道子 さん プロフィール

  •  
道子さん: サロン・ド・吉田荘通信
ハンドル名道子 さん
ブログタイトルサロン・ド・吉田荘通信
ブログURLhttps://ameblo.jp/divinepassion/
サイト紹介文お香づくり(塗香・匂ひ袋)などが楽しめる「サロン・ド・吉田荘」の日々のブログです。
自由文「サロン・ド・吉田荘」では、お香(匂ひ袋・塗香・線香等)の調製・販売・講座などを行っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2011/05/16 10:22

道子 さんのブログ記事

  • すっきり。
  • PC周りのコード類がぐるんぐるんになっていることに気づいていながら放置しておりまして…。頭の中で色々な言い訳が渦巻く中、意を決して全部ほどいて整理してみたところ、本当に必要なものは非常に少なく、だいぶ処分できてすっきり。 必要なものなのではないかと思い込んでいたけど、もう必要なかった。様々な局面でありがちなことですね。 掃除や片付けの効用が、巷間よく語られるのもむべなるかな。物理的にすっきりすると、 [続きを読む]
  • 夏の花
  • 生花は、ちょっとテーブルに置くだけで、その場がぱっと華やぎ、雰囲気を変えてくれますね。 普段、青・紫系のお花を選ぶことが多いのですが、趣向を変えて夏らしく向日葵を。 夏のお花の色合いは、パキッと鮮やかで元気になるものが多いですよね。私は、夏の花の中では百日紅(さるすべり)に惹かれます。百日紅は白色から濃い紅色まで、花色が豊富です。それぞれの花色の魅力がありますが、濃い紅色の花が葉の緑と青空をバック [続きを読む]
  • 超える、伝える
  • 思いつくままに、やってみたいことをやってみるようになって早数年。「やってみたこと」を振り返り、自分の興味・関心を端的にまとめると「超える」「伝える」という2つの動詞に収斂されることに気づきました。 時代を超える、国境を超える。こんなことに興味をもっています、と伝える。 香りは世界共通、時代をも超える。母語以外の言語を学ぶことによって、よりコミュニケーションの幅が広がる。 そんなこんなで、「プログラミ [続きを読む]
  • 思いを遂げる。〜2018年6月・南仏旅日記まとめ〜
  • 前回のヘルシンキ一人旅は、「とにかく海外一人旅をしてみる!」が目的、今回の南仏一人旅は、「とにかく子供の頃気になっていたグラースに行ってみる!」ということが目的だったので、それぞれ目的が達成できて満足です。少しでも心のどこかにひっかかっていたことを行動に移してみると、気分がすっきりしますよね。 そして、旅行には一人旅のよさ、誰かと一緒の旅のよさ、それぞれありますね。複数人で旅したほうが、やはり食 [続きを読む]
  • 南仏旅日記⑨ ニースその3 ニース近代・現代美術館
  •   マセナ広場からプロムナード・デュ・パイヨンを抜けて、お散歩がてら、ニース近代・現代美術館へ向かいました。上の写真の左に見える建物(ニース国立劇場)の向こう側に、ニース近代・現代美術館があります。 こちらが、美術館の建物です。ニース近代・現代美術館に行った日は、突然の強いにわか雨に見舞われたこともあり、イヴ・クラインとニキ・ド・サンファルの作品を中心に眺めつつ、ぼんやりしたり、職員の方とお話し [続きを読む]
  • 南仏旅日記⑧ ニースその2 ニースの街並み(旧市街方面)
  • こちらはニースのマセナ広場。建物の向こう側に海が広がっています。 プロムナード・デュ・パイヨン。通り抜け可能な公園、という感じで、マセナ広場からここを抜けて、近代美術館へ向かいました。近代美術館については、別記事をアップします。 プロムナード・デュ・パイヨンは、開放的で歩いているだけで気持ちがよいところでしたよ。 こちらは、ガリバルディ広場。 合歓の木に会ったのもこの場所です。 緑の庇が印象的 [続きを読む]
  • 南仏旅日記⑦ ニースその1 ニースの海とマセナ博物館
  • 今回の南仏一人旅の宿泊地はニースでした。まだ6月でしたが、ビーチで思い思いに楽しむ人たちが既にいらっしゃいました。ハイシーズンには、大勢の人で賑わうのでしょうね。 プロムナード・デ・ザングレ(Promenade des Anglais)。イギリス人の遊歩道、という意味になりますが、ニースは、イギリス人に人気の避寒地であり、19世紀初めにイギリス人がこの遊歩道を整備したことに由来するようです。 プロムナード・デ・ザングレ [続きを読む]
  • 南仏旅日記⑥ グルドン(Gourdon)
  • グラースからみると北東、トゥーレット・シュル・ルーからみると西に位置するグルドンは、「フランスの最も美しい村」に認定されている村の一つです。 かわいらしい街並みが楽しめます。お土産屋さんもいろいろありました。写真はないのですが、スミレやバラの砂糖漬け、様々なコンフィチュールなどが売られているコンフィズリ&ショコラトリ・フロリアン(Confiserie & Chocolatorie Florian)が素敵でした。 グルドン [続きを読む]
  • 南仏旅日記④ トゥーレット・シュル・ルー(Tourrettes-sur-Loup)
  • トゥーレット・シュル・ルー(Tourrettes-sur-Loup)は、ニースから見ると西の山側に位置する、昔ながらの姿を残した美しい村です。 穏やかな空気が漂い、別世界のようでした。足下にスミレの絵柄が。この村はスミレの栽培で知られているとのこと。スミレの咲く季節にはお祭りもあるようですよ。スミレの花盛りの時に訪れてみたいものです。 時間があまりなく、ぐるりと一周街並みを見ただけで終わってしまったので、次回はアトリ [続きを読む]
  • 受かっていました。【2018年初夏版】
  • 南仏一人旅の前に、5月に受けていたフランス語の試験、DELF B1に合格していました。ギリギリとはまさにこのこと、という点数で、奇跡ってあるのね…と感じるほどでした。 ところで去年も、A2に受かった時に「受かっていました。」という記事を書いており、勉強不足を反省し「さらに精進しようと思う」と決意表明していまして、懲りずに今回も同じような心持ちになっています。試験が終わると決意表明をしたくなるという自分のパタ [続きを読む]
  • 南仏旅日記③ ノートルダム・デュ・ピュイ大聖堂(グラース)
  • グラースのノートルダム・デュ・ピュイ大聖堂です。外壁は、「ラ・テュルビーの石」と呼ばれる石灰岩でできているそうです。 13世紀に建てられたとされていますが、正確な建立日に言及された史料は残っていないようです。 重厚感のあるひんやりとした空間は、心に落ち着きをもたらしてくれました。********************************************************************お香作成承り・販売(匂ひ袋・塗香・部屋香・線香・ドラ [続きを読む]
  • 南仏旅日記② 国際香水博物館(グラース)
  • 国際香水博物館(musée international de la Parfumerie)は、グラースに行ったら訪れてみたいと思っていたところでした。グラースのバスターミナルから、広めの道(Boulevard du Jeu de Ballon)を歩いて向かいます。この写真はバスターミナルに戻る途中で撮ったものなので、道の右側に博物館が見えていますが、バスターミナルから出発すると、この道の左側に博物館が見えてきます。博物館内は、写真撮影可でした。古代エジプト [続きを読む]
  • 南仏旅日記① グラースの街並み
  • 南仏の街、グラース。ニースから西の内陸部へ入ったところにある、世界的な香水産業の中心地として知られる街です。バラ、ジャスミン、チュベローズ、ラベンダーなど、重要な香原料となる植物の産地としても、また名だたる調香師を輩出している土地としても有名です。 下の写真にもある白いお花は、花の形も香りもジャスミンを思わせるもので、街のいたるところでみられ、ほんのりと甘くかぐわしい香りを漂わせていました。 グラ [続きを読む]
  • グラースへ!
  • 子供の頃気になっていた南フランスの街、グラースへ行ってきました。グラースは、ニースから路線バスで1時間半。なんといいますか、個人的なミッションをやり遂げた!という感覚があり、達成感も一入でした。 ニースで3泊し、グラースのほか、グルドン、トゥーレット・シュル・ルーにも行ってきました。また、帰国の際には、ニース→パリの搭乗予定便が突然キャンセルになるというハプニングもありましたが、そのおかげで素敵な方 [続きを読む]
  • 新しいサイクルへ
  • 2018年も3分の1が終わり、あっという間に時が過ぎゆくのを感じます。 過ぎてみればあっという間、とよくこのブログに書いていますが、おそらく肉体から離れる時には、それが何十年だったとしても、人生は一瞬だったと振り返るのだろうと思います。 2011年に初めてウェブサイトをつくり、流れのままに7年間が過ぎました。日本国内を旅してまわっていた時期もありました。そして、お香づくりに出会い、フランス語に出会い、これから [続きを読む]
  • 力が抜けたときに。
  • 少し前に、必死に探していたサングラス。 なかなか見つからないので、「まぁ、いつか見つかるかも」ぐらいの緩さで軽くあきらめ、探していたことも忘れていたのですが…。…見つかりました。一度チェックしたはずの場所にあったことを発見。良く見えていなかったのか、見たつもりになっていただけだったのか。 必死になっているときは、視野が狭くなりがちですが、新しい目で俯瞰してみると「見える」ことは探し物以外でもあります [続きを読む]
  • 思い込みを解き放つ香り
  • 香水は、自分の肌にのせて、どのように香りが変化していくかを試してみないと、自分にとって良い香りなのかどうかわからないところが面白さであり、奥深さでもあり、興味が尽きないところです。ムエットではいい香りだと感じても、肌に乗せるとピンとこなかったり、その逆もあったりします。 これだ!という香りとの出会いは、なかなかないもの。だからこそ、そんな出会いがあったときには、得も言われぬ喜びを感じます。 先日、ボ [続きを読む]
  • あなただけのための香り(オーダーメイド)につきまして
  • あなただけのための香り(オーダーメイド)は、3種類ございます。香りのご希望を伺い、一つ一つ手作りしたものをラッピングし、香り・銘の解説等を記載した手書きのお手紙を添えてお届けします。○匂ひ袋・部屋香○塗香○ドライ・パフュームご希望の方は、こちらまでお問い合わせくださいませ。 ********************************************************************お香作成承り・販売(匂ひ袋・塗香・部屋香・線香・ドライ・ [続きを読む]
  • 塗香に関する講座・販売等につきまして
  • 現在、吉田荘製香所の塗香に関するサービスは以下のとおりとなっております。あなただけのための香り(オーダーメイド)対面お誂え常時調製可能な香り(北辰・恕・空・天・虚空)塗香づくり講座塗香入れ(別売り)に詰めてのお渡し・発送も承ります。ご希望がある方は、講座申込み・注文の際にご連絡下さいね。価格表はこちらです。 ********************************************************************お香作成承り・販売( [続きを読む]
  • 感謝を伝える
  • 先日、お世話になった方に、感謝の気持ちを言葉で直接伝えることができて、ほっとしました。もし伝えられなかったら、悔いが残っただろうと思うので。 遠くの場所で新しいことにチャレンジされるその方を、心から応援したいと思います。 [続きを読む]
  • 桜・2018
  • 東京は桜が満開のところが多いですね。こちらは、少し前に日本橋で撮影した桜たちです。陽気もよくなって、空気の匂いも春らしくなってきましたね。 ********************************************************************お香作成承り・販売(匂ひ袋・塗香・部屋香・線香・ドライ・パフューム)お香づくり講座(塗香・匂ひ袋・お線香・ドライ・パフューム)カードリーディング(セッション・レッスン)お問い合わせ・お申込み [続きを読む]
  • PC復活。
  • PCを修理に出しておりまして、初期化されて戻ってきました。ということで、久々のブログ更新と相成りました。 慣れ親しんだ設定がリセットされ、ゼロからのスタートとなり、まだまだぎこちない感じです。PCを修理に出している間に春分も過ぎてしまいました。私は、一年のスタートとして春分が一番しっくりくるので、PCの初期化という出来事もスタートの季節にふさわしい気がしています。 また更新していきます! ***************** [続きを読む]
  • 春遠からじ〜春告草〜
  • 春告草とはよく言ったもので、梅の香りが漂うと、あぁ春がやってくるな、と感じます。まだまだ寒い日は続きますが、確かに春が近づいてきていることを梅の花が教えてくれています。 ********************************************************************お香作成承り・販売(匂ひ袋・塗香・部屋香・線香・ドライ・パフューム)お香づくり講座(塗香・匂ひ袋・お線香・ドライ・パフューム)カードリーディング(セッション・レッ [続きを読む]
  • 【追記あり】塗香作り講座、随時開催いたします。
  •    古来、主に浄めのために使われてきたパウダー状のお香・塗香(ずこう)。 ご自分で、好みの香りを作ってみませんか。  香料の特徴・香りのイメージの拡げ方や銘(ネーミング)のつけ方など、一からご説明いたしますので、お香初心者の方も安心してご参加ください。 お一人から随時開催しますので、ご希望の日時をご連絡くださいね。 お申込み、お待ちしております。 ○受講料 5,000円(資料・材料代・缶ケース込)   [続きを読む]