ka-matu さん プロフィール

  •  
ka-matuさん: 新聞を読んで
ハンドル名ka-matu さん
ブログタイトル新聞を読んで
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/soho21k_matu
サイト紹介文日本経済新聞を読んた結果の情報を開設して提供しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/05/08 08:55

ka-matu さんのブログ記事

  • ◆ブロックチェーンいう新興メディアの出現
  • KM20180619【気づき】◆ブロックチエーン、メディアにも影響今日の日経産業新聞『眼光紙背』にこの記事が載っている。ブロックチエーンは、仮想通貨としては一部の人の身近な存在のようだが、しかしこれからの社会や経済活動にどのような影響を与えるかは未知数のところがある。ここで紹介されている内容が面白い。 ◆ブロックチエーンという新興メディアの概要.屮蹈奪チエーンは、技術革新の大きな波となる。既存メディアもこの [続きを読む]
  • ◆創作の手法
  • KM20180613◆「何かへんだな」をメモ日経新聞に、作家阿刀田高氏の「私の履歴書」が載っている。作家としての小説のネタ探しに独創的な方法が紹介されtれいるが、創造性開発の仕方として府に落ちるものあって面白い。 ◆阿刀田高氏の独走の手法_な討涼司埔説からすばらしいアイデアを発見することもある。源泉は、アイデア・ストリーだ。これをベースに日常とは異なる不思議なことに心をとめてぞ鐚韻箸楼曚覆覯鮗瓩鰺燭┐討澆 [続きを読む]
  • ◆名将にみるマネジメント術(筑大学蹴球部 小井戸監督)
  • KM20180607◆名将にみるマネジメント術日経産業新聞の前日の続きが載っている。その内容が個人の意思決定にまで届くマネジメントという点で興味を引く。 ◆今日のマネジメント術の内容.汽奪ーの指導現場では、よく本人による「書き込みノート」があるが、効果は薄い。△修海如¬槁犬鯡笋Δ里任呂覆、3つの約束を宣言してもらうスタイルに変えた。0譴通椶、「言い訳しない」、二つ目が「後悔しない」、三つ目が「自分史上最高」 [続きを読む]
  • ◆社員の共通認識の必要性と方法(東洋大学准教授小島貴子氏)
  • KM20180606【気づき】「気づき」は宝もの!!〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜気づき・考える・発想力を鍛える    最もシンプルな「気づき・発想・考える」エンゲージメントのブログ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜習慣にして「気づき力」を磨く◆社員の共通認識を持つことが重要今日の日経産業新聞に『HRマネジメントを考える』で東洋大学准教授小島貴子氏の社員への共通認識の持ち方 [続きを読む]
  • ◆名将によるマネジメント術(筑波大学蹴球部 小井戸監督)
  • KM20180605【気づき】気づき」は宝もの!!〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜気づき・考える・発想力を鍛える    最もシンプルな「気づき・発想・考える」エンゲージマントのブログ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜習慣にして「気づき力」を磨く ◆今日の日経産業新聞に「名将にみるアネジメント術」として、昨年3年連続して天皇賞で優勝した筑波大学蹴球部監督の小井戸正亮氏のマネジ [続きを読む]
  • ◆幼い脳と潜在意識を誘う「言葉遊び」
  • K20180602【気づき】◆幼児の脳と潜在意識を刺激する言葉遊び6月1日から日経で、作家 阿刀田 高氏の「私の履歴書」)がはじまった。幼少のころから読書好きになり作家となった経緯を説明する中で、人名・動物名などを覚えるのに「線在意識の作用」ついて書いておられるい。幼い子供の脳を誘った「言葉遊び」が面白い。 ◆言葉遊びの内容,覆舎椶好きになったのかを考える時、「本が好きだった」だけでは有効な説明とはならない [続きを読む]
  • ◆ブロックチェーンとパスワードの紐付け
  • KM20180601【気づく】今日の日経産業新聞に、ブロックチェーン技術を使ったパスワード不要(ソフトバンク)の記事が載っている。ブロックチーン(分散型台帳)を使った携帯電話 ◆パスワード不要の内容,海竜蚕僂蓮∧謄ラウドマインズ社(米国CO州)とソフトバンクの共同で開発。同社は本社を米国に持つが、中国系スタートアップ企業。この技術は、ブロックチエーン(分散型台帳)とし搬喘舎?防嬪燭気譴IDを紐づけする。ネ?兌 [続きを読む]
  • 現場主義の強さ
  • KM3KM20180529◆現場主義です。きのうの日経夕刊の、「あすへの話題」(カルビー会長面CEO 松本 昇氏)に、この記事が載っている。「現場」の力を感じる語感がある内容であるので、自分なりにアレンジして見直してみた。みんなよく「現場主義」、「現場主義」と言うけれど・・活動の原点がここにはあるようだ。 ◆現場主義仝従貅腟舛浪晋龍いか?現場は変化し、価値を生む場所である。だから、すぐ成功を体験することもで [続きを読む]
  • 叱らず自己肯定感を育成(演劇界)
  • KM20180526◆社会の課題解決に演劇界が導く学校や病院に出かけて、社会的に孤立や困難を抱えている人々に対して、社会参加の機会を開き、社会的課題の緩和や解決に取り組む継続的活動」が、演劇人の活用がみられる。その手法が面白い。◆叱らず自己肯定感を育成し、評価する講座内容.轡▲拭璽押次Ε押璽燹頁侏シ盈? Дぅリスが先進国)を使って、「自分の言葉で、相手が変わる」ことをする。△修里燭瓩砲蓮⊆犬蕕此自己肯定感 [続きを読む]
  • 勉強と「はめ絵遊び」の共通点(和田昭充東大名誉教授)
  • KM20180523◆効果をあげる 勉強と「はめ絵遊び」の共通点一昨日の日経産業新聞『Techno Salon』の「直感から推理・理解を楽しむ」のなかで、東京大学名誉教授和田昭充氏の、小学校時代からの勉強嫌いが、勉強が好きになった経緯が書かれている。この転換の経緯が面白い。KM20180523◆勉強と「はめ絵遊び」の共通点(和田昭充東大名誉教授)きのうの日経産業新聞の『Techno Salon』に「直感から推理・理解を楽しむ」で、東京 [続きを読む]
  • ◆梅雨前の精神的対処法
  • NEW!2018-05-23 10:39:33テーマ:ブログKM20180523【気づき】◆新入社員、新入生では、心が通えない、心の悩みの多くなる時期である。梅雨のこの時期の現象について、日本カウンセリング学会の田上不二夫理事長と、青山杵渕クリニックの杵渕彰所長が、今日の日経新聞に、新入生「梅雨前の不調」のなかで、その対処につついて次のように指摘している。一般的に人の関係性づくりが、難しくなってきている時代に興味を引き内容であ [続きを読む]
  • ◆仕事人秘録(坂本幸雄 元エルビーダメモリー社長)
  • KM20180522【気づく】◆日経産業新の「仕事人秘録」(元エルビーメモリ社長 坂本幸雄氏)の「未完の半導体経営の記事が載っている。再建にエルビーダの再生を図った坂本元社長がとったの見直し策が載っている。社員の小さな意識改革お実践として面白い。◆再建見直しの内容〔蟻未焚餤弔多いので、会議は1時間以内で終わらせる。∧鷙霆颪A4サイズ1枚にする。メールは24時間以内にという基本ルールを決めた。ぜ卍垢睫魄?癲?? [続きを読む]
  • ◆パスワード不要な時代
  • KM20180517【気づき】◆パスワード不要な時代今日の日経産業新聞「エレクトロニクス・ネット・通信」欄に、「気鋭のネット企業」として「トルソナ社」(本社米国)のセキュリティ関連記事が載っている。スマホをかざすだけで安全確認ができる時代がきそうだ。◆「パスワード不要な世界」の記事内容.蹈哀ぅ鵑忙箸Γ稗帖▲僖好錙璽匹梁紊錣蠅法二次元バーコードを使うが、数十秒に一回切り替える方式。GЬ據▲僖好錙璽匹解消され [続きを読む]
  • ◆くるなびの新人教育
  • KM20180509【気づく】「気づき」は宝もの!!〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜気づき・考える・発想力を鍛える    最もシンプルな「気づき成長マンダラ」のブログ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜習慣にして「気づき力」を磨くサイト ◆新入社員教育の内容今日の日経産業新聞の「HR(Human Resources)manejimenntoマネジメントを考える」の欄で、くるなび上席執行役員の田中 潤氏が紹 [続きを読む]
  • ◆『グーグルマインドネス革命』
  • KM20180507【気づき】◆『グーグルマインドフルネス革命』連休中に何でもよいから、本を1冊読んでみようと本棚をの覗いてのみた。ふとカラフルな『グーグルマインドフルネス革命』(2015年刊、サンガ編集部編著、1,500円、推薦 精神科医香山リカ氏、越川房子氏)があった。グーグル社が採用している社員の「今の瞬間」と「慈悲、思いやり、共感」を気づかせる瞑想による意識改革の本である。「気づき」を体験できる「マンダラエ [続きを読む]
  • ◆ストーリありきのムラづくり
  • KM20180505【気づき】◆ストリーありきの「ムラづくり」(落とし穴)事業戦略などの検討で「ストーリー」創りが盛んである。この手法は、流れを仮説して具体的方法を積み上げて行く手法で、積み上げが容易である。検察庁などで「仮説を創り」犯罪の究明と証拠物件の積み上げ手法としてもつかわれる。だか、落とし穴もある。身近にある事例としてよく考えておく必要がある。 ◆ストリーづくりー分達が書いたスト−リーで「突っ走 [続きを読む]
  • ◆マンダラエンゲージメントの体系
  • KM20180504【気づく】「気づき」は宝もの!!〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜気づき・発想・考えるを鍛える最もシンプルな「マンダラエンゲージメント」シートのブログ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜習慣にして「気づき力」を磨く!! ゴールデンウィークのゆっくりした時間に、自称する「マンダラエンゲージメント」の体系を綴ってみた。 【テーマ】『マンダラエンゲージメント』(気づ [続きを読む]
  • ◆個性生かす人材管理(谷内篤博氏)
  • KM20180425【気づき】人間の「気づき」は宝もの!!。活かしていますが「気づき!!」〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜気づき・考える・発想力を鍛える    最もシンプルな「気づき成長マンダラ」ブログ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◆企業が競争社会の中で成否を決めるのは人材だ。今日の日経産業新聞の「HR マネジメントを考える」の中で、谷内篤博氏(実践女子大学人間社 [続きを読む]
  • ◆「学び」を見えるかアプリ
  • 「気づき」は宝もの!!〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜気づき・考える・発想力を鍛える    「マンダラエンゲージメント」で気づき引出すブログ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜習慣にして「気づき力」を磨く KM20180423◆【気づき】AIの進歩で「見える化」する取組がさ盛んである。生産ライン、物流など今まで連続してリアルタイム見れなかったものが、即時に見れて解説出来る現象だ [続きを読む]
  • ◆マンダラエンゲージングとスラック
  • KM20180418【気づく】◆マンダラエンゲージメントマンダラは、空海(弘法太師)が1200年も前に、庶民に仏教を教えるために使った絵図であると言われている。そのマンダラが、現代の経営に活かせないか。 そんな夢が叶えられないかと思って情報発信している。現在の呼び方は「気づき・マンダラ」ノートサイトの通りだ。 だが呼称を、「マンダラエンゲージメント」に替えみようと思っている。概念を表す言葉として、これが適正か [続きを読む]
  • ◆知識目線と自分目線
  • KM20180412【気づき】「気づき」は宝もの!!〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜気づき・考える・発想力を鍛える    最もシンプルな「気づき成長マンダラ」のブログ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜習慣にして「気づき力」を磨く 私は、マンダラシートをメモ代わりに使うのが好きだ。だからマンダラのセルに似た「八つ」セル、または「八つ」という言いまわしが好きだ。 今日の日経産 [続きを読む]
  • ◆答えのでない情操教育 考えて育つ子ども
  • KM20180411【気づき】子供たちの情操教育では、テーマに「答えのでない」道徳の授業が相次いでいる(日経新聞記事の「子ども自ら考える」から)。 ◆答えのない問いかけ 屬匹Δ靴討母さんは僕が嫌いな勉強をおしつけるのか?」▲哀襦璽廚鯤けて話し合う。「何時もは聞けない話が引き出せた」と母親は喜ぶい世、答えの出ないテーマにてついて、ァ嵜新?帽佑┐兇襪鯑世覆だ瀋蠅鬚垢襪海箸必要」Δ靴し、世の中は、それぞれに違い [続きを読む]
  • ◆「気づきの促し方
  • KM20180409【気づき】◆「気づき」を促す方法とツール.泪鵐瀬蕕垢襦淵泪鵐瀬蕕鮟慣化して書く)▲董璽泙侶茲疂 新聞記事などのキーワードのお気に入れを探す。 メモを取る(書く)ぬ笋い鯡笋ゼ分の過去(現在未来)の潜在意識を知るΕャッチコピー&アファメーションД謄鵐廛譟璽箸鮖?弔辰討い ?ALの世界(頭を叩かない雰囲気)。心理的安全性 ◆どんきほ〜て:ナルホド!! なるほど!! [続きを読む]
  • ◆今日の共感から(無意識・無自覚・否定的)
  • KM20180407【気づき】何時もEvwernoteに備蓄している「共感したフレーズ」をひろってみた。なるほどと思うフレーズが多い。 ◆今日の共感フレーズ〔軌媼・無自覚・否定的(COMPASS2018春号、編集後記)  反対は、自分の中では「意識」、「自覚」、「肯定的」と更にひろがる。⊆分の目線、自分たちの目線 で考える(セミナーから) セミナーなどではこの目線がない。「ベき論」が幅を聞かす。1覗?潴祇=アイデア∞(無限大)(企業 [続きを読む]