がちゃ さん プロフィール

  •  
がちゃさん: 発展途上な発達障害者の日常
ハンドル名がちゃ さん
ブログタイトル発展途上な発達障害者の日常
ブログURLhttps://ameblo.jp/gatya111/
サイト紹介文成人して広汎性発達障害と診断された当事者のつれづれ日記。アスペルガー、ADHD、LDが勢ぞろい!?
自由文20代後半で二次障害になり、検査で広汎性発達障害であることが判明! 仕事もクビになったけど、独学で勉強して、たまーに頼まれれば講演もしております。

難しい話ではなく、簡単な日常の日々を話すだけなのに意外と評判がいいみたい(苦笑)

情報発信・啓発活動を地味に、マイペースにやってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供330回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2011/05/08 10:07

がちゃ さんのブログ記事

  • 初盆。
  •  気づけば今年は父や友人の初盆だ。まぁ、だからといって帰省しなくともいつでも帰ろうと思えば帰れるし。親戚一同に会って近況報告するのも面倒なので、私は私でいつも通り過ごそうと思う。明日は内科の診察だしね。 執筆した本の中で、書くと長くなるんだけどあえて短い言葉で表現した部分について質問が来ると、ゾクッと来る。ちゃんと伝わってるーっていう感じがして。自分にどこまで表現できるかはわからないけど、なんか [続きを読む]
  • 本の感想。
  •  先月、出来上がったばかりの本を片手に今までお世話になってたクリニックのワーカーさんに渡したり、今の主治医に渡してみたり。前のクリニックのワーカーさんから感想がやってきた。『ページを進めるごとに、あの人にも、この人にも読んでほしいとか、たくさんの人に知ってほしいな・・・と思いながら読んでいました。』だそうです。今は受付さんが読んでるそうなw 今の主治医からも「すごくわかりやすいです!」とのことで [続きを読む]
  • 「あんたのせいで」(二次障害)
  •  私の中の幼い人格さん。何かを探し回り、思い出さないようにしていた記憶の蓋も開けて回ってショックや不安定な状態になっていたので「あなたのせいで!」と言ってしまったところ、その子にとってはNGワードだったようで、その子自身もショックを受けて悲しそうに消えてしまった。そして、消えたいさんモードが余計に火がついてしまった。多分、私自身幼いころから「あんたのせいで!」と言われて怒られてきたんだろうな。でも [続きを読む]
  • 闇。病みー。
  •  お久しぶりの更新です。例年ならまだもう少し元気すぎるモードなんですが、今年はなんだか秋が早い。というのも、私自身、秋が苦手で。なぜだか消えたくなるモードになるのです。アニバーサリー(記念日)反応と言われてるけど、その時期に何があったのかは思い出せない。でも毎年消えたくなる・・・。嫌なこと、しんどいこと、つらい記憶に蓋してるのになぜだかみんな開いていく。終いにはなんで他の人は「死にたい」って思 [続きを読む]
  • 診察時の留意点。
  •  暑かった日々が続き、台風が来て何となく涼しいと感じ(と言っても34度)なんだか風も秋っぽく感じてしまうけど、まだ7月だったのね・・・。私の中ではもう秋なんですけどね。これからの1か月、どうなることやら。夏になるとエネルギー全開でなんかやっていくのですが、今年は前倒し?で、本の制作に取り組んでたんで、そろそろ私の中での秋モードになりそう。暑い日がまた来るのだろうか?やりたいことはたくさんあるんだ [続きを読む]
  • 躁状態と多動さん。
  •  今は転院して違う病院に通っているのだけれど、以前通っていたのは発達障害を専門としているところだった。そこの医師に「躁状態と多動は今の医学では区別できない」と言われたことがある。私は、「最近なんだか調子いいなぁ」という実感しかなかったので、あまり自分の状態を詳しく言わなかった。変に薬が増えるのも嫌だったし、自分の精神状態を薬でコントロールされるのが嫌だったから。調子がいいならそれでいいじゃないか [続きを読む]
  • 時が止まる。
  •  時間の感覚が実はまだよくわかってなくて。私の中では地震の日のまま止まっていた。地震があったのは6月半ば。その頃はそんなに暑くなかった気がする。だからかな?連日、酷暑・猛暑といわれ体温よりも高い気温でも、私は暑く感じなかった。汗も出ないし。私の中で時間が6月で止まっていたんだ。体調というか自律神経にまでそういう影響が出るのが不思議なんだけど。。。よっぽどショックだったんだろね。 カレンダーも7月ま [続きを読む]
  • 二次(三次?)障害。
  •  私は解離性障害もあるそうだ。わかりやすく言うと多重人格。幼いころのPTSDや自閉症の特性の「忘れられない」ことから、自分自身を守るために人格ができたらしい。治療には統合を目指すものと、共存してうまく付き合っていくものがあるけど、私は共存することを選んだ。カウンセラーからの提案で、交換日記を書いてみているのだけど、からだは一つなのに頭脳が複数ある感じ。筆跡も違う。言葉遣いも違う。記憶は共有というか、 [続きを読む]
  • スイカで思い出す。
  •  今日、何気にスイカを食べながら、私が幼少のころに亡くなった祖母のことを思い出した。私の両親は仕事をしていたので、私は祖母にべったりだった。祖父もいたけど、戦争に行って帰ってきてから人格が変わってしまったらしい。私の記憶にある祖父は、いつもお酒を呑んで酔っ払っていた。なにを言ってるのかも聞き取れないほど。戦争に行く前はその当時の高等学校も出ていて、村長をしたりと人望のある人だったらしい、としか聞 [続きを読む]
  • 酷暑とやら。
  •  例年ならもうとっくに熱中症になってる時期なんだけど、今年はなぜか無事(今のところ)。たぶん、実験君モードになってないからだと思う。他人は一人我慢大会というけれど。どこまでが大丈夫でどこまでが危険なのか、実験したくなるの。でも、今年はもうフリーランスになったので余計な医療費はかけられないのと、ことあるごとに「水分とってね」「エアコンつけてね」等いわれるし、携帯さんも「熱中症に警戒」と言い出すので [続きを読む]
  • 精神科医療。
  •  いろんな病院を受診しては「異常なし」で最終的に行き着いたのが精神科だった。何でもわからないことがあれば精神のせいにされるようだ。でも、精神科だって万能じゃないからね。何でもかんでも自律神経失調症って言われる時期もあれば、今は何でもかんでも発達障害って言われるところもあるみたい。私は初めて行った精神科では「うつ病」と聞いていた。なんかの拍子で転院する際、紹介状をもらってこっそり開けてみると「分裂 [続きを読む]
  • 言葉の選択。
  •  なんだか最近メディアによく発達障害が取り上げられるようになった気がする。ドラマとか特番組まれたりとか、本が出たりとかさ(私も出版はしたけど・笑)。家においてた自閉症の子どもの漫画を久しぶりに引っ張り出しては読んでいる。漫画や文章だと自分で想像しながらできるんだけど、ドラマや映画になると「なんかそれ違うんじゃない?」みたいな役作りものもあってなんか集中できない。今まで見た映画の中でよかったのは『 [続きを読む]
  • 過食さん。
  •  今日は昨日、張り切りすぎた反動なのか、疲れなのかよくわからないんだけど、なんか食べてないと落ち着かない。んで苦しくなったら寝る、を繰り返していた。過食ですね。吐きはしないだけましかなぁ、とは思うのだけどね。この暑さで過食嘔吐してたら体力がいくらあっても・・・。太る、だけならまだいいのかなぁ・・・? お腹がすいてる、というわけではなくなんか食いにしてたい、という感じ。もぐもぐしてたいの。するめと [続きを読む]
  • 今年のタイダイ。
  •  今日は染め物に励んでました。暑いとわくわくしちゃうんですよねぇ。なぜかw 今年、初染だったので、勘を取り戻すべく去年染めて気に入らなかったものや、色が薄くなってきたものをリメイク。新しい染め方にも挑戦したのですが、なんか思ってたのと違う・・・。まぁ、いきなり思い通りにはいきませんは(苦笑)でも、何となく次の工夫が見えてきた感じではある。via 言の葉つづり Your own website,Ameba Ownd [続きを読む]
  • 表現。
  •  「本を出した」というと「子どものころから、作文は得意だった?」という質問をよく聞かれる。自分の中の物語を創作してもいい作文は好きだったけど、感想文やお礼・感謝の手紙系の正解があるような作文は苦手だった。「自由に書いていいよ」と言いながらも実はこうあるべき!みたいなんが見え隠れしているようなものは苦手だった。読書感想文も、なんとも思わないんだけど・・・?みたいな本が結構あった。今でも読むのは専門 [続きを読む]
  • 地震と聴覚過敏。
  •  正直に書くと、まだこのあたりもあちこちの家にヒビが行っていたり、屋根にはブルーシートがかぶせてある。私の心もショックを受けている。しばらくはヘリの音もうるさく、聴覚過敏になっていた。挨拶のように地震の話になるのもしんどかった。だから私はイヤマフをつけて、パーテーションで区切られたスペースでリハビリの待ち時間もつぶしていた。余計な刺激を入れたくないって思ったみたい、本能的に。地震で聴覚過敏になる [続きを読む]
  • カミングアウト。
  •  付き合って今年で20年くらいになるツレがいるのだけれど、今は近所に別々の家で暮らしている。「一緒に住まないの?」とよく聞かれるけど、法律やら制度やらでなんかめんどくさいっていうのと、私自身が在宅ワークなので、私の中で「家にいる=家事をしないといけない」と思っている面があって。でも私は家事はできないので、ヘルパーさんにやってもらってる状況だし、余計にプレッシャーに感じてしまう。ご飯はどうするの? [続きを読む]
  • 理屈じゃないんだなぁ(たぶん)
  •  パソコンさんとスキャナーさんが不仲を起こし、その仲介に数日かけるもSDカードさんの登場により一瞬で問題解決。私の数日はなんだったんだろう。。。SDカードさん約千円なり。まぁ、元がアナログな人間なので自力でどうにかしようと思っただけえらいぞ!と思うことにします。電子レンジの理屈もわからんでも使ってますしねぇ。理屈がわからんでも「便利!」ってことと、何をしちゃいけないのか(危機管理)ができてれば、それ [続きを読む]
  • 「暑い」らしい。
  •  梅雨(豪雨)が明けいきなり真夏の太陽がやってきた。会う人会う人「暑いね〜」が合言葉のように。でも、私にはその暑さがまだよくわからない。汗もそんなにかかない。体質なのか何なのかよくわからないんだけど。そして、毎年のように熱中症・脱水にはなるので、私の周りの人々の方が気にしている。「水分とってください〜」「エアコンつけてくださいね〜」と。部屋の中でも汗が垂れてくるときは・・・と言われても汗かかない [続きを読む]
  • 鬱サバイバル。
  •  鬱々の省エネモードから少し這い上がってきた感じはする。人はエネルギーが低下すると、最初はちょっとした気晴らしや気分転換でいいのだけど、だんだんとそのエネルギーも低下すると不安や過敏、焦燥感や強迫、無力感やうつ、それを超えると生きているのも嫌になるというバッテリーモデルというのを聞いたことがある。 私は季節的なこともあった上に友人の死や生活の大きな変化、地震やこの災害が加わり、正直、朝が来るのが [続きを読む]
  • 育ち。
  •  テレビが地震で壊れたままなのでニュースが見れないんだけど、あちこち水害・土砂崩れで大変なことになっているのをネットで目にすると、地震くらいで何言ってんだ、1週間ガスが止まったくらいでいいじゃないか、風呂に入れないくらい何の問題もない、住める場所があるだけまし・・・というような思考になっている自分に気が付く。と書いている直前に地震があったんだけど、ね。震度3くらいもう慣れてしまっている自分もいる。 [続きを読む]
  • 己を信じる。
  •  フリーランスになってみて、まだまだ勉強不足を感じる。まず時間の配分や相場がわかってないのでクライアントさんに甘えてる面が多い。自分の中でも、組織に在籍ではなく時間もなんもかんも自分の都合でできるのはいいのだけれど、どこまでが仕事でどこからがプライベートなのかも、まだよくわかってない、ということ。漫画を見たりネットで検索したりと構想を練る時間も時間として換算してもいいらしい、ということはわかった [続きを読む]
  • 過去。
  •  とある場所で精神障害の方と知り合ったんだけど、私が持っていたイヤマフが気になったようで、試しにつけてみると「これいいね!」とのこと。幻聴さんも聞こえるようで、困っていらしたけど、たぶん幻聴さんには効果ないか、と・・・。 私も精神状態がひどい時には、幻聴さんが聞こえていた。でもその頃は、その声の正体というか自分の思考なのか、誰かの声なのか、本当に聞こえているのか、もうなにがなんだかわからない状態 [続きを読む]
  • ゆめ。
  •  今朝は早くから携帯さんの警報やらなんやらで起こされ。。。雨がすごいです。このあたり、地震でブルーシートの屋根が多いのですが、だいじょうぶなんだろか?と思うぐらい降ってます。山の方は避難勧告も出てるみたい。自然にはどうしようもないですね。気候に影響されやすいのですが、私はここんとこずっと寝ていることが多かったので、大丈夫みたいです。湿度計が80%を超えてくると、ここは水中かしら? なんて思ったり [続きを読む]
  • リハビリ先の科長さん。
  •  私のリハビリ先の科長さん。漢字は読めるけど書けないそうです。なので漢字の書き取りで苦労したみたい。何回書いても覚えられなくて、「やる気がない」「集中力がない」等言われてきたみたいで、私が発達障害についての資料を貸し出していた時に、「もしかして自分も?」と気づいたそう。科長は50代くらいなので、そういう情報もない時代。「もりもとさんに会えてよかった」と言ってくれる人の一人でもある。何気に「国家試 [続きを読む]