腰痛の達人 さん プロフィール

  •  
腰痛の達人さん: 四街道市 〜整体 匠〜 の施術日記
ハンドル名腰痛の達人 さん
ブログタイトル四街道市 〜整体 匠〜 の施術日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/seitai-takumi/
サイト紹介文四街道市・佐倉市・千葉市稲毛区で、ぎっくり腰・坐骨神経痛・慢性腰痛・骨盤矯正を得意とする整体院です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供532回 / 365日(平均10.2回/週) - 参加 2011/05/01 00:38

腰痛の達人 さんのブログ記事

  • 骨盤矯正
  •  佐倉市にお住まいの30代女性M様今回、骨盤矯正を受けに来院して下さいました施術後の感想です骨盤矯正なら当院にお任せ下さい!*:..。o○☆゚*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆今日も最後に...私の元気の源☆ 頑張れスイッチ ☆ポチッとお願いできますか ※2つクッリクして頂けると、嬉しいですブログランキングは、今何位?*:..。o○☆゚*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆〜 整体匠 〜四 [続きを読む]
  • 【活躍の場】
  • 小犬と馬を飼っている人がいました。小犬は主人が帰宅すると、いつも尻尾を振って出迎えます。そして顔をなめ回すのが日常でした。主人も喜んで、ますます小犬を可愛がっていました。それを見ていた馬は、とてもうらやましくなりました。「ああ、自分もあんなふうに可愛がられたい!」と・・・翌日、馬は小犬のまねをしてみました。帰宅した主人の周りを、尾を振って飛び跳ね大きな口で顔をなめようとしましたが主人を蹴飛ばしてし [続きを読む]
  • 【宝物】
  • そなたの秘蔵の宝物はなにか?ある日、関白・秀吉が、諸大名の前で、「わしは、天下の有名な宝をほとんど集めた」と言って、指を折りながら刀や茶碗の名を挙げ、自慢を始めた。やがて、徳川家康に向かって 「そなたの、秘蔵の宝物は何か?」と問いかけた。家康の答えは意外だった。 「ご存じのように、私は三河の片田舎で育った武骨者ですから、 珍しい宝物は持っておりません。ただし、私のためならば、火の中、水の中へも飛び込 [続きを読む]
  • 投稿された口コミ
  • ゲスト様の投稿(2018.09.14) 2ヶ月以上悩んだ坐骨神経痛30代主婦です。元々ぎっくり腰には20代後半の頃から2、3年に一度くらいのペースでなっていました。そのぎっくり腰にまたなり、治ったタイミングで予防の為にと始めたウォーキング中に、突然足がつったような感覚になりそれ以降は右のお尻の鈍痛が続き徐々に悪化。数歩歩くだけでも右足が痺れて動けない、起き上るのも辛い生活になりました。整骨院では治らず、整形外科を [続きを読む]
  • 【人間は情で動く生き物だ】
  • 藤巻幸大氏の心に響く言葉より人間は情で動く生き物だ。この先あなたが生きていくうえで、第三者の情に助けられる機会は幾度もあるに違いない。ただし、他人の情を手に入れるのは簡単ではない。しかし、コミュニケーションではこれを3年で手に入れることを目標にしたい。世の中には同じ失敗をしても、「あいつは使えないからダメだ」と見切られてしまうタイプと、周りの人が手を差し伸べてフォローしてくれるタイプの2種類いる。 [続きを読む]
  • 茨城県行方市から
  •  茨城県行方市にお住まいの30代女性O様約1年前に、1人目を出産されその後、持病の腰痛が悪化色々と治療院に行くものの思うように腰痛が改善されないそこで今回、ネットで当院を見つけ来院して下さいました身体の状態を詳しく検査してから・・・ 施 術 開 始 先ずは、骨盤の仙骨・恥骨・股関節の歪みを矯正しその後、背骨・頚椎・腓骨の調整と関係している筋肉をホグシて終了来た時の状態と比べていただくと・・・『腰が [続きを読む]
  • 【そのうち】
  • そのうち お金がたまったらそのうち 家でも建てたらそのうち 子供が手を放れたらそのうち 仕事が落ちついたらそのうち 時間のゆとりができたらそのうち・・・・・そのうち・・・・・そのうち・・・・・とできない理由をくりかしているうちに結局は何もやらなかった空しい人生の幕がおりて頭の上に 墓標が立つそのうち・・・そのうち・・・日が暮れるいまきたこの道かえれないby相田みつを今日も素敵な一日でありますように [続きを読む]
  • 【好ましい偶然を引き寄せる】
  • 山口雅之氏の心に響く言葉よりアメリカで数百人の成功したビジネスパーソンのキャリア分析をしたところ、その八割がもともとそうなることを目指していたのではなく、今の自分は偶然の積み重ねの結果だと答えた。スタンフォード大学のクランボルツ教授はこの結果に注目し、最初に目標を設定するよりも、自分にとって好ましい偶然が起こる行動をとることのほうがキャリアづくりにはプラスに働くという「プランド・ハップンスタンス( [続きを読む]
  • 【一番大切なことは配慮】
  • 面積は全国で45番目という狭い面積の県でありながら、1世帯あたりの稼ぎは全国トップ。持ち家率も日本一、高校進学率も日本一、東大合格者数もトップクラスという富山県。ということで、富山の薬売りのお話です。先日、70代半ばのベテランの売薬さんから、こんなお話をうかがいました。その方は、商売を学び始めたとき、親方からきつくたしなめられたことがあったようです。それは、「どんなにのどがかわいていようと、出されたお [続きを読む]
  • 【人生は何度でも勝負できる!】
  • 中野明氏の心に響く言葉より農場の手伝いからペンキ塗り。ペンキ塗りから再び農場の手伝い、さらに路面電車の車掌。路面電車の車掌から軍隊入隊、除隊後に鍛冶屋見習いに。鍛冶屋見習いから機関車の灰さらい、さらには機関士へ。機関士からなぜか弁護士実習生に転身。弁護士実習生から保線作業員、さらにプレデンシャル保険のセールスマン。保険セールスマンからフェリー運行会社を設立。さらに商工会議所の秘書。秘書を辞め、フェ [続きを読む]
  • 【教師と先生】
  • 「星野修さんのメルマガ」より愚でもいい直に生きる 武田鉄矢著教師と先生、もう30年も前になってしまったが、僕は、福岡教育大学っていう教育系大学の学生だったから、大学3年生になると教育実習をやらなければいけない。福岡県内の小・中学校に派遣されてね。教生先生っていうのをやるわけ。僕の場合は、久留米の小学校に行かされて6年生を受け持った。子供達に「武田先生」なんて呼ばれてね。そのたびに感じるくすぐったさは、 [続きを読む]
  • 【何がなんでも始めることだ】
  • ジョン・C・マクスウェル氏の心に響く言葉より私はよく本の書き方について質問を受ける。「僕も先生のように本をたくさん売って、人に影響を与えたい」と彼らは言う。「それはいいことです。今までにどんなものを書いたの」と尋ねると、たいてい「まだ何も書いたことはありません」という答えが返ってくる。それでも激励の意味を込めて、「それでは、今何を書いているの」と訊くと、「まだ実際には書いていませんが、アイデアはた [続きを読む]
  • 左足のピリピリ
  •  四街道市にお住まいの60代女性M様左足のピリピリに悩まれていたM様今回、お知り合いからのご紹介で来院してくださいました。施術の感想です辛い坐骨神経痛、当院にお任せ下さいその痛み!我慢しないで下さいネ『笑顔^^とありがとう♪』を1人でも多くの方から頂けるように1回でも少ない施術回数で、痛みや悩みを解決できるように頑張ります*:..。o○☆゚*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆今日も最後に... [続きを読む]
  • 【幸福王国ブータンの知恵】
  • 齋藤利也・小原美千代氏の心に響く言葉よりブータンには「幸せの国」という形容詞がついて、人々の注目を集めています。先の調査(2005年)で、全国民の97%が幸福だと思っていることがわかったのです。国の政策で、公の場では民族衣装の着用が義務付けられており、男性はゴという日本の和服に似た着物を着ています。女性は1枚布を巻きつけるようにまとうキラというものです。農業以外に主要な産業はなく、人々の暮らしも質素で、 [続きを読む]
  • 【よかったなぁ〜という言葉】
  • 西沢泰生氏の心に響く言葉より桑田真澄と清原和博のいわゆる「KKコンビ」がいた時代のPL学園は本当に強かった。2人は1年生からレギュラーでしたが、夏の大会は特に強く、優勝2回、準優勝1回。つまり彼らは夏の甲子園で、たったの一度しか負けなかったのです。「夏のKKコンビ」に黒星を付けた唯一のチームは、名将・木内監督が率いていた当時の取手二高(茨城)。試合は取手が1点リードで迎えた9回裏。PLが起死回生のホーム [続きを読む]
  • 【先生のひとことで、救われたんだよ】
  • プロボクサー内藤大助氏の心に響く言葉よりひどいイジメだった。胃潰瘍ができた。毎日毎日、恐怖が続いた。いまもそのトラウマが残っている。僕がボクシングを始めた理由。それは、中学のときのイジメだ。相手に仕返しするためじゃない。自分の身を守るため。パンチを打つのではなく、相手のパンチをよけるため。僕は強くなりたいと思った。僕は北海道の豊浦町で生まれた。家は貧しかった。サビだらけのトタン板で囲われた木造二階 [続きを読む]
  • 朝起きると腰が・・・
  •  佐倉市中志津にお住まいの60代女性S様今朝起きると腰が痛いそこで今回、約1年半ぶりに来院して下さいました相当痛いのか・・・体は右に傾き、前かがみの状態で歩いて来られました。痛みの状態をチェックすると・・・後ろに反らす動作で、腰に痛みが出ます。ほとんど、反らせません 施 術 開 始 先ずは、仰向けの状態で腹部・足などの関係している筋肉をほぐす。その後は、骨盤の調整と椅子に座った状態で調整して終了来 [続きを読む]
  • 【相手のメリットになることをやろう】
  • 作家の中谷彰宏氏の心に響く言葉より自分のメリットより、相手のメリットで付き合うことが大事です。例えば、自分がセールスする立場で考えてみるとよくわかります。親しくなりたい相手もセールスの仕事をしていたとします。そのとき、やるべきことは「どんな商品があるんですか?」と、相手の商品パンフレットを見せてもらうことです。ここで、自分の商品パンフレットを「見てください」と相手に出してしまってはダメなんです。ほ [続きを読む]
  • 【万象我師】
  • 江戸時代の儒学者 佐藤一斎著 「言志録」より200年も前の言葉ですが、とても響きます。[万象我師]人は人、自分は自分と別々のいきものだと考えるところに人の世のいろいろの不幸がきざす。実は人はわが鏡である。自分の心を映す影像にすぎぬ。やまびこのよべば答える。それにもたとえられる。にこにこして話しかけると相手は笑みかけて答える。大声でどなればむっとしてにらみかえす。物売りが来る。「いらないよ!」と、つっけ [続きを読む]
  • 右のお尻に痛み
  •  四街道市にお住まいの50代男性Y様一日、ずっと座り仕事のY様1週間ほど前から右のお尻に痛みが出るその痛みがなかなか取れない・・・そこで今回、これ以上酷くなる前にということで、ネットで当院を見つけ来院して下さいました痛みの状態をチェックすると・・・右足に体重を乗せると右のお尻に痛みが出ます 施 術 開 始 先ずは、恥骨の調整と腹部の筋肉をホグスその後、仙骨・股関節の調整をし、腰部・臀部などの関係し [続きを読む]
  • 【OKINAWAに行かない?】
  • 「OKINAWAに行かない?」いきなり母が電話で聞いてきた。当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。「忙しいから駄目」と言ったのだが母はなかなか諦めない。「どうしても駄目?」「今大事な時期だから。就職決まったらね」「そう・・・」母は残念そうに電話を切った。急になんだろうと思ったが気にしないでおいた。それから半年後に母が死んだ。癌だった。医者からは余命半年と言われてたらしい。医者や親戚には息子が今大事な時 [続きを読む]
  • 【自分を幸せにする方法】
  • ある実験があります。二人一組になって、1人がもう1人の背中を1秒間に1回のテンポで、トントンと軽くタッチします。よく赤ちゃんの背中をお母さんがトントンするのと同じ感じです。これをすると、された方は不安感やイライラ感を抑えるセロトニンという脳内の神経伝達物質が増えるそうです。つまり、癒やされるということです。しかしこの実験はこれだけでは終わりません。更に、やっている人も、セロトニン濃度が上昇するとい [続きを読む]
  • 左腰
  •  四街道市にお住まいの30代女性T様3日前から左腰が痛くなり2日連続、鍼治療を受けるも・・・痛み変わらずそこで今回、ネットで当院を見つけ来院して下さいました 施 術 開 始 先ずは、骨盤の歪みを矯正しその後、頚椎の調整と関係している筋肉をホグシて終了施術後、感想をいただきました痛かった左腰もだいぶ痛みが取れましたこれで様子を見ていただいて、本日は終了その痛み!我慢しないで下さいネ『笑顔^^とありが [続きを読む]
  • 【うまくできなくても】
  • 心を乱すことなく邁進したいと思うなら、あなたの人生から「あなたに対する批評家」を消し去ろう。これは、あなたの自信を奪う誰かさんだけでなく、あなた自身に“批判的なあなた”も含まれる。自分の作品や仕事が稚拙だとしても、まずはそれでよしとする。才能がある場合でも、自分のすることやつくった物はすべて立派でなければならないとか、はじめたことはすべてやり遂げなければならないとか、そういった考えは捨てる。そうす [続きを読む]
  • 【無償の愛】
  • おじいちゃんは老いから手足が不自由でトイレも1人では厳しい。だから、いつもはおばあちゃんが下の世話をしてた。おばあちゃん以外が下の世話をするの嫌がったからだ。ある日、家に私とおじいちゃん2人になった。おばあちゃんが倒れてしまい母と兄は病院、父は会社から直行したからだ。おじいちゃんと留守番してると申し訳なさそうに「喪喪ちゃん、悪いんだがトイレに・・・」って言った。私は本当に馬鹿だなって思った。一人じ [続きを読む]