かっちゃん さん プロフィール

  •  
かっちゃんさん: 別府の骨董屋 ギャラリーHISAKO ほぼ日ブログ
ハンドル名かっちゃん さん
ブログタイトル別府の骨董屋 ギャラリーHISAKO ほぼ日ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/gallery-hisako/
サイト紹介文別府駅裏で骨董店を営んでます。アンティーク・骨董・古道具など楽しきモノと招き猫2匹のほのぼの日記
自由文自宅ショップの骨董店「ギャラリーHISAKO」湯の町別府にて仕入れ・店番・配達と日々奮闘するアラフィフ女子の涙と笑いの記録を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供347回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2011/05/15 23:41

かっちゃん さんのブログ記事

  • 楽しい箸置き 
  • 鍋が恋しい季節なのに野菜の値段の高い事(ノ◇≦。)比較的価格安定した野菜を使ってバリエーション豊かなメニューを考えなければ。。とはいえ手抜き料理専門の主婦にとって日々の献立は悩ましい問題σ(^_^;)早く元の値段に戻ってほしいものです。。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 平安萬珠堂製 箸置 「五菜」箱裏に「 昭和25年立命館創立50周年記念」とあります。一 [続きを読む]
  • いい夫婦の日 金工帯留 高砂
  • 昨日ここで書いた‘内助の功’、その意味は「家庭において夫の外部での働きを支える妻の功績」とありますが男女雇用機会均等法が制定されて30年が過ぎ働く女性が殆どの今ではその意味合いも大きく変わってきていると思います(;^_^A団塊ど真ん中でかつては関白様だったダンナも食事の準備から骨董屋稼業の助っ人までいつの頃からか夫唱婦随から婦唱夫随に変わり本当にありがたや、ありがたやと感謝の日々ですm(u_u)mちなみに今日 [続きを読む]
  • 内助の功
  • 本日も昨日の業者会で仕入れた 徳島県無形文化財の “しじら織”、こちらは綿100%です^^今月は買い出し、競売と外仕事が多く店番していた日は2/3くらい(´_`。)この子たちはいつもお留守番です。。猫と一緒に留守番の旦那はイチジクジャムを作ったり干柿を作ったり。。内助の功?に感謝デス(;^ω^Aにほんブログ村参加中、ポチを頂くと日々の更新の励みになりますので宜しくお願いします。 にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 阿波正藍しじら上布 本麻 徳島県無形文化財
  • 昨日、高速をブッ飛ばして向かったのは甘木歴史資料館、絞り染めの第一人者、安藤宏子先生の講演を聴きに行ったのでした。5年前このブログで 絞り染めの衣裳をご紹介するために色々調べていると絞り染めの発祥の地が我が大分県でそしてその歴史がとても興味深くて面白い事がわかりhisako流にその歴史をドラマ仕立てに書いてみたのでした。かなり脚色してはいますが大方間違いはないようで今読んでもオモシロイ('-^*)/(こういうシ [続きを読む]
  • 初期伊万里草花文小皿
  • 初期伊万里草花文小皿 です。本銀補修が3か所(3.2cm 1.8cm 1.6cm)あります。径13.3cm H2.5cm一昨日から銀補修が終わった器を4点ご紹介いたしました。かつて金継ぎというと金を使うのが王道と思いこんでいましたがくらわんか手や初期伊万里には銀も中々シブくて良い感じです(^O^)/゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ の [続きを読む]
  • くらわんか手網目文碗と豆皿
  • 今日は隣町の大分市で業者会、出品があるので昨夜は早目に布団に入ったのにうっかり寝坊してしまいました!(´Д`;)しかし別大国道は渋滞もなく青信号ばかりで定刻に到着今日はツイてるかも、と期待したけれど結果は。。(;^_^Aともかくなんとか出品を終えて帰宅したものの疲れ果ててヘロヘロ夕食を終えて座ったままウトウトしてたら元気が出たので昨日撮った画像をupいたします(^_^)v゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・ [続きを読む]
  • セルロイドキューピー オレンジ 珍品
  • オレンジのセルロイド キューピーです。 MADE IN JAPAN の「E」の文字の向きが逆になっています。お札ならエラー物ってことで珍品レア物ですが当時はこのまま輸出されたのでしょうか(゚_゚i)残念なことに両羽が折れて欠損して両腕のゴムが伸びきっています。他には経年の汚れ感は見られますがワレやエクボなどはなく当時のオリジナルの可愛いキューピーさんです。背中の MADE IN JAPANの下にT.Yのマークが入っています。H18.5cmhisako [続きを読む]
  • 博多人形 小島与一作 大黒天 共箱入り
  • 博多人形 小島与一作 大黒天 共箱入り中古品なので経年感はありますが欠けや割れなどの傷はありません。サイズ 17cm×15cm H13.5cm縁起の良い大黒様、ちょっと早いけれど新年の飾りものとしていかがでしょうか^^【小島与一】1886〜1970 明治-昭和時代の人形師。明治19年8月17日生まれ。33年博多人形師白水(しろうず)六三郎に入門。42年大阪博覧会で「舞妓」が1等入賞。その後7代松本幸四郎の示唆をうけ,歌舞伎人形に独自の作風 [続きを読む]
  • 秋の味覚 栗の輪繋ぎ一尺皿
  • 古伊万里染付一尺皿 栗の輪繋ぎです^^ 見込みは宝袋・蓑・扇・七宝などの宝尽文裏銘 太明年製大胆なダミ使いで八つの栗の輪を描いた斬新で愉しい文様一尺皿と言っても正確には径29cm秋の味覚をどっさり盛ってくださいこの商品は ギャラリーHISAKOのホームページ の 「骨董品一覧」→ 『陶磁器』ページに詳細upしております。お時間ございましたら覗いて見てください。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・ [続きを読む]
  • 型紙摺印判豆皿2客 愛らしい糸巻形
  • 型紙摺印判豆皿  愛らしい糸巻形2客です。この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ の 「骨董品一覧」→ 『陶磁器』ページに詳細upしております。お時間ございましたら覗いて見てください。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 先月から今月にかけて県内を飛び回っています。エアフォースワンならぬダイハツタントに乗り込み側近(荷物運びのダンナ他)を伴 [続きを読む]
  • 色絵輪花中鉢 丼 牡丹菊文 富貴長春
  • 昨日に続いて本日も 裏銘 富貴長春の 古伊万里色絵輪花中鉢 四つ割した中に牡丹菊文唐花など余白を残さず丁寧に描かれています。見込みは松竹梅 無傷完品 径16.7cm H7.2cm大き過ぎず使い勝手の良いサイズです^^毎年11月に入ると大掃除ならぬ小掃除に取り掛かかります。このところ天気が良いので網戸を外して窓拭きしてカーテンを洗って。。しかし二匹のニャンのお陰でレースカーテンはボロボロ状態(>_<)洗うよりも新調し [続きを読む]
  • 渡来植物二種文様  芭蕉と蘇鉄
  • 古伊万里染付向付3客です。当時としては珍しい渡来植物二種の芭蕉と蘇鉄を描いています。右から 先日の八角深鉢にも描かれていた たなびく旗、真ん中は御堂だと思いますが 「大日」の文字に見えてしまう。。(^^ゞそして左端がソテツ、室町時代に南方から渡来したそうです。ジャパニーズバナナと言われるバショウ裏底銘  富貴長春とても上手の向付ですが3客ともに金補修があります。この商品は ギャラリーHISAKOのホ [続きを読む]
  • 癒しの時間
  • 一日で一番リラックス出来る就寝前の時間、ぎっくり腰をやって以来、腰痛予防の体操でハムストリングを念入りにストレッチした後、私の一番の癒しタイムは可愛い動物の動画をスマホで見る事(^^ゞちょっとだけのつもりが可愛くてあっと言う間に時間が経ってしまいます。おかげで日中眠くて眠くて。。生?の動物が身近にいるからわざわざスマホでよその子を見なくてもいいのだけれど(^_^;)ゴンゾウがお座りしているのはこの踏台、 [続きを読む]
  • 豆皿三種 微塵唐草・芙蓉手・瀑布図菱皿
  • 古伊万里染付豆皿3種です。微塵唐草 径8.5cm 裏銘 成化年製芙蓉手 径8.3cm 裏銘 二重角渦福     表に窯傷有り菱皿 滝が流れる様子を布に例える瀑布図 13cm×10.8cm    2か所金継ぎ有り 裏銘 太明晩秋をしみじみ味わう余裕もないまま気が付けばもう ‘立冬’、せめて画像だけでも。。撮影が終わったら3つとも私のお腹の中、すっかり秋を満喫できました(^^ゞこの商品は ギャラリーHISAKOのホームページ [続きを読む]
  • 楼閣山水に帆掛け船と櫓舟図 八角深鉢
  • 古伊万里染付八角深鉢 です。表には遠山山水楼閣に帆掛け船と櫓舟図口縁には柴垣に柳と櫓舟見込みには帆掛け舟に東屋、たなびく旗など壮大な風景が闊達な筆致で描かれています。キズはありませんが釉薬剥離が所々に見られます。口径19cm H11.5cmこの商品は ギャラリーHISAKOのホームページ の 「骨董品一覧」→ 『陶磁器』ページに詳細upしております。お時間ございましたら覗いて見てください。にほんブログ村参加中 [続きを読む]
  • 京都 たる源 湯豆腐桶
  • トランプ大統領の来日で東京は最高レベルの警備態勢らしい…一昨日東京から帰省した姪っ子曰く空港のゴミ箱が殆ど撤去されていて困ったとの事(゚_゚i)そんな中、最高レベルのもてなしとして昨晩選んだメニューは鉄板焼き鉄板焼って日本独自のものらしいから二人で盛り上がったんだろうなv(^-^)vオバマ大統領来日の際は‘獺祭’が一躍有名になりましたが今回は何処のお酒でしょうか゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:. [続きを読む]
  • 花クルス松竹梅文 色絵輪花手塩皿
  • 昨日の尺五寸の大皿、本日銀蒔き作業完了まずまずの出来(*^▽^*)お買い上げ頂いたお客様、喜んで頂けるかな。。金継ぎ作業場は日当たりサイコー、横でゴンゾウが気持ちよさそうにうたた寝いいなぁ、アンタは(・_・;)゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 色絵輪花手塩皿5客 花クルス松竹梅文裏銘 大明成化年製華やかで使い勝手の良い小皿、取り皿や菓子皿に重宝する器だと思 [続きを読む]
  • 食の大宴会@別府2017
  • 好天に恵まれた三連休の中日、ギャラリーHISAKOから歩いて5分の別府公園にて“食の大宴会@別府2017” が開催されました(^∇^)先月の農業祭はお茶会と重なり行けなかったので今日はそのリベンジ、高騰を続ける野菜や果物の販売はなくて規模もかなりコンパクト。。それでもお客さんは多く人気店は行列(^_^;)朝一でギャラリーHISAKOにご来店されたお客さんから「豊後牛&宮崎牛のコラボ串焼が大人気だった」 と聞いて [続きを読む]
  • 寒山拾得
  • こうして写真で見ると向付のように見えますが径18.5cm H11cmの古伊万里染付輪花深鉢です。唐代の詩人、寒山捨得と思われる人物と梅が交互に描かれています。孤高な隠者として300余首の詩を残したと言われる寒山、でこちらは捨得、よく見る図は手に箒のようなものを持っているのですがこれは杖?この下の人物は豊干(ぶかん)という事かなf^_^;この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ の 「骨董品一覧」→ 『 [続きを読む]
  • ハスキーなおふくろ
  • 昨日に続いて本日も柘榴の図。。大分県出身 首藤雨郊作 柘榴に小菊キキョウなどの秋草を描いた今の季節にふさわしい掛軸です。菊と桔梗、どちらも秋の七草です。秋の七草の覚え方は。。「ハスキーなおふくろ」 ヽ(*'0'*)ツ萩・ススキ・キキョウ・ナデシコ・オミナエシ・フジバカマ・クズ (*゚ー゚)ゞ首藤 雨郊(しゅとう うこう) 【略歴】1883(明治16)年〜1943(昭和18)年 大分市生まれ雨郊、雨功または九方皐(きゅ [続きを読む]
  • 色絵八角一尺皿 柘榴菊柴垣文
  • 色絵八角一尺皿 柘榴菊柴垣文幕末明治の伊万里か大聖寺か。。見込みには桃を描いたものをよく見ますがこれは柘榴を描きその周りの八分割した中に菊と柴垣、梅鳳凰などの文様が丁寧に描かれています。菊・柘榴など秋の吉祥文で埋め尽くされた縁起の良い八角皿です。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 本日11月1日は栗名月「十三夜に曇りなし」と言われるように私のデジ [続きを読む]
  • 紅葉の流水文が美しい染錦の鉢 14代辻常陸製
  • 広島の方からカキ、ではなくて柿を頂きました(*^▽^*)ヨーグルトに入れたりサラダに使ったり大根なますや白和えも美味しいです(^-^)/線描でびっしりと文様が描き込まれていますが見込みに大きくカマキズ、高台接合部もグルっとニュウが入っているので只今生正味にて漆修理中、気温が下がったのでなかなか漆が固まりません(^_^;)来年の宿題かな。。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。 [続きを読む]
  • 14代辻常陸製 染錦龍鳳凰文の酒器セット
  • 先日の 明治の有田焼 年木庵 に続いて本日も明治から脈々とその伝統を現代に引き継いできた 辻窯の14代辻常陸製 染錦龍鳳凰文の酒器セットです。「辻製」の銘は香蘭社の設立メンバーである辻 勝蔵に由来しているそうです。有田辻家は、江戸期より鍋島藩命により禁裏御用(宮家)を務め宮家より官位を賜った名陶家でその後、明治期になり精磁会社の設立に加わり明治36年には辻常陸として名品を製作、14代は2007年に [続きを読む]