岐阜ネパール会 さん プロフィール

  •  
岐阜ネパール会さん: ネパール通信
ハンドル名岐阜ネパール会 さん
ブログタイトルネパール通信
ブログURLhttp://nepalnepal.blog25.fc2.com/
サイト紹介文ネパールの貧しい山村の女性・子供支援のため、現地で活動する元登山家のボランティア活動記録 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/05/01 00:19

岐阜ネパール会 さんのブログ記事

  • 「ネパール通信」再三の「愚痴」・・・
  • 2月12日 「ネパール通信」再三の「愚痴」・・・はじめに、山村学校(スリーサルソティー中学校)への日本語先生の派遣は長い時間が掛かるが、長く継続させる事に意義があると考え実施に踏み切った。しかし、なかなか先生を「やってみよう」と言う方がおみえにならないのが現実である。先生が来るまで、門戸は何年でも開けて待っている。 今回も、当方の心の痛みを和らげる「愚痴」をお伝えしたい。1:土足で部屋に入って来る。新 [続きを読む]
  • 「ネパール通信」山村学校の日本語先生募集について
  • 1月30日「ネパール通信」山村学校の日本語先生募集について前回は、先の山村学校における校長先生からの要請をそのままお伝えして小学校や中学校で日本語の先生をやってもらえる方々を募集したが、今回は先生をやってもらえる方々に「何をするのか」を具体的に示したい。さて、今までのいろいろな山村における情報は流してきたが、それは山村における、生活習慣や生活そのものについてお伝えしてきた。今回は震災の被災者となっ [続きを読む]
  • 「ネパール通信」命 再び・・・
  • 1月20日「ネパール通信」命 再び・・・今回は、以前にも同じテーマで記載したが、やはり重いテーマであり再度記載したい。「鶴は千年亀は万年」 と言われるように、めでたい長生きの言葉があるように、長寿は「めでたい」のである。しかし、この世に生ける動植物、細菌やバクテリアに至るまで全て寿命はある。それぞれの寿命には長短はあるが、それが定めであろう。さて、そんな中での人の寿命はというと結構長い方である。最近 [続きを読む]
  • 「ネパール通信」新たな年に・・・
  • 2018年1月9日(火)「ネパール通信」新たな年に・・・長い間休ませていただいたネパール通信をやっと始動する事が出来た。当方のメールアドレスが一時使えなくなっていたため、大変なご迷惑をお掛けした事をお詫びしたい。今回は、そろそろ終活に入ろうかと言う年代に至り、では何からすればいいのだろうか?今までやってきた事は一応ピリオドは打って来た。しかし、まだまだ時間はある。やらねばならない仕事は山積している [続きを読む]
  • 「ネパール通信」世界がバランスを求めて…
  • 12月4日「ネパール通信」世界がバランスを求めて・・・今回は、全世界で起こっている暴動・争そい・紛争が「生きるための糧を求めて争っている現状を見て、思う事をお伝えしたい。現在、争いの無い国は「南太平洋島国」ぐらいで、ここでも一部では大国に依る搾取が起こっているが、暴動までには至っていない。また、中国においてはこうした島国への移住政策も積極的に行われていて、人口の少ない島国では島民より中国からの移民の [続きを読む]
  • ネパール通信の読者の皆様へ②
  • ネパール通信の読者の皆様へ②いつもネパール通信を読んでいただき、ご支援下さり誠にありがとうございます。先日、筋田さんのメールアドレスが不正に侵入され使用できない状況をご連絡させていただきましたが、昨晩より復旧し、通常通りメールを使用できるそうです。ご迷惑をお掛けいたしました。今後とも、宜しくお願いいたします。ネパール通信 管理人 [続きを読む]
  • ネパール通信の読者の皆様へ
  • ネパール通信の読者の皆様へいつもネパール通信を読んでいただき、ご支援いただきまして誠にありがとうございます。今回は管理人より皆様にご連絡があり配信させていただきます。ネパールに滞在中の筋田さんより連絡があり、彼のメールアドレスが不正に侵入され、現在メールが使えない状況です。もし、メールを送られた方がいらっしゃいましたら、返信が出来ないことをご了承ください。ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませ [続きを読む]
  • 「ネパール通信」早速の実力行使!
  • 11月24日「ネパール通信」早速の実力行使! 今回は、先にご紹介したメールダラの子供、サルミラとパルミラの姉妹についての報告をしたい。メールダラから銀杏旅館に来て既に2週間、この間早朝からバネパの日本語学校に通う毎日であるが、何せネパール人の先生による日本語のイントネーションではまともな日本語を話せる訳がない。従って、朝8:30には日本語学校から帰って来る二人が銀杏旅館の仕事を終えてから約2時間の「日 [続きを読む]
  • 「ネパール通信」銀杏旅館の新メンバー
  • 11月15日(火)「ネパール通信」銀杏旅館の新メンバー 今回は、3年前まで支援活動やっていた「メールダラ」から来た二人の女の子をご紹介し、ネパールでの仕事の確保の難しさをお伝えしたい。 事の起こりは、2年前くらいから日本における労働力不足から日本政府の規制緩和が実施され、人材確保のためネパールへ多くの日本の方々が来られ「日本語学校」の実態調査をして「日本語検定N4〜N5」の学生を日本に派遣、さらに「 [続きを読む]
  • 「ネパール通信」自由って何?
  • 11月4日(土)「ネパール通信」自由って何?今回は、世界で起こっている紛争から「それぞれの主張する自由」について考えてみたい。争いの原因は、いろいろあるが基本的に「奪い合う」争そいには違いない。領土を奪う・資源を奪う・食料を奪う・人間性を奪う・安全を奪う・などなど。生きるために必要な量だけあれば、生きられるのに?人はわざわざ「アンバランス」を作り出す。全く愚かな生き物である。 最近よく耳にする「フリ [続きを読む]
  • 「ネパール通信」長いお祭りが終わって・・
  • 「ネパール通信」長いお祭りが終わって・・ 今回は、ダサイン・ティハールと言ったネパール最大のお祭りが終わって村に居た若者たちが、街や外国に働きに出かける時期である。年間36万人のネパールの若者たちが諸外国へ出かけ、カトマンドウの街にも戻って来て、やっと普通の街が戻ってきた。当方も、テハールの最中に「挿し歯」が折れて修理が必要になったが祭りのためクリニックは休みで、祭りの終わるまで辛抱する以外なかっ [続きを読む]
  • 10月16日 「ネパール通信」ネパールで衆議院選挙!
  • 10月16日 「ネパール通信」ネパールで衆議院選挙!今回は、ダサインの終わったネパールで行う、衆議院選挙について感じた事をお伝えしたい。先般、下記のメールが来て投票要領が理解できたが「肝心の立候補者」が明確になっていない10月11日からの投票開始なのである。日本の皆さんも同様の思いのはずで、何処の党?誰?スローガンは?これは国の問題ではなく、各党の準備不足から起きた不備であろう。衆議院総選挙の予定 [続きを読む]
  • ネパール通信」日本の選挙に思う
  • 10月6日  ネパール通信」日本の選挙に思う 今回は、ネパール最大のお祭り(盆と正月が一緒に来たような)ダサインを終えての配信のため、多少遅配した事をお詫びしたい。さて今、ネパールではダサインのお祭りが一段落して元の職場へ戻る人々の大移動が繰り返されている最中である。一方、日本では衆議院選挙の「希望の党?」による「選挙戦引っ掻き回し」作戦?で野党第1党民進党が文字通り「ぐちゃぐちゃ」になり、議員の [続きを読む]
  • 「ネパール通信」ネパール人の習慣あれこれ・・
  • 9月25日月曜日「ネパール通信」ネパール人の習慣あれこれ・・今回も、溜まりに溜まった1年分の生活や活動の「ストレスの一部」を記載する事で、日ごろの鬱憤を発散させていただきたいと考え表題のような「愚痴」をお送りする我がままをお許しいただきたい。*所かまわず「痰」を吐く・・最初は何時までも慣れない、「痰」を吐く習慣であるが、ここ銀杏旅館で一緒に生活しているスンダル君の嫁であるウルミラは、ここでの生活が [続きを読む]
  • 「ネパール通信」自分の人生を「金太郎飴?」にするな!・・
  • 「ネパール通信」自分の人生を「金太郎飴?」にするな!・・9月14日木曜日さて、今回は今年5月に日本に帰国して感じた「人の生き方と考え方」について触れてみたい。5月18日に到着して直ぐ翌19日に「KHI養成工時代の同期会」があり出席。毎年開催されていたようであるが、退職以降毎年7月から8月にかけて帰国していた私は欠席ばかりであった。約半数の同期が集まったのは、幹事さんの努力であろう。自分自身の身体の不 [続きを読む]
  • 「ネパール通信」絵美先生の教員体験談②
  • 「ネパール通信」絵美先生の教員体験談②9月4日(月)今回は去る8月1日から8月5日までの日程でラムチェ村の中学校で日本語の先生をやって下さった「絵美先生」のスリーサルソティー中学校での教員体験の報告の2回目の配信です。原稿は全て原文のままとさせていただきます。私が学んだ大切なこと②小河原 絵美来年の話をすると鬼が笑う?いえいえ、筋田さんは喜んでくれるでしょう!私は来年の夏、子どもを連れてネパールへ [続きを読む]
  • 「ネパール通信」絵美先生の教員体験談①
  • 「ネパール通信」絵美先生の教員体験談①8月27日(日)今回は去る8月1日から8月5日までの日程でラムチェ村の中学校で日本語の先生をやって下さった「絵美先生」のスリーサルソティー中学校での教員体験の報告を2回に亘り掲載させていただきたい。原稿は全て原文のままとさせていただいた。私が学んだ大切なこと①小河原 絵美ナマステ!私はこの挨拶が大好きです。両手を合わせて相手の中にいる神様に手を合わせているように [続きを読む]
  • 「ネパール通信」雨期のラムチェ村で「日本語教育」
  • 「ネパール通信」雨期のラムチェ村で「日本語教育」8月16日(水)天気:雨 気温:27℃ 湿度:60%はじめに、約1週間ほど遅配した事をお詫びしたい。今回は、8月1日から5日までの間、日本の教師による復興最中のスリーサルソティー中学校での「日本語教育」についてお伝えしたい。7月31日のTGで来られた、(おなご先生)「Eさん」には、事前にお願いしていた村の小学校での日本語教師の件は、災害復興支援でラムチ [続きを読む]
  • 「ネパール通信」雨期のネパールで「色・即是・空」
  • 「ネパール通信」雨期のネパールで「色・即是・空」7月26日(水)天気:曇り 気温:22℃ 湿度:70%今回は、雨期のネパールの状態をお伝えして「人の生き方を考え」現在の日本のおかれている国内外の情勢をも見つめ直してみたい。最近、2週間ほど前から夜明け前の2時間ほどは「雲の中」で、何も見えない状態が続いている。時折、雲の切れ間から顔を出す「ヒマラヤ」は、毎日違うヒマラヤを見せてくれるから嬉しい。さて [続きを読む]
  • ネパール通信「雲上の田植風景」
  • 「ネパール通信」雲上の「田植え」風景7月16日(日)天気:曇り 気温:31℃ 湿度:42% はじめに、先般の九州地方における豪雨災害で被災された皆様に対し、心から哀悼の意をお伝えするとともに、現在も避難され不便な生活を余儀なくされている皆様にお見舞いを申し上げます。今回は、今月はじめに行って来たラムチェ村での完成間近なモデルハウスと「田植え」について報告したい。7月2日に銀杏旅館を出発して、正午には [続きを読む]
  • 「ネパール通信」命を「いただだきます」
  • 「ネパール通信」命を「いただだきます」7月6日(木)天気:曇り時々雨 気温:24℃ 湿度:60% 今回は毎日の雨と雲の中で思っている事を、少しでも理解していただけたらと考えお伝えしたい。昨日の朝「ギャーギャー」と言う泣き声に目が覚める。銀杏旅館の下にある「ぶた小屋」の前で、「解体作業」が行われていたのである。3頭の「ぶた」の内ブチの毛並みの「ぶた」が大人の男性4人に押さえられ、一人が大きな「ククリ [続きを読む]
  • 「ネパール通信」「ほたる」の季節・・・
  • 「ネパール通信」「ほたる」の季節・・・6月26日(月)天気:曇り 気温:24℃ 湿度:62%今回は、一斉に「湧き出した蛍」の乱舞の季節の楽しさや困難をお伝えして雨期での暮らしぶりを知っていただきたい。この時期、移動には必ず傘が必要になり、もし忘れたりすると必ず「雨宿り」をする事になる。傘を持ってても「雨宿り」はする、なぜなら小さな傘では足元が「ずぶずぶ」になるため、小雨になるまでの「雨宿り」である [続きを読む]
  • 「ネパール通信」雨期のネパールへ
  • 「ネパール通信」雨期のネパールへ6月17日(土)天気:曇り 気温:22℃ 湿度:70%はじめに、長い間の無配信をお詫びしたい。決して体調不良によるものではなく、日程的に移動の多い日本滞在であったがための無配信であった。さて、今回の日本滞在の主たる目的は、長野の古い活動の仲間(A氏)の体調を懸念しての見舞いと情報交換、「ひえ」の種の入手、さらにはご支援をいただいている「花巻」のみなさんへのお礼、そし [続きを読む]
  • 「ネパール通信」ネパール人のプライドはエベレスト級
  • 「ネパール通信」ネパール人のプライドはエベレスト級5月15日(月)天気:曇り 気温:23℃ 湿度:50%明日の選挙を控え、静まり返った今期最後のネパールからの通信である。今回はちょっと思考を変えて、ネパール人と付き合うまたは一緒に生活する上で、必ず「ぶち当たる」彼らのプライドについて触れてみたい。ここでは男女を問わず非常に高いプライドで生活している民族であり、自分が中心の生活である。例えば、銀杏旅 [続きを読む]
  • 「ネパール通信」2016年から17年の活動総括
  • 「ネパール通信」2016年から17年の活動総括5月6日(土)天気:曇り 気温:28℃ 湿度:33%この通信が今年度ネパールからの最後になる。今回は、5月の帰国に先立ちこの10ヶ月あまりの活動の総括をしたい。昨年8月にネパール入りしてから、はじめに手がけたのはラムチェ村の子供たちの支援活動である。27人の児童は日本に帰国する前に決めておいたため、容易に活動が進められた。14年前に活動を始めた最初の村 [続きを読む]