t-plan さん プロフィール

  •  
t-planさん: 毎日セキュリティ
ハンドル名t-plan さん
ブログタイトル毎日セキュリティ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/t__plan/
サイト紹介文毎日毎日、ゴトに関する情報とその解説、そしてその対策をご提案しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2011/05/19 15:46

t-plan さんのブログ記事

  • ■感謝、感謝!!
  • このブログにお立ち寄りいただきました読者さんには申し訳ありませんが、諸般の事情により、本日から無期限のお休みをいただくことになりました。今後、弊社からのゴト関連情報はメルマガ「毎セキュサービス」にてお届けします。下記ロゴマークを していただきますと、専用ページにジャンプいたしますのでご確認くださいませ。長い間、毎日セキュリティを御購読いただきました皆様に心からの御礼を申し上げます。ありがとう [続きを読む]
  • ■ダブルチェックとクロスチェック
  • スタッフHです。遊技機検査にお邪魔した際に目視検査にて「傷がついている」「前回時と違ってるのでは?」と感じる時があります。「ダブルチェック」遊技機検査時は複数人のメンバーで伺いますので、その際は人を代えて確認します。又、ゴト事例の多数ある機種や噂のある機種も、ダブルチェックする事もしばしばあります。時にはホール様に、ご安心頂く為に、X線撮影を用いて画像を確認して頂く事もあります。「クロスチェック」 [続きを読む]
  • ■ストリートファイターV/ZS クレマン対策は?
  • スタッフKです。新台の「ストリートファイターV/ZS」について、クレマンセンサーは設置したほうがいいでしょうか?何件かお問い合わせを頂きました。過去にもエンターライズ社製の新台について、発売される度に同様のお問い合わせを頂きましたが,今回も、クレマンセンサーの設置を推奨させて頂きます。現在発売される新台については、全てが過去のゴト事例を踏まえ、対策が施された遊技台では無く、セレクター部が同じ物であれば [続きを読む]
  • ■ゴト対策部品取付時には
  • スタッフSです。ゴトの種類が様々なように、ゴト対策部品の種類も多数ございます。外部から器具を挿入するゴトを防止するもの、不正な部品の取り付けを防止するもの等、遊技機メーカー様が作成した物や対策部品メーカー様が作成した物など様々です。特に不正な部品の取り付けを防止する対策部品の場合、対策部品取付前には事前に確認されていますか?中古機設置が多く見受けられますが、既に不正な部品が取り付けられているケース [続きを読む]
  • ■似たるは同じと考えよ!
  • ユニバーサル系パチスロ機のバズーカ筐体、「キャビ中継基板」といえば数日前に注意喚起文書が発せられ、ホール現場の方々も閉店後にチェックされたことと思われます。我々のような遊技機検査会社でも、新たなチェックポイントがまた1か所増えた事になります。さて、気になるのは「バズーカ2筐体」のこと。たとえば「まどマギ2」のキャビ中継基板は安全だと考えて良いのか?若干構造が異なりますが、大方の部分で新旧は同様に見 [続きを読む]
  • ■カバーは閉めて!!
  • 25日のブログでも触れていました。「設定変更ゴト」への警戒を忘れてはならぬと。一昔前、パチスロ機の設定を不正に変更するゴト手口が横行しました。その詳細について改めて触れることは致しませんが、あの時の反省の上に電源BOX前面にはカバーが付きました。今ではほとんどのパチスロ機にアクリルの透明なカバーが付いています。その効果についてはいか程かわかりませんが、せっかくメーカーさんが付けてくれている対策なので [続きを読む]
  • ■クレマンゴト発生!!
  • クレマンゴトの被害が発生したとの情報が届きました。被害があったのはエンターライズ社製パチスロ機ということです。度々お伝えしております通り、エンターライズのパチスロ機全般でクレマンゴトへの警戒が必要です。クレマンゴトも進化を続けて、一旦ゴト器具をセットされてしまえば、それを目視発見することは非常に困難です。しかし、クレマンゴトの対策は決して難しくはありません。専用のセンサーを設置することでほぼ100 [続きを読む]
  • ■設定変更ゴトの可能性は?
  • スタッフKです。古い話ですが、4号機時代多く見られたスロット機の設定変更ゴトについてですが、手口としては、ピアノ線を使って、遊技台の電源を落とし、また加工したピアノ線の先端に取り付けた設定キーを使って営業中に台を開けずに行う手口が流行しました。当時の機種は、ハード的には、電源BOX周辺にはカバーも無く、ソフト的にも設定変更時のセキュリティがほとんどなされておらず、気が付かずに設定変更ゴトが行われて [続きを読む]
  • ■ビデオ判定
  • スタッフHです。今年から、プロ野球(NPB)では、リクエストと言う制度が導入され、審判の判定に不信感のある場合ビデオモニターによるリプレー検証が行われ判定が覆ると言う事があります。人間の一瞬の判断よりも、実際の録画が重要視される。又、大相撲でも土俵下の審判からの「物言い」によるビデオ検証から「行事差し違え」となり勝者が変わったり取り直し等しばしばあります。記憶に新しい、サッカーのワールドカップでもVAR [続きを読む]
  • ■新サービス始めます
  • このブログ「毎日セキュリティ」を始めたのは2011年のことでした。もちろん、弊社のビジネスの一環でしたがその動機というのは「認知度の促進」が狙いでした。ゴト対策を進めるためには、まず、ゴト被害の実態を認識していただかなければならなかったのです。ゴト被害が「対岸の火事ではない」を知っていただく必要がありました。その手段としてブログを選びました。ゴト被害の現状を広く知っていただくにはブログが最適であると判 [続きを読む]
  • ■些細な事でも報告を!
  • スタッフSです。ホールスタッフの業務には様々な事がございます。一般社員の皆様やアルバイトスタッフ様の中にも担当を任され業務にあたっておられることでしょう。業務の中で些細な事での項目について報告・連絡は確実に実行されていますか?例えば、遊技台の移動などで部品の破損や欠落など「これぐらいは」と考えてしまう事もあるかもしれません。しかしながら、これらの事が筐体品質が重要視されている昨今、後に重大な事に繋 [続きを読む]
  • ■アナログゴトは被害小?
  • 「アナログゴト」と聞くと、その被害が小規模であるかの印象を受けがちではないでしょうか?「油玉ゴト」の被害内容を知って驚いています。とても大きな被害になっているようです。単に「入賞率がアップする」というレベルをはるかに超えています。もしかすると複合的なゴト手口が潜んでいるのではないかと疑うほどです。もしものためのシミュレーショントレーニング、対応話法、報告ルールの確認、等々ご準備を!!※ブログ内容の [続きを読む]
  • ■ホール巡回、歩く速さは?
  • 主にパチンコ機を狙うアナログなゴト手口。磁石を使う手口、台を揺らす(どつく)手口、釘曲げゴト、油玉ゴト、糸付玉ゴト、その他諸々。専用のセンサーを設置することで対策効果が表れるゴト手口はともかく、やっかいなのはセンサーの使えないアナログゴトです。これを抑止するためには、ホールスタッフさんに頼るしかありません。とはいえ、ホールさんは慢性的に人手不足で、スタッフさんの人数を増やすことには限界がありそうで [続きを読む]
  • ■スキあらば・・・埋めてしまおう
  • 「新台にゴト対策はいらないだろう。」こうおっしゃる店長さんがいらっしゃいます。その根拠と言えば「新台はゴト氏に狙われないだろう。」ということでしょうか。なぜかといえば「ゴトが狙うのは中古機だから。」たしかに、ごもっともではあります。被害機種といえば圧倒的に旧要件機が大半を占めます。新台のセキュリティ性能は向上しているでしょうか?「メーカーから具体的な説明がない。」不安はぬぐえませんね。「AT/ARTタイ [続きを読む]
  • ■やっぱり抜き打ちで
  • ホールセキュリティの重要項目の一つといえば「遊技機検査」です。弊社(ティープラン)も、日夜、ホールさんにお伺いしてゴト被害の有無や筐体品質のチェックを実施させていただいています。そして、そのほとんどのホールさんでは事前連絡なしの「抜き打ち検査」になります。閉店間際に突然お伺いして「今日検査を・・・」と告げるのです。現場の方々の反応は様々です。中には、あからさまに嫌悪感を表情に浮かべる管理者さんもい [続きを読む]
  • ■油玉ゴト、またも
  • 「油玉ゴト」が発生したとの情報が入りました。ターゲットになったのは「CR今日もカツ丼Z2」とのことです。検索していただきますと過去の記事からも「油玉ゴト」が出てきます。実は古来(?)から存在するゴト手口なのです。この手口の狙いは、入賞率のアップです。油にまみれた玉は滑りやすくなって釘からの反発が弱くなります。「釘に絡みやすくなる」などという言い方をします。パチンコ盤面に打ち出された玉は釘に跳ね返される [続きを読む]