chlorine さん プロフィール

  •  
chlorineさん: くろのしろい日記
ハンドル名chlorine さん
ブログタイトルくろのしろい日記
ブログURLhttp://chlorine5555.blog39.fc2.com/
サイト紹介文趣味がチェスの人の日記。将棋もすきだけど何を書くかは模索中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/05/04 19:15

chlorine さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 日本向けネット上チェス情報まとめ【配信者動画主など】
  • 本日は日本のチェス事情を私なりにまとめたいと思います。「私なりに」と言うのはチェスのコミュニティをはじめ、動画やインターネット配信を中心としたものです。これも一種のチェス関連サイトまとめですね。(ツイッターのチェス関係もまとめようとしたけど挫折しました)ブログやサイトに関してはまとめようとしている方が何人かいらっしゃるのでそちらを見たい方は下記をどうぞ。【チェス上達に役に立つサイト集 by ホワイトナ [続きを読む]
  • 2018年人間対機械でのチェス若手対決の結果
  • 今回は2018年4月22日に行われた人間対機械の公開チェス対決について書きたいと思います。場所は【lichess.org】という比較的大手のチェス対戦サイト。今回紹介するこの対決は、人間側もコンピュータ側も若手同士のネット対戦となりました。よって、別にトップ同士の頂上決戦みたいな感じではなくもっと軽い感じの「やってみた」的対戦だと思います。人間の若手は分かるけどコンピュータの若手ってなんぞや?と思われるかもしれませ [続きを読む]
  • ネットのチェス関係者集まってみませんか?
  • こんにちは。くろーりんです。今回は、3か月くらい前からツイッターやYOUTUBE配信でぽつりぽつりと言ってはいたのですが、そんなに多くはないであろうインターネット上で活動しているチェスの発信者を集めて連合を作ってみませんか?という提案をしたくて記事を書きました。このチェスの発信者とは、チェスのインターネットライブ配信者、ブロガー、動画サイトの投稿者、ツイッターでの情報発信者など他にも私が知らなかったような [続きを読む]
  • チェス世界チャンピオンへの挑戦者決定戦について(2018年)
  • 今日の話題はチェスです。さて、今年2018年も11月にチェス世界選手権が行われるようで、その挑戦者決定トーナメントが3月10日から始まるそうです。これは8人の精鋭たちでダブルラウンドロビンという形式で争われます。ダブルラウンドロビンとは総当たりを2回、先手と後手を各1回づつ持って戦うということです。つまり1人あたり14試合行われます。トーナメントの賞金は1位9万5000ユーロ、2位8万8000ユーロ、3位7万5000ユーロ、4位5 [続きを読む]
  • エントロペイのドルをビットコインに変えようとしてみた
  • こんにちは。今回はインターネットポーカー勢と、おそらくインターネットブックメーカー勢にもお馴染みのエントロペイ(Entropay)というバーチャルプリペイド式VISAカードがあるのですが、そいつのお金をビットコインに変えてみようかと思って途中経過を記事にしました。私は前にも書きましたが、ポーカーのフリーロール(参加費無料で賞金付きのトーナメント)に激ハマりしてたことがあり、トラッカーソフトが合計出してくれてた [続きを読む]
  • 昔本当にあった負ければ殺されるチェスの対局
  • 今回は、何か面白いエピソード持ってるチェスチャンピオンいないかな〜と探してた時、偶然見つけたチェスマスターの壮絶なエピソードをご紹介します。今日ご紹介する人の名前はオシップ・サモイロヴィッチ・バーンスティーン(Ossip Samoilovich Bernstein)さん。1882年にロシアで生まれ、1962年にフランスで亡くなりました。亡くなったときの称号はグランドマスター(GM)です。そして日本語でグーグル検索してみましたが、ほぼほ [続きを読む]
  • 仮想通貨とNETELLERの話
  • 最近の話なのですがNETELLERから、取引ねーから来月からは管理手数料最大40ドル取るぞゴルァ!という感じの内容のメールが届きました。ポーカー勢の方々にとっては懐かしいのではないかと思われるネッテラー。経緯を説明すると、まだネッテラーがポーカーの課金に使用可能だったころ、私はネッテラーに一度だけ10ドル入金してポーカーサイトに入金。参加料タダで賞金のあるフリーロールをプレイしまくってこつこつ稼いだ100ドル中 [続きを読む]
  • 2018年非公式変則チェス世界チャンピオン決定戦について
  • 今日は何となく見てたら何となくいつの間にか終わってしまっていた変則チェスのひとつ、フィッシャーランダムチェス(チェス960)の非公式世界選手権について書いていこうと思います。まずフィッシャーランダムチェスとはなんぞやと。簡単に言うと、初期配置をバラバラのランダムにしたチェスです。その配置の種類が960種類あることから、チェス960とも言われます。フィッシャーランダムチェスのフィッシャーとは元世界チャンピオ [続きを読む]
  • テキサスホールデムにおける手札の別名その3
  • テキサスホールデムにおける手札の別名その1 と テキサスホールデムにおける手札の別名その2の続きです。今回はポケットペアといわゆるゴミ手を調べました。A関連はその1、絵札関連はその2で扱ったのでそれ以外です。コネクターも扱いたかったのですが、ちょっと微妙そうなのが多かったので扱わないことにしました。【ポケットペア編】TTダイムズ(10セントコインの別名がダイム)バイナリーTNT、ダイナマイトなど(Nは&の略と [続きを読む]
  • テキサスホールデムにおける手札の別名その2
  • テキサスホールデムにおける手札の別名その1の続きです。どういう順番で紹介しようか迷ったのですが、どうやらほとんどの数字の組み合わせに別名があるらしいと知ったので、今回はAの絡まない絵札編にします(Aありは前回参照)。KKの別名カウボーイズエースマグネット(エースが唯一見たくないカード)カンガルーズ(アルファベットの教育現場ではKと言えばカンガルーらしい)キングコング(略がKK)ナイツKQの別名ロイヤルカップ [続きを読む]
  • テキサスホールデムにおける手札の別名その1
  • 最近ポーカーにハマっていて、インターネットに限らず、最近はAJPC(全日本ポーカー選手権)にも足を運んでボロボロに負けてきたりしています。さて、本日のテーマはホールカードの二つ名。ニックネームです。ツイッターやニコニコで私がお世話になっているぷれじさん(ニコニコミュのぷれじギルド)がニコニコ生放送でよくAAを「ロケット」、TTを「ダイムズ」、AJを「ブラックジャック」という風に呼んでいるんですよね。なにそれ [続きを読む]
  • 世界で一番難しいチェスプロブレムとは
  • この前、私のツイッターのタイムラインにチェス・プロブレムについてのツイートが見えたので、ちょっと気になり世界一難しいチェスプロブレムを探してみました。しかし、難しいというのは割と主観的なことなので意見が分かれるところであるようです。なので、今回は難しいプロブレムをいくつか紹介したいと思います。まずチェスプロブレムとは何ぞや。というところから。調べてみましたが定義が難しいですね。大体のチェスプロブレ [続きを読む]
  • 人間対コンピュータの歴史
  • 最近新しくMMDドラマの動画とかゆっくり解説の動画アップロードしました。今回はゆっくり解説動画の詳しい紹介をここでしておきたいと思います。将棋の方で、プロとコンピュータが戦う叡王戦電王戦が最後らしいということも聞きましたし、ここらあたりでさらっと機械、つまりコンピュータが頭脳競技、マインドスポーツ、ボードゲームでどのような結果をいつ残してきたかというおさらいを私がしたかったので作りました。このブログ [続きを読む]
  • 888pokerのフリーロール色々参加してみた
  • フリーロール。それは参加費がタダで入賞すれば賞金、賞品がもらえるという魅惑のトーナメント。大抵どこのネットポーカールームにもあるとは思うのですが、ポーカースターズが主戦場の人に888ポーカーのフリーロールの話をするとよく「そんなにもらえるの?」と言われるので、今日は私の主戦場の888ポーカーフリーロールを適当に参加したことあるやつを中心に書いていきたいと思います。(私はフリーロール中心プレーヤーです)正 [続きを読む]
  • 888ポーカーの賞品受け取ってみた
  • こんにちは。最近はポーカー結構プレイするようになりました。突然ですが、888pokerでは現在All-in Gift Tournamentという参加費無料トーナメント(ただし参加チケットが必要)が毎日日本時間の午前5時20分にあります。大体今だと毎日1万2000人くらいが参加してヘッズアップで強制オールイン勝負→その人数だとたしか1位〜4500位くらいまで何かがもらえるというトーナメントです。ちなみに参加チケットは、最初に無条件でもらえる2 [続きを読む]
  • google翻訳に任せると名前が変になるチェス棋士集
  • もう結構前になるかもしれませんが、日本将棋連盟の英語公式HPの将棋棋士の名前がgoogle翻訳そのまま使ったかのような変な英語になっていると騒がれていたことがあったかと思うのですが、逆に英語のチェス選手の名前を日本語にgoogle翻訳かけると変になるものはないかと探してみました。という小ネタ集。注意点として、チェスは英語圏やアルファベット圏だけのボードゲームではありません。ですが、現地語で調べるのはすごい労力に [続きを読む]
  • アンダープロモーションのすすめ
  • チェスプレーヤーなら誰もは一度はいつでもできるように準備しようとしたことがあるのではなかろうかという激レアな超必殺技「アンダープロモーション」というのがあります。特に中二病諸君に人気のあるチェス必殺技と言えばエクスチェンジサクリファイスに並ぶ有名どころがそれであろうと思われます。しかし!レアすぎて中々お目にかかれない上に、実践でできる状態になっても中々気づけない!ということで本日はアンダープロモー [続きを読む]
  • チェスや将棋、囲碁などに運要素は存在するか
  • 時間が過ぎるのは早いものでもう結構前になるかもしれませんがこういう言葉がアニメ界の名言的なものにありました。「チェスなんてただのマルバツゲーム」ノーゲーム・ノーライフという作品に出てきたセリフです。完全情報ゲームなんだから必勝手順、必勝法は存在する。○×ゲーム(3目並べゲーム)と似たようなもんだという意味だと思います。さて、本日はそれに関係するのかしないのかな完全情報ゲームに置ける運要素の話題にし [続きを読む]
  • 2016年版、近年のチェスコンピュータvs人間の対決結果
  • みなさんこんにちは。今日はチェスコンピュータ対人間の2016年版です。人間側はもちろんチェスのプロだと思ってくれていいです。ですが、今回紹介した中でスーパーグランドマスター(SGM)レベルの人はヒカル・ナカムラさんくらいなのでトップ対決というにはちょっと微妙かもしれないです。ちなみにスーパーグランドマスターとは世界チャンピオンが狙えるくらいとてつもなく強い人だと思ってくれればいいです。やっぱり人間の上位 [続きを読む]
  • チェス世界チャンピオン賞金額の歴史
  • さて、今日は久しぶりにお金の話をしましょうか。というのも最近chess.comの記事をよく読むようになったのですが、その中にこんなものがありました。【How Much Money Do World Chess Champions Make?】要は、「チェス世界チャンピオンはどのくらいお金を儲けてきた?」というchess.comスタッフさんの記事です。今回はこれを紹介していきたいと思います。あ、私の英語力はゴミなので大体の訳だと思ってください。細かいことが知り [続きを読む]
  • チェスチャンピオンのタッチアンドムーブ違反(待った)集
  • 将棋の「待ったなし」に当たる言葉、「タッチアンドムーブ」というものがあります。しかしながらチェスと将棋とでは少しだけ意味が違います。将棋の待ったなしでは駒を持ちあげて打ち付けても、手を離さなかった場合もう一度同じ場所に駒を戻せば違う駒を動かすことも可能だったと記憶しています。チェスの場合のタッチアンドムーブは、その名の通り最初に触れた駒が動かせるなら必ず動かさなければならないのです。敵の駒に触れて [続きを読む]
  • チェス用語入門講座
  • もう半年くらい前になりますが、チェスルール解説とチェス用語講座の2つの動画をニコニコにアップロードしました。機械の声が苦手な方は音声オフにしてください。発言は全て字幕で表示しています。ルール説明↓【ニコニコ動画】ゆっくりチェス入門ルール説明編チェス用語講座↓【ニコニコ動画】ゆっくりチェス用語入門チェスのルールに関してはチェス入門で復習していただいた方が早いかもしれないので丸投げ。【チェス入門】チェ [続きを読む]
  • チェス界におけるコンピュータ不正と対策案
  • 現在世間で話題となっているかもしれない、将棋棋士のコンピュータ不正問題というのがあります。チェス界ではもう、10年20年くらい前からちょくちょく聞く不正。いわゆるプロレベルでの不正疑惑は2006年というちょうど10年前でした。ちなみに私のニコニコ放送を使って運営したLichessでのオンラインチェス大会でも大会終了後に優勝者のコンピュータ不正が発覚。その優勝者のアカウントとチェスサイトの大会システム上のその大会の [続きを読む]
  • 過去の記事 …