keieimanga さん プロフィール

  •  
keieimangaさん: まんがで気軽に経営用語
ハンドル名keieimanga さん
ブログタイトルまんがで気軽に経営用語
ブログURLhttp://keieimanga.net/
サイト紹介文まんがで気軽に経営用語を学んじゃおう。中小企業診断士の解説付きです。
自由文なんとなく難しい、とっつきにくいといった経営用語をまんがで簡単に解説します。各種国家資格受験生にも役立つ情報ですよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/05/25 07:00

keieimanga さんのブログ記事

  • 黄金株 | 拒否権には黄金のような価値があります
  • 黄金株とは、種類株の内、株主総会または取締役会の決議について拒否権が付与されている株式のことを言います。(会社法108条1項8号)この種の株式は、定款に記載することが必要となりますので、買収防衛策として用いる場合には、あらかじめ株主総会の特別決議を経て定款に記載しておく必要があります。拒否権とは黄金株とだけ説明されるこの種の種類株ですが、法律の条文では株主総会(取締役会設置会社にあっては株主総会又は取 [続きを読む]
  • 大馬鹿理論 | びっくりするような理論名ですが、内容もびっくりです
  • 大馬鹿理論とは金融市場などにおいて、仮に価格決定要因が完全に織り込まれており、これ以上は高値になり得ないとしても、それ以上の価格で購入する『バカ』が相当数いるので投機が正当化されるという理論です。(ヒドイ理論ですよね…)といっても、理論とは名ばかりで、「ババ抜きのババを引く人間がいるはずだから買っておけ」ぐらいのことを意味する言葉です。英語表記ではgreater fool theoryと表記され、文字どおり愚か者理 [続きを読む]
  • 与信 | 誰にどれだけまで貸せるかを管理することはとても大切な事です
  • 与信とは、信(用)を与(える)と書くとおり、信用を与える行為です。そして、企業などの組織間で言うところの信用とは一言でいえばお金を貸すことなので、与信とはお金の貸し付けや売上債権の枠を与えることを指す言葉です。お金の貸し付けの場合、100万円の貸し付けならば100万円分のお金を貸すので、とても分かりやすいのですが、売上後にすぐにお金を払わなくていいとする掛取引もお金の貸し付けの一形態です。そのため、与信 [続きを読む]
  • 経営革新 | 経営革新についてのまとめと、メリットを整理してみた
  • 経営革新とは、法律で定められた革新的な事業活動を計画している中小企業を支援する枠組みの事です。そして、そのための計画を経営革新計画と言い、一定の制約条件を満たして策定した経営革新計画を都道府県知事に承認してもらうといった手続きとなります。事業の類型この経営革新は革新という言葉がわざわざついていることから、ある程度の革新的な事業であることが前提となっています。ただし、単純に革新的な事業をやってくださ [続きを読む]
  • ヒラメ | 上ばかり見て仕事する人の事ですが、組織維持のためには必須です
  • 平目(ヒラメ)とは経営用語的に説明すると、上ばかり、もっと言うと上司ばかりを見ている人を例えていう言葉です。例えるというよりも揶揄するニュアンスがあるので思っても「あの人、ヒラメですよね?」なんて言わないことをお勧めします。この言葉は、魚のヒラメが上に目がついている様子から作られた言葉です。・ヒラメ的要素は必須です。さて、このような従業員はどの職場にも一定数存在します。上役を気にしてコミュニケーシ [続きを読む]
  • 【お知らせ】地域サイト始めました
  • 経営マンガの中の人(達)が地域サイトを作ってみました。東京の近郊でとてもにぎやかな街なのですが、もっと盛り上げることができるのではないかと考え、地域サイトを始めました。ただの地域サイトでは面白くないので、千葉市+子育てというキーワードで初めてみました。千葉市で子育て関係の情報をお探しの方、千葉市で子育てに役立つ事業を営んでいる方。ぜひチェックしてみてくださいませ。 [続きを読む]
  • 参入阻止価格 | あえて収益を減らしてでも安くするという価格設定もアリです
  • 参入阻止価格は、後発の同業企業が同じ市場に参入できないよう意識的に低く設定された商品や製品・サービスの価格を指します。意図的にというところがポイントで、イノベーションの余地が少ない業種・業界で用いられることが多い価格政策となります。先発企業にとっては先発企業はすでにその商品・製品やサービスについて相当量を供給しているため、経験曲線効果によってコストが低減されています。(同じものなら累積でたくさん作 [続きを読む]
  • 考慮集合 | 買ってもいいと思われる商品の中から実際に購入されます
  • 考慮集合とは、消費者が買っても良いと思う商品やサービス群のことです。この考慮集合に含まれるためには消費者がその商品やサービスを知っているだけではだめで、「(場合によっては)買ってもいい」と考えるような商品です。つまり、買ってもいいと『考慮する』(余地がある)(商品群の集まり)『集合』なのです。商品を買ってもらうためには、知ってもらうだけではダメです商品やサービスを消費者が購入するためには、まずその [続きを読む]
  • 卸売価格 | 卸売業者が商品を買ってくる価格です
  • 卸売価格とは、卸売業者が商品をメーカー、生産者から購入するときの価格になります。メーカー、生産者が卸売業者を通さずに小売業者へ販売するときの価格もこう呼ばれています。これに対し、小売業者が卸売業者から購入するときの価格を仕切り価格、小売業者が店頭で消費者に販売する価格を店頭価格、もしくは小売価格といいます。(なお、製造メーカーが希望している小売価格は希望小売価格と呼ばれます。)通常、物販の流通経路 [続きを読む]
  • 就職や転職の手段と割り切った資格取得なら、効果は大きいでしょう
  • 40歳。転職。資格。そのようなキーワードで本サイトを見に来てくれている人がいます。 私の周りにはいろいろな世代の人がいるので、あまり年齢を意識していないのですが(もちろん年上の方には敬意を払います)、転職とか資格といったキーワードと絡めると、35歳とか40歳、28歳などといった年齢が関心事になるようです。そこで、資格を取得することが個人のキャリアに対してどのように働くかについて考えてみたいと思います [続きを読む]
  • サービスリカバリー | 適切な対応が大切です
  • サービスリカバリーとは、サービスの失敗に対する対応のことです。組織がサービスの提供に失敗したことで失った顧客の信頼を回復させるために行う活動のことを指し、顧客のクレームや製品の欠陥が発生した際、それに対して素早い謝罪や原因調査、保証を行うなどの活動が該当します。 例えば、ある小型冷蔵庫から発火事故が起こったとします。調査の結果、その発火事故が『庫内にある冷却器に大量の霜が付いたことで、温度調節 [続きを読む]