩手の南部美人、栃木の大那、奈良のみむろ杉。そして本格焼酎の蔵から鹿児島の軸屋の四蔵が見え、蔵元を囲み酒の話を伺いながら美味しい酒をいただく会との趣旨。桜本社長の話によると、南部美人の久慈さん、大那の阿久津さん軸屋の軸屋さんは、いずれも昭和49年生れ(私の2回り下の寅年です)で、東京農大の同期でツーカーの仲だそ [続きを読む]
  • 500マイルも離れて
  • 60年代のフォークソング・ファンならずとも、この曲はご存知の方が多いのではないでしょうか?私が最初に聞いたのは、友達のうちで聞いたキングストン・トリオ盤で覚え易いメロディだったし、その後は確か平凡パンチの付録に付いてきた楽譜を見て、とぎれとぎれのアルペジオで歌っていたっけ…恐ろしい事に、当時は自分に音楽的な才能は欠片もないという事にはまったく気がつかなくて…ですが。[画像]キングストン・トリオにピー [続きを読む]
  • 良いお天気、のんびりダイブ。
  • この日の札幌は30度近くあったのかな?海は適度に風もありさほど暑くは感じませんが、その風の分少々うねりが。この日も積丹町美国、宝島周辺で2ボートダイビングを楽しみました。1本目、20mを切ったあたりから急に冷たくなり、最大23mまで潜ると水温はまだ17度。ま、真夏でも20m切ると18度位だかこんなもの。[画像]砂場ではイガグリホンヤドカリが慌ただしく?走り回っていました。[画像]岩場にカドリナウミウシ [続きを読む]
  • 空沼岳に登ってきました
  • 今年3度目の山は、6年振り2度目の空沼岳(1251m)へ。[画像]以前来た時は登山届け出小屋の前に駐車できたのですが、今回は道が途中で切れていて、やむを得ず路肩に駐車して歩き出し、登山届を書き、いざ簡素な丸太橋を渡り入山。[画像]後で調べると、2014年9月の大雨で登山口までの林道が流出したそうで、道理で様相が違っているわけですね。登山道は基本ダラダラとした登りなのと、曇り空なのでたいしてキツくはなく [続きを読む]