takeda さん プロフィール

  •  
takedaさん: Blue on Black
ハンドル名takeda さん
ブログタイトルBlue on Black
ブログURLhttps://ameblo.jp/blueonblack/
サイト紹介文愛知県のブルースバンド、ブルーオンブラックのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/05/04 23:22

takeda さんのブログ記事

  • ウチ弾き用ギター3
  • ウチ弾きギターメンテの続き。ナットがプラスチックの成形品です。このクラスのギターは、ほぼこんなのが付いてます。安ギターの音がダメな原因のかなりの部分はココ。このナットを牛骨に替えるとビックリするぐらい良くなることがあります。ちょっとメンドウですが、ナットも交換します。厚みが6.5mmもあるので困りました。Gibson規格のナットで5mm、アコギ用でも6mmです。しかたないのでAmazonでアコギ用のナット、10個入りを注 [続きを読む]
  • ウチ弾き用ギター2
  • 連れ帰ったARIA PRO ⅡのPE。そのまま使うにはあまりにもアレなんで、できるだけお金をかけずに手直しします。まずは、電装系を総取り替え。ピックアップは57classicがあったのでコレで。ゼブラはミスマッチのような気がしますがまあイイでしょう。ピックアップセレクター、シールド線も部品があったので交換。POTは在庫がないので注文しました。コンデンサは適当にあるものを付けときます。穴が小さいので開け直し。電装系は完了 [続きを読む]
  • ウチ弾き用ギター1
  • ジャンクギターをサルベージ。ギターを再開したんですがウチ弾きでレスポールは重いので、軽くて22FでハムバッカーX2のギターがあったら欲しいと思ってました。モチロン安ければ安いほどイイです。先日ハードオフに行った時見つけました。弾かせてもらったら、ソコソコいい感じ。この手のギターはデッドポイントがあったりしますが全フレットOK。色々アレな部分もありますが、基本的な部分はクリヤしてるので連れて帰りました。 [続きを読む]
  • コンプお色直し
  • JOYOのコンプレッサー。使うほど、好きになってきました。かけているのを忘れそうなぐらいにナチュラル。ただ、この見た目・・・色は覚悟してましたが、いざ使い始めるとビミョーサソリは何の意味なんだろう?塗装もかなりヤッツケです。眺めてるうちにガマンができなくなりました。塗り直しましょう。近くのEDIONのプラモデルコーナーで塗料を買ってきました。まずはバラしてオーバードライブは独自の形状でしたが、コレはごく普通 [続きを読む]
  • コンプレッサー
  • 引き続きSGをイジってます。スイッチ交換の時、配線を見たら信号線とアースが接触しそうなところがあったので、全部やり直し。ギター本体はコレで完了。イイ感じでセットアップできました。Proreverbに中華ドライブ、TS-9で幸せになれますが、もう1本踏み込んでスライド用に適したエフェクターを探します。スライドと言ったらコンプレッサーですが、私コンプレッサーにはあまりイイ印象はありません。コレも持ってますが、「プッ [続きを読む]
  • スライド専用機
  • 先日からSGをイジってます。このギターの位置付けはスライド専用機。なかなか思うような状態にはなりません。ウマい人は普通のギターでもラクショーでスライドしてしまうんでしょうが、ヘタな私は道具でなんとかしないとイケマセン。まずは接触不良だったスイッチが届いたので交換。最近気が付いた事。スライドギターの教本なんかを見るとスライドバーはフレットの真上に置きなさいってあります。でも実際に真上に置くとビミョー [続きを読む]
  • SGの弦
  • 左手の指先が、まだヤワイのでスライドギターでもと思いSGを出してきました。弾いてると、スイッチが接触不良。裏蓋を開けてスイッチの接点を曲げてちゃんと接触するようにしてやりました。弦交換もしときます。オープンDチューニングなので、太めの012〜054のセットです。弾いてみると3弦の鳴り方が悪くて音切れします。スライド専用機なので3弦を026の巻弦に替えてすます。今度は相対的に4弦の音が弱く感じます。4弦をバラであ [続きを読む]
  • チョット小物を
  • ストラップの話なんですが、レスポールにはこんなのを使ってます。けっこう厚みがあって丈夫。革製がいいかなと思いあまり深く考えずに買いました。使ってみるとなんだかゴワゴワしてるし、裏面も滑らなさすぎて使い心地は宜しくありません。いいものないかなと、近くのシマムーに・・・値段はピンキリです。結局選んだのはタカミネのストラップ。@1800なり。何よりデザインがカッコイイ!ロックピン付けました。ピックが入るポケッ [続きを読む]
  • 久しぶりにアンプ
  • さて、バンドの再起動に向けてアンプの調子も確認しときます。Prorevrb とBassman。前に電源を入れたのは、3ヶ月前ぐらいでしょうか。因みに真空管ギターアンプの音を決めるファクターはスピーカーが一番、アウトプットトランスが二番だと思ってます。真空管はビンテージ管に替えると音が全然変わるなんて良く聞きますが、私にはヨクワカリマセン。私のデフォルトはFenderのBFにJBL。Jensen派の人も多いと思いますが、JBLの骨太い [続きを読む]
  • リハビリ
  • 長らくギターを弾いてませんでした。ここ3ヶ月はまったく・・・そのせいで、左手の指先がフニャフニャになってしまいました。チョーキングするのもツライ状態。ハイフレットは、まともに音がでません。30分ほど弾いてると、指先がジンジンしてきました。右手は、一見割とまともに動いるようですが、ニュアンスが出なかったり引っ掛かる感じがあったりとイライラします。ガ〜ンう〜、ゼンゼンダメダメ(泣)あんまり考えた事なかったん [続きを読む]
  • 再起動
  • 2年前にkunikane氏がアメリカに海外出張に行ってしまい、バンド活動は休止中です。メンバーを募ってやろうかとも考えたんでですが、3人でやってたバンドが楽しすぎて、今更な〜っ状態。モチベーションもダダ下りで、クリスフレミングとBandmasterも売ってしまいました。そんなある日、kunikane氏から「11月に帰国します。練習しといてください」って連絡がありました!一時帰国じゃなくて、完全帰国らしいです。 ・・・やった!正直 [続きを読む]
  • コンデンサー
  • ストラトのコンデンサーを変えてみます。デフォルトは0.1μFのセラコンだったのをElemencoの0.033μFに換えてます。いろいろ試しましたが、シングルの一般的な0.047μFより、0.033μFが自分にとっては使いやすいです。容量はこれで決め打ちして、ちょっと他のコンデンサーも試してみたいと思ってました。オークションで落札。Sangamoの0.033μFです。何種類も試すのはメンドクサイので、Elemencoと比較していいほうを採用します。 [続きを読む]
  • 成金ドライブ
  • ラップ塗装をしたJOYOのSBOD。上塗りのクリヤーをシボ塗装にしてましたが、中途半端な感じです。ヤッパリちゃんと艶アリ塗装にしようと思います。再度バラして、再塗装、組み込み。テラテラ・・・成金感は変わりませんが、見慣れたのかチョットカッコ良く見えてきました。見ようによっては高級エフェクターに見えなくもないかも・・・ [続きを読む]
  • 5751
  • Proreverbが絶好調。ただ、パワー管をRCAにしてからブレイクアップするのが早くなりました。交換前のTADがゲイン低目だったのかもしれません。アンプ直なら問題ありませんが、TS-9でプッシュするならアンプの歪みはもうチョット押さえた方がいいような気がします。という事で、プリの初段の12AX7を5751に換えます。5718は12AX7に比べて増幅率が70%なので歪みを抑えられるハズです。SRVのVibroverbもたしか初段は5751だったような [続きを読む]
  • ラップ塗装にチャレンジ
  • JOYOのSBODです。驚異のコスパ。音に関しては文句の付けようがありません。ただ、この色がアレです。何度見ても見慣れることがありません。嗚呼、カッコ悪い・・・安いパチモンを使おうとすると宿命として、受け入れないとイケないのかもしれませんが、ガマンできなくなって色を塗ってしまいました。ネットで見た事のあるラップ塗装にチャレンジ。バラします。ノブはウエスを巻いて引っ張るとウマく抜けます。ゴム足やラベルのノリは [続きを読む]
  • フレット擦り合わせ
  • クリスフレミングのストラトなんですが、1弦15Fで2音チョーキングすると音が詰まります。まあ、これはストラトの宿命です。キーEの時の飛び道具だったりするので、そんなに不自由はありませんが使えるなら使いたい。弦高をかなり上げてみましたが指板R250では無理があるようです。因みに私の弦高はバカ高です。弦高はある程度以上上げないと気持ちいい音がしないんですよね〜チョーキングも弦高が高い方が楽だし。コンパウンドラ [続きを読む]
  • RCA
  • オーディオの真空管アンプはディープな世界で、ギターアンプに比べるとマニアック度が桁違いです。機材自体の値段も一桁以上違ったりします。あっ、私はそんな高級品もってないですよ〜あくまで、聞いた話です。ギターアンプに使う真空管はオーディオでも使います。逆にオーディオでは使うけど、ギターアンプには使わない真空管もあり。貴重な真空管に関してオーディオマニアから言わせると、ギターアンプゴトキにビンテージ管な [続きを読む]
  • イモネジ
  • 最近アンプや、エフェクターをイジって、ストラトでいかにいい音が出せるか試してました。ストラトを弾く機会が多かったので、たまには調子をみてやろうとネックのソリを確認しました。ネックのソリを確認するのはリフレット以来。私、弦高はかなり高めなのでネックのソリはさほど気になりませんが、ちょっとソリ過ぎてます。トラスロッドを1/4回転程締め込んで調整。ソリ具合は好みの、ほんの少し順ゾリになりました。しばらく弾 [続きを読む]
  • Bandmaster放出
  • アンプが増えすぎました。コンディションを維持するのにも定期的にメンテナンスしなければイケマセンし、限られた時間で全部のアンプを弾いてやるのはシンドイです。今の私には3台が限度。ちょっと前まではProreverbを手放すつもりでしたが、改造でスーパー素晴らしくなったので残します。いろいろ考え結局、Bandmasterコンボを放出しようかと思って委託販売をお願いしてきました。68’のドリップエッジのヘッドをコンボ化。キャ [続きを読む]
  • TS-9続き
  • JRC4558Dを紛失してしまいました。いくら探しても見つかりません(泣)部屋の片付けをしないと・・・なくしたJRC4558Dは3000番台でした。TS-9のMODで早い段階からMC1458Pに決め打ちしたので、その他部品を変えてからJRC4558D艶アリをと思ったんですが・・・「ないがな!」という経緯でJRC4558D艶アリは試してないんです。ヤッパリ大定番のオペアンプは試したい・・・ということで、オークションに網を張って手に入れました。0番台のJRC4558D [続きを読む]
  • 今さらながらTS-9
  • TS-9です。ギター再開した数年前しばらくの間、「てぃーえすきゅー」だと思ってたtakedaです。さて、以前TS-9を試した時はまだProreverbを持ってなくて、Machlessを使ってたと思います。その時はあまりいい印象がなくて、「ふーん、こんなもんかいな・・・」って感じでした。先日、Proreverbの改造が終わってTS-9を試してみたくて探してましたが、見つかったヤツは配線が切れているのか音が出ません。以前、散々弄くりまわして遊んだ [続きを読む]
  • エフェクターボード見直し
  • Proreverbのバイアス調整がしてなかったのを思い出しました。23.5mmAと28.5mmA。2本のパワー管のバイアス値が違ってたので差し替えてみましたが、ヤッパリヘン・・・回路的なヤツだと当たりを付けてチェックしたら、抵抗値が出てないとこがありました。カーボンコンポジットの古い抵抗は、抵抗値が大きくなってる場合があります。交換して、再度バイアス調整。32mmAで、更に音に張りがでました。アンプはこれでOKなので、久しぶりに [続きを読む]
  • Jensenって・・・
  • 自己満足ですが、文句ないレベルに仕上がったProreverb。でも、自宅弾きだとボリューム3まで上げると音が大きすぎて近所迷惑レベルです。ボリュームを上げないと本来の音は得られないので、なんとも悩ましいところです。アッテネータってどうなんでしょう。ネットで調べると音質は変わってしまうようです。それにウチはそこそこの田舎なので、そこまで音量を落とす必要はありません。他の方法として、スピーカーの交換があります [続きを読む]
  • Vibroverbモドキ やってみてわかった事
  • Proreverbの改造が終わりました。メンテ、スピーカー交換、出力トランス交換とやりました。シャーシも久しぶりにご帰還。D130Fと、巨大な出力トランス。カッコいい・・・Proreverbが目標とした“SRVのVibroverb”にどごまで迫れたかですが・・・結構イイセンいってるんじゃないかと自画自賛。意外にハイフレットの高音弦でテンションコードを鳴らすと、トロけるような柔らかさがあります。低音弦は鋼鉄を弾いたような響き。D130Fは15” [続きを読む]
  • Proreverbモドキ 出力トランス
  • メンテ、スピーカー交換を終えたPoreverb。最後に出力トランスを交換します。オリジナルは二次側が4Ωなので、8Ωのものが必要です。“SRVのVibroverb”は巨大なTwinreverbの出力トランスに交換されていたそうですが、私もBandmasterにBassmanのトランスを載せてその効果を実感しました。Proreverbの出力トランスはかなり小さいものが載ってます。これが普通なんでしょうが、最近はデカいトランスばかり見てきたのでちょっと感覚 [続きを読む]