yamame_ayu さん プロフィール

  •  
yamame_ayuさん: 三河愛知のアマゴ・鮎・レインボー他
ハンドル名yamame_ayu さん
ブログタイトル三河愛知のアマゴ・鮎・レインボー他
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamame_ayu/
サイト紹介文2012年からは三河周辺のローカルなアマゴ鮎レインボー他の話題です。それ以前は久慈川です。
自由文矢作川水系豊川水系三河湾などのんびりできるポイントを好んで遊んでいます。巴川の野生化したマスのルアー釣り、矢作川水系豊川水系の鮎がメインですが時々、三河湾や近くの小河川でシラハエ(ヤマベ)鯉、鮒、ブラックバス、ナマズ、ウナギ、スッポンなどとをターゲットにする時もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2011/05/17 18:35

yamame_ayu さんのブログ記事

  • うなぎの生産者価格とうなぎ屋で学んだこと
  • うなぎの養殖業者さんがうなぎの出荷価格は下がっているのにうなぎ屋(専門店)さんの価格が下がらないのはおかしいとうなぎ屋さんに聞いたら価格が上がった時の赤字分を取り戻していると答えたとか。地元の名店と言われたうなぎ屋さんが店を建て直したら、備長炭だった焼き方がガスに変わり、うなぎも随分薄くなって昔とは程遠い味になりました。インターネットにも『こんなに、うなぎが痩せていたかしら?』と感想が出ていました [続きを読む]
  • ナマズの繁殖が嬉しい
  • ブラックバスやブルーギルの大繁殖には慣れっこですがある河川のある場所でナマズがかなり繁殖していて普段は即リリースですが数匹リリースの後はたして何匹になるかとキープして最後に画像にしてみました。ブラックバスの繁殖は利害関係者が放流を重ねた結果ありとあらゆるところで見られるようになりました。ブラックバスが放流された場所は釣りをするのに最適なところを選んで放流され繁殖している感じですがここのナマズの場合 [続きを読む]
  • 居付きの寒ウナギを蒲焼で
  • 先週、37センチの小型ウナギをなんとか蒲焼にして食べたのですが今日はそれより大きい45センチの居付きの寒ウナギをゲットしたので自宅に帰って冷凍庫に入れて半分凍りついたところで捌いて蒲焼にしていただきました。色々と試行錯誤を重ねて串のまま鍋で蒸す方法にしてから特別な調理器具を使うことなく自分好でみの味が失敗せずに手早く簡単にできるようになったのでありがたい次第です。なるべく、調理を簡単にするためにま [続きを読む]
  • ポイントの新規開拓に使える水域図・その他
  • ヤフーの地図を開くと水域図があります。山奥の渓流を探す場合や里川の小川を探すにも充分使えます。水域図から良さそうな場所を写真に変えるとある程度の川の様子まで見ることもできます。それにしても住宅地図並みの詳細なデータで地名地番まで記載されているのには驚きます。グーグルマップのストリートビューにいけばもっと驚かされます。川に道路が面していればポイントの画像が見られる可能性があります。画像はグーグルマッ [続きを読む]
  • 小型のウナギをなんとか蒲焼にしてみました。
  • 先週キープした37センチしかないウナギをなんとか蒲焼にしようと挑戦してみました。画像では大きさは分かりませんが長さが37センチ目方は150g以下だと思います。ウナギはキープしてきて生かしておく場合と、冷凍にしてしまう場合と二通りです。今回はキープしてきて、そのまま冷凍にしてしまったので解凍してから、背開きにしました。生かしておいた場合はよく動くので水に氷を入れて活性を弱めていましたがこの頃は1時間 [続きを読む]
  • 冬の遊び場(釣り場)の事情
  • 私は1年中近場の川を遊び場にしています。基本はあまりお金をかけず近場で簡単に遊べることを考えています。釣りの対象魚を求めて場所探しをするのではなくてその場所にいる魚とどう関わる(釣り・遊び)かということを考えます。鮎やアマゴ、マスに関しては車で1時間以内のポイントに出かけています。鮎やアマゴの場合は解禁中、同じポイントでは2分の1の法則で釣果が落ちていくので、連続して同じ場所に入らないようにしてい [続きを読む]
  • いよいよ、寒バエの季節
  • 寒バエというのはこの地方でシラハエと呼ばれる川魚で正式にはオイカワと呼ばれています。鮎の放流に混じって全国に広がった魚で関東ではヤマベ東北ではジンケンと呼ばれているそうです。このシラハエは温かいうちは川全域に散らばっていましたが寒くなるにしたがって少しでも暖かな湧水のある場所や水だまりの深場で群れるようになります。なぜか水が澄んだ小川の砂底の場所でも群れて泳ぐようになります。一般的な釣り方は寄せ餌 [続きを読む]
  • この寒い時期の川で
  • 数日前、ウナギ調査の延長でウナギやナマズブラックバスブルーギルが確認できました。食物連鎖の上位にあるナマズ、ブルーギルはどこでも増えていますが、ナマズも場所によっては数多く見つけることができます。釣り上げたナマズがびくの中で小魚を吐き出すことも多く子亀を吐き出したこともあります。ナマズはバスや大型のブルーギルがいなければ大型の鯉と共に食物連鎖の頂点にいると思われます。ナマズは夜行性で隠れ上手ですか [続きを読む]
  • 海や川で釣りや漁をするのに知っておくべきこと
  • 海や川で魚を取ったり、貝等を取るのにどんなことがOKなのかダメなのか詳しいいことを知っておくことで遊びの範囲が広がりますし、法を犯して後悔することもなくなります。愛知県漁業調整規則第四十八条には素人が海で行っていい漁と漁具が示されています。それには竿による釣り、手釣り、投網、四つ手網(三メートル平方未満の網)たも網(火光を利用して使用するものはダメ)動力を利用しない瀬干漁法やす及びくまでやいそがねな [続きを読む]
  • 愛知県内で無料で釣ることのできる川魚等
  • ブラックバスは指定外来魚ですから漁協が漁業権を設定できない魚でブルーギル、キャットフィシュ雷魚等体調制限もなく、禁漁区以外どこでも網の使用も許可されていますので当然、釣りもOKです。指定外来魚のブラックバス(オオクチバス・コクチバス)ブルーギル、雷魚は卵・稚魚・成魚とも生きての移動が禁止ですので生かしたたま持ち帰ることはできません。その他ルアーで狙える魚としてナマズ、ニゴイ、カワムツなども漁協が漁 [続きを読む]
  • 冬でもスジエビなら無許可で捕れます。
  • 一般的に川エビ捕りは手長エビがメインで水が恋しい暑い時期の遊びです。4月頃から、汽水域で越冬した手長エビはだんだんと川を登ってきて釣りでも、タモでも捕獲できるようになります。春から夏の間、たくさんいた手長エビも寒くなるにつれ汽水域に下ってしまうため1部の暖かな場所を除いていなくなってしまいます。ところがこの時期でもスジエビは移動しないため居場所さえ知っていれば比較的簡単に捕まえることができます。ス [続きを読む]
  • 小魚を捕獲して飼育したい人に ベストシーズン到来!
  • 寒さが厳しくなってくると川岸を覆っていた草が枯れて小魚を見つけやすくなるばかりか水温が下がることで川底のくぼみや湧水のある場所に多数の小魚が群れて集まるようになります。この時期、小魚を捕まえて飼育したい人にはベストシーズンです。小鮒はもちろんホンモロコなのか他のモロコなのかよくわかりませんが・・・小型で体型から、タナゴかと思いましたが?斑はありませんが模様からブルーギルのようです。その他にも、オイ [続きを読む]
  • 愛知県では無許可無料で捕れる・秋の風物詩 川ガニのモクズガニ
  • 昔は大量に捕れたモクズガニですが今や、年々捕れる量が減って養殖さえ始まっています。上海蟹と同類で味は濃厚捕獲したあと、しばらくカボチャを与えると臭みが消えると言われ茹でるより、蒸したほうが美味しいそうです。愛知県ではどの漁協も漁業権を取得しておらず他県のように禁漁期もないことから禁漁区以外で禁止漁法、禁止漁具以外なら、いつでも誰でも捕獲しても良いことになっています。このモクズガニはウナギ釣り等の特 [続きを読む]
  • ありえない出来事、ラッキーだったのでしょうか?
  • 画像のマキタのインパクトドライバーですが実は川で水没させしまいました。滑って落としてしまったのですが護岸のコンクリートでバウンドして、本体とバッテリーが別々に川底に落ちてしまいました。実はこのインパクトドライバーはかなり古いもので、付属のバッテリーと予備のバッテリーが寿命で充電しなくなってしまい昨年、廉価な中国産の互換バッテリーを買ったのですがこちらも1年で充電しなくなりました。中国産の互換バッテ [続きを読む]
  • ヘッドライトに充電式電池を使わない方が良い理由
  • 夜釣りにはヘッドライトなど懐中電灯は必需品です。繰り返し使える充電式の電池の方が経済的だと思ってeneloopやEVOLTAを使ってきました。電池切れした時のためにと予備の充電式電池も持って出かけていました。最初のうちは夜釣りに何度も使用できた乾電池が気が付くと2晩しか持たなくなり、1晩しか持たなくなり、数時間しか持たなくなってしまいました。現在ではLEDになったおかげで消費電力がもっと少なくなり使用時間が延びた [続きを読む]
  • 手軽に燻製が出来るとニジマスで試してみました。
  • 数ヶ月前くらいから、漬けるだけで燻製ができる燻製液なるものが永谷園から販売されているのを知って試してみようと探していました。近場のスーパーで聞いてもその存在すら知らないようでネットで買おうと思っても商品と同等の送料がかかるので様子を見ていたところ業務用のスーパー、アミカの通販サイトで見つけ近くの店舗に在庫があることを確認し買ってきました。早速、ゆで卵と素焼きのニジマスを燻製液に10分ほど漬けてみま [続きを読む]
  • 消防車が橋を通行止めにしてオイルフェンスを次々川に投下
  • 10月後半の台風前でした。消防自動車がサイレンを鳴らしながら橋の上に到着。橋を通行止めにするとオイルフェンスを投下しました。この川は複数の市や町をまたがっていてそれぞれの消防署や消防団が全ての橋を利用してオイルフェンスを投下した後オイルフェンスの手前に油の吸い取り紙を並べていました。作業している人に事情を聞いても詳しいことは分からないとのことでした。川の上流の橋から下流の橋へと作業は次々と進んで行 [続きを読む]
  • 釣りをこだわらず、近場でお金も時間もかけずに
  • 昔は一つの釣りに集中していたため釣り場を求めて近場から遠くまでそこらじゅうに出かけていましたが近年はアンキンタン(安近単)な考え方お金をかけない安上がりで近場で簡単に遊べる釣りや川遊びをメインに考えています。アマゴや鮎、野生化したマスなどの場合は1時間ほど車を走らせる場合もありますがほとんどは5分から15分以内の場所がメインです。釣り物を決めるのはそこにいる魚等を見つけてからどのように釣るか遊ぶかとい [続きを読む]
  • せっかくの天然うなぎをおいしく食べたいと
  • 天然のウナギを使って自分で蒲焼を作るのですがなかなか自分好みの味にできません。せっかくの天然うなぎですから美味しく焼いて食べたいとネットでレシピを参考にしながら試行錯誤してきました。うなぎの蒲焼は関東と関西九州と地域によっても店単位でも違っています。自分の好みの蒲焼は身はふっくら、皮はパリパリの口に入れるととろけるような食感です。天然のうなぎは短期間で大きく育てた柔らかな養殖と違って焼いただけでは [続きを読む]
  • すこしだけ居付きのうなぎ調査
  • 今年のウナギ調査は台風前にほとんど姿が見られなくなってしまったことで終了のつもりでしたが11月になって少しばかり、ウナギが確認できたので再度、調査をする気になりました。絶滅危惧種に指定されてしまったウナギですが日本のウナギには海にいるもの汽水域にいるもの、淡水域にいるものと大きくは3パターンあるようです。私が川で調査したのは春に海を登って、寒くなったら海に下るウナギだったようです。比較的群れで多く [続きを読む]