t-plan さん プロフィール

  •  
t-planさん: 毎日セキュリティ
ハンドル名t-plan さん
ブログタイトル毎日セキュリティ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/t__plan/
サイト紹介文毎日毎日、ゴトに関する情報とその解説、そしてその対策をご提案しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/05/19 15:46

t-plan さんのブログ記事

  • ■エラー履歴の確認時には
  • スタッフSです。スロット遊技台において、ご承知の通り、セレクターエラーやホッパーエラーなどのエラー履歴が表示できる機種がございます。定期的に確認をされているホール様も少なからずある事でしょう。弊社でも、エラー履歴を遊技台検査時に実施させていただく事がございます。エラーの履歴だけでなく、時間も表示が可能となっています。この時間が、ひどいときには数か月、或いは年で誤差がある事がございます。実際の時間と [続きを読む]
  • ■磁石ゴト多発!!
  • 磁石ゴトが連続発生しています。今回狙われているのは「CR海物語」だそうです。同一エリアで複数ホールの海物語が磁石ゴトの被害に遭ったのです。パチンコ機を狙う磁石ゴトは多くの機種をターゲットにしています。磁石を使ってブドウ玉を作り、特定ゾーンに玉を流し込む方法が通用する機種を次から次へと見つけ出しているかのようです。磁石ゴトに対する対策に遅れがあるのではないか、と感じます。それは、被害を過小評価している [続きを読む]
  • ■「無承認変更」被害甚大!
  • 「無承認変更」という言葉を業界人ならば知らない方はいない、はずです。遊技機のパーツ交換の際には「変更届」または「変更承認申請」を提出しなければならず、この手順を踏まずに実行してしまうと処罰の対象になります。最悪のケースでは営業許可取り消しもあり得ます。基本的に、ゴト被害は1台で済みますが無承認変更は店舗の存続にかかわる重大事になるのです。実際、我々の遊技機検査でも、仕込みなどのゴト被害を発見するこ [続きを読む]
  • ■「トロピカルKISS」クレマンに
  • 「トロピカルKISS」、ハイライツというメーカー製のパチスロ機です。昨年9月ごろに登場しています。まだまだ耳になじみの薄い機種ですが、ゴト氏たちは既に目を付けていたようです。クレマンゴトが発生したとの情報が届きました。「見るからにやられそうだと思った。」ある技術者は語ります。見た目からして脆弱性が感じられたというのですから、ゴト氏たちも当然・・・。クレマンゴト専用のセンサーの設置が必要な機種です。脆弱 [続きを読む]
  • ■ゴト器具がある限り
  • 電波ゴトが発生しています。ターゲットになったのはまたも「カイジ3」でした。カイジが狙われるわけは?他にも電波ゴトが懸念される機種が数ある中で「カイジ3」が狙われる訳については3月30日のブログで解説しています。耳にタコかもしれませんが、電波センサーを設置すること、そして「カイジ3」に関してはセンサーの設置状態にも注意が必要です。バラエティコーナーはもちろんのこと、低貸しコーナーであってもゴト氏は狙 [続きを読む]
  • ■ゴト対策は・・・
  • スタッフHです。新台入替の都度、ゴト対策品が有るか否かのお問い合わせをされ、有れば予防対策であっても必ず装着されるホール様。お話を伺うと、設置台数も多く各台計数機、且つ、やはり人手不足の為お客様に対するサービス低下を恐れ、ホールスタッフの巡回も、ままならないとの理由から。対策を講じていたため、これまで幾度となく未遂で終わった事もありそして何よりゴト氏に持って行かれる被害と比べれば全てにおいて格安と [続きを読む]
  • ■一般のお客様へ
  • スタッフSです。最近ではあまり耳にしなくなったように感じるのですが、負けた遊技客を狙って声を掛けゴト器具や攻略法の購入を持ち掛けると言うようなことがございました。当然、詐欺的な事がほとんどだと思われますが・・・中には実際に使用できるゴト器具があるかも?昨日までの常連のお客様が、突然ゴト氏になってしまいます。当ブログを見ている一般の方もいらっしゃる事と思います。「ゴト行為は犯罪です!」甘い話にはお気 [続きを読む]
  • ■引っ張りゴト?
  • スタッフKです。「CR天龍∞ VS」にて引張りゴト?の情報を頂きました。各店舗の島設備等、遊技台の固定方法にはよると思いますが、実際に閉店後、何店舗か試しに遊技台を引っ張ると、遊技台の傾斜が変わる店舗様も中には確認出来ました。実際に、引っ張った状態で、遊技した、データ取りはしていませんので、どれくらい影響するかどうかわかりませんが、少なくとも、こちらの機種は遊技台の傾斜がV入賞率に影響する為、注意が必 [続きを読む]
  • ■むかし「ロムチェック」、今は・・・
  • 遊技機検査、昔はロムチェックと呼ばれていました。不正ロムの仕込まれた遊技機を探し出すのが主な目的でした。昨今、不正な仕込みの有無をチェックするばかりではなく、筐体の品質をチェックすることも当たり前になりました。たとえばホッパーやセレクターの型式がマッチしてるか?パチンコ機の発射ゴムの欠落がないか?等々。不正な仕込みや筐体品質のチェックについては、ホールさん独自でも実施されるところが少なくありません [続きを読む]
  • ■ゴージャグから「GPSユニット」
  • 不正なメイン基板が仕込まれた「ゴーゴージャグラーKK」からさらにGPSユニットが発見されたそうです。不正なチップを仕込んだ「ゴージャグ」の電源BOXの中にはGPSユニットまで仕込まれていたというのです。「GPSユニット」といえば、「黄門ちゃま 喝!」が思い浮かびます。1年ほども前のことだったでしょうか、この機種の下部パネルの内側からGPSユニットが発見されたと話題になりました。推測されるゴト側の目的といえば、不正パ [続きを読む]
  • ■まさか!
  • 「海物語」に代表される三洋製のパチンコ機では、玉発射装置のゴムがなくなってしまう事がよく知られています。ブログネタでもちょこちょこ登場しますね。エリアによっては行政による集中的なチェックが行われるなど注目を集めました。弊社の遊技機検査でも「発射ゴム」のチェックは必須項目の一つになっています。そして、遊技機検査の回を重ねるごとに発見される台数は大幅に減っていきます。現在ではゴムの欠落を見ることは滅多 [続きを読む]
  • ■「餃子の王将」どつきゴトに
  • パチンコ機を狙う「どつきゴト」の被害情報が届きました。被害機種は「CR餃子の王将3」ということです。台を叩いたり揺らしたりする「どつきゴト」、この機種が狙われるのは決して初めてではありません。「餃子の王将」、ゲームの説明を見ると「どつき」に狙われる理由が見えてきます。役物に飛び込んだ玉の行方をコントロールすることで出玉の獲得率が変わるからです。被害は出玉だけではありません。ゴト氏の周辺でプレーする一 [続きを読む]
  • ■外れてます
  • スタッフHです。遊技機検査のご依頼を頂き現場にお伺いしますと、色々な事に遭遇します。特に筐体の品質については、ビスの欠損や、カバーの欠損。又ホッパー、セレクターの型式違いや、型式と異なるビス等々。そして、ゴト??と思うような光景を。。。MAXベットボタンを扉裏から固定しているナットが、外れていたり…自然に緩み外れたのか?それとも故意に外されたのか? 念の為、細部まで確認します。筐体の品質状態や、各部 [続きを読む]
  • ■ホッパーの取り違いしにくい移動作業
  • スタッフKです。台数の多い入替や、台移動によって、誤って別機種のホッパーが設置されたりする場合があります。対処としては、入替、台移動後には、きっちり点検を実施すればいいのですが、そもそも取り違いが起こりにくい作業の工夫も必要かもしれません。ホッパーの取り違いが起こりにくいホール様では、台移動の際に遊技台表面に移動先の台番号を明記した張り紙を貼り付けたりされていると思いますが、ホッパー部にも、同様に [続きを読む]
  • ■こんな状況も・・・
  • スタッフSです。遊技台の状況につきましては、定期的なご確認を行っておられることと思います。先日、写真の様な状況を目にいたしました。マックスベットボタンの固定用のナットが外れ、ハーネスにぶら下がっていました。当然のことながら、マックスベットボタンは引っ張れば抜けてしまう状態です。もし、何らかのゴトがあるのであればゴト氏にとっては、苦労せず筐体内へ器具等を挿入しやすい状況に・・・この様な状況は、たまに [続きを読む]
  • ■「絆」にショートゴト?!
  • 午前中からお問い合わせの電話が鳴り響きました。「バジリスク絆のゴト対策について・・・?」偶然でしょうか、「絆」のゴト対策カバーについてのご質問が重なりました。折しも、メールで届いた情報にも「絆」の文字が。「絆を狙うショートゴトか?」筐体の左上部から何かを差し込むような様子が確認されたとのことでした。今でこそ珍しく感じられる情報ですが、かつて盛んに取り上げられた「ショートゴト」は、絆をはじめとするユ [続きを読む]
  • ■情報端子板チェッカー
  • 「誤差メダル」の原因のひとつには情報端子板の不良発生が珍しくありません。しかし「まだら不良」な端子板の発見は本当に困難ですね。明け方までの手作業をすることなく発見する方法があります。数年前、端子板チェッカーが開発されて販売されるようになりました。業界関係者の大きな注目を浴びたものです。弊社の遊技機検査現場でも繰り返し活用しています。実績も十分といって良いでしょう。弊社が現場で使用しているチェッカー [続きを読む]
  • ■不良情報端子板を見つけ出す
  • すべてのパチスロ機に備えられている物、情報端子版もその一つです。台からの様々な情報を、呼びだしランプからホールコンピュータへと送る台側の窓口のような役割です。昨今、この情報端子板から不正なチップが発見されるなどして注目を浴びるところとなっています。情報端子板の劣化や故障が原因となって「誤差メダル」が発生することがあります。ところが、「誤差メダルの原因解明」これがなかなか厄介なのです。パチスロ機の台 [続きを読む]
  • ■磁石ゴト被害情報
  • 磁石ゴトの被害情報です。被害機種は「CRコードギアス」、ビスティ製のパチンコ機でした。以前にも触れましたが、ビスティ製およびSANKYO製のパチンコ機は磁石ゴトに狙われる頻度が高いようです。内蔵磁石センサーの死角の位置と、ゴト氏の習うポイントがマッチしているように考えられます。ゴト氏は磁石を用いて盤面上に玉のかたまり(ぶどう)を作り、これを道にしてワープゾーン等に玉を流し込むのです。磁石センサーの設置を考 [続きを読む]
  • ■「番長3」発火!!
  • 物騒な情報が飛び込んできています。パチスロ「押忍!番長3」から出火したというのです。幸い、ぼうぼうと炎が燃え上がるようなことではなさそうです。ドアの裏側にあるサブ基板上部周辺が黒く焦げ、火花も出ていたという情報です。通電されると煙と発火が、電源を切ると収まるのだそうです。原因についての情報は今のところ届いていません。火災につながるほどのことはなさそうですが厳重な警戒が必要と考えられます。既に2件確 [続きを読む]
  • ■まずは!
  • スタッフHです。4月に入り、各企業様での人事移動、配置転換の時期を迎えました。店舗間での人事移動や新規採用者(新卒採用)による人事等慌ただしい毎日ではないかと推察します。例年の如く、店舗長等役職者の人事移動に伴い遊技機検査の依頼相談を度々受けます。パチスロ機では旧基準機(高射倖性)の設置中の店舗様が殆どで、以前に不正部品や不正基板が発見された同タイプの機種が心配の種と考えられているようです。高額な [続きを読む]
  • ■電波センサーのメンテナンス
  • スタッフKです。「カイジ3S」「化物語ZX」等、バラエティコーナーに1、2台程度しか設置されていない少数台数の旧基準機においても未だに電波ゴト被害の情報が入ってきます。これらの機種を設置されている店舗様では、何らかの電波センサーを設置されている事は多いと思います。ただ、バラエティコーナーに設置されている場合、電波センサーの移設工事を忘れていたり、ナンバーランプの設定の入れ忘れであったりとして正常な [続きを読む]
  • ■「発射ゴム」新タイプもかー
  • 「発射ゴム」といえば「海物語」というほどに、三洋製パチンコ機ではこのゴムの欠損が発生します。つい先日の遊技機検査でも見つけてしまいました。下の画像が本来の姿。黒いタイプのゴムが付いているはずだったのですが・・・。当該機種は「CR海物語IN沖縄4MTC」比較的新しい機種ですね。黒いタイプのゴムは丈夫になったとの触れ込みでしたが、この日は2台なくなっていました。やはり「三洋機」の発射ゴムは油断なりません。日常 [続きを読む]
  • ■検査項目の追加
  • 遊技機検査の検査項目はどんどん増えていきます。新たな実被害情報を入手したときはもちろんのこと、多少あやふやな「うわさ」であってもこれを無視することはできないのです。こうしてブログ等で情報発信している何倍もの情報が手元には入ってきます。中身によっては、検査項目に加えることになります。同じ台数を検査するのでも以前より多くの検査時間を要することになるのです。たとえば「ジャグラー系」の場合。同機種は古くか [続きを読む]
  • ■「カイジ3」電波ゴト!
  • 「カイジで電波ゴト発生!」とニュースが飛び込んできました。二つの驚きが一つは「カイジがまだ現役で稼働してるんだなあ。」そしてもうひとつ、「カイジに電波センサー設置していないの?!」「回胴黙示録カイジ3」というパチスロ機は、ある時期から電波ゴトに狙われることが多くなった機種です。もちろん、この他のサミー系パチスロ機においても電波ゴトは多発したのですがカイジのケースは少し事情が違っていたのです。パチス [続きを読む]