yamame_ayu さん プロフィール

  •  
yamame_ayuさん: 三河愛知のアマゴ・鮎・レインボー他
ハンドル名yamame_ayu さん
ブログタイトル三河愛知のアマゴ・鮎・レインボー他
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamame_ayu/
サイト紹介文2012年からは三河周辺のローカルなアマゴ鮎レインボー他の話題です。それ以前は久慈川です。
自由文矢作川水系豊川水系三河湾などのんびりできるポイントを好んで遊んでいます。巴川の野生化したマスのルアー釣り、矢作川水系豊川水系の鮎がメインですが時々、三河湾や近くの小河川でシラハエ(ヤマベ)鯉、鮒、ブラックバス、ナマズ、ウナギ、スッポンなどとをターゲットにする時もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2011/05/17 18:35

yamame_ayu さんのブログ記事

  • 一網打尽 鮎
  • 一般的に鮎というと友釣りというイメージが強いですが毛鉤釣りや餌釣りや素掛けのコロガシ、ピンコ流しガリ(待ちガリ)などの釣り方もあります。竿で釣る場合、良い条件が重なると束(100匹)以上釣れたりします。網の場合でも束(100匹)以上となるとある程度の条件が必要となってきます。網で大量に捕れる場合は網の解禁時に居付き鮎が多い場合や産卵時期の群れ鮎が下って行く時に仕掛けられた刺し網や川にくいなどを打っ [続きを読む]
  • 今年は丁度良いタイミングで川に行けました。
  • アケビのツルが川にせり出していて昨年までは、アケビが開いていないかすっかり開いてなくなっているかのどちらかでしたが今年は川に行ったら、ちょうど良いタイミングでアケビが開いていて収穫でき散歩中の2人の方にもおすそ分け出来ました。それにしても川にはマムシがたくさんいいて驚きました。 [続きを読む]
  • 10月12日 天然海産鮎の状況 愛知県
  • 前日、川の中を見てみると鮎が盛んに垢を喰んでいました。9月、台風が来る前の良型はほとんど下ったのか姿を見られませんが天然海産の小型・中型ならまだ十分数がいて釣りの対象になります。                     10月12日 岡崎市漁協管内の鮎1番上のオスは産卵でサビが出始めましたが残りの10匹は型は落ちますが産卵までにはまだ時間がありそうです。画像がぼやけていますがサビの出た鮎も下顎側線 [続きを読む]
  • 価格の安さにびっくり!釣り用デジタルはかり
  • つい最近、吊り下げ用のデジタル重量計を買いました。通販で送料無料、1000円以内で買えました。以前はバネ式の吊り下げ重量計をホームセンターで買い使っていましたが人から、その計りは2年もたないよと言われていました。今年で3年目ですが0調整がうまくできなくなり不都合を感じていました。購入した吊り下げ式のデジタル計りは安すぎて不安があったのですが、いざ使ってみると数字がはっきりデジタルで表示されるので読 [続きを読む]
  • 鮎の川が破壊された今年の連続台風の凄まじさ
  •                       フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より本情報は愛知県内の特定河川の情報ですが過去、詳細等を公表したことで迷惑に感じた方から、複数の特定河川の名前を全ての記事から削除して欲しい旨のメールをいただきそれに対応して依頼有名河川等公表しても問題ない場合を除き詳細情報は明らかにしていません。昨年までは瀬の続いた極小河川(支流)がありました。川幅が狭いことで [続きを読む]
  • まだ鮎釣りが楽しめる川の条件。天然遡上と支流。
  • 昨日矢作川の支流、乙川を覗いたら白川になった川底にうっすらと垢が付き始め鮎の姿が確認できました。ひょっとしたら今日はいけるかもと日が昇って、照り込んで暖かくなってから出かけてみると日当たりの良い浅場の流れやヘチに鮎が集まり始めていました。台風前に実績のあった場所で1回戦浅場で鮎が散り、戻ってこなくなって移動して2回戦なんとニジマスまで出ました。強い瀬には良型の気配がなくなり小型がたまにオトリに絡ん [続きを読む]
  • 台風24号ですっかり川は洗われ鮎が消えてしまった。
  • 台風24号が来るまでは川を覗くと川底のいたるところで鮎が垢を喰んでいて、矢作川支流O川の場合少々台風が来たくらいでは簡単に移動しない鮎はいつまで同じ場所にいてくれるように感じていました。台風の度に鮎が小型化して良型が少なくなっていくようには感じていましたが台風24号の後、減水していくと川底に鮎の姿を見つけることができなくなりました。川底の石は流された土砂で石垢をすっかり削ぎ落とされ白川状態で鮎の姿 [続きを読む]
  • 台風24号の置き土産・うなぎ
  • 鮎はすっかり姿を消すほどの長時間、激しい増水をもたらした台風ですがほとんど姿のなかったウナギだけは珍しく、その姿を見ることができました。どこから湧いて出たのでしょうか?本情報は愛知県内の特定河川の情報ですが過去、詳細等を公表したことで迷惑に感じた方から、複数の特定河川の名前を全ての記事から削除して欲しい旨のメールをいただきそれに対応して依頼有名河川等公表しても問題ない場合を除き詳細情報は明らかにし [続きを読む]
  • 川またぎで鮎を追ったシーズンも終焉間近
  • 今朝、鮎の付いていた場所を見に行ってきました。台風25号の去った後なので見たこともないくらいに増水してそこに流れ込む支流に逆流して驚きでした。この様子だと1週間くらいは川止めでしょう。今年は増水続きで1つの川では1日遊べず増水でも、なんとかなりそうな場所を複数の川で選んで川をいくつかまたいでみました。それでも現場(ポイント)を見ると入る気にならず、早上がりの日々でした。鮎に限らず、年々釣り人口が減 [続きを読む]
  • 今、鮎で気になっていること
  • 先週の鮎ですが両方メスで卵が5〜6割入っていました。尺鮎とはいかないまでも9寸、27センチあります。気になるのはこの鮎が早期の2月頃に遡上した鮎なのかそれとも人工で養殖してかなりの大きさまで育てて放流したため大きく育った鮎なのかどちらなのかということです。というのはこの鮎が居た場所は天然遡上のある場所でもあるため天然遡上の可能性もあり人工の放流鮎の可能性もあることです。例年なら、この付近の鮎は25セン [続きを読む]
  • 鮎釣りとイガ栗・・・
  • 先日、道端にイガ栗が落ちていました。鮎との別れが一刻一刻近づいてきます。お腹の卵や白子は日増しに大きくなっていきます。瀬の一等場所に縄張りを作りオトリを追いまくって釣れたメス鮎でしたが時とともに張り裂けんばかりに卵がお腹にたまります。そんな鮎も友釣りで釣れてきます。その鮎にハナカンを通すとひっくり返ってお腹を上にして動きません。産卵間近の大きなお腹では自由に動けないようでオトリのローテーションが途 [続きを読む]
  • アマゴの禁漁まであと3日の愛知県ですが
  • 愛知県が定めているアマゴの禁漁時期は10月1日からになっていますが漁協によっては9月1日から禁漁としているところがあります。1時期熱心に増殖育成に取り組んだ漁協もありましたが鮎と違って採算にあわないようで数度の成魚放流やわずかな稚魚放流が現実のようです。釣り人がどんどん訪れ放流をまかなう資金の遊魚料収入があれば別ですが県内でアマゴ釣りを楽しむといっても河川が整備され自然環境が変わりすぎました。岐阜 [続きを読む]
  • 産卵までのわずかな時間の鮎
  • 前回、雨の合間に仕留めた100g前後の鮎でしたが昨日は210グラム27センチと192グラム26センチが出ました。平均も110gと鮎としては満足の大きさでした。産卵に落ちるまでのわずかな間に今年も良型で卵を持った美味しい鮎に出会えました。お詫び私がこの頃通う鮎の河川・ポイントについては限られた場所で有名釣り場でもなく、1部の地元のひとが楽しみにしている場所で防犯上の理由から地元以外の人に神経質な土地 [続きを読む]
  • 釣り人が見えてしまう場所の鮎・鯉・バス等
  • 近くの川の支流が流れ込む場所に竿を出すには丁度良い深場があって鯉や鮒が群れています。魚が浮いているときはその数の多さに見とれるほどです。ひと目で良い場所とわかるので時折、竿を出す人がいます。釣り人が竿を出すと魚が気配を感じるのか川のヘチに沿って魚が並ぶようにどんどんその深場から出て行ってしまいます。土手から見ているとその様子がはっきりと確認できます。水中から川岸がどのように見えるかわかりませんが危 [続きを読む]
  • 鮎仕舞い・友釣り番外編
  • 毎年のデータを残している関係で鮎仕舞いの時期がほぼわかります。ただ気温・水温・天候まで詳細に残していないのでだいたいの時期しかわかりません。ここ数年、鮎を追いかけるのは遅くても10月の中旬までになりました。鮎は産卵を迎える寸前淵などで群れるようになります。そうなると友釣りで釣れるのは1日のうちの限られた時間のみになりほとんど釣りにならなくなるので縄張り争いを利用した鮎の友釣りは終了します。鮎釣りに [続きを読む]
  • 目の前にスッポンが・・・
  • ウナギがいないかと里川を探して歩いていたらなんと川岸のコンクリート版を支える杭に何か隠れるように張り付いていました。よく見るとスッポンです。普段は主に釣っているスッポンなので捕まえようか、どうしようか迷ったのですが警戒せずに首をのばした様子が愉快だったので遊び心が出て捕まえることにしました。タモを持っていたので簡単にすくえましたが、そのあと、どうしようか考えた末道具を入れて持っていた袋の中身を出し [続きを読む]
  • うなぎの色
  • ウナギをフタのある容器に入れておいたら黒かったはずのウナギの色がすっかり変わっていました。このあたり(川の上流・中流)では全く釣れないウナギです。土用の丑の日が近づくとまれに釣り人を見ますがほとんど釣れないので一年中を通してウナギを釣る人はほとんどいません。釣ろうと思っても釣れないウナギですが外道として今年は2度ほど大きなウナギが釣れました。もはやウナギは私の中でも釣るものではなくて主に食べに出か [続きを読む]
  • 負のスパイラル・鮎釣り
  • 今朝も川を見に行ってきました。昨日、雨量が少なかったのでいくらか減水したと期待したのですが水は澄んでいますが高水のままです。探せばどこかで竿を出せそうでうが釣りのスイッチが入るような状況ではありませんでした。今日も待機状態です。愛知県はまだ海に接していて多くの河川に海産鮎が遡上してくれています。川底が砂地や小砂利の場所には成長できなかった小鮎がうじゃうじゃいます。友釣りで掛かってもオトリとしてロー [続きを読む]
  • 高水続きで鮎釣りシーズン終了か?愛知県
  • 上記は9月2日の画像です。それ以来、秋雨前線の影響で減水に向かっても雨が降ってまた増水状態です。今日の早朝、川を見に行ってきたらもう少しで、川に入れそうな水位でしたが秋雨前線が上流で降らせた雨の影響で午後には50センチ以上の増水になってしまいました。9月中旬のこの時期は鮎釣りで簡単に鮎が釣れる追いが良い時期です。この時期、産卵に備えて栄養を蓄えるために元気なメス鮎が石垢が多くて質の良いの多い瀬の1 [続きを読む]
  • 鮎釣りの闇
  • 鮎釣りは魔性の釣りでその魅力にとりつかれて出世から遠ざかるばかりか仕事を失ったり嫁さんや家族を失うケースもあります。私の場合も若い頃その魅力にとりつかれ毎朝、仕事前に川に出かけ昼食はさっさと済ませ、朝早いので昼寝して仕事が終われば20時には寝てしまうという生活が数年続きました。家庭崩壊とまでは行きませんでしたが自営業だったため、両親やお客さんにも、さんざん迷惑をかけてしまいました。現在はそれなりに [続きを読む]