umanavi さん プロフィール

  •  
umanaviさん: 一口馬主ナビ
ハンドル名umanavi さん
ブログタイトル一口馬主ナビ
ブログURLhttp://umanavi.net
サイト紹介文一口馬主クラブ、クラブ馬の最新情報をアップデート
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 61日(平均1.7回/週) - 参加 2011/05/26 03:35

umanavi さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 一口馬主のデメリット
  • 一口馬主は出資を伴うものなのでいくつかのデメリットも存在しています。金銭面での負担詳しくは費用の項で解説していますが、一口馬主に掛かる主な費用としては競走馬出資金、維持費出資金、月会費の3つが上げられます。競走馬出資金は馬代金とも言われ、維持費出資金は飼葉代やエサ代、維持費と呼ばれたりします。競走馬出資金は一度しか発生しないもの(分割払いもある)ですが、維持費出資金と月会費は毎月掛かるもので、これ [続きを読む]
  • どんなクラブがある?一口馬主クラブの種類・分類
  • 2018年2月現在、日本の競馬サークルには23のクラブが存在しています。どのクラブにもそれぞれ特色があり、楽しい競馬ライフを送るために、自分にあったクラブに入会することが不可欠です。このページでは23あるクラブをグループごとに分類して解説していきます。①社台グループ②ビッグレッドグループ③牧場集合グループ④牧場単独グループ⑤独立系①社台グループまずはここから始めなければいけないでしょう。日本の競馬の中心を [続きを読む]
  • アンフィトリテがマーガレットSを優勝し無傷の3連勝
  • 2/24に行われたマーガレットSをキャロットクラブの所属馬アンフィトリテが優勝して、デビューから無傷の3連勝を飾りました。同馬はこれで3戦3勝で、そのすべてが芝1200mによるもの。父はロードカナロアで近親にも短距離での活躍馬が多くみられる、いかにもスプリンターという感じですね。ルメール騎手が「1200mはピッタリ」といえば宗像調教師は「あまり長くない方がいい」と声をそろえています。ここから桜花賞、NHKマイルCのマ [続きを読む]
  • ウインブライトがGⅡ中山記念を制覇
  • 2/25に行われたGⅡ中山記念で、ウインRC所属馬ウインブライトが優勝しました。これで重賞はスプリングS、福島記念に続いて3勝目となります。2歳時から頭角を現し皐月賞、ダービーにも参戦しましたが、残念ながら結果は出ませんでした。しかし昨年の秋からは重賞で1着、2着、1着と着実に力を付けていて、4歳を迎えた今年は充実の年になりそう。3歳秋からの成長力は、父ステイゴールドがもたらしたものかもしれませんね。松岡騎手と [続きを読む]
  • 一口馬主になるには?
  • 一口馬主をやってみたいと思ったら、必ずどこかのクラブに入会することになります。■まずは資料請求入会したいクラブを見つけたら、まずは資料請求を行います。一口馬主DBというポータルサイトや各クラブのホームページには「資料請求フォーム」が用意されているので、そこからカタログを送ってもらうかたちが一般的です。カタログは無料の場合が多いですが、クラブによっては有料だったり、募集馬DVDが有料だったりと違いがある [続きを読む]
  • 一口馬主の仕組み、本物の馬主との違い
  • 一口馬主とはどういう仕組みで成り立っているのでしょうか。実際の馬主との違いを含めて解説していきます。一口馬主の仕組み一口馬主クラブは、2つの会社によって構成されています。一つは愛馬会法人(例:サンデーサラブレッドクラブ、キャロットクラブ)、もう一つはクラブ法人(例:サンデーレーシング、キャロットファーム)です。愛馬会法人馬主資格なし出資会員を募集するクラブ法人馬主資格あり競走馬を走らせる競走馬を所 [続きを読む]
  • フェイムゲームがGⅢダイヤモンドSを制覇
  • 2/17に行われたGⅢダイヤモンドSで、サンデーTCの所属馬フェイムゲームが優勝しました。道中は後方でじっくり構えて向正面で押し上げていき、最後は外を回って差し切るという横綱相撲で完勝でしたね。フェイムゲームはこれでダイヤモンドSを3勝目。2014年から数えて5度目の出走で、1、1、2、6、1着という成績を収めています。8歳にしてなお元気といいますか、ベテランのマラソンランナーとして地位を固めつつあります。翌日にフェ [続きを読む]
  • 新クラブ、ワラウカドの初陣は3着!
  • 2/3京都6Rでディープインラヴが3着。これが新クラブ、ワラウカドの初陣となりました。ワラウカドは2012年のダービー馬ディープブリランテを生産したパカパカファームが母体となったクラブで、2017年3月に最初の世代の募集を開始。今回、初陣を走ったディープインラヴはディープブリランテの全弟で、鞍上が岩田騎手という万全の布陣で臨みましたが、結果は惜しくも3着でした。愛馬会法人のワラウカド、クラブ法人のフクキタルという [続きを読む]
  • 新クラブ、ワラウカドの初陣は3着!
  • 2/3京都6Rでディープインラヴが3着。これが新クラブ、ワラウカドの初陣となりました。ワラウカドは2012年のダービー馬ディープブリランテを生産したパカパカファームが母体となったクラブで、2017年3月に最初の世代の募集を開始。今回、初陣を走ったディープインラヴはディープブリランテの全弟で、鞍上が岩田騎手という万全の布陣で臨みましたが、結果は惜しくも3着でした。愛馬会法人のワラウカド、クラブ法人のフクキタルという [続きを読む]
  • 一口馬主の魅力・メリット
  • 5万人以上の人が楽しんでいるといわれる一口馬主にはどんな魅力やメリットがあるのでしょうか。競馬の見方が変わる愛馬の出走を「子供の運動会を見るようだ」と形容する人がいます。通常、クラブでは1歳の秋頃から募集が始まり、デビューまではおよそ1年。1年間、成長を見守ってきた仔馬がデビュー戦を迎える瞬間にこのような気持ちになることは想像しやすいかもしれません。このように、たとえ負けたレースであっても「いい走りだ [続きを読む]
  • シルク・ホースクラブ所属馬が3日連続重賞制覇
  • 2018年最初の競馬開催で、シルク・ホースクラブ所属馬が3日連続で重賞を制覇するという偉業を達成しました。1/6 GⅢ中山金杯 セダブリランテス1/7 GⅢフェアリーS プリモシーン1/8 GⅢシンザン記念 アーモンドアイ同一の馬主による3日連続重賞制覇は史上初とのこと。3日間開催自体が珍しいので、今後お目にかかれるかどうかという記録です。しかも3戦とも鞍上は戸崎騎手ということで、こちらもすごいですね。この3頭すべてに [続きを読む]
  • シルク・ホースクラブ所属馬が3日連続重賞制覇
  • 2018年最初の競馬開催で、シルク・ホースクラブ所属馬が3日連続で重賞を制覇するという偉業を達成しました。1/6 GⅢ中山金杯 セダブリランテス1/7 GⅢフェアリーS プリモシーン1/8 GⅢシンザン記念 アーモンドアイ同一の馬主による3日連続重賞制覇は史上初とのこと。3日間開催自体が珍しいので、今後お目にかかれるかどうかという記録です。しかも3戦とも鞍上は戸崎騎手ということで、こちらもすごいですね。この3頭すべてに [続きを読む]
  • 過去の記事 …