アトリエリナ さん プロフィール

  •  
アトリエリナさん: 大阪 泉州発!水彩画 工作を楽しむ方法
ハンドル名アトリエリナ さん
ブログタイトル大阪 泉州発!水彩画 工作を楽しむ方法
ブログURLhttps://ameblo.jp/wakuwaku-art/
サイト紹介文大阪心斎橋、泉佐野などで透明水彩画教室 児童美術教室開講。
自由文毎日一枚、毎日更新。絵画水彩画教室の生徒対象者様に向けた記事を投稿中。日頃のストレス発散に、表現手段に、脳活性に、前向きに、描いている時間を楽しんでいただきたい、そのためのお手伝いができればと思っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/05/17 21:16

アトリエリナ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 教室展会場の様子
  • 雨ですね。こんな日は美術鑑賞などいかがでしょう。 アトリエリナ教室展Vol.10は、うちの教室展史上、最大の規模となりました!会場は広く、まわりの環境も最高!中身も最高!! しかし交通の便は難あり。もより駅からは徒歩20分。車がないと不便です。バスは本数は少なく、しかも市役所前という停留所しかないので、そこから歩かないといけない。こんなへんぴなところへ、市内の人たちは自転車で、あるいは徒歩で!来てくださ [続きを読む]
  • アトリエリナ教室展開催のお知らせ!
  • 9月も早中盤にさしかかり、少しづつ少しづつ、涼しくなってきましたね。 台風に大地震、さらには秋雨が続き、まさに災害大国の初秋となりました。被害にあわれた方々には、一日も早い復旧をお祈りいたします。 うちも屋根瓦が飛び、波板ははがれ、とゆはまだぶらさがったままですが、いますぐ生活に影響するようなことはなく、無事に暮らしております。 秋といえば展覧会、このたびは地元泉州の地で教室展を開催することになりま [続きを読む]
  • アジサイのつぼみを適当に描く
  • 紫陽花   F6 アジサイはおおまかにわけると、額アジサイと西洋アジサイがあります。西洋アジサイは、鞠のようにこんもりと丸く咲くアジサイのことです。 西洋アジサイを一輪だけ描いてみました。全体が球体だということを意識して、光が当たっている方の花を明るく描きます。球体の輪郭に近いところはいちばん薄い色にするか、白抜きにしてもいいくらい。下の図1のAがその部分です。 図1 Bは中間、Cはいちばん濃い部分。あく [続きを読む]
  • じどびもクラブ発表会!
  • じびど発表会、 ではなく。 じどびも、佐野公民館の クラブ発表会に参加! っちゅう意味です〜! そうそう。 毎年お馴染みのあの発表会。 今年も濃ゆ〜〜〜い作品が並んだよ。 明日は雨みたいやけど、 日曜日まであるから、 みんな見にきてな! テントウムシが、待ってるで〜〜 ブログランキングに参加しています。 このバナーを で一日一票、毎日お願い致します〜。 泉佐野 水彩画教室 アトリエリナ ↓ ↓ ↓  [続きを読む]
  • 写真猫は瞳を描く
  • 異世界を見る瞳                       F6 うちの庭はネコ広場らしく、 時々集会をしています。 オッドアイ(左右の目の色が違う)の子もいて、 吸い込まれそうにきれいな金色とブルーの目をしています。 いつもいっしょにいる家族もいます。 みんなノラさんだと思うのです。 こちらを見る目が鋭くて、決して触らせないので。 ノラだから眼光鋭いのか、それとも、 外でいる時に猫の瞳、黒目の部分が細 [続きを読む]
  • じどびでお正月!
  • あけまして、おめでとうさんです! みんなしばらく見えへんうちに すっかり大きくなって、 先生びっくりしたわ。 今日はじどびでお正月飾り描いたんよ。 この子、2歳から来てたけど、もう4歳になって、今まで所詮下等動物でしかない人間にはわかれへんような、カオスみたいなブラックホールの爆発みたいな崇高な妖精国の絵描いてたのに、最近じゃあすっかり人間界の絵描けるようになってしもてん。先生ちょっと残念なような、 [続きを読む]
  • デジカメで水彩画を手軽に撮影する方法
  • あけましておめでとうございます。 今年もアトリエリナをよろしくお願いいたします。 新年の刻印 (アンプラント(刻印)という名のバラ)        F4 不定形 本来、絵を写真に撮るには、 照明設備のあるスタジオで、平らに置いて、 四方からまんべんなく光を絵にあてて、 真上にカメラを固定して撮影します。 家ではそこまでのことはできないので、 曇りの日に外で、三脚を立てて撮るくらいが ベストではないでしょ [続きを読む]
  • アメジストセージの描き方
  • アメジストセージ          F8 アメジストセージの花は、 濃い紫からまっしろなつぼみまでの グラデーションが鮮やかで、 ビロードのような細かい毛で覆われ、 モコモコとした質感が特徴です。 ということは、艶がなく透明感もないということですね。 この透明感のなさを、 透明水彩絵の具で透明に描いてもいいのですが、 今回は白を使って不透明感を出してみました。 白を使うのでほんのちょっと色のついた用紙に描き [続きを読む]
  • 色抜きの技法で描くザクロの粒
  • 庭のザクロ    F6 ザクロは毎年描いていますが、 今年は透明水彩というのを度外視して、 ガッツリと写実に描いてみました。 紅い粒は最初に濃い赤をベタ塗りして、 水を含んだ筆でこすって、 種が透けてみえる部分の色を ぬいていく方法で描きました。 コツは、筆に含んだ水を少ししぼりとること。 水が多すぎるとうまく抜けてくれません。 筆でこするだけでも色は抜けますし、 ティッシュなどで抑えると、かなり白く抜けま [続きを読む]
  • こじゃれた絵の描き方
  • 宿根ロベリア                F6 宿根ロベリアは、 普通のロベリアとは違って、 多年草なので、しっかりしていて花も大きいです。 茎や葉に濃い色が混じって、 どことなくこじゃれた雰囲気です。 (「小洒落た」ではなく「こじゃれた」です) ベージュ色の画用紙に描きました。 水性鉛筆も使ってみました。 描いた上から水をつけた筆でなどると、 水彩のように溶ける鉛筆で、 ちょっと汚れた感じになります。 せ [続きを読む]
  • ぶどうを眼で味わう
  •             九月のぶどう         F8 今年のうちのぶどうは、 9月まで獲らなかったので、 とても甘くておいしいぶどうになりました。 味は甘くて抜群なのですが、 持てば粒が落ちるし、 葉は虫食いで、いろいろと絵になります。 今回はむらさきがかった色の用紙を使いました。 用紙の色でブドウ色を出そうと思ったけれど、 あまりイメージ通りに行きませんでした。 次に描いたのは、いただいたもので、 [続きを読む]
  • 夕霧草を透明水彩で描く
  •     夕霧草                           F6 夕霧草という、ロマンチックな名前の花です。 葉が濃い緑で、枯れているような部分もあります。 紫も濃くて、墨で描きたくなるような花です。 つぶつぶのつぼみも魅力なので、 耐水性の細いペンでペン入れをして、 色塗りは、先に水をはけで塗って、 全体にぼかしました。 透明水彩なので、色は濃くするより、 くすませることで、夕霧というイメージの [続きを読む]
  • クラブ発表会‼じどびコーナー〜〜
  • 春やで〜〜〜〜。みんな、元気してる〜?今年もみんなの絵や工作の発表会が始まるで〜〜。 あれ?いっつも二月やったのに、 今年は三月? ま、ええわ。三月の方があったかくてええよね。 今日は、パネルの設営と 飾りつけの日やってん。 朝10時に集まってな、 発表会に出るクラブの人たちみんなで、 パネル出して、ポール出して、会場作るねん。 みんなでやる [続きを読む]
  • 白いシクラメンを色画用紙に描く
  •  ガーデンシクラメン          F6シクラメンの寄せ植えです。白い花や、薄緑色の斑点がついた肉厚の葉を表現するのに、色画用紙を使用しました。これは水彩にも使えますが、主にパステル用の紙なので、分厚い割には水に弱いのです。アルシュやワトソンよりは、ふやけるのが早いです。 パステルブック PAS-F6 Amazon白と黒を含む6色のスケッチブックです。パステル画を描いた時に、パステルの粉が [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • あけましておめでとうございます。 今年も美しいもの、楽しいものをたくさん見て、聞いて、元気に過ごせますように。 今年もどうぞよろしくお願い申しげます。 冬のバラ                F4 ブログランキングに参加しています。 このバナーを で一日一票、毎日お願い致します〜。 泉佐野 水彩画教室 アトリエリナ ↓  [続きを読む]
  • ぬいぐるみを水彩画で描く
  • 赤いくちばし                      F6 ぬいぐるみは、純粋絵画の題材にはあまり使われません。 どちらかというと、細密画にむいているでしょう。 ぬいぐるみはボアという、 毛の生えた生地でおおわれているのが特徴で、 そのボアの毛の一本一本が見えるくらい、 細かく描こうとするのが細密画です。 それに対して純粋絵画(細密画に対しての意味で)で [続きを読む]
  • 過去の記事 …