catherinesaori さん プロフィール

  •  
catherinesaoriさん: キリストとともに
ハンドル名catherinesaori さん
ブログタイトルキリストとともに
ブログURLhttp://shelline-oblate.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文聖書と祈り、そして聖ベネディクトについての、しぇるりんのつぶやき
自由文聖書をただ読む、理解するだけではなく、聖書を通じて神と語り合う、それが霊的読書(レクチオ・ディビナ)の祈りです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2011/05/21 10:17

catherinesaori さんのブログ記事

  • 《聖人たちの養い手》聖ベネディクトと平信徒
  • 「どのようなこともキリストの愛には優先させないこと」《聖ベネディクトの戒律4:21》お元気ですか。しぇるりんです。(^.^)20世紀以降の多くの平信徒宣教活動が、聖ベネディクトの戒律を基礎とする修道会と何らかのかかわりがあるのは、とても興味深いことです。↓ヌルシアの聖ベネディクトおそらく《聖ベネディクトの戒律》には、カトリック教会の教え、祈り、信徒共同体を形成するのに必要な規範の根本が書かれているというだけ [続きを読む]
  • 《聖人たちの養い手》聖ベネディクトの生涯と修道院
  • 『紀元480年頃…神の恵みによって祝福されていたベネディクトは、幼少の時から老熟した心をもち、ただ神のみを喜ばせることしか望まず…少年時代にありがちな魂の動揺にも打ち勝って、《厳しくけわしい道》をすすみました。…数か所で孤独な生活を送り、誘惑の試練によって心が清められるうちに、その心は神に向かって完全に開かれるようになりました。そして、神の愛に迫られて、他の人びととともに住み、その人たちの父となり、 [続きを読む]
  • 「宗教」と「カルト宗教」の違い:カルト宗教の定義
  • お元気ですか。しぇるりんです。(^-^)今まで4回にわたり、「宗教」と「カルト宗教」の違いに関して、論考してまいりました。実際問題、カルト宗教により何らかの被害に遭った方は、交通事故の被害者ぐらい多いというのが、しぇるりんの印象です。しかし、カルト宗教に洗脳されお金を取られましたと言っても、「それはお気の毒に」以上の補償は何もありません。以前は、イエスの方舟問題、「家出の統一教、我が子を返せ訴訟」など、 [続きを読む]
  • 「宗教」と「カルト宗教」の違い:「信仰」「洗脳」とおカネのはなし
  • お元気ですか。しぇるりんです。(^.^)日本では「信仰がある」ということを、なぜか「特定の宗教に所属していると公に表明すること」だと勘違いされているようです。だから、大っぴらに表明しなければ「信仰がある=宗教がある」ことにはならないと大真面目に思い込んでいる方も多いようです。その常識、日本国内以外では全く通用しません。ある宗教に属していることと、心からの信仰心があることは全く異質なことなのです。「信仰 [続きを読む]
  • 「宗教」と「カルト宗教」の違い:会派の分裂、新設
  • お元気ですか。しぇるりんです。(^ ^)しぇるりんは、実は海外で宗教人類学を学びました。なので、カトリックの教えをある程度わかるようになる前に、「伝統的な宗教的情緒」、「宗教」、「新宗教」と「カルト(セクト)宗教」の違いについてちょっとばかり専門的にかじりました。今日は「宗教」と「カルト宗教」の違いを、会派の分裂や新設を繰り返すカルト宗教独特のあり方がなぜ起こるのか、について宗教人類学的な観点からご説 [続きを読む]
  • ケセン語訳聖書を読む:活き活きと生きる力を与える主
  • 一人息子ォ け(与)やったほどに神さまァ この世ォ いど(愛)しんだ。これァ 全で このわゴ(和子)にその身も こゴろ(心)も 委ねる者さ誰も き(滅)しゃまんねァように、何時でも あガ(明)りぐ 活ぎ活ぎど生ぎる力ァ け(与)べってだ。(ケセン語訳/ヨハネ3:16)神はその独り子をお与えになったほどに世を愛された。独り子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。(新共同訳)お元気です [続きを読む]
  • ケセン語訳聖書を読む:求めなさい、そうすれば与えられる
  • 願って、願って、願ァ続げろ。そうすれば、貰うに良い。探(た)ねで、探ねで、探ね続げろ。そうしろば、見付かる。戸ォばだ(叩)ァで、叩ァで、叩き続けろ。そうすれば、開けでもらィる。誰でまァり、ねげ(願)ァ続ける者ァ貰うべし。探ね続げる者ァ見付けんべし、戸ォ叩ぎ続げる者ァ開げてもらィる。(ケセン訳マタイ7:7〜8)求めなさい。そうすれば与えられる。探しなさい。そうすれば見つかる。門をたたきなさい。そうすれ [続きを読む]
  • ケセン語訳聖書を読む:心の清い人は幸い
  • こづらね(心根)のうづグ(美)しい人ぁ幸せだその人達ァ神さまさのお目通りァ叶う。(ケセン語訳マタイ5:8)心の清い人々は幸いである。その人は神を見る。(新共同訳)お元気ですか。しぇるりんです。(^.^)心の清い人、と言われると「品行方正、清廉潔白、悟りを開いた人」のようなイメージをもってしまいがちです。まず「品行方正」とは、それぞれの時代の社会的な基準から外れない行動をしている、という意味です。品行方正な [続きを読む]
  • ケセン語訳聖書を読む:心の貧しい人
  • 頼りなぐ、望みなぐ、心細い人ァ幸せだ。神さまの懐に抱がさんのァその人達だ。(ケセン語訳/マタイ5:3)(心の貧しい人々は、幸いである、天国にはその人たちのものである。<新共同訳>)お元気ですか。しぇるりんです。(^ ^)皆さん、ケセン語訳聖書をご存知でしょうか。医師であり、大船渡で医院を営みつつ、岩手県の気仙地方の方言の研究家でもある山浦玄嗣(やまうら・はるつぐ)氏が、四大福音書などをケセン語に訳し、イエ [続きを読む]
  • 祈り:感謝の祈りーキアラ・ルービック
  • 愛します、あなたを。そう言いなさいと、誰かが教えてくれたからではありません。心の中に、そのことばが浮かんできたそのためでもありません。あなたは愛であると、信仰によって確かめたからでもありません。わたしのためにあなたは死んだいいえ、それだけのためではありません。愛します、あなたを。胸の中に吸い込まれる空気のように、身体を流れる血潮のように、あなたはわたしの中に入って来たから。誰も入って来られなかった [続きを読む]
  • 祈り:平和を願う祈り
  • 神よ、わたしをあなたの平和の使いにしてください。憎しみのあるところに、愛をもたらすことができますようにいさかいのあるところに、赦しを分裂のあるところに、一致を迷いのあるところに、信仰を誤ちのあるところに、真理を絶望のあるところに、希望を悲しみのあるところに、喜びを闇のあるところに、光をもたらすことができますよう助け、導いてください。神よ、わたしに慰められることよりも、慰めることを理解されることより [続きを読む]
  • 祈り:幼きイエズスの聖テレジアの「今日の歌」
  • 私のいのちは一瞬、過ぎゆくひと時私のいのちはわたしからのがれ去りつかの間に消え去るひと時。御身は知っておられます。ああ私の神よ、この地上で御身を愛するために私には今日だけしかないことを!私は御身を愛しますイエズスよ!御身に向かって私の魂は憧れる…一日のためにだけ、私のやさしい支えとなってください私の心に来て、おさめ(治め)私に御身のほほえみをお与えくださいただ、今日のためにだけ!もし、あす(将来) [続きを読む]
  • 祈り: 私の願い ーある兵士の祈りー
  • 成功するために神に力を願いましたが与えられたのは謙虚さでした従うことを学ぶために善行をするために健康を願いましたが与えられたのは病気でしたより善い行いをするために幸せになるために富を願いましたが与えられたのは貧しさでした賢くなるために人から尊敬されるために能力を願いましたが与えられたのは弱さでした神を必要とするために人生を楽しむためにすべてのものを願いましたが与えられたのは命でしたすべてのものに感 [続きを読む]
  • カトリック教会での聖書の読み方:みことばの「場」にいる
  • 主は(預言者エリヤに)「そこを出て、山の中で主の前に立ちなさい」と言われた。見よ、そのとき主が通り過ぎていかれた。主の御前には非常に激しい風が起こり、山を裂き、岩を砕いた。しかし、風の中に主はおられなかった。風の後に地震が起こった。しかし、地震の中にも主はおられなかった。地震の後に火が起こった。しかし、火の中にも主はおられなかった。火の後に、静かにささやく声が聞こえた。それを聞くと、エリヤは外套で [続きを読む]
  • カトリック教会での聖書の読み方:福音書の文脈の中で
  • わたしたちの間で実現した事柄について、最初から目撃して御言葉のために働いた人々が、わたしたちに伝えたとおりに、物語を書き連ねようと、多くの人々が既に手を着けています。そこで、敬愛するティオフィロさま、わたしもすべてのことを初めから詳しく調べていますので、順序正しく書いてあなたに献呈するのがよいと思いました。お受けになった教えが確実なものであることを、よく分かっていただきたいのであります。(ルカによ [続きを読む]
  • カトリックと恋愛・結婚・離婚・再婚:多様な生き方と異宗婚
  • お元気ですか。しぇるりんです。(^ ^)現代では、カトリック倫理や道徳に基づく法が制定されている国でも、さまざまな事情で多様な生き方をしています。欧州、南米や北米大陸などのカトリック共同体には「洗礼を受けた異教徒?」が多いことに驚く日本人も未だ多いです。実際、「幼児洗礼式の写真を取りにこない」と嘆くボランティアカメラマンさんに「幼児洗礼は日本のお宮参りみたいなもの。篤信な一部の人以外は、次に来るのは早 [続きを読む]
  • カトリックと恋愛・結婚・離婚・再婚:男女の責任の在り方
  • お元気ですか。しぇるりんです。(^.^)老若男女に関わりなく、誰かと、何かとの関係性があるなら、その関係性には応分の責任が伴います。例えば、皆さんの台所にガスレンジがあるとしましょう。ガスレンジがあれば、火元に注意する責任があります。それは「火を使う人」と「火の元となる器具」、そしてガスを供給するインフラ設備や資源確保など、普段は思いつかないほど多くの事柄との間に「関係性」があります。もし、私が「火元 [続きを読む]