kumadoco さん プロフィール

  •  
kumadocoさん: くまどこ
ハンドル名kumadoco さん
ブログタイトルくまどこ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kumadoco/
サイト紹介文東紀州ポータルサイト「くまどこ」で紹介できなかった写真などをメインに紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2011/05/07 13:48

kumadoco さんのブログ記事

  • 10/8 浜担ぎ(木本祭り)
  • 七里御浜に神輿を出したところ。海水で清めるため波打ち際を目指します。海水で神輿を清めるシーンです。バケツでも神輿の上から海水をかけます。ここ数年は午後4時前に国道42号を渡り、七里御浜に向かいますが、以前はもっと遅い時間もありました。夕暮れでシルエットぐらいしか撮れなかったのですが、それもまた良かったかなとも思います。熊野・熊野古道の情報は「くまどこ」からどうぞ。人気ブログランキングへにほん [続きを読む]
  • 10/8 木本祭り
  • 最初は木本神社を勢い良く出る御神輿。木本の町を走り抜ける姿は、いつも圧巻です。六法行列よいや力技。「よ〜いや」の掛け声で上げます。さあ、浜担ぎへ行けるかな?熊野・熊野古道の情報は「くまどこ」からどうぞ。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 10/8 月夜の風伝おろし
  • 月夜の風伝おろしというより、星空の方に目を向けて。私の他に2名ほど撮影していました。もう少し霧が下に流れてくれれば・・・・というのがありました。個人的にこれ以上寒いところでの撮影は嫌です。熊野・熊野古道の情報は「くまどこ」からどうぞ。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 10/2 世界遺産 花の窟お綱かけ神事(秋季例大祭)
  • 最初の写真は何にしようかと思うのですが、舞姫の後ろ姿からです。舞姫は小学5年生の女子だけができます。今年は5人が浦安の舞と花の舞を奉納しました。花を持って舞う姿。お綱をあげるところの写真。時間は舞姫の方が後になります。七里御浜に引き出される約170mのお綱。御神体の上でお綱の指示を出します。毎年増えているように思えます。今年は平日だったのですが人手が多かったです。大勢の人の手によって1本のお綱がかけら [続きを読む]
  • 10/1 お綱を束ねる(花の窟)
  • 7本の縄をひとつに束ねます。7つの神さまをひとつに束ねます。約170mの縄7本を一つに束ねていき「お綱」を完成させます。片側をこの木にくくりつけ、寸法を測りながら束ねていきます。縄が擦れるような箇所には、縛るだけではなく、ぐるぐると巻き強度を保つようにされます。7つの神さまを肩にのせているのが絵になっていました。いよいよ明日がお綱かけ神事ですが、今年は仕事で別の撮影が入っているため、残念ながら神事の [続きを読む]
  • 9/30 花の窟秋季例大祭 宵宮
  • 花ぐるまの移動に合わせて、餅ひらいをする人。家の近くにきたところだけ出かけて餅をひらう人。賑わいながら花ぐるまは移動していきます。夜遅くまでかかります。10月2日の例大祭前日に本来はおこなわれていましたが、祭りの近くの土曜日におこなわれるようになりました。遠ざかっていく花ぐるま。10月1日(日)には、園児たちによるお白州引きがおこなわれます。この時も餅まきをしながら進みます。熊野・熊野古道 [続きを読む]
  • 9/24 花の窟 縄ない作業
  • 約100人の人たちによって縄ない作用はおこなわれます。詳しくは、こちらからご覧ください。縄ない作業は、力仕事もあります。手で藁を編む人の確保も大変です。上手に編まないと途中で切れたりします。日常的に藁を編まなくなった現代では、手の皮がむけたりしてするため素手では難しい作業になっているようです。熊野・熊野古道の情報は「くまどこ」からどうぞ。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 9/22 雨の彼岸花
  • 雨の彼岸花もよいものです。それでも群生するところは減ってきていますね。田んぼのあぜ道にもきれいに咲くところは減りました。草刈りをあまりしなくなった場所でも彼岸花は他の植物に負けて咲くことが極端に少なくなった場所もあります。その代わりに田んぼを獣害から守る金網の囲いが広がって、写真を撮るにはなんとも風情のない風景に田舎はなってきましたが、これも仕方がないことなのでしょう。一輪でも美しく、数多く咲いて [続きを読む]
  • 9/18 彼岸花
  • 今年も熊野のあちこちの咲き始めた。2年前から君を思い出す花になってしまったよ。仕事に使うために撮ってるんだけどね。東京の氷川神社の祭りのあとだった。会えなくて残念で帰ってきた。また会えるもんだと思ってたからね。まだ会えるような気持ちのままで過ごしてるんだよ〜。じゃあ東京で。熊野・熊野古道の情報は「くまどこ」からどうぞ。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 9/18 台風あとの新鹿海岸
  • 新鹿海岸、朝の8時ごろ。昨日は大荒れで食べ物もろくに食べられなかったアオサギが川のところで魚をとっていました。見事に魚を捕まえたところを見せてくれました。「いや〜カメラを前に緊張しましたが、上手く獲れてよかったです」とは言ってなくて、きっと「気が散るから早くどこかへ行って!」でしょう。湾内は穏やかですが、いつもよりは波がありました。釣り好きの奥さんは、早速キスを狙いましたがボーズでした。徳司神社の [続きを読む]
  • 9/13 風伝おろし(朝霧)御浜町尾呂志
  • 長くお付き合いのある地域「尾呂志」そこには唯一無二のこの朝霧が吹き下す「風伝おろし」があります。風向きと気温がまだ本格シーズンに見る山肌を流れるような感じにはなりませんでしたが、美しい霧が良く見られる季節に入ってきました。これから雨上がりのあとや、気温差の大きな朝に見られます。ライブカメラでも見られますので、お楽しみに。熊野・熊野古道の情報は「くまどこ」からどうぞ。人気ブログランキングへにほん [続きを読む]
  • 9/10 丸山千枚田の稲刈り
  • 最初の写真は、鈴鹿市のオーナーの方です。もう10年近く撮影をお願いして撮らせていただいている方で、お会いしてお話するのを楽しみに出かけます。今年は、稲刈り機を借りて操作していましたが、はじめてのことで緊張しながらの作業だったようです。オーナーによる稲刈りが始まった田んぼ。案山子を見て楽しめました。色づき始めた柿。午前10時30分からのセレモニー。熊野地鶏や新姫商品の販売コーナー。まだ食べてことのな [続きを読む]
  • 9/8 稲刈りの始まった丸山千枚田
  • まずは定番、県道の見晴台から。秋の雲が欲しかったが、朝早い時間だけでしたね。それから、通り峠へ。峠のお地蔵さん。見晴らし台からの風景。昨晩の雷と雨で空気に透明感がありました。黄金色の田んぼ。後ろの方は、稲刈りが終わっています。帰り道。木々の根っこが道を作っているようです。日曜日は、子供達が稲刈りを手伝います。熊野・熊野古道の情報は「くまどこ」からどうぞ。人気ブログランキングへにほんブログ [続きを読む]
  • 9/3 楯ケ崎
  • 荒れた海の時に来たいと思うのですが、本日も少し高めの波でした。角度を変えながら、岩場のギリギリは怖いです。高所は苦手なのでビビリまくりです。海の色が綺麗でした。熊野・熊野古道の情報は「くまどこ」からどうぞ。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 8/29 零余子(むかご)
  • 家の庭に植えたものできれいに身をつけていました。食べる前に写真を撮っておいてという希望があり、撮影しました。小さなものですが、里芋のような味わいでとても好きな食材です。さて、どんな料理にしてくれるか楽しみです。熊野・熊野古道の情報は「くまどこ」からどうぞ。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 8/26 宇久井ビジターセンター「ミニスダレ作り」
  • 先日、奥さんがfacebookページで気になっていた宇久井ビジターセンターへ訪れた時、このセンターのロケーションの良さや、施設でできるいろんな体験が目に止まり、今回の「ミニすだれ作り」に参加しようと申し込みしていました。子供たちには初めての場所でしたが、溶け込んで、すだれ作りの先生の言うことをよく聞いて始めていきました。私たちは、用意されたセイタカアワダチソウの枝、編んでいくための手作りの道具に感心しなが [続きを読む]
  • 8/23 イチモンジセセリ
  • 稲刈りの撮影をしに行ったのですが、この花の上にたくさんのイチモンジセセリが飛んでいました。地味な色ですが蛾ではなく蝶の1種のようです。空は、秋っぽくなってきましたが、まだまだ暑いですね。撮影中に下手すると熱中症になりそうで危険です。こまめな水分補給を忘れずに。熊野・熊野古道の情報は「くまどこ」からどうぞ。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 8/18 夏空の串本
  • 熊野の花火の後、東京の友人とのんびりしました。写真は爽やかなのだが、暑い!風が適度にあるので海が綺麗に見えました。空が綺麗だったので、空がメインの写真ばかりになりました。熊野・熊野古道の情報は「くまどこ」からどうぞ。人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 8/17 熊野大花火大会
  • 熊野市観光協会のFacebookページの写真とダブりますが、そちらの仕事で撮っているので終わってからのアップです。個人的には堤防席から撮りたいのですが、花火を見るには最高の場所です。迫力が一番近くに感じられます。船から花火を落とす海上自爆。大好きな花火の一つです。鬼ヶ城大仕掛けの前。海と花火。轟音?爆音?体を押される音はここだけの迫力です。熊野・熊野古道の情報は「くまどこ」からどうぞ。人気ブログランキ [続きを読む]
  • 8/14 風伝おろし(朝霧)【御浜町尾呂志】
  • 最初の写真は、午前6時過ぎ。こちらは午前6時前の朝日が当たり始めた頃。いつか雲が赤く焼ける風伝おろしを・・・・と思いながら、なかなか出会えません。気温が高い時期の風伝おろしの霧は、晩秋のように山に薄く広がることは少なく、今回の写真のようになります。今年は場所によっては、台風5号の影響か稲が倒れかけているところもあり、写真にするには場所がかなり限定されます。昔のように9月末か10月ごろの稲刈りだったら [続きを読む]
  • 8/13 赤倉へツーリング
  • 松阪でいる甥っ子と初めてバイクツーリングへ。あのちび太と一緒に走る日が来るなんてね。甥っ子のバイクは山の中を快適に走れるバイクではないけど、恐々だけどなんとか走ってた。甥っ子が中学生のときだったか、ジェベルの後ろに乗っけてツエノ峰まで走ったことがある。それからバイクが好きで免許をとって、4人いる甥っ子の中でただ一人バイク乗りになった。熊野の案内人としては大丹倉の上で喜んでくれたのは、嬉しい限り。 [続きを読む]
  • 8/6 響鼓in熊野2017
  • 最初の写真は、熊野鬼城太鼓。ここから時系列で進めます。午後6時に会場入りしたので前半の出演者の方はすみません。祝祭太鼓團あっぱれ祝祭太鼓團あっぱれ+合宿参加ユニット祝祭太鼓團あっぱれ+合宿参加ユニット会場の雰囲気です。熊野水軍太鼓保存会 力強い演奏で観客を魅了します。熊野水軍太鼓保存会初参加の響座いなせ組印象に残ったのは、若い世代の人というだけではなく、 ステージ横で出番を待つ子供達もきちんとステ [続きを読む]
  • 雨の風伝峠
  • 幻想的に見えるのだが、石畳はすべるし、蚊も多い、狙っていたのでこれでいいのだが。お天気がなかなか回復しない熊野。それはそれで前回撮れてなかった雨と霧の古道を抑えてきました。風伝峠の頂上にある法界塔。ここへ来るのも数年ぶり。霧が濃かったのでいい雰囲気でした。ヒグラシが多く見られたのですが、写真を撮ろうと近寄ると逃げられました。敏感なセミです。石畳に積もった杉から出ていたきのこ。三脚の雲台を変えてみ [続きを読む]