スタジオボス さん プロフィール

  •  
スタジオボスさん: 迷わず書けよ書けば分かるさ
ハンドル名スタジオボス さん
ブログタイトル迷わず書けよ書けば分かるさ
ブログURLhttp://nigaoe.ing3.com/
サイト紹介文ミステリー新人賞『江戸川乱歩賞』挑戦の記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2011/05/14 11:29

スタジオボス さんのブログ記事

  • 福井へ行ってきた 
  • プラネタリウム番組の脚本書きも佳境だが週末の今日はいったん手を止めることに。前から予定していた通り朝一に出発し嫁はんが気になっていた武生にある御誕生寺へ。ここは約30匹の猫を飼っているのが話題で敷地内のいたるところで猫がうろうろ。餌代カンパでお守りでも買おうと社務所に入ったら猫でなく犬が出てきてびっくり。 お昼は同級生のミコちゃんのfacebookでの情報を元に福井市の『やっこ城東』へ。わしはソースかつ丼 [続きを読む]
  • 北陸銀行ロビー展
  • 週初めからのたいへん憂鬱なミッションを無事にクリアして一安心な週末。吉田科学館スタッフにプラネタリウム番組の脚本の中間チェックをしてもらった。特に大きな変更修正はなかったのだが結構重要な所で一ヵ所だけ問題提起があった。早速イラスト担当のたいとうりえこと協議した結果わしの方向性を変えないことに。 話し合いを終えた帰りに明日から開催のわしの書画の北陸銀行ロビー展の展示準備。新作は1点だけなんだけどこれ [続きを読む]
  • 千保川の桜も散り初め
  • 週末二日間高岡を離れている間にちまたの桜は一気に満開。朝ウオーキングコースの千保川沿いも満開を過ぎ散り初め。花吹雪や水面の花筏は趣深いと言ったもののやはり少し寂しい気持ちになる。桜は開いてしまえば花弁は白くて蕾の時が一番濃い紅色をしている。モスラだって孵化直線の東京タワーの繭の時が一番パワーを秘めている。 とわけのわからない感慨にふけっている間もなく新年度がスタートした。今月は黒部市吉田科学館の夏 [続きを読む]
  • 第一回尾崎放哉賞で入賞しました
  • 郵便受けに自由律俳句同人の『青穂』から封書が届いている。中には俳句誌が入っていて添付されている紙を開いてみる。すると自由律俳句のコンテスト「第1回尾崎放哉賞」に応募した自句が入賞とある。しかも応募総数942句の内の大賞に次ぐ優秀賞6句の中に入ったとのこと。 『第1回尾崎放哉賞』入賞作品一覧 http://www.hosai-seiho.net/ 入賞した句は昨年の盛盛さんでの書展のDMに書デザインしたもの。俳句はブログにもア [続きを読む]
  • 新潟旅行 <2日目>
  • 2日目帰路に出雲崎の敬愛する良寛の遺品や書などを所蔵する『良寛記念館』へ。良寛が村の子供にせがまれて凧に書いた「天上大風」の色紙があったので買う。この書体は俗性から開放された雑念が一切無い人間にしか書けない素晴らしいもの。建物横の良寛像のある高台から眺める少し遠巻きの佐渡島がこれまた絶景だった。 次に長岡に立ち寄り昼食にへぎそばの大盛を平らげて『山本五十六記念館』へ。公民館然としていて期待もせず中 [続きを読む]
  • 黒部市吉田科学館へ
  • プラネタリウム番組の打ち合わせをしに急きょ黒部市吉田科学館へ行くことに。イラスト担当のたいとうりえこの車に便乗させてもらい一緒に同行。魚津の海岸線に出ると大勢の人が海に向かっているのでもしやと思い車を降りる。肉眼でも松林が膨らんで灯台は長く伸びているのがわかり蜃気楼を人生初体験する。 科学館に着き現在投影中のプラネタリウム番組『37億5千万年の旅』を観る。たいとうがイラストを担当した以前のオリジナ [続きを読む]
  • 脚本執筆への力水
  • 黒部市吉田科学館で夏のプラネタリウム番組内容についての最終会議があった。会議に出席して帰ってきたイラスレーターのたいとうりえこから早速に話を聞く。脚本を書くわしとイラスト担当のたいとうとで資料を元に細部を最終確認。双方の擦り合わせも着地しめでたく三々七拍子。 彼女がダイエット中なのを承知で乾杯するぞと車に乗せ高岡駅前へ。焼鳥の名門『秋吉』へとなだれ込み生ビールとハイボールで乾杯。浅はかにも2人でプ [続きを読む]
  • 新酒を味わう会
  • 今日はANAクラウンプラザホテル富山で開催される日本酒パーティに出席。富山県内の酒造蔵有志による『春の宵 〜2018 新酒を味わう〜』の会。少し早めに富山に入り荒町の『独乙屋倶楽部』で一人0次会。チーズの盛り合わせでドイツとベルギーのビールを各1本飲み下地を作り会場へ。 受付では同席する三楽会メンバーがお待ちかね。会が始まると美味しい料理と地酒の新酒が出るわ出るわ。先月作ったマイぐい呑みグラスで新酒を1 [続きを読む]
  • 新潟旅行 <1日目>
  • この週末は前々から計画していた一泊で新潟県の越後一の宮弥彦神社へ。この神社は東日本屈指のパワースポットの一つとしても有名で初の参拝。揺れに少々びびりながらロープウエイで弥彦山の頂上展望台へ。快晴の元そこから見える手を伸ばせば届くような佐渡島が絶景にて圧巻。 泊まったのは弥彦神社のすぐ前にある老舗温泉旅館みのや。久々に大浴場で手足を思い切り伸ばして入浴し夕餉は日本海の海の幸三昧。サービスも良く春休み [続きを読む]
  • 富山大和〜寿司正
  • イラストレーターのたいとうりえこと富山大和へ。プラネタリウム番組制作の参考にミニチュアフギュアの田中達也展を観に行く。オリジナリティ溢れる緻密な田中ワールドに大いに刺激を受ける。平日の開店早々の時間なのに結構来場者がいてその人気ぶりがうかがえる。 少し早めのお昼をとりに二人で千石町通り商店街の『寿司正』さんへ。お任せで握ってもらうがさすが富山ナンバーワンの声も聞く美味しさ。かなり久々に来たというの [続きを読む]
  • アトリエぐうぐう〜富山ガラス工房
  • 黒部市吉田科学館の今年のプラネタリウム番組の原案が決まったとのこと。今回も脚本をわしが担当するのでイラストと演出担当のたいとうりえこと打合わせ。まずはプラネタリウム番組制作作業のスケジュールの確認。もう何回か彼女と打ち合わせして細部を詰めてから今月中には執筆に取りかかる。 富山ガラス工房へ先月作ったぐい呑みを取りに行く。前回は金箔入りのを作ったので今回は銀箔入りにして対のセットにした。銀箔が熱でバ [続きを読む]
  • 和紙を買いに八尾へ
  • 嫁はんの軽四乗用車の車検なもんでわしの車で二人で行動。書に使う和紙を調達しに八尾和紙桂樹舎さんの『和紙文庫』へ。和紙は手漉きにつき1枚1枚皆微妙に質感が違う。なもんで目で見て手で触り時間をかけて思いのものを選んでくる。 その足で嫁はんの用事も次々と済ませていく。夕方になったので車を取りに行ったら見積もりより約3万円安く上がっている。バンザーイ浮いた金で今晩はお寿司か焼肉かいっそのことはしごか。しか [続きを読む]
  • 第10回 次元寄席
  • 第10回次元寄席を観に末広町の『和風カフェ次元』へ。今回の落語は柳家さん生師匠と三遊亭良楽師匠の二人会。司会はだら〜ず山下さんで大盛況の満席。終了後ラーメン次元さんで出演者と関係者との恒例の打ち上げに参加。 餃子に味付けメンマにタコ焼きにモヤシ肉炒めにメンチカツなどでビールを飲る。〆はブラックと台湾塩と岩海苔の3種のラーメンを頼み皆で小分けしてすする。オーダーストップになり富山へ帰るチームの最終電 [続きを読む]
  • ガラス工房でぐい呑み作り
  • 来月3月の予定が着々と決まってきている。創作活動と自己課題と年度末の仕事などやるべきことが盛りだくさん。あと大きなお愉しみも二つばかりある。はやく春めいてくることを願いながらスケジュールを組む。 富山ガラス工房で越中演芸倶楽部三楽会メンバーとぐい呑み作り体験。前やったことはあるが制作工程はすっかり忘れているので一から指導してもらう。金箔入りのを作って持っているのでペアのセットにするべく今回は銀箔入 [続きを読む]
  • コンプレッサーと新年会
  • 今年に入ってコンプレッサーと飲む予定を立てるたびに大雪という悲運続き。2人の都合とお天道様の機嫌が何とか合ってようやくタカマチへ出向くことに。イラストレーターのたいとうりえこも合流し遅ればせながらの新年会的飲み。まず『居酒屋 たかまさ』次に『ジャカッセ』そして『ゆいまーる』と3軒はしご コンプレッサーは今年の芸歴10周年の活動のこと。6月の記念ライブや新企画コンプテレビや今後の方向性ほかもろもろ。た [続きを読む]
  • ミュゼ福岡カメラ館
  • 今週はこの冬の雪も峠を越えたかなと思ったとことに春一番が吹くという極端さ。『ミュゼ福岡カメラ館』へ写真家シマタエコさんの個展を観に行く。コンプレッサーとラジオ番組をやっているシンガーの島香織さんも在廊。実はお二人とは以前コンプレッサーを含むレアな飲み会で一緒していて顔見知り。桜餅を差し入れしたらドラえもん自由帳やらチョコレートやらをいただいた。 『酒蔵盛盛』さんへ4月からの第二回書展の展示スペース [続きを読む]
  • ミュゼふくおかカメラ館
  • この冬の雪も峠を越えたかなあと思ったら春一番が吹く。といっても季節は気まぐれなんでもう雪が降らないわけはない。しかし雪が終わったら次は花粉。わしは花粉症でないので問題ないが辛い人は次々と気の毒。 ミュゼふくおかカメラ館へ高岡在住のカメラマンシマタエコさんの写真展を観る。会場にはシンガーソングライターの島香織さんも在廊。実は二人とは以前コンプレッサーを含んだレアな飲み会で一緒したので顔見知り。桜餅を [続きを読む]
  • 同級生と沖縄料理
  • 今週はまたまた寒波襲来で高岡は積雪90? 越え。雪かきもダイエットの好機と前向きとらえてせっせとしても腹が減るだけ。雪かきも運動不足解消で体のためと思ってせっせとしても腰が痛くなるだけ。しかし大雪に負けているわけにいかないので今日は飲み会を決行。 高岡駅南の沖縄料理『ゆいま〜る』にて近間に住んでる同級生を呼んで一献。店内は外の氷の世界が嘘のような南国トロピカルなムード。ゴーヤチャンプルーに海ぶどうに [続きを読む]
  • 今月は書展作品制作月間
  • 4月4日からの『酒蔵 盛盛』さんでの第二回書展の作品構想。前回はなんだかんだとある意味で枠内に収まった作品だった。今回はまた一皮むけた世界とテーマ性を持ちたいと思っている。すぐ銀行ロビー展も控えているし作品の制作は今月2月中に目途をつける。そんな計画をしていたら叔父さんから飲みの誘い。 なにやら神に導かれたように一緒に盛盛さんへ行く。まずビールを飲り美味なる滑川の「千代鶴」の濁りのグラスを重ねる。し [続きを読む]
  • 作品展の予定
  • この春の作品展示会の予定が決まった。(写真は前回の記事)『酒蔵 盛盛』さんでの二回目の書展は4月4日(水)〜6月25日(月)。今度も前期後期に分けての三ヵ月開催で書はもちろんだが水墨画とかも検討中。来月2月を作品制作月間とし月末には大方目途をつけようと思っている。3月は告知や宣伝やDM配布にマスコミ廻りに当てるつもり。 もう一つはここ何年か作品発表の場の北陸銀行清水町支店でのロビー展今回は4月16日 [続きを読む]
  • お向かいのデザイン事務所で一服
  • 昨晩からまた雪となり家の前を雪かきしてたらお向かいの市山さんも雪かき。うちにあったかいコーヒーでも飲みにおいでよと声をかけられる。お向かいはゼロ・デザインというデザイン事務所で遠慮なくあがらせてもらう。手がけているモーターイラストの解説なども聞いて楽しきひと時。 市山さんは趣味で子供時代のイラストを描いてホームページにあげている。それが韓国の仁川国際文化交流フェスティバルに展示紹介された。聞けばイ [続きを読む]
  • 友川カズキの詩を書く
  • 好きなフォーク歌手友川カズキの詩を書いてみた。友川の『カラブラン』という曲にある一節。「つぎだらけの58年本当のところは歌になどなりはしないさ」わしも来年そのつぎはぎだらけの58年を向かえる。悔いのないよう創作活動を続けねば。 ※友川カズキ【カラブラン】アルバム「青い水赤い水」より『青い水赤い水』より 『生きてるって言ってみろ』より 『ワルツ』より @西田一星 自由律俳句ブログ 【風吹けばそよいでいる】h [続きを読む]
  • 金沢からの8番ラーメン
  • 今週の寒波は雪はこないだみたいに多く降らないが寒さが半端ない。連日最低気温がマイナズ4℃〜5℃ほどあり路面も水道も心も凍結。池の鯉も全く動かないしうちで元気なのは軒下のツララだけ。そんななか今日は用事のため金沢へ出向くことに。車で行ってきたけど幹線道路沿は割とスムーズに流れていた。 役目を終えて帰宅したら嫁はんが今晩は外食にしようと言う。今日の越中演芸倶楽部三楽会の新年会的打ち上げにも行けなかった [続きを読む]
  • 金沢から
  • ということでタカマチで一杯飲りながら作品展の構想を練りたいところ。だが嫁はんは都はるみみたいに「あんた飲みなはれ遊びなはれ」とは言わない。とりあえず家で晩酌にしてなかやす酒販さんへ酒を買いに行く。今日は能登輪島は白藤酒造『白菊』の活濁りをチョイス。富山ガラス工房で自分で作ったグラスで飲る。 金沢市内の家具屋さんのイベントで絵仕事。学習机やランドセルが並んでてもうそんな時期かと担当者に言ったら苦笑い [続きを読む]
  • 寒餅を裾分け
  • 嫁はんの実家は農家で餅米を作っているので寒に餅をつく。餅はとぼにして固くなったらスライスして吊って干して保存食品に。干せたら焼いたり油で揚げたりしてかき餅にして食べる。まるで社会の教科書の明治のお百姓さんの暮らしの解説のよう。 今年ももらったので母親が朝からビニールひもで編みはじめる。夕方に大方編み上がったので裾わけを持って『酒蔵 盛盛』さんへ。店内は暖かいんで玄関口のところに吊ってもらう。お店の [続きを読む]