srs223jr さん プロフィール

  •  
srs223jrさん: 関西発 鉄道ファンの写真館 撮影地ガイド
ハンドル名srs223jr さん
ブログタイトル関西発 鉄道ファンの写真館 撮影地ガイド
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/srs223jr
サイト紹介文鉄道風景写真を中心に全国の撮影地を紹介します。国鉄時代の写真を紹介する書庫を追加しました!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供199回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2011/05/12 00:00

srs223jr さんのブログ記事

  • 小滝 (3) 〜河原に降りて〜
  • 大糸線からキハ52がなくなって久しいですが、まだキハ52の在庫があったので古いですが一枚追加します。小滝駅近くには橋梁が続いていて、どの橋も絵になります。この橋梁は 小滝 (2) 〜姫川を渡る橋梁を俯瞰〜  の橋梁と同じで河原に降りて撮影したものです。 根知〜小滝 [続きを読む]
  • 国鉄時代の185系「踊り子」
  • 先日の連休は、東海道本線で185系「踊り子」と小田急LSEを撮ってきました。すでに新作を出したところですが、その流れで今日は国鉄時代の185系「踊り子」です。それまでの国鉄車両は急行型、特急型と標準化され、基本的には全国統一様式でしたが、関東に配置された185系、関西に配置された117系と地区限定仕様の車両が登場しました。185系の斜めストライプの塗装は斬新でしたが、特急型と言っても国鉄時代からローカル運用にも [続きを読む]
  • 根府川 (1) 〜展望台からのお手軽俯瞰〜
  • 10月の3連休、久しぶりの遠征での新作はTOPと「全国の私鉄」に小田急を出しましたので、東海道本線も一枚出しておきます。根府川と言えば、昔は駅南側に架かる白糸川橋梁が有名でしたが、風除のフェンスができてからは撮れる角度が限定されるため、イマイチになってしまいました。まぁ撮れる角度という意味では、ここもほとんど真上からとなるので、大して変わらないのですが、行ったことがないので行ってみました。現場は私有 [続きを読む]
  • 小田急電鉄 渋沢(1) 〜山間の美しいカーブ〜
  • 昨日 TOP に 秋晴れの下 LSE初撮影  ということで新作を出しましたので、例によって撮影地として同じ場所での写真をば。ここは、緩やかなインカーブを山の緑をバックに美しい編成写真が撮れるポイントで、小田急でもかなりメジャーな撮影地のようです。LSEの連接11両編成にはちょうどいい感じですが、20m級車体だと8両程度までが限界で、それ以上長いと収まりません。小田急も今は特急車両だけでも色々なバリエー [続きを読む]
  • 秋晴れの下 LSE初撮影
  • 5か月ぶりの遠征 秋晴れの下 小田急初撮影  ゴールデンウィークの伊豆急以来、5か月ぶりに遠征してきました。行先は今回も関東方面。前回のゴールデンウィークは伊豆急線内での185系「踊り子」が目的でしたが、今回は東海道線内での185系「踊り子」と、この小田急LSEでした。実はお盆休み頃からずっと計画していましたが、予定していた日すべて天候に恵まれず、約2か月の延期となっていました。東海道線内での撮影は海を取 [続きを読む]
  • 京橋 (3) 〜オレンジ色の電車がいた頃〜
  • この3連休は久しぶりに遠征してきました。遠征はG.W.以来5か月ぶりです。やっと撮りたくても撮れないストレスから解放されました(笑)遠征記録はまだ現像処理中なので、またまた過去の記録から・・・大阪環状線から103系が引退し、オレンジ色の201系もまもなく見納め。新型の323系にもイメージカラーとしてオレンジ色が受け継がれていますが、オレンジ色の電車ではありません。まもなく大阪環状線からオレンジ色の電車がなく [続きを読む]
  • 一畑電車 高浜 (3) 〜稲穂と鳥居〜
  • 西日本は東日本と比べて田植えの時期が遅く、収穫の時期も遅いところが多いようです。山口線では11月の紅葉と稲穂の組み合わせが撮れたことも。ここ一畑電車沿線でも、10月になって黄金色の稲穂が見られました。赤い鳥居と組み合わせてみました。一畑電車 高浜(1) 〜真っ赤な鳥居と青空と〜  と同じ場所ですが、曇天だったため極力空を入れないようにと思いましたが若干無理があったようで・・・   遙堪〜高浜    [続きを読む]
  • 鶴橋 (1) 〜ついに引退103系〜
  • 103系に因んで10月3日が引退の日となった大阪環状線の103系。平日にも関わらず、大勢の人出だったようで・・・まぁ、人それぞれですから他人のことをどうこう言うつもりもないですが、私はあんな人の多いところには絶対行きたくないですね。写真はデジタルカメラを買って撮り始めたころ、今から12年前の撮影です。このころは103系だらけでしたね。撮影の足場は、飲食店の入った雑居ビル。今でもあるのかわかりませんし、公道でもな [続きを読む]
  • 餘部 (1) 〜秋晴れの新余部橋梁〜
  • 10月になりました。さあ10月は更新ネタもあるはず・・・と見返してみて驚きました、意外と出せる写真がありません。10月と言えば安定した秋晴れのシーズン、もう少し撮っているかなと思っていましたが意外と在庫枚数が少なめでした。かけ替えられた余部橋梁も今更・・という感じですが、昨年の秋晴れの日を狙って撮りに行きました。昔から餘部駅の南側の山の斜面は元祖「お立ち台」として、撮影の足場がありましたが、新しくかけ替 [続きを読む]
  • E253系 短命だった特急車両
  • 在庫が少なく更新が厳しかった9月もやっと終わりです。やはり今月は更新が少なめでした。今日も何にしようかと考えた末、こんなときでないと出せないような写真を引っ張り出してきました。国鉄時代と比べ、JR車両は世代交代が早いのですが、成田空港アクセスの専用車両として1991年の運行開始から19年後の2010年にはその役目を終え、後継のE259系にバトンタッチしました。新幹線の300系も約20年の寿命でしたが、新幹線と違い、在 [続きを読む]
  • 吉野口 (1) 〜集落脇のインカーブ〜
  • 普段はあまり新作は出さないのですが、ネタもないことですので撮りたてを続けます。和歌山線は吉野口〜北宇智間で撮った写真が多く公開されているようで、この区間で撮ろうと特に予備知識もなく訪れましたが、道が極端に狭く、歩いてロケハンしないと撮影ポイントは見つけられない印象でした。ここも小型車1台がやっと通れるくらいの狭い道でした。集落脇の狭い田圃に彼岸花が咲いていました。  北宇智〜吉野口 [続きを読む]
  • 玉手 (1) 〜彼岸花を添えて〜
  • 久しぶりに「新線」開通です。書庫に和歌山線を追加しました。お盆休みから、天候に恵まれずまともに撮影に出かけることができていませんでしたが、昨日(24日)、やっと近場ではありますが、一日撮影を楽しんできました。出かけたのは和歌山線。地元の奈良線と並んで地味な路線で、これまで一度も撮影したことがありませんでした。ちょうど秋彼岸ということで、「彼岸花との組み合わせで撮る」というのが今回のミッション。玉手駅 [続きを読む]
  • 新快速入線
  • 久しぶりに、流し撮り写真館です。流し撮りもマンネリ化してきて、なんとか違った場所で違った角度からと考えていますが、この夏以降天気も悪くてなかなか撮ることさえままならぬ といった感じです。同じような流し撮りばかりではなんなので、今日は駅構内での流し撮り。新大阪駅での新快速の入線シーンです。 [続きを読む]
  • 南海電鉄 箱作 (3) 〜S字カーブの別アングル〜
  • 南海本線の超有名地 箱作のS字カーブは、行ったことのある方ならわかりますが、8連全編成を入れて撮れる立ち位置に架線柱が立っていて、なかなか8連全部を入れて撮るのが困難な場所です。もう古い写真になってしまいましたが、復刻色のサザンが走っているとき、3度ほどチャレンジしましたが、「スイートスポット」は先客に押さえられていました。南海電鉄 箱作(1) 〜復刻色サザンを本線随一の撮影地で〜  ではややサイド寄 [続きを読む]
  • 絵入りマークの「あさしお」、「まつかぜ」
  • 国鉄時代、1978年から始まった電車特急の絵入りヘッドマークは、気動車、客車へと順次拡大されていきました。山陰特急もキハ80系からキハ181系に置き換えられて、絵入りのヘッドマークとなりましたが、「まつかぜ」は、1985年3月から、電化により「北近畿」に置き換わる形で廃止となった1986年11月までの2年足らずの期間だけでした。写真は1985年4月  山陰本線 香住駅での「あさしお」と「まつかぜ」の並びです。 [続きを読む]
  • 国鉄の名残
  • 今日は車両から離れて、駅施設の国鉄の名残です。国鉄型、国鉄色と、日本のファンは趣味の対象が車両に偏りすぎている感が否めません。国鉄がなくなって30年過ぎた今も、鉄道の施設に懐かしい「国鉄」が残っています。山陰本線 八木駅の跨線橋です。今でも国鉄の名残をしっかりと留めています。 [続きを読む]
  • 秋晴れの「日本海」
  • 10年前の9月 秋晴れの下、日本海4号10年前の2007年当時は、寝台特急「日本海」が2往復体制を維持していました。485系の「雷鳥」も多数残っており、よく湖西線には出かけたものです。681、683系のサンダーバードもリニューアルされて塗装変更されていますし、久しぶりに湖西線にも出かけてみようかなと思う今日この頃。とりあえず「ネタ」と言われるような列車には、ストレス抱えるだけなんで、撮る意欲は確実に減退中。この趣味 [続きを読む]
  • 萩 (1) 〜萩の街並みと日本海を俯瞰〜
  • 今日は爽やかな秋晴れの一日でしたが、なかなか予定と天候が合わずに今日も出かけられませんでした。秋になっても消化不良の日々が続いています。さて今日はクリアに晴れた秋晴れの俯瞰写真です。萩市街地の南側の山の中腹に南明寺というお寺があります。現在のお寺は山麓にありますが、山道は中腹まで続いていて古いお堂が建っています。この中腹のお堂のある所から、萩の街並みと日本海が見渡せます。この場所は 20世紀の鉄道風 [続きを読む]
  • 塚山 (2) 〜秋の逆光線を活かして〜
  • 秋晴れの日、カラッと晴れた日は景色の抜けがよくて俯瞰撮影には最適のシーズンです。初秋の快晴の下、たっぷり撮影を楽しんだ後、夕方の斜光線を活かす場所はないかと探していると、道路わきから簡単に撮れる場所を見つけました。ちょうど列車の側面には日が当たる、逆光としては最適の光線で、秋の空気感がうまく撮れたなと自己満足の一枚でした。予定していなかったオマケのような撮影で、思いのほか満足なものが撮れたときは、 [続きを読む]
  • 桜ノ宮 (5) 〜103系の離合〜
  • この10月、大阪環状線に最後まで残った103系最後の1編成が10月に引退とのこと。103系自体は、関西本線や奈良線で見ることができますが、半世紀走った大阪環状線では見ることができなくなります。今日も撮影地というよりは、過去の記録から。 103系の離合シーンです。桜ノ宮駅構内はカーブしていて、離合する電車を撮るのに適しています。 [続きを読む]
  • 玉江 (3) 〜有名なサンタマ 一番手軽な足場〜
  • 9月ももう3日になりました。9月最初の週末はそこそこいい天気に恵まれて、撮影日和でしたが所用により鉄道撮影はできませんでした。この夏、ほとんど撮れなかっただけに、この天気の巡りあわせの悪さには正直悔しい思いです(笑)さて、9月最初の更新は2年前の山陰本線から。玉江〜三見間はサンタマと呼ばれる西の有名ポイントで、海を大きく取り入れた俯瞰アングルが王道ですが、列車主体に沿道からお手軽に撮ることもできます。2 [続きを読む]
  • 棚倉 (3) 〜美しい甍とともに〜
  • 8月も終わりですね。今年の夏は本当に満足に撮れませんでした。来年の8月の更新が思いやられます。さて今日も地元の奈良線から。奈良線の城陽以南は天井川を潜る場所が複数ありますが、今回はその天井川に沿った線路を跨ぐ道路から撮るポイントです。玉水駅と棚倉駅のほぼ中間で、棚倉駅の方が若干近いので「棚倉」としましたが、アクセスは玉水駅からの方が分かりやすいかもしれません。天神川という天井川に沿った道路が足場で、 [続きを読む]
  • 上総湊 (3) 〜青空バックで撮りたかった場所 2〜
  • 今日も不順な夏の写真です。2009年の夏も振り返れば天候不順な夏でした。房総半島のスカ色113系。その昔、国鉄時代には 快速「青い海」、「白い砂」が113系のスカ色で夏の臨時列車として運転されていました。青い海、白い砂をイメージするスカ色を、青い空の下で撮るべく夏の房総に遠征しましたが、結果は御覧のとおり。上総湊 (2) 〜青空バックで撮りたかった場所〜  の反対側からの撮影です。(2) でも書いていますが、結局夏 [続きを読む]