t-plan さん プロフィール

  •  
t-planさん: 毎日セキュリティ
ハンドル名t-plan さん
ブログタイトル毎日セキュリティ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/t__plan/
サイト紹介文毎日毎日、ゴトに関する情報とその解説、そしてその対策をご提案しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/05/19 15:46

t-plan さんのブログ記事

  • ■人騒がせな釘曲げ!
  • スタッフHです。釘曲げゴトにあった!と連絡を頂きました。当該台を確認しますと。。。盤面左側のバラ釘辺り。。。。どう見てもゴト氏の狙いの箇所では無く、しかも玉が引っかかり遊技に支障が…モニター録画を確認して行くと、営業中には遊技中のお客様がゴト行為に及んでいる姿は確認できず、閉店の清掃作業で遊技台のガラス清掃(拭き)で内外の両側を清掃している様子が写し出されていました。恐らく、清掃の際に内側ガラスを [続きを読む]
  • ■スロットは?・・・
  • スタッフSです。先日も、ホール様よりパチンコ遊技台を狙った「釣り糸玉ゴト」・「磁石ゴト」などの情報を頂きました。仕込み系以外の外部からゴト器具を使った事例が増えているように思います。スロットでは、新たな仕込みが発覚したりしていますが、以前のように外部から器具を挿入するショートゴトの様な事案は、耳にしなくなったように感じます。クレマンゴトの報告はございましたが・・・本当に何もないのでしょうか?もしか [続きを読む]
  • ■「スーパーCR海物語IN JAPAN」磁石ゴト
  • 「CRスーパー海物語IN JAPANにおいて磁石ゴト発生!」とニュースが届きました。パチンコ機を狙うゴトの中でも磁石ゴトはとても歴史(?)の長いゴト手口です。昔と違って昨今は、小型で強力な磁石が安価で入手可能です。また、その使用方法もシンプルで昔ながらのワザを必要としない点が厄介です。磁石ゴトのすそ野を広げる結果になっています。ワープゾーンや盤面最下部等に玉のかたまり(ブドウ玉)を作って誘導路を形成するので [続きを読む]
  • ■チェック そして その後
  • 遊技機の点検チェックを実施していますか?ゴト痕跡のチェックにとどまらず、このごろは筐体そのものの点検にも力を入れなければならない時代ですね。チェックを担当しているのはどなたでしょう。社外のセキュリティ業者さんに委託しているのですか?チェック後の報告内容に不満や不足はありませんか?業者さんの場合は、点検個所や点検時間、作業担当者の署名等々記載されているのは当然といえます。社内の担当部署の同僚がチェッ [続きを読む]
  • ■クレマン被害の拡大
  • 「モンスターハンター月下雷鳴」においてクレマンゴトが発生したとのニュースが届いています。周知のとおり、エンターライズ社製のパチスロ機ではクレマンゴト被害が懸念されています。旧機種のみならず新機種においても各地で被害が発生しているのです。クレマンゴトといえば、「ハッピージャグラーⅦKK」からは不正に改造されたセレクターが発見されています。いわばセレクター内蔵型のクレマンともいえます。さらにショッキング [続きを読む]
  • ■「GOGOジャグラーKK」注意喚起文書が!
  • メインロムの裏側に不正なチップが発見された「GOGOジャグラーKK」の件。業界団体を通じてメーカーさんからの注意喚起文書が発せられました。加盟するホールさんは閲覧が可能ですからご確認をお勧めいたします。なかなか丁寧で詳細な資料も付加されていますので大いに参考になることでしょう。一点、懸念されることがあります。それは、不正基板発見の手がかりとなる点検方法についてのこと。とてもわかりやすい画像入りの資料にな [続きを読む]
  • ■認定、、再設置
  • スタッフHです。2月に入り、認定手続きを経ず検定切れとなった機種の撤去状況を行政が立入検査に巡回している様です。そこで、以前に認定手続きを取って店舗の倉庫や借用の倉庫に保管中の遊技機を再設置されるホール様も結構多いようです。販社様から購入の遊技台であれば、チエック項目を精査し部品等の欠損もチェックし万全の状態で納品されるはずですが、倉庫に保管中の遊技台をそのまま再設置となると、部品の欠落等が心配で [続きを読む]
  • ■「CR天下一閃4500」磁石ゴト
  • スタッフKです。半年以上前に流行した「CR天下一閃4500 磁石ゴト」ですが、ここ最近再燃しているようです。このゴトが流行した際には、警戒しホール巡回をして頂いていたと思いますが、何も無く半年以上経過すると、忘れた頃にとは言いますが、実被害に遭われた店舗様から複数ご連絡を頂きました。導入当初に比べて設置台数も大幅に減っていると思いますが、バラエティコーナーに1、2台設置されている台でも、被害に遭う [続きを読む]
  • ■稼働のいい店舗様程・・・
  • スタッフSです。遊技台の確認中、下の写真の様な状況を目にすることがございます。セレクター部の写真ですが、プラスチック部がメダルの通過により削れてしまっています。何度もメダルが通過しますから稼働のよい店舗様程、写真のような状況が発生することと思われます。酷い場合には、割れてしまう事もあるかもしれません。営業中のトラブルにならないよう、確認をお勧めいたします。スロット遊技台だけでなく、パチンコ遊技台に [続きを読む]
  • ■アナログゴトはもうかる!!
  • 「磁石ゴト」や「糸付玉ゴト」、パチンコ機を狙うゴト手口はいかにも「アナログ」という印象を受けます。アナログゴトは「取るに足らない」のでしょうか。上記のゴト手口では、磁石や糸付玉を使って盤面に玉のかたまり(ブドウ玉)を作りワープゾーンや特定の入賞口に玉を誘導します。届く情報の中には10,000個を超える被害も散見されます。これさえも氷山の一角とすれば彼らのカセギはいかばかりでしょうか。アナログゴトの自然消 [続きを読む]
  • ■現場では何が起こっているの?
  • 遊技機検査の現場の状況。一言でいえばチェックポイントが著しく増えています。たとえばサミー系パチスロ機においては「リール基板のチェック」が追加されました。少しマイナーなところでは、山佐製パチスロ機でも新たなチェックポイントを追加する必要性が生まれています。大幅に増加しているのは「ジャグラー系」です。メイン基板は当然のこととしても、メダルセレクターや情報端子板の精密検査が求められています。上記は、実際 [続きを読む]
  • ■悩ましいことふたつ
  • 先日お知らせいたしました「ハッピージャグラーⅦKK」への仕込みゴトは実に悩ましい案件です。仕込まれたのはメダルセレクターと情報端子板でした。通常、「仕込み系ゴト」への警戒対象は中古機がほとんどでした。新台時から設置中の遊技機は「比較的安全」と考えられてきました。メイン基板やサブ基板には厳重なセキュリティが施されており、これの突破には繊細なスキルと作業時間を要するためホール内での作業は困難であろうとい [続きを読む]
  • ■ポップ
  • スタッフHです。先日、車を運転中にお腹の具合が悪くなり、たまたま通りかかったホール様のトイレを拝借しました。大型の店舗内はお客様も多く高稼働の様子。トイレも広く、清掃も行き届いていました。1つ驚いたのは、トイレ内に掲示されていたポップ。「お客様各位 突然の体調不良・お困り事がございましたら、下記電話番号へ ご連絡下さい。 従業員が直ちに参ります。 連絡先○○〇ー○○〇ー○○〇 」 という内容の物で [続きを読む]
  • ■クレマンセンサーの種類
  • スタッフKです。付加装置のクレマンセンサーと言っても、様々なものがあります。①1点監視タイプ(電流センサーのみ)②2点監視タイプ(電流センサー&反射センサー)③2点監視タイプ(電流センサー&近接センサー)それぞれ、扱いやすさや、精度、誤作動の頻度にメリット、デメリットがあります。今般発生しているセレクター部等の不正部品との交換ゴトについて、クレマンセンサーで検知出来ませんか?というお問い合わせを頂 [続きを読む]
  • ■静電気!!
  • スタッフSです。今週もホール様へお伺いさせていただきました。店舗様のせいではないのですが、遊技台に触れると「ビリビリ」と・・・毎年この時期には必ずこういう状態になります。遊技台のアースがきちんと取られていない場合にもこのようなことが起こりえます。お客様にも私の様な体質の方も多くいらっしゃる事と思われます。「遊技台に触れるのが嫌だから、打ちに行かない!」と言うことも・・・また、火災の原因になったりす [続きを読む]
  • ■「ゴッドイーター」お前もか!!
  • 昨年後期に導入したパチスロ機から、またまた仕込み発見のニュースが入りました。被害機種は「パチスロゴッドイーターFF」ということです。「サブ基板通信エラー」頻発が発見の端緒になりました。ハーネスのコネクター部分に不正なパーツが仕込まれていたそうです。「GOGOジャグラーKK」「ハッピージャグラーⅦKK」、そして今回の「ゴッドイーターFF」と立て続けに仕込み系ゴトが見つかっています。いずれも「最新型」とまで呼べる [続きを読む]
  • ■読み違えるな危険!!
  • 「唯一無二」と思い込んでしまうことの危険性について昨日書きました。決めつけてしまうと視野が狭くなってしまうものですね。遊技機の検査方法についても同様のことが言えます。「この方法で発見できる。」と思い込むことは「これ以外は大丈夫。」と見逃してしまう原因になる危険性があります。もしも、情報元がゴト氏であったなら大変なことです。「他の方法を試す必要はありませんよ。」という話がゴト氏発信だとしたら信じるこ [続きを読む]
  • ■「ハッピージャグラーⅦKK」仕込み発覚!!
  • 新しいゴト被害が確認されています。被害機種は「ハッピージャグラーⅦKK」です。不正なチップが合計3か所に仕込まれていたということです。それぞれがクレマン機能の内蔵と、誤差メダルの隠ぺいが目的ではないかと考えられています。そして、メーカー対策である「2点監視」を無力にする狙いまで見て取れます。今回被害に遭った台は昨年秋ごろの購入だったそうです。先日来ニュースになっている「GOGOジャグラーKK」と同時期の中古 [続きを読む]
  • ■決定的な特徴に非ず
  • 不正なチップ等が仕込まれた遊技台でエラーが頻繁に発生してしまい、それがきっかけで発覚するケースがあると先日のブログでも解説したばかりです。「筐体エラーを見逃してはならない!」と警告させていただくのは前回が初めてではありませんね。ポツポツと届く「GOジャグ」関連の続報の中に興味深いものがありました。それは複数の不正基板が発見されたホール様での事。「エラー発生せず!」「データ異常なし!」という情報でし [続きを読む]
  • ■ジャグラーシリーズX線検査
  • スタッフHです。周知の通り、ゴーゴージャグラーKKにおいて不正基板が、発見されました。ジャグラーシリーズでは、数機種(ファンキージャグラー・Anniversary-AE)以外は今回発見された「V4ROM」が使用されています。それに伴い、各地よりX線検査の、ご依頼や問い合わせが多数届いています。目視検査でも検査可能であると言われていますが、メインロムだけでは無く、基板全体を!ICチップ等にいたるまで、より確実により高精度に [続きを読む]
  • ■スロット台移動時の注意点
  • スタッフKです。スロットの台移動の際に、誤って別の機種のホッパーが設置されてしまった!という経験があるホール様も多いとは思います。決して悪意があって間違ったわけでないと思いますが、思いもよらぬことにより、いらぬリスクが発生してしまいます。当然、誤りが無いかどうか点検して頂いていると思いますが、台移動の際に間違いやすいのはホッパー以外にも存在します。移動の際にホッパーと併せて取り外す回収BOXです。こ [続きを読む]
  • ■巡回強化を!
  • スタッフSです。年明けからICカードの盗難やコインの持ち込みの情報が、増えているように思われます。一部の地域だけでなく、全国的に報告されているようです。同一グループのゴトだけではなく複数のグループでの犯行と思われます。当該ゴト事案につきましては、誰でも可能なゴトです。常連のお客様が、「魔がさして」と言うこともあるかも・・・スタッフ様の目も必要不可欠なセンサーです。ホール巡回、データの確認等を怠らな [続きを読む]
  • ■またも「バイオハザード」に・・・
  • ゴト情報が届きました。「バイオハザードリベレーションズにてクレマンゴト!」という情報です。数日前には「月下雷鳴」にてクレマン被害が、先月(12月)にも「バイオハザード」が同様の被害に遭いニュースになっています。エンターライズ社製のパチスロ機全般に、クレマンセンサーの設置を強くお勧めいたします。被害は消え去るでしょう。※ブログ内容の無断引用・転載禁止※ 無断での当ブログ記事の転載・引用・コピーは禁止 [続きを読む]
  • ■目視検査ツール
  • 遊技機検査スタッフが欠かさず携帯しているもの、それはライトと反射鏡、でしょうか。演出上、パチスロコーナーの照度を落としているホールさんも少なくなく、筐体内部を検査するにはライトが欠かせません。ライトは明るさばかりではなく光の色合いや照射角にもこだわりがあるようです。弊社スタッフなどは一晩使うと電池を新しいものと交換していますね。単に明るく照らすだけではありません。光りを当てる角度を変えるなどしなが [続きを読む]
  • ■想定外の出玉
  • 「ワリが取れないんだけど」「アカが続いてるんだけど」上記のようなご相談を受けることがあります。珍しくないことです。要するに想定以上の出玉が続いていてコントロールが効かない状態である、ということ。このような状態が続くことで起こる弊害は、利益が取れないということばかりではありません。「設定が入れられない」ということが起こるのです。稼働アップのためには「出す」ことが不可欠なのですが、想定外の出玉が続く状 [続きを読む]