かっちゃん さん プロフィール

  •  
かっちゃんさん: 別府の骨董屋 ギャラリーHISAKO ほぼ日ブログ
ハンドル名かっちゃん さん
ブログタイトル別府の骨董屋 ギャラリーHISAKO ほぼ日ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/gallery-hisako/
サイト紹介文別府駅裏で骨董店を営んでます。アンティーク・骨董・古道具など楽しきモノと招き猫2匹のほのぼの日記
自由文自宅ショップの骨董店「ギャラリーHISAKO」湯の町別府にて仕入れ・店番・配達と日々奮闘するアラフィフ女子の涙と笑いの記録を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供343回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2011/05/15 23:41

かっちゃん さんのブログ記事

  • 志田窯 染付九寸大皿 富士山雲海帆掛け舟の図
  • 古伊万里 志田窯 染付九寸大皿です。ダミの濃淡で富士山・雲海・帆掛け舟を大胆に描いています。裏から見た時に約4?ほどのソゲ・高台にも小さなソゲが1か所あります。表からは無傷完品で大らかな志田の雰囲気をお愉しみ頂ける大皿です。サイズ  径28cm H4.4cmこちらは富士山だけを描いたシンプルでモダンなお皿、深川製 径17cmこの商品は ギャラリーHISAKOのホームページ の 「骨董品一覧」→ 『陶磁器』ページに詳細 [続きを読む]
  • 青磁春寒鉢 登竜門の図
  • 商品の梱包を済ませた後、ストーブを3個片付け扇風機を4個出して午前中の仕事はオシマイ(^_^;)ふぅ〜疲れた、お昼にしようと思って片付けていたらなんと梱包の中に入れ忘れた商品の一部がポツンと残っていました。紐やプチプチで幾重にも頑丈に梱包したのを解いてもう一度やり直しA=´、`=)ゞどうもこのところ集中力が欠けているような気がする。。それにしても発送する前に気付いて良かった。。大きなミスなどを起こさないよう [続きを読む]
  • いちまさんと花嫁衣装
  • タイトルとは関係ありませんが…もうそろそろかな、と思っていたら案の定やって来ましたあのイヤな奴が。。昨晩パソコンの画面に向かっていたら私の視野の隅っこでモゾモゾと動くものを発見ぎゃあ〜ムカデや、しかも今年のヤツはかなりデカイ((((((ノ゚?゚)ノ壁にじっとしている間に階下に殺虫剤とハエタタキを取りに降り上がってくるとまだそこにいるムカデめがけて殺虫剤をシューパタッと落ちて来たムカデを渾身の力を込めてハエタ [続きを読む]
  • 九谷焼煎茶器揃 菖蒲六歌仙山水文
  • このところあまりの忙しさに日々更新を心がけるブログを書くさえ忘れてしまいます。昨日もそう(;^ω^A例年GW前に冬の片付けを済ませてその後夏の準備をするのですが昨日からいきなりの夏日ヽ(*'0'*)ツ大分県日田市では今日も最高気温30度超えとか。。ストーブ、コタツ、布団を仕舞った途端、扇風機を出さないといけません。店の仕事は相変わらずのルーティンワークですが自分の処理能力が低下しているのか既にいっぱいいっぱいの状 [続きを読む]
  • 何れアヤメかカキツバタ
  • 昨日アヤメを挿していた竹の花入れです。在銘で 「草峰」と読めますがはっきりとはわかりません。斜めに模様を編み込んでいます。「何れアヤメ(菖蒲)か杜若(カキツバタ)」。。どちらもすぐれていて選択に迷うことのたとえですがこの六寸皿に描かれているのはどちらかな。。平安象彦の蝶文の久美皿、こちらも春に使って頂きたい菓子皿です。これらの商品は ギャラリーHISAKOのホームページ の 「骨董品一覧」→ 『陶磁器、塗 [続きを読む]
  • 桜から菖蒲へ
  • お花見の季節が終わったと思ったらもうサクランボが出回っています(‐^▽^‐)白のスモークが入ったプレスガラスに盛るとサクランボの赤い色とのコントラストが可愛い(^O^)4客仕入れたうちの1客はキズがあったので自宅用に。。残りの3客を出品します^^桜の次は菖蒲の季節深川製磁の菖蒲文花生け同じく深川の蓋物、この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ の 「骨董品一覧」→ 『陶磁器』ページに詳細upしておりま [続きを読む]
  • 露地行灯
  • 2月に突然スマホが壊れてからというものスマホによるストレスにずっと悩まされてきましたがようやく完全復活できました。壊れた前のスマホも買ってからまだ1年半足らずでしたが保証で替えてもらったスマホがこれがどうにもこうにもイケマセン・°・(ノД`)・°・この間に何回ドコモに行った事か。。修理して直ったと思ったらもう翌日には通話すらできない、お客様や友達に「もう大丈夫」 とお詫びしても又繋がらなくなる、を繰 [続きを読む]
  • 和の釣具 タナゴ箱
  • ギャラリーHISAKOとしては珍しく 「スポーツ、レジャー」のカテゴリに出品してみたのがコレ↓です。専門外でよく判りませんが塗のタナゴ箱というものではないかと思います。(釣り道具、漆塗りの箱、蚊頭針など色々入力してネットで検索してみました(;^ω^A)おそらく材質は桐、内側は朱漆仕上げ(底は黒漆)で上の段の引出の部分にエサを入れ落とし口から釣った魚を入れるというものらしいです。ただ私が入手した時にはエサを入れ [続きを読む]
  • 大内塗盛鉢 吟月作
  • 店の仕事の合間を縫って冬物を洗濯して片付けています。そんな時に活躍するのがこの石鹸、洗濯機に入れる前にこれで部分洗いをすると格段に仕上がりが綺麗その名も ‘ウタマロ石鹸’名前の由来を知りたい。。(;´Д`)ノ普段は元気者のゴンゾウが一日中寝たきりで食事にも下りてこないのでどうしたのかな、と身体検査してみると後ろ脚にケガを負っていました。慌てて動物病院に連れて行ったところ熱もないし化膿もしていないのでし [続きを読む]
  • 初期伊万里 古唐津の陶片
  • 初期伊万里と古唐津の陶片が大量に入荷しました。これらの陶片 は現在文化財保護の為発掘・持ち出しが禁止されています。 趣味興味のない方にとってはガラクタの山にしか見えないかもしれませんが。。f^_^;春になると家の片付けを始める方が多く片付け・査定・買い取りのご依頼が続いています。ありがたい事です(^_^)vダイハツタントを駆けて今日は東へ、明日は西へこの陶片を組み合わせで呼び継ぎを、なんて思っていますが当分そ [続きを読む]
  • 京都ちょぼ屋 ぽっくり おこぼ 
  • 関東では ぽっくり こっぽり 小さい頃、自分も赤い鼻緒のぽっくりを履いた記憶があります。京都ではおこぼと言うのだそうです。京都 ちょぼやさんのおこぼ、鼻緒はオーストリッチ製です。昭和に作られたものと思いますがごく薄いシミ(6×7ミリ)のようなものがある他にはキズのない大変状態良好な美品です。サイズ  22.5cm H9.5cmこちらは舞妓さん関連グッズ?、素焼きの舞妓さん豆人形、扇、ポックリの匂い袋。。おこぼを履 [続きを読む]
  • 古唐津平盃小皿 梨地修理
  • 古唐津平盃小皿です。煙ったような見込みの文様は形が判らず絵唐津と言えるかどうか判りませんがぶくぶくと小さな泡のように見える釉薬は発掘ならではの味わいかと思います。前の持ち主の方が梨地修理を施しており大きいものが3か所、小ホツを含む小さいものが4か所あり他にキズはありません。元々は小皿ですがやや深く歪みのあるヘタった形が却って手取りが良く盃としてもお楽しみ頂けるのではないかと思います。ヤフオク出品予定 [続きを読む]
  • 小石原焼 人間国宝 福島善三 筍 花入
  • 昨日お客さんがお買い上げになった器を新聞紙で包もうとしていた時、偶然にもこの記事に目が留まりました。2月24日の記事ですが先日HPでご紹介した筍の花入れの作者、福島善三さんの記事が1面全部に載っていました。まだ人間国宝になる前の作品ですがこの頃から見る人の心を一瞬にして捉える存在感掛け花になっていますが横向きに置いて飾っても楽しいですし小穴に可憐な野の花を一輪挿して春の風情をお愉しみ頂くのも一興かと思い [続きを読む]
  • 雪中筍掘りの図 色絵蓋付茶碗
  • 古伊万里色絵蓋付茶碗5客です。表は色絵と金彩を用いて美しい花蝶文が描かれています。蓋を開けると見込みと蓋裏に「雪中筍掘りの図」、三国の呉の孟宗が冬に筍を求めた母の為に竹林に入って哀嘆したところ筍が生じたという中国の故事「二十四孝」の図、古伊万里定番の人気のある文様です。春のお膳に筍御飯は勿論、春野菜を盛り付けて向付としてお使い頂ければと存じます。茶碗の径10.5cm H6.2cm蓋をした高さ8cm無傷完品ウドと野 [続きを読む]
  • 袱紗 「猩猩図」 紺色繻子地 見事な金糸刺繍
  • 古布 袱紗を袋状から解いた状態で江戸期のものと思います。能などに登場する架空の動物である猩猩が盃の舟に揺られながら酒宴を楽しんでいるお目出度い図、金糸をふんだんに使った見事な刺繍、豪華絢爛な文様です。わずかな糸の飛び出しがありますが殆ど汚れもなく時代を考えますと非常に状態良好な美品だと思います。サイズ  横70cm 縦80cm  この商品は ヤフオク出品予定です。にほんブログ村参加中、ポチを頂くと日々の更 [続きを読む]
  • 古伊万里染付兜鉢 宝珠双龍文
  • 古伊万里染付浅めの兜形鉢です。見込みは宝珠を挟んで天を蹴る雲龍を一対配した双龍文、その周りには雨龍と唐花文が描かれています。非常に細かく丁寧な筆致で力強い龍を表わし呉須の上がりも良く大変上手の古伊万里です。縁に1?〜5?程度のごく浅いソゲ・アタリが多々ありますが目を凝らさないとほとんど判らない程度のものです。真上や正面から見た時は判りませんが水平に置いて横から見た時に全体の形が正円ではなく歪んでい [続きを読む]
  • 日展作家 津田永寿作 青銅製 鳳凰文肉池
  • 日展作家 鋳金家 の津田永寿作 青銅製 鳳凰文肉池 です。未使用長期保管品   径約9cm H3cm【津田永寿略歴】大正4年生まれ 定刻芸術会員、津田信夫(大寿)に師事し、津田家の後嗣となる。 平成12年死去 福島美術展 審査委員 輸出工芸展 受賞 商工省工芸美術展 奨励賞 鋳金名作 奨励賞 日展(第5回) 特選・北斗賞 昭和56年医薬事業創業50周年記念 日本化薬株式会社と蓋裏に刻印があります。協 [続きを読む]
  • 昭和レトロ 素焼き貯金箱 お相撲さん
  • 昨日、舞鶴市で行われた大相撲春巡業で市長が挨拶中に突然倒れそれを見ていた観客の女性が咄嗟の判断で土俵に上がって救命処置を行ったというニュース、看護師のこの女性が条件反射的にとった勇気ある行動のおかげで市長は一命を取り留めたそうです。必死で心臓マッサージをしている緊迫した状況の中で場内で流れる 「女性の方は土俵から下りて下さい」 のマヌケなアナウンスには呆れてしまいました。相撲界、又やっちまったナと [続きを読む]
  • 銅製 瓢箪形 湯沸 湯瓶
  • 古い銅製 瓢箪形の 湯沸かし 湯瓶です。葉っぱの形の蓋、蔓をかたどって捻じった取っ手など全体の繊細なフォルムと細工の面白さが魅力の湯沸かしです。古いものなので小さな窪みやスレはありますがそれらはさほど気になるものではないと思います。取っ手の片方の留め金がなくなっており針金で留めています。最も残念な事は水がかなり漏れる事、湯沸かしとしてはお使い頂くのは無理と存じます。落としを入れて野の花を挿して頂くな [続きを読む]
  • 倣豊太閤 千成瓢箪 弁当箱 四段重 菓子器
  • 玉泉堂 倣豊太閤 千成瓢箪 溜塗糸目千筋の 弁当箱 四段重 菓子器です。こんなお弁当箱を持ってもう一回お花見に行ってみたいものです実は昨日の 黒縄サマはいつもの飲み友達と別府公園の花見で呑む予定でした。寒がりの中高年ばかりなので暖かいモノでも食べながら、と念の為、市の公園緑地課に問い合わせると市内の公園は全て火を使ってはダメ!! との事でした。仕方なくいつものように屋内にてネオンの花を見ながらの飲み会と [続きを読む]
  • 西肥辻製 茶器 桜と千鳥 大正期
  • 毎年、「きっと今年が最後やね、よう頑張ってくれてありがとう〜」と褒めてあげる咲き分けの桃、大部分が枯れていてヨレヨレの幹と写真の枝だけしか生きていませんが力を振り絞って花を付けてくれます。ギャラリーHISAKOをopenした年に植えた桃の木、平均15年〜20年が桃の寿命だからとっくにお婆さんの木って事か。。我が身と重ねてしみじみ(*v.v)。これからはあまり頑張らなくてもいいから1年でも長く一輪でも花を付けてくれ [続きを読む]
  • お花見行きました
  • 今日は自転車でクロネコさんに荷物を発送に行きました(^_^)vいつもは車で通る境川に咲く桜、あまりの美しさにチャリを止めて携帯で撮影、土手にはシートを広げてお弁当を食べる人達、今日は日本中のあちこちで沢山の人がお花見しているんだろうナ。。勿論、私もこの後行きましたヨ(・ω・)/毎年恒例、ギャラリーHISAKOから歩いてすぐの別府公園でお花見です^^桜は満開、お天気もサイコー、そのわりには人影はまばらσ(^_^;)毎年来 [続きを読む]
  • 藍九谷の雰囲気 古伊万里 菊形長皿 花鳥文 角福銘
  • 古伊万里の菊形長皿花鳥文です。やや薄手の造り、呉須の発色などから藍九谷の雰囲気も併せ持っていますがはっきりと確証が持てないので古伊万里とさせて頂きます。裏底に角福の銘有り20.5cm×11cm H3.5cm〜4.5cmこの商品は ギャラリーHISAKOのホームページ の 「骨董品一覧」→ 『陶磁器』ページに詳細upしております。お時間ございましたら覗いて見てください。にほんブログ村参加中、ポチを頂くと日々の更新の励みにな [続きを読む]
  • 春霞のような淡い色彩 深川製磁
  • 深川製磁花瓶 官窯染付 花鳥図です。 H38cm春霞のような淡く優しい色合いで満開の桜と可愛い小鳥を描いています。 長期保管で中を除くとホコリが付いていますがキズは一切ない状態良好美品官窯の深川らしい品格と存在感、桜の季節にぜひ飾って頂きたい逸品です。サイズ 高さ38cm 底径13.5cm 口径11cmこの商品は ギャラリーHISAKOのホームページ の 「骨董品一覧」→ 『陶磁器』ページに詳細upしております。お時間ござ [続きを読む]
  • 李朝染付草花文瓶
  • 一昨日椿を挿していた李朝染付草花文瓶です。頸の部分の殆どが共色で修復されています。胴の部分との微妙な色の差で気付きますがとても上手な直しで境界線が判らないくらいです。高さ20cm 底径7cm 口径3.3cmにほんブログ村参加中、ポチを頂くと日々の更新の励みになりますので宜しくお願いします。 にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]