アコチム さん プロフィール

  •  
アコチムさん: 季節はずれの読書感想文
ハンドル名アコチム さん
ブログタイトル季節はずれの読書感想文
ブログURLhttp://aco1.blog27.fc2.com/
サイト紹介文小説、ノンフィクション、たまに絵本もレビューを真剣に書いていきます。
自由文育児・家事・仕事の「3じ」に加え、文字の「じ」も充実させたく、一生の財産となりそうな本を探し続けています。そんな本たちとの出会いを、共に共有しませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2011/05/22 18:32

アコチム さんのブログ記事

  • 「最後の授業 〜ぼくの命があるうちに〜」感想。人生はこれ一冊あればいい。
  • 評価:★★★★★僕はいなくなるから、きちんと伝えておきたい。僕がきみたちにどんなふうになってほしかったかと、考える必要はないんだよ。きみたちがなりたい人間に、僕はなってほしいのだから。(本文引用)______________________________ 「無人島に持っていくなら、どんな本?」 よくそんな質問を見かけるが、私はこう答える。  ランディ・パウシュ著「最後の授業 ぼくの命があるうちに [続きを読む]
  • 「燃える波」感想。これは恋愛小説を超えた恋愛小説、人生小説だ!
  • 評価:★★★★★隣に立つかけがえのないひとが愛おしいのは、互いの関係に永続の保証がないからだ。世界があれほどまでに美しいのも、移ろってゆくのを誰にも止められないからだ。 だからこそ、今この瞬間に命を燃やすしかない。(本文引用)______________________________ 久しぶりに恋愛小説にどっぷり浸かりたい・・・そう思い、手に取ったのが「燃える波」。 お昼前に届いて、夕方には読了。 [続きを読む]
  • 「人工知能に哲学を教えたら」感想。AIと人間って違わない気がしてきた。
  • 評価:★★★★★人間のみが独創性をもち、人工知能は模倣しかできないと考え、人間と人工知能を分断するような近代的な発想は、そろそろ限界がきているのではないでしょうか。(本文引用)______________________________ 日経新聞「目利きが選ぶ3冊」で紹介されていたので、購入。 読んでいる最中、偶然にも「人間とAI」を考えさせるニュースが。  「EU、AIに倫理指針 〜人種や性別  [続きを読む]
  • 「ジーヴズの事件簿」。皇后陛下御愛蔵で人気急上昇!読んだ感想は?
  • 評価:★★★★★「そんなの無茶だよ。だって、ジーヴズなしではぼくは一日もやっていけないもの」(本文引用)______________________________ 皇后陛下のお言葉で、一気に注目を浴びたシリーズ。 退位後の楽しみとして読書を挙げられ、「ジーヴスも二、三冊待機しています」とお答えになったとか。 書店でもジーヴズシリーズは急きょ平積み。 皇后陛下のお言葉を載せたポップと共に、絶賛大売 [続きを読む]
  • 「死に山」感想。「世界一不気味な遭難事故」は解決したの?真相は?
  • 評価:★★★★★なぜろくに服を着けずにテントを離れたのか、理由はまだわからない。まったく見当もつかない。(本文引用)______________________________ 今までのありとあらゆる「事故」は、実は9割方「原因不明」なのではないか。 にわかに、そんな気がしてきた。 山岳遭難はもちろん、交通事故、水難事故、食中毒事故等々、本当の原因なんて永遠にわからないのかもしれない。 原因はどれ [続きを読む]
  • 「紛争地の看護師」感想。充実した人生を送るための、最高の指南書。
  • 評価:★★★★★現実を受け入れるには私たちは、どの程度人間としての心を麻痺させなくてはならないのだろう。(本文引用)______________________________ 「母のあしおと」と同じく、日経新聞「目利きが選ぶ3冊」で絶賛されていたため購入。 時々「本で人生変わった!」という声を聞くが、本書で人生が変わる人、多いのではないだろうか。 私もその一人。 私の場合は、自分の人生以上に、「 [続きを読む]