ヤドケン さん プロフィール

  •  
ヤドケンさん: ヤドケンの転職応援ブログ
ハンドル名ヤドケン さん
ブログタイトルヤドケンの転職応援ブログ
ブログURLhttp://yadoken.blog114.fc2.com/
サイト紹介文10,000人以上の面接を行った伝説の人事部長『ヤドケン』が、転職活動中の方へ熱いメッセージを送ります。
自由文面接は筆記試験とは異なり、どこがいけないのか解らないことが多いかと思います。10,000人以上の面接を行ってきたヤドケンが、面接官の視点でアドバイスします。

マンツーマンで転職支援!
ヤドケン転職道場http://cdomain.jp/html/tensyokudoujyou.html

DVDで採用される面接・職務経歴書の書き方を伝授!
http://cdomain.jp/html/dvdsemina.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供300回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2011/05/14 12:39

ヤドケン さんのブログ記事

  • 入社時期
  • 在職中の応募者に対して、ほぼ間違いなく入社時期を問われます。入社時期の回答が曖昧ですと、優秀な人材でも入社できない可能性を懸念し、採用に至らないことがあります。 在職中の応募者に対して、通常入社までの期間は待ってもらっても3ヵ月が限界です。上司と相談しなければわからない、半年後になるなどの回答では、不採用になる可能性が高くなります。 欠員募集で求人をおこなう場合、すぐにでも入社してもらいたいのが企業 [続きを読む]
  • 転職イベント
  • 転職は、通常新卒の求職活動のように会社説明会はおこなわれません。求人情報からエントリーをして、面接で仕事内容や会社の概要の説明を受けます。求人情報で志望度が高くても、実際応募すると応募前と異なることがあります。 企業名や規模に左右されず、必要とされる人材として活躍できるかが、転職成功のポイントの一つです。転職イベントでは、多くの企業が集まり、採用担当者から生の情報を得ることができます。転職で大切な [続きを読む]
  • うまくいかない原因
  • 採用担当者から、求人を出しても応募者が集まらないと相談を受けることがありますが、求職者の視点で自社を分析してみて、入社したい企業かどうか考えてみる必要があります。 求職者も企業を選んでいます。選ばれる企業になるためには、企業努力も必要です。なぜ求職者に興味を持たれないのか考えず、募集を繰り返しているだけでは、今後の採用もあまり期待できないかもしれません。経費がかかるから実行できなと、簡単に諦めてし [続きを読む]
  • 得意な分野を伸ばす
  • 転職で未経験の分野にチャレンジしたい気持も理解できますが、これまでの経験を生かして得意な分野をさらに伸ばしていくことも考えてみてください。 新しいことを始めるのに遅いということはありませんが、時間は無限ではありません。これまでの経験を振り返り何をやりたいのか、そして何ができるのか考えてみると、やるべきことが見えてきます。 得意な分野などないという方がいますが、これまでに褒められたことや評価されたこと [続きを読む]
  • 志望動機
  • 昨日マイナビ転職スタートアップセミナーで、面接についてお話をさせていただきました。多くの皆さまにご参加いただき、ありがとうございました。今後の転職活動に役立ててください。 転職面接で問われる志望理由ですが、やりたいことや実現したいことを伝えるだけでは、採用担当者は、なぜ自社なのかと感じます。逆に、応募企業だから入社したい熱意だけでも、転職では興味を持たれません。 応募企業で求められている能力を想定し [続きを読む]
  • できることから始める
  • 高い志で転職活動をおこなうことは間違いではありませんが、あまりにもかけ離れていると、いつまでたっても良い結果には繋がりません。現実を見据えて活動することも大切です。転職では、通常これまでの経験を生かした実践力が問われます。求めらている人材を想定して、発揮できる能力を積極的にアピールしてください。 転職では、過去の雇用形態や企業名以上に、自社が求めている人材とのマッチングを見極めています。過去は変え [続きを読む]
  • 諦めない
  • 転職は、自ら行動しなければ何も進みません。新卒のように学校のフォローもなく、在職中であれば内密に行動する必要があり、ストレスも溜まります。 数社うまくいかないからといって、簡単に諦めないでください。転職は、他の応募者との比較で採否が決定することが多いので、積極的に活動していくことで採用に繋がります。但し闇雲に応募しても上手くいきません。改善すべき点は速やかに改善し、応募してください。特に応募する際 [続きを読む]
  • 人との繋がりを考える
  • 仕事だけではありませんが、仕事は人ととの繋がりで成り立っています。行動は、人のためにおこなうものであり、その対価として報酬が得られrます。 転職であれば、これまでの経験を生かして、人のために何ができるか考えてみてください。人のために行動し満足感を提供することで、仕事のやりがいや価値観を見出せるはずです。 誰もが、人に認めてもらいたいという気持があります。認められるためには、これまでの経験を生かして、 [続きを読む]
  • 話が違うとき
  • 転職で求人情報と異なることを、面接で言われるケースがあります。例えば、給与について30万円以上と掲載されながら、試用期間中は20万円というケースがあります。試用期間の給与が求人情報に掲載されているならば問題ありませんが、何も記載されずいきなり面接で言うような企業は、応募を検討したほうがいいかもしれません。 給与だけでなく、雇用形態についても同様に、正社員の募集でありながら、経験が足りないからまずは契約 [続きを読む]
  • チャレンジ精神
  • 昨日は、マイナビ転職スタートアップセミナーにご参加いただき、ありがとうございました。お話させていただいたことを生かしていただき、皆さまの転職がうまくいきますよう願っています。来週11日は、「90分完結! 面接対策実践講座」のセミナーが開催されます。 転職では、これまでの経験を生かすだけでなく、新たな環境でチャレンジしていく気持が大切です。これまで培ったものが全てですという姿勢では、採用担当者は興味を示し [続きを読む]
  • 職務経歴
  • 面接でほぼ間違いなく問われる職務経歴についてですが、これまでやってきたことを時系列で回答するだけでは、採用担当者は興味を持ちません。 採用担当者は、この質問から自社で発揮できる能力を見極めています。そのためには、求められている人材を予め想定したうえで、関連する職務経歴を強調して回答してください。 採用担当者は、職務経歴の回答から、自社でできることの信憑性を確認しています。そのためには、求められている [続きを読む]
  • 入社時期
  • 転職では、入社時期も採否に影響することがあります。在職中で入社時期が曖昧ですと、優秀な人材でも採用に至らないことがあるのです。 予め就業規則などで退職について、確認をしてみてください。通常1ヶ月前に申し出るというのが一般的ですが、企業によっては3ヵ月前などのケースもあります。 転職では、余剰人員を採用しないため、内定辞退を嫌います。面接で入社時期について問われたら、「引き継ぎをきちんとおこない○月○日 [続きを読む]
  • 自己PR
  • 転職で自己PRを求められたら、通常応募企業で発揮できる能力をアピールしてください。長所、短所であれば、人間性や性格をベースに回答すべきですが、自己PRは仕事に関連した具体的な実務能力をアピールすべきです。 未経験の仕事であれば、人間性や仕事への姿勢をアピールしても構いませんが、これまでの経験で汎用できるものがあれば、汎用できる経験もアピール材料になります。自己啓発していることを含めて、これまでの経験が [続きを読む]
  • 期待に応える
  • 転職では企業に期待するだけでは、期待はずれになってしまうかもしれません。企業に期待する前に、どうしたら企業の期待に応えられるか考えてみてください。 企業選択も同様に、条件面や企業規模だけで選択せず、何ができるかという視点で選択してみてください。企業が何をしてくれるかという視点では、いつまでたっても自分に合う会社は見つからないかもしれません。 人間関係も同様ですが、何をしてくれるかから、何ができるかと [続きを読む]
  • 目指す方向
  • 目指す方向が曖昧ですと、転職をしてもうまくいかないことがあります。10年、20年先をイメージするのは難しいかもしれません。5年後何をしたいのか、考えてみてください。 目指す方向が明確になれば、到達すべき道は一つではありません。第一志望の企業に入社できなくても、不採用になったことを原動力にして、別の企業から目指してください。 転職は、就社ではなく就職です。企業名も大切かもしれませんが、それ以上に何をするか [続きを読む]
  • 職務経歴
  • 転職面接でほぼ間違いなく質問されるこれまでの職務経歴についてですが、応募企業で生かせる経験を予め整理したうえで、回答してください。関連しない経験を長々と説明すれば、自社で求めている人材と違うと判断されてしまいます。応募企業で発揮できる能力を整理したうえで、関連する経験を強調して回答しましょう。 職務経歴書を手元に置いて回答する方がいますが、原則としてNGです。手元には何も置かず回答しなければ、面接官 [続きを読む]
  • 向上心
  • 転職で大切なことの一つに向上心があります。優秀な人材でも、現在の能力が全てと考え向上心がなければ、新しい環境で能力を発揮できない可能性があります。 環境が変われば仕事のやり方も変わります。新たな知識や技術が求められているとき、積極的に習得していく姿勢があれば、転職先企業でも能力を発揮できます。 向上心は、年齢に関係ありません。より向上していきたい姿勢が、転職の原動力になるのです。 [続きを読む]
  • 気付きを大切にする
  • 転職を含めて、何か行動したいという気付きは、これまでの経験が糧になっており、誰でも気付くものではないかもしれません。会社を辞めたいと感じたら気持を押さえず、まず求人情報をチェックしてみてください。 転職市場を知ることで、転職を思い留まることもあります。転職市場を知ることで、自分の能力が高く評価されることを認識するかもしれません。 辞めたいと思ったら、我慢せず行動に移してください。一歩踏み出すことで、 [続きを読む]
  • 必要以上に気にしない
  • マイナビ転職EXPO大阪、東京で講演をさせていただきました。多くの皆さまにご参加いただき、ありがとうございました。皆さまの転職が上手くいきますよう願っています。 転職で失敗したくないと必要以上に考え過ぎると、何もできなくなります。内定をもらっても本当にこの選択で問題ないのかと考え過ぎて、転職を決断できないこともあります。 完璧を求めるだけでは、上手くいきません。うまくいかなければ、また転職すればいいので [続きを読む]
  • マイナビ転職EXPO大阪、東京(22日、23日)
  • 本日梅田ハービスホールで開催されるマイナビ転職EXPO大阪で、20時30分から講演をさせていただきます。23日(土)は、有楽町国際フォーラムで開催されるマイナビ転職EXPO東京で、午前10時15分から事前講演、12時30分から講演をさせていただきます。転職活動中のかた、ぜひご参加ください。皆さまにお会いできることを、楽しみにしています。 [続きを読む]
  • 一歩踏み出す
  • 昨日東京竹橋で開催されたマイナビ独立スタートアップセミナーで、講演をさせていただきました。 転職は、待っているだけでは何も変わりません。転職したいと考えたら、求人情報をチェツクし興味のある企業へエントリーしてください。エントリーすることで、企業との繋がりが生まれます。 転職イベントもぜひ有効に活用してください。転職イベントでは、多くの企業が参加しますので、短時間で企業との繋がりを持つことができます [続きを読む]
  • 優先事項について考える
  • 何となく企業を見つけて転職することも可能ですが、何となく転職すれば転職後合わない企業だと考え、再び転職することになるかもしれません。せっかく転職するのですから、転職で優先したいことを整理し、最優先事項が満たされているかどうかについて確認をしたうえで、転職してください。 転職後、思うようにならないことが多くあります。予想していない出来事があっても、優先事項が満たされていれば乗り越えていけます。転職に [続きを読む]
  • 一歩踏み出す
  • 転職は、最初から誰かがサポートしてくれるわけではありません。「いつかは・・・」という気持では、いつまでたっても実現しないかもしれません。 悶々とした気持で過ごすくらいならば、自ら環境を変えるために動き出してください。転職すれば全てが上手くいくわけではありませんが、現状に満足しないならば一歩踏み出してみるべきです。 同職種でも、環境が変わることで価値観を見出すことができるケースもあります。新たな環境に [続きを読む]
  • 求めている職務
  • 転職では、欠員募集や増員募集として短期間で戦力になる人材を求めるケースが多いので、学歴や前職の企業名が立派でも求める人材と合致しなければ、採用に繋がらないことがあります。 求人情報から求められている人材を想定したうえで、生かせる経験や職務能力を発揮できる能力としてアピールしてください。箇条書きで書き出してみると、アピールするポイントがより具体的になります。想定したものがはずれてしまえば採用に繋がり [続きを読む]
  • 悔しさを次のバネにする
  • 悔しいできごとに対して、ふさぎ込むのではなく次へのエネルギーに転換してください。思うようにならないことは、多くあります。反省すべき点は反省し、悔しさを今後の原動力にしてください。 転職で不採用になったとき、登用されなかったとき、適切な評価がされないとき・・・など、理不尽なことは多いのですが、何がいけないのか冷静になり自分自身を見つめてみる必要もあります。 払拭できる原因であればすぐに修正すればいいの [続きを読む]