お金に愛される女子を勝たせる 投資運用トレーナー さん プロフィール

  •  
お金に愛される女子を勝たせる 投資運用トレーナーさん: 副業に最適 負けない投資運用
ハンドル名お金に愛される女子を勝たせる 投資運用トレーナー さん
ブログタイトル副業に最適 負けない投資運用
ブログURLhttps://ameblo.jp/goodreturn/
サイト紹介文1日30分だけの作業で確実に稼げる、勝率90%越えの投資運用を紹介しています。
自由文短時間で効果が出て最もリスクの少ない方法で、負けない投資運用をお金に愛される女子に紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2011/05/26 00:03

お金に愛される女子を勝たせる 投資運用トレーナー さんのブログ記事

  • お金は想像力のたまもの
  • お金は価値の交換という想像力のたまものです。だから、想像力のない人のところにはやってきません。想像力を持っている人は、未来を作る力、なっていたい自分、やりたいこと、それらを言葉にしている人です。言葉にする努力は脳がフル回転で未来に向かって活動している証拠なので、お金にとっても、引っ張られるわけですね。よく引き寄せの法則などと言いますが、引き寄せではなくて引っ張る磁力のようなものです。好奇心と決断力 [続きを読む]
  • お金を稼ぐ自分を好きになる
  • お金を稼ぎたい、稼ぎ続けたいと言いながら、案外、稼ぎ始めると、お金を稼ぐ自分を肯定できない人がいます。恋愛でも同じで、うまくいきそうになるとわざわざ自分から、壊しにいく人ですね。手に入れるプロセスを楽しむだけで、実際手に入ってしまうと、急に、つまらなくなるタイプです。このタイプは投資でも同じで、勝ち続けることができるのに、ある時点で、大きな損害を自分から作りにいきます。お金を稼ぐこと、その手段が投 [続きを読む]
  • お金は自己充実感の強い人に集まる
  • 自己充実感の強い人はリスクを背負ってチャレンジをし続ける人で、成長も早いから、お金も集まってきます。お金も基本的に価値を増やしたい性格があるので、成長する人のところにやって来ます。成長といっても、お金儲けのスキルとか、お金儲けのツールに詳しくなるとかの話ではありません。お金儲けとは一見全く何の関係もないところでの、心の成長とか、人間的な成長のことです。もちろん、直接、お金儲けには直結しない話ですが [続きを読む]
  • よいお金、悪いお金
  • 悪銭、身につかずと言いますが、ギャンブルで得たお金は、結局、ギャンブルですべてを失うようなものです。ギャンブルがなぜ悪銭かというと、最後の判断を、運任せにするからでしょう。確実に稼ぐ人は運任せにはしません。あくまでも確率論で攻めて、決して負けません。負けがなければ少額でも、プラスで溜まっていくので、それなりの金額になります。運任せとか人を騙したり嘘をついて稼いだお金は悪銭ですから、すぐに消えていく [続きを読む]
  • お金はなめてもいけないし怖がったらもっといけない
  • お金は愛するものです。なめてはいけないし、怖がっては、もっといけません。こちらが愛しているからといって、愛されて当然など、これはお金を、なめています。そうかと言って、愛されるかどうか、いつもビクビクしている必要もまた、ありません。正々堂々としていればいいし、そうすると、お金の方で気づいてくれて、寄ってきてくれます。その時に愛されなくても、それは、たまたまなので、縁がなかっただけです。必ず、縁がある [続きを読む]
  • 副業女子が増えています
  • 副業女子が増えていますね。いつ危なくなるかわからないという不安もあるし、もっと、自分自身の能力や経験を、社会に還元して、収入も得たいということでしょう。とてもいいことだと思います。大賛成です。ポイントは、何の仕事を副業にすうかというところです。家でできる、隙間時間でできる、スマホでできる、簡単で安全、特別なスキルを必要としない。更には、高給。こんな副業があったら最高ですが、大体、そんな甘い話には落 [続きを読む]
  • お金に愛されたいならお金持ちの真似をする
  • お金に愛されたいなら、既に、お金に愛されている人の真似をする、これは鉄板です。お金持ちは、浪費をしません。その前に、何が浪費で何が自分にとって投資なのかを、よく知っています。それはもちろん、小さい頃から投資と浪費の違いについて、教育を受けているからです。お金持ちは、お金持ちの雰囲気を出しています。どういう使い方をすれば、価値を増して自分のところに戻ってきてくれるかということも、知っています。決して [続きを読む]
  • 投資とギャンブルは全く違うというお話
  • ギャンブルは、勝ちもあれば、負けもあります。ハイリスクハイリターンでも、ロウリスクでも同じことです。勝ち幅が大きいか小さいかの違いだけですね。投資は違います。もちろん、元本保証はありませんが、投資は基本、負けがあってはいけないのです。或いは、小幅の負けがあってもトータルでは勝たなければなりません。トータルで勝たないと、投資の意味はありません。そのためには、負けない投資が必要になります。負けない投資 [続きを読む]
  • 目標を設定すると夢が叶う
  • 目標設定をする時にお金の目標だけだと、実現力は弱くなります。お金のその先にあるもの、稼いだその後で、実現したいことを、明確にしておくと、副業や投資で稼ぎやすくなります。生活費を稼ぐとか、貯蓄を増やしたいといった漠然とした欲求ではなくいつまでに、いくらなのか、期限と金額を明確にすると、実現力が高まります。お金は、抽象的な価値です。それをどう使うかまで具体的に決めておく必要があるのです。お金は、使われ [続きを読む]
  • お金の愛し方愛され方
  • お金は、人を選びます。お金は使われ方によって、価値が生まれるし価値をわかっていない人のところに行くと、とんでもない使われ方をしてしまうので、そんな人を、とても嫌がるのです。価値のない使われ方というのは、感謝されない使われ方です。衝動買いとか、計画性のないクレジットでの買い物とか、意味のない時間を使うための飲食とか、これらはみんな浪費と呼ばれるものです。時間もそうですが、浪費が癖になっている人のとこ [続きを読む]
  • 負けない投資運用
  • 負けない投資運用など、この世にあるだろうか。あなたは、そう思ったかもしれませんね。確かに、その通りです。そんなものがあったら、それはもはや、投資とは呼べませんね。このブログでは、絶対に負けない投資とは言いません。そんな都合のいいものは、この世にありませんから。そうではなくて、できるだけ、考えつくだけの手段を講じて、ギリギリまで負けない投資運用法がないか、そうやって生み出された運用方法を、あなただけ [続きを読む]
  • 人の幸福を聞き出す力
  • 自分のことだけを喋るたがる人は多い。中には、誰も聞いてなくても喋り続ける人もいる。質が悪いのは、さも会話を楽しんでいるふりをして、自分の言葉に酔っている人だ。これは皆、自分大好きの方寄った現れ方です。本来の自分大好きは他人も大好きだから、他人の幸福にとても関心があります。それを聞き出して、共に祝おうとするし、一緒に喜こぼうとする。前提は、自分も幸福であること。自分が不幸のどん底にいて、どんなに一緒 [続きを読む]
  • あなたの魅力を引き出す言葉の使い方
  • 言葉は世界を作っていく力があるので、あなたが普段、どんな言葉を使うかであなたを取り巻く世界は、その姿を変えていきます。なぜ言葉が世界を作るかというと、その言葉をキーワードにして、世界を見るからです。もしあなたが誰かに裏切られて、いつもそのことばかり反芻しながら生活していたら、この世界は裏切り者ばかりになります。あなたが自分の魅力を十分に引き出したいなら、まず自分のコアな魅力を発見して、それを言葉に [続きを読む]
  • 愛される女性にふさわしい価値とは
  • 愛される女性にふさわしいのは、自分で自分の価値を知っている人でしょう。自分の価値を、相応かそれ以上に見積もれる人は、他人の価値も推し量れる人です。逆に虚勢ばかりで自分の本当の価値を認めない人は、他人の価値もわかりません。なぜ自分の価値を認めないようにするかというと、基本的には、自分自身に対しての自信の欠如と罪悪感です。自分の価値を認めると、そこから責任が生じます。逃げられない状況が生まれるわけです [続きを読む]
  • 毎日をすっきりと生活する
  • 毎日をスッキリと生活するには、身の回りをキレイにしておくことが大切です。それと同様に、あなたの頭の中も、整理整頓が必要です。部屋は放っておくと汚れていくのが見えるので、もういい加減、掃除しなきゃ!となるんですが、頭の中は、詰め込み放題、整理整頓も何も手付かず…と、なりがちです。頭のデトックスは、とにかく、書き出すことです。これは、To Doリストではありません。いくらTo Doリストを真面目に続けても、行動 [続きを読む]
  • 人から好かれる女性になるには
  • 人から好かれるようになるためには、まず人を好きにならなければなりません。人を好きになるにはその人の良いところやきれいなところを探す必要がありますが、その前に、やらなければならないことがあります。それは、人の良いところを探す前に、まず、自分の良いところを徹底的に探し出しておくことです。なぜそれが必要かというと、人は自分を好きになってくれる人を好きになります。もしあなたが自分を大嫌いだとしたら、どんな [続きを読む]
  • 人のせいにしない
  • 人のせいにしないというのはとても大切なことですが、余程気をつけていないと、無意識にやってしまうことが多いです。人のせいにするのは、自分の言動を正当化するために他人の同意を求めることです。なぜ他人の同意が欲しいのかというと、自分に自信がないからです。だから人のせいにする習慣がある人は「私は自信がありません」と人に言いふらす習慣が、身に付いてしまっているんですね。これは、表面的な強さ、弱さの話ではあり [続きを読む]
  • 小さな成功体験を重ねる
  • 魅力を引き出すためには表現しなければ始まりません。表現するためには思い込みが大切です。自分で自分を「とても魅力的」だとまず、思い込まないことには、魅力的な振る舞いは、できないのです。そして少し表現してみる。初めから満塁ホームランを狙う必要がないからです。自信たっぷりは無理だし、完璧も狙ってはいけないのです。初めから完璧を狙ってはずすと、取り返しのつかないトラウマを背負うこともあります。小出し、6割 [続きを読む]
  • 自分を追い込まない
  • もしあなたが、真面目で責任感が強い人であれば、自分自身を追い込まないセルフコントロールも、大切なビューティートレーニングです。 自分自身を追い込むとは、失敗の原因を探ったり、理想と違う現実の自分を知るために、一見有効に見えますが、実は自分自身の感情に溺れているだけの事が多いです。 もちろん、感情に溺れたい時もあるのですが、それは、そのように自覚した上で溺れるべきで、決して目標達成、目的実現 [続きを読む]
  • 自分を変える勇気
  • 愛されたいと思う時には、その裏側に愛したい欲求が強くなっている場合が多いです。ただ愛する気持ちの表現はリスクを伴うので、そこに躊躇が働いてしまいます。誰でも直面したくない、苦手とする状況があります。それは少しの勇気と決断で、行動に移してみれば、たいしたことがないものですが、経験のない人にとっては、とんでもなく高いハードルになっています。行動パターンは、考え方を変えないと、同じパターンを繰り返します [続きを読む]
  • 先延ばしリストは、自分を変える宝石箱
  • 誰でも、先延ばしにしていることは、あるものです。それにフタをしないで、ミエル化してしようというのが先延ばしリストの、そもそもの目的です。リストにしていつでも見えるようにしておくことで、順番に1つずつ、片付けやすくするわけです。ところがこの先延ばしリストの本当の底力は、何が自分にとって大切なことなのかが、自然にわかってくるというところにあります。先延ばしにしていることでも、それが自分にとって大切でな [続きを読む]
  • 自分を変えたいと思うきっかけ
  • オリンピックが終わって、水泳のゴーグルや、バドミントンや卓球のラケットなどのスポーツ用品が売れています。オリンピックでの、日本選手の活躍に刺激を受けたからです。スポーツジムに通う人も増えているに違いありません。毎日ハードな練習をこなして、本番で圧倒的な結果を作る人達の姿を、テレビを通して、間近に見ることができたからです。スポーツの分野に限って言えば、普段、あなたの近くに、オリンピックのメダル級の人 [続きを読む]
  • 愛されたい人から愛する人に、自分を変える
  • いつも愛されたいばかりの人は、いつのまにか、孤独になることが多いです。なぜなら普通、私たちは、愛されることが好きだからです。自分が回りの人を愛することなく、愛されたいばかりだと、それは都合のいい、身勝手な人に映ります。愛されたいから愛する人に変わるためには、自分がして欲しいことを、回りの人達に、してあげればいいのです。それは1本の電話、1通の手紙だったりします。面倒くさいと思うことが、あなたが自分を [続きを読む]
  • 愛されている実感が、湧いてこない時は
  • 愛されている実感が湧いてこない時や、湧いてこない人には、必ず1つの共通点があります。それは、自分から能動的に、まわりの人を愛していこうと、決めていない人、決めていない時です。傷ついたり疲れている時、無関心が楽そうに見えて、楽な方へ流れて行きがちです。ですが、人への無関心は、放っておくと、心の習慣になります。気がついた時は愛することも、愛されることからも縁遠い暮らしになります。傷ついても疲れていても [続きを読む]
  • 集中力が途切れそうになった時はどうするか
  • 集中力が途切れるとは、毎日頑張っても、効果や結果が出ない時です。体調や環境で、思い通りのパフォーマンスが出ていなくて、更にそのこと自体に自分が気がついていない時に、この症状は出やすいです。メンタルとしては、「もういいや」⇒「面倒くさくなってきた」⇒「やめよう」というスパイラルをたどることになります。この状態ではルーティンワークを続けても新しい展開は望めません。それよりも、毎日の対応をしっかりと書き [続きを読む]