ちびっ子 さん プロフィール

  •  
ちびっ子さん: 日本共産党海南海草議員団
ハンドル名ちびっ子 さん
ブログタイトル日本共産党海南海草議員団
ブログURLhttps://seikatusou.exblog.jp/
サイト紹介文教育、くらし、平和、防災 県会議員・雑賀光夫と市会議員団の活動
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2011/05/16 12:51

ちびっ子 さんのブログ記事

  • 下津駅が無人駅に
  • 下津駅が無人駅に!  みなさんのところに伺うと、カーブミラーや道の補修のことなど、その地で暮らしているからこそわかる要望に出会い、やはり出かけてお話を聞かせてもらうことが大事だと気づかされます。 そこで聞いたのが、3月のJRのダイヤ改正から下津駅が無人になってしまったということです。市にも聞くと、昨年から下津駅の無人化の意向は聞いていたので、市からも地区からも要望を出したけれども聞き入れてもらえな [続きを読む]
  • 若者は森友問題を許さない
  • 若者は「森友問題」を許さない 佐川証人喚問で安倍内閣は逃げ切れたのか?とんでもありません。「読売新聞社が3月31日〜4月1日に実施した全国世論調査では、内閣支持率が続落して42%となった。」と報道されました。「42%なんて高すぎる」と私は一瞬思いました。しかし「森友学園」決裁文書改ざん問題が表面化する前の調査と比べると、「18〜29歳では、2月に約7割あった支持率が今回は約5割となった。」というで [続きを読む]
  • 戦争を知らない世代が危うい
  • 戦争を知らない世代が危い ちゃぶ台の上に、「通販生活」春号が置かれていました。「戦争を知っている世代が政治の中枢にいるうちは心配ない。…だが、戦争を知らない世代が政治の中枢になったときは、とても危ない」 なんとこれが、田中角栄元首相が新人議員に説いていたことばだというのです。元中国大使をつとめた丹羽宇一郎さんが書いた「戦争の大問題」という本の紹介が、表表紙になっています。その本の「はじめに」の部分 [続きを読む]
  • 3月議会最終日は賑やかでした
  • 三月議会最終日は結構にぎやかでした最終日に当初予算の修正案を、田代議員と提案しました。紀美野町の一般会計は64億円、うち共産党議員団は、外国で戦闘させられる可能性が出てきた自衛隊の募集事務委託金2.2万円、改憲を主張する防衛協会への補助金1.5万円、国民管理のためのマイナンバー関連予算が435万円、合わせて440万円に反対の立場から減額修正を提案しました。予算に占める割合は小さいですが、賛成するこ [続きを読む]
  • 乗合タクシーの提案・好評です
  • 乗合タクシーの提案・好評です 元市会議員の幡川さんから事務所に電話がかかってきました。「『乗合タクシー運行とコミバスの改善を』という署名付きビラもっていったら、皆さん関心もってくれてなあ。ぜひ実現してほしいと頼まれたよ。」「運転免許証を返納したらお医者さんにも買い物にも行けない」という悩みは深刻です。私も9月県議会でその推進を呼びかけました。半額国庫負担があり、その半額に80%の交付税措置がありま [続きを読む]
  • 「共産党への考えが変わった」
  • 「共産党への考えが変わった」山下副委員長を迎えて演説会 18日、海南市保健福祉センターで、山下よしき副委員長・参議院議員を迎えて演説会が開かれました。4人の市会候補者が決意表明し、山下参議院議員は森友文書改ざん問題、働き方改革などについて語り、安倍内閣の体質を告発しました。また、「おばあちゃんの教え」からなぜ自分が共産党に入ったのかを語りました。「初めて参加したが共産党に対する考えが変わった」と感 [続きを読む]
  • 励ましありがとうございます
  • 「初めて参加」の方からの励まし、 ありがとうございます 山下よしき参議院議員をむかえての演説会では、多くの励ましの声をいただきました。とくに「初めて参加」という方の感想がフレッシュです。☆初めて演説をお聞きしましたが、特に面白い演説、ビジネストークのような感じもいたしました。(初めての参加)☆よかった。後援会に入ってもいい。候補者の支持を広げてもいい。ポスターをはってもい [続きを読む]
  • 反戦の俳人
  • 反戦の俳人…安倍政治を許さない子どもの頃から七五調の秩父音頭を聴いて育ち、自分の体は俳句に仕立てられているといっていた金子兜太(とうた)さんが、2月末に98年の生涯を閉じました。反戦・平和の社会を実現するために生きてきた俳人が危うさを感じたのが安倍政権です。ふたたび近づいてくる軍靴の響き・・・。体を張って阻止しなければと筆をとった「アベ政治を許さない」の力強い文字は運動のシンボルになりました。戦争 [続きを読む]
  • 国・東電の責任で被災者支援を
  • 国・東電の責任で被災者の生活支援を  東日本大震災は3月11日、発生から7年を迎えました。 福島大学が行った「住民実態調査」によると、多くの被災者の方が生活の経済的不安や将来の仕事や生活に希望が持てないと答えています。 安倍政権・東電による生活支援や賠償金の打ち切りが被災者を苦しめています。 安倍政権・東電の姿勢が問われています。 海南市議会議員  上田 ひろし「赤旗読者ニュース」3月18日号にほんブ [続きを読む]
  • 岡よしあきがんばれの遺言
  • 岡よしあきがんばれの遺言 ……岡よしあきは、腕利きの板金職人から民主商工会の役員、そして市会議員へ。生活相談の岡といわれてきました。 先日、森川さんという方がお亡くなりになりました。この方は、タクシー運転手、土木の現場などで働き、体を壊して海南に帰ってこられました。市役所に行っても取り合ってもらえず、共産党に電話がかかってきまして、岡さんがかけつけました。 「生活保護の手続きはあとでもいいから、す [続きを読む]
  • 悪い奴ほどよく眠る
  • 悪い奴ほどよく眠る佐川長官の辞任・職員の自殺 森友問題で交渉記録を隠し続けて出世した佐川国税庁長官(元理財局長)が辞職しました。 佐川氏は、森友問題への国有地売却記録を隠し続けましたが、その「功績」で国税庁長官に出世したと批判を浴びました。「森友決済文書書き替え」疑惑が大問題になる中で、耐えきれなくなって辞職したのでしょう。 他方、佐川氏のもとで「売却」にかかわった職員が自殺と報道されています。 安 [続きを読む]
  • ドクトル大石
  • 「ドクトル大石」新宮市名誉市民に  新宮市は1月19日、明治末期に起きた大逆事件に連座して処刑された新宮市出身の医師、 大石誠之助氏を名誉市民にすると発表しました。自由、平等、平和を唱える自由主義者だった彼は、幸徳秋水と交流があったために共同謀議の罪に問われて死刑となったのでした。共同謀議の罪から連想されるのが昨年強行採決された共謀罪です。テロ対策と安倍内閣はいうが、国民の自由な発言を委縮させる悪 [続きを読む]
  • せとう・和歌事務所びらき
  • せとう・和歌 事務所びらきに熱気 3月4日は、せとう・和歌の事務所びらきでした。 どちらも60人を超す大入り満員です。雑賀県議とその跡を継ぐ河野市議もそれぞれあいさつしました。せとう事務所びらきには、「山の作家」として名高い宇江敏勝さんが、奥さんや仲間とともに中辺路から駆けつけ激励してくれました。和歌さんは、支持者のみなさんから贈られた新調のスーツに身を包んで、力のこもった挨拶。上田市議は「議員を [続きを読む]
  • 憲法変えずに子や孫に
  •    憲法変えずに子や孫に・・・  「あべ首相は、憲法9条に自衛隊の存在を書き込もうと執念を燃やしています。しかし、あべ首相が書き込もうとしているのは、災害時などに私たちの命を助けてくれる自衛隊ではありません。アメリカと一緒に海外で戦争する、危険な軍隊のことです。それこそ、北朝鮮は日本に牙を向けてくるでしょう。 子や孫に、平和な日本をバトンタッチできるよう、願いを込め、街頭宣伝にでています。見かけ [続きを読む]
  • 軍事費を減らし、社会保障に税金を
  • 軍事費を減らし、社会保障に税金を使って 今、中小商工業者は、税金の確定申告で頭の痛いことだと思われます。民商は、班会で確定申告の学習をしています。その班会で、挨拶をさせてもらっています。 「海南市民にうれしいお知らせです。国保税が、一人16,536円の減額される予定です。しかし、まだまだ高く、基金が2億2千万円あり、更に一人1万円の値下げは可能です。その為、市議選で4人全員何としても議会に送り出し [続きを読む]
  • 国会・近ブロから調査
  • 国会・近畿ブロックから調査    超大型風力発電問題 海南・紀美野の風力発電事業に関して、国会議員団・近畿ブロックから視察に来てくれました。 国会開会中のため、市田参議院議員秘書の佐々木さん、堀内照文前衆議院議員、林信一郎近畿ブロック事務所長の3人です。 紀美野町では区長会が、「自然破壊する超大型風力発電はダメ」という決議をあげたばかりです。区長会長さんと区長会のみなさんが集まってくれました。 町 [続きを読む]
  • マジックではしづめ事務所開き
  • マジックではしづめ市議事務所びらき 4人必勝をめざしての事務所びらきが始まりました。先陣を切ったのは25日のはしづめ事務所です。 地元のマジックサークルのみなさんが、鮮やかな手並みで座を和ませてくれました。 私は「定数が22から20に減らされた選挙。海南市の割り当て地域を新人のためにゆずり、ほぼ下津だけでがんばらなくてはならない厳しい選挙です」と、訴えました。河野市議は、橋爪市議の市議会での活躍ぶ [続きを読む]
  • 暗い時代にもロマンス
  • 暗い時代にもロマンス 和歌まき子さんと一緒に日方を回りました。92歳のおばあちゃんとの対話です。★雑賀「ここは何かお店だったんですか?」☆おばあちゃん「米屋やったんよう。米騒動のころから続いてたんやで。永正寺の前の米屋がおそわれたんよ。」「昔は、ずぼら屋のあたりまで船が入ってきて、香川からのお米を荷揚げしたんやして。」★雑賀「日方の空襲は、ご存じですか」☆おばあちゃん「恐ろしかったよ。家の裏の防空 [続きを読む]
  • ジュニア駅伝 三連覇
  • ジュニア駅伝・海南市、初の3連覇 18日は、市町村対抗ジュニア駅伝でした。海南市チームは断トツで大会初の三連覇でした。しかも、10区間のうち6区間で区間一位をとり、二位を2分30秒も離しての一位です。さらに、オプションのチームも4位、12位というから驚きです。すごい、すごい。勝敗はともかく、私の息子も海南一中で駅伝に熱心な先生にめぐり合わせて、たいして早くはないが大学ではランニング同好会で走り、い [続きを読む]
  • 共産党4議席どうしても
  • 共産党四議席どうしても  後援会決起集会  決起集会での共産党中央からの田熊さんのお話はよかったですね。今度の海南市の市会議員選挙で、なぜ4人の日本共産党議席が必要なのかがわかるお話でした。私も選挙でみなさんのところに伺って話をお聞きしていると、なぜ市会議員になろうとしたのか、市民のみなさんは何をのぞんでいるのかという原点に戻ることができます。今度の選挙は市民の暮らしがかかっているということを実感 [続きを読む]
  • これでは税金への信頼がくずれる
  • これでは税金への信頼が崩れる 森友学園問題で「記録は廃棄した」と国会で言い切っていた佐川(前)財務省理財局長のウソが明らかになりました。25件400ページもの内部文書の存在が明らかになったのです。 佐川氏は、このあと国税庁長官に破格の栄転をしたというから許されません。 時あたかも確定申告の時期。3月13日には、重税反対集会が開かれ、業者のみなさんは税務署に「集団申告」を行います。商工業者は「申告」 [続きを読む]
  • 自然環境を守れ
  • 「自然環境を守れ」の声    海南市でも紀美野町でも2月11日は、午前中はメガソーラーの問題で重根の皆さんと一緒に地域を回りました。午後は紀美野町で、超大型風力発電の説明会です。どちらも自然エネルギの名のもとに自然破壊していいのかという問題です。紀美野町での会は区長さんが業者に説明を求めたもので、会場は住民のみなさんでいっぱいです。「業者は自然と向き合ってほしい。山の木を切ったら保水力はどうなるの [続きを読む]
  • 風力発電はいりません
  • 風力発電はいりません下佐々地区での風力発電会社の説明会に、100名近い方が集まりました。会社は、「反対のある地域の風車はやめる」と開口一番言いました。住民は「夜になれば物音一つしない。24時間音のするものをもって来ないでほしい」、「ペットボトルで作った風車の音で、畑のモグラを追い出すが、風力発電の音で私らを追い出す気か」と発言が続き、そのたびに他の参加者から拍手が起こります。会社側は「この地域の反 [続きを読む]
  • 寄り添うのは傷だらけの希望
  • 寄り添うのは傷だらけの希望 人権・少子高齢者問題対策特別委員会の県外視察は、佐賀県でした。その圧巻だったのは「ひきこもり」や「不登校」問題にとりくんでいるNPOや「佐賀県子ども若者相談センター」などの取組です。和歌山でいえば、エルシティオのような民間の引きこもり支援のとりくみと、県市行政が本格的に連携しているものだといっていいでしょう。「アウトリーチ」といって訪問支援をしています。その中心になっている [続きを読む]
  • 地域には要求いっぱい
  • 地域には要求がいっぱい 河野議員の後について地域を訪問させていただいています。「巽幼稚園の西の道路にカーブミラーをつけてほしい」「高齢者が集う場が欲しいが、阪井にはそういう場がない」「新しい道から亀池団地への入り口の勾配を緩やかにできないか」「道路の側溝の鉄のふたが、車が乗るとパンクするところがある」などいろいろです。一つ一つが、そこに住んでおられる皆さんだからわかる要求です。 「議員にとって、住 [続きを読む]