uguisumochi さん プロフィール

  •  
uguisumochiさん: amitaiamitai
ハンドル名uguisumochi さん
ブログタイトルamitaiamitai
ブログURLhttps://amitaiamitai.wordpress.com/
サイト紹介文手編みのソックス、手袋、ショール、盛りだくさん.編み方、パターンなどいろいろあります
自由文編み物の楽しさ、むずかしさ、そして編み物を楽しむアメリカ人の友人の生活なども盛り込んだ笑と涙のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2011/05/12 03:37

uguisumochi さんのブログ記事

  • 小さいお店が消えていきます
  • 量販店をはじめとして、大型オンラインストアに押されて小さい街角のお店が姿を消していきます。人々は便利さ、安さを求めてオンラインストアを利用し得をした気分になっている反面、その影で店を占めることを余儀なくされた人たち、仕事を失い量販店で最低賃金で働かなくてはならなくなった人たちなどの数はどんどん増えていっています。シカゴでよく行ったWindy Knittyという店も数ヶ月前に店を閉じました。人々が店に足を運んで [続きを読む]
  • 歩きながら編み物をする女性
  • マフィンを散歩させている時にあった女性。おそらく職場に向かうであろう出で立ちで颯爽と歩きながら手には編み針をそしてウエストポーチからは毛糸が出ているではありませんか。編み物をしている人を見かけると誰かれ構わず声をかけたくなる今日この頃。「歩きながら編み物をしているなんてすごい」と話しかけると彼女はパターンを見せてくれて「歩きながら編むにはふさわしくないと思うのだけれど」と。そのパターンには縄編みの [続きを読む]
  • フェリーで移動
  • 今日はフェリーでカナダのビクトリアからアメリカワシントン州のポートアンジェルスという街に戻ります。アメリカのワシントン州のフェリーとの大きな違いは、ワシントン州のフェリーでは渡航中、車の中にいることは許されますが、カナダからアメリカへのフェリーでは犬も含めて車の中に残ることは許されません。途中で車に戻ることも禁止されています。さらに、できるだけ多くの車を載せるために車と車の間はやっと一人の人間が降 [続きを読む]
  • カウチンの帽子
  • 旅行に行って楽しみなのはいろいろな人との出会いです。今回、カナダのビクトリアにやって来て出会ったのがイボンヌという女性。彼女はインナーハーバーの横に座ってカウチンの帽子を編んで売っていました。カウチンの糸が見えたので大急ぎで彼女のところに行って声をかけました。帽子は売れてしまったのか2個しか残っていませんでした。値段を聞いて、一つを手に取りかぶって見たのですが、私は髪の毛も多くて帽子は大きいサイズ [続きを読む]
  • 遠方から来た友人に帽子を
  • 私は今、シアトル近辺に住んでいます。シアトルから多くのクルーズ船が出るのですが、前住んでいたセントルイスから友人が2人、アラスカクルーズにくるから、近くの毛糸屋さんで会いましょう、と連絡があったんです。それほど親しかったわけではないけれど、とても印象に残っているのが彼女が編んでいたセーター。ご主人のために編んでいたセーター(それも初めてのセーター!)がとにかく大きくてまるでビヤ樽のような大きさだっ [続きを読む]
  • 夏が過ぎていきます
  • ずーっとサボっていたらいつの間にか夏が行ってしまいそうです。昼間はほどほど暑くなっても夜は窓を開けていると涼しい風が入ってきます。これからこのブログをどういう方向に持っていくかを少し考えていました。英語のパターンの読み方などの本も出版されていますし、今の自分にできることは何だろうと思った時に今まで経験してきたアメリカでの生活の経験、想いなどを書きながら、この国の姿を伝えていけたらいいかなというとこ [続きを読む]
  • アンバランスなカーディガン
  • 子供用の Tea Leavesというカーディガンを編もうと思い毛糸を選びに行きました。RowanのCreative Linenという糸を使ってみようかな、と手に取りましたが、ちょっと太そう。「これ、DKというよりもWorstedじゃない?」と聞くと、「DK扱いなんだけれど、細めのWorstedかもね」と言うので、物は試しと思い編み始めて見たものの、やっぱり太い。針の号数を少し落としたのでゲージはほとんど同じに持っていけましたがそれでも、糸は太い [続きを読む]
  • 手袋もちゃんとブロックしないと
  • 急に思い立って編んだフィんガレスミトン。ぬるま湯にひたして、適当に伸ばしてかわかしたまではよかったけれど、ちゃんとピンを打たなかったものだから、片方は先端が丸まってしまい、まるで長さが違うミトンのようになってしまいました。いやでしょう? 左側の先っぽの丸まりをちゃんと伸ばすと同じ長さになるんです。でも、なぜかこちらがやたらにまぁるくなりたがったものですからまるで編んだ段数が違うみたいになってしまい [続きを読む]
  • 戻ってきた手帳
  • 編み物をしていると本当にいろいろな人と出会い、おしゃべりをする機会に恵まれます。これも先日、たまたまカフェで出会った女性の話。彼女は旅行中で、近くの毛糸屋さんをまわってきたと、毛糸やパターンが入った袋を見せてくれました。そして、「聞いてくれる? いい話なのよ。この間、フロリダの毛糸さんで買い物をしたとき家、その後に食事したレストランに、編み物の手帳を忘れてきたの。編んでいるもののパターンの名前や、 [続きを読む]
  • 羊じゃないの。ヤギなの。
  • 旅先で見つけた素敵な色の毛糸。どのような糸かというと Merino, Pygora and Tussah Silkが入っている糸。Pygora? 聞いたことがあるような気がするけれど、あまり覚えがない。そこで、お店の人に、「すみませーん、Pygoraって何ですか? アンゴラと何かをかけあわせたもの?」と尋ねると、「これは、羊の種類よ」 初めて知りました。私はアンゴラウサギと、うーん、Python(蛇の種類)のはずないしなぁ、と思っていたので、なるほ [続きを読む]