Motoko さん プロフィール

  •  
Motokoさん: tokidoki creative
ハンドル名Motoko さん
ブログタイトルtokidoki creative
ブログURLhttp://tokidokicreative.com
サイト紹介文リモデル、インテリア、ハンドメイドのことなどを気まぐれにときどき
自由文こんにちは。Motokoです。
ダーリンはアメリカ人。子供3人。
南カリフォルニア、サンディエゴに引っ越してきて8年ちょっとが過ぎました。

2011年9月、夢のマイホームを購入。中古物件なので、家族5人でコツコツと修理中です。

最近オンラインショップをオープンし、木工品を売り始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2011/05/27 14:42

Motoko さんのブログ記事

  • 息子のビルトインベッド作り 〜まずはフレーム〜
  • 新年明けましておめでとうございます。今日は息子の部屋のビルトイン(造り付け)ベッド作りを始めました。去年の9月にマットレスを買ってあげてから早4ヶ月。いつベッド造ってくれるの?と催促されてしまいました。ビルトインベッドは2x4材でフレーム作りをするのが主流らしいのですが、2x4でピシッと仕上げれるのかという心配があり、先送りしちゃっていたのです。慣れたプライウッドでなら気軽に作れるのですが、ベッドに [続きを読む]
  • 初ハットスタンド作り
  • ハットスタンド(帽子立て)作りに初挑戦です。サイズは12.5 X 5.75インチ(31.75 X 14.6センチ)。木目がゴージャスなので、形はあくまでもシンプルに。中央のスピンドル(棒)部分は材木屋さんで買ったウォルナット材で、上の半球と下のベースは1本のウォルナットの丸太から取ったもの。なのに色も木目も、まるで全パーツを1本の木から挽いたかのようにすっと馴染んでくれました。ウレシい。これはある帽子をか [続きを読む]
  • キッチン片側のキャビネット完成!
  • 白くペンキで塗った引き出しの前板を全てインストールして、キッチンの(片側だけですが)キャビネットが完成しました。前板なしでもキャビネットは機能するのですが、やっぱりキャビネットというのは引き出しの前板やドアが雰囲気を決めるので、できあがってウレシ〜です♪こちら(↓)が前板をつける前の状態のキャビネット(今年の5月)。前板に使ったプルはRejuvenation のMassey Bin Pull。20%オフのクーポンをもらった時 [続きを読む]
  • 引き出しの前板インスタレーション開始 in キッチン
  • キッチンキャビネットの引き出しの前板をインスタレーションしています。どの工程も気を使いますが、最後のインスタレーションで失敗すると全てが台無しになるので、焦らず慎重に、、、。キャビネット横にはエンド・パネルと呼ばれるものを付けました。このパネルももちろんシェーカースタイルで製作。今息子は高校サッカーのシーズンで、私たちも週2〜3回の試合に夕方から応援へ出かける日々です。昨夜はアウェーゲーム。雨は降 [続きを読む]
  • ナンタケットバスケットにチートリム/友人のバスケット作り
  • だいぶ前の話しなのですが、私のファーストナンタケットバスケットのリムをチーターリムに変えたくて、旋盤でメイプルのリムを作って取り替えました。はじめに付けたリムは通常のラップするタイプで、その時の記事はこちら。チーターリムはトラディショナルじゃないから、チーター(騙し)リムと呼ばれてるんですね、きっと。旋盤で挽いたリムの溝にエポキシノリを垂らして、バスケットをぽこっとはめました。今、同じエリアに住む [続きを読む]
  • チェインソー仕事の日/ジョインターを売りました
  • 持つだけでも大変なチェインソーを振り回して、丸太をカット。これが本当に大変なんです。体力的にキツい作業はダーリンに頼んじゃえば楽なんだけど、自分で使う木には精一杯関わりたい。でも毎回手のひらの皮が真っ赤になって痛いし、後日の筋肉痛もツラい。なのに切ってみたら意外と使えないのが多くて、半分近くは薪ストーブ用の木になりました。残ったのは上の写真の1.5倍ぐらいでしょうか。これらでまた少しずつ器を作る予 [続きを読む]
  • ドアヒンジの穴開けジグ
  • 先日シェーカースタイルの前板とドアを製作中の写真をアップしましたが、背の高いドアはパントリー用ドアです。ドアに付けるヒンジの穴開けは、計算してテープメジャーで測ったところに開けるという方法なのですが、今回はヒンジ用の穴開けジグ(治具)を作ってみました。こんなのです(↑)。私はいつもユーロシステムでキャビネットを作っているので、システムホールの穴の間隔は32ミリ。上のジグにも32ミリ間隔の穴を2つ作 [続きを読む]
  • オリーブのボトルストッパー
  • ツリー型のボトルストッパー。オリーブの木で。オリーブは何にしても可愛い。特にガレージ工房の大掃除はしませんが、年末が近づいているせいか、いつもならやらないような掃除をしたくなります。今日はチャックを軽く分解してキレイにしました。数個あるので、それなりに時間がかかりました。小さな鉢植えのバラ。10日ほどで蕾が開きました。そして蕾がいくつか増えました。 [続きを読む]
  • 息子の部屋のビルトインクローゼット 〜ドア〜
  • 息子の部屋のビルトイン(造り付け)クローゼットにドアをインストールしました。実は1年以上前に出来上がっていたのですが、ドアノブを作って取り付けるまでインストレーションを保留にしたため、ずーっとガレージ工房に置いたままだったのです。 ちょっと前このドアが邪魔になった際、動かしながら「これなんだっけ?」となったのがきっかけで思いだしました。未だにノブが付いてないのですが、ガレージにあると邪魔なのでイン [続きを読む]
  • クリスマスの飾り付け
  • この週末はクリスマスの飾り付けをしました。今年は久しぶりにツリーをゲット。オーナメントは末っ子がほとんど一人で付けしてくれました。木種はダグラスファー。生のクリスマスツリーを家に持って帰ってくると、フワァっと緑の香りが漂うのですが、これはほとんど香りなし。ちょっと残念だけど、以前アンモニア臭が漂うツリーを経験してるので、それよりはマシかな。あれはコヨーテか何かにオシッコひっかけられちゃった木だった [続きを読む]
  • 引き出しの前板作り in キッチン
  • キッチンの引き出しの前板やキャビネットのドアを製作中です。今回作っているのは全て白く塗るものなのでフレームにはポプラー、パネルにはMDFを使用しています。ほとんどがキッチンのシンク側に取り付けるものです。上の写真で見えるレンジの両サイドの引き出しの表を飾る部分です。最終的にはプル(取っ手)が付きます。シェーカースタイルと呼ばれる飽きのこないシンプルさが人気を集めるスタイルです。上のビットのセットを使 [続きを読む]
  • 間違った色でペンキ塗り 〜スライドドア周りのフレーム〜
  • ランドリールームの増築で入れたスライドドア2枚の周りのフレームに、や〜っとペンキを塗りました。ペンキ塗りが本当にキライだと思うこのごろですが、市から増築工事の検査でインスペクターがやって来るので、「終わってますよ。キレイでしょ?」感を出すために塗っておいた方が有利かな?と。(実際はペンキ塗りは終わってなくてもインスペクションにはパスできるそうです。)フレームやトリム、モールディング類は白いセミグロ [続きを読む]
  • なつめの木の器と小田原の木工品店
  • ステインされた、なつめの器です。見た目はモダンですが、どっしり肉厚な器です。旋盤の上に乗せて写真を撮ったのでまるで私が作ったかのようですが、Takumi 館という小田原の伝統工芸屋さんで購入してきました。小田原と箱根の作品を扱っている小田原駅前のお店です。Takumi 館のお隣りには菜の花という小田原の和菓子屋さんの「菜の花 暮らしの道具店」というお店があります。こちらは木工品だけに限らず、陶芸、ガラス、洋服な [続きを読む]
  • ブレックファーストヌックのベンチにニトリのシートクッション
  • 2週間ちょっと日本へ行ってました。持って帰って来たものの一つが、ブレックファーストヌックのベンチ用シートクッション。本当は小さめ座布団を買ってカバーを作るつもりでいたのだけど、小さめ座布団がどこにも売ってなかったのです。そんな時に見つけたニトリのシートクッション。740円と激安な上、色も気に入ったので買ってしまいました。鉢植えを置いている部分を除いて、買って来た6枚のクッションがぴったり収まりまし [続きを読む]
  • ペーパーコードのスツール完成
  • サンディエゴは40度を超える日々が去り、最高気温が20度を切るシーズン到来。一気に寒くなりました。今年の初薪ストーブはいつになるかな。どんどん編み進めていたペーパーコードのスツールを、やはり作り直しました。スツールを組み立てながらすでに気になっていたことがあったのですが、編み始めてから出てくる「あー、ここはこうしておけばよかった。」と気がつく木工面の具合もあり、さらにはペーパーコードの編み具合も気 [続きを読む]
  • シンク周りの整頓 〜シリコントレーとシェル〜
  • ちょっと前に買ったシンク周り用のシリコントレーが素晴らしく気に入っています。上はマスターバスのバニティ。バニティトップは天然のマーブルで、ソープが垂れた跡もシミとなって残ったりします。いずれ自然と消えることが多いのですが、それまででもシミが気になるので、陶器製トレーでサイズが合う物をずっと探していました。そんな時、他の買い物でCrate & Barrel のウェブサイトを見ていたらシリコン製のトレー(Crate & Bar [続きを読む]
  • ペーパーコードのスツール 〜座面あみあみ〜
  • サンディエゴは気温が上がったり下がったり。先週末の最高気温36℃も十分暑かったですが、今週は40℃の予報がついてる日もあります。なのに21℃なんて日もあるので、もうちんぷんかんぶん。そんな極端な天候が続いているせいかどうかは分かりませんが、末っ子が肺炎になってしまいました。日本行きも延期。先週の日中は、カウチで横になる末っ子を見守りながら、ペーパーコードのスツールの座面を編んでいました。前夜に手袋 [続きを読む]
  • 木の卵
  • 父からのリクエストで木の卵を作りました。Crate & Barrel のウェブサイトでセラミックのエッグクレート(半ダース)を見つけたので、このクレートに入れてプレゼントしようと注文したのですが、いざ届いたら卵が大きすぎ。作りながら「XLサイズの卵だわ〜。」と思ってはいたのだけど、まさかクレートに収まらないほど大きかったとは〜。ガッカリ。XXLサイズぐらいってことかな。左からウォルナット、オリーブ、メープルです。メー [続きを読む]
  • 木口切りカッティングボード
  • 今月は日本へ里帰り。端材を使って、友達に配るギフト用のまな板を作りました。どれも小さめ。これまで様々なサイズのまな板を作ってきましたが、自分で使ってみて思うのは、毎日使うまな板には小ぶりなものが一番!欲を言うならば、小ぶりまな板が2〜3枚ある状態がベストかな。さっさと料理してさっさと食べたい私の場合、途中でまな板を洗う羽目になるのが面倒なので、数枚あると手間が省けていいのです。お肉用、お魚用、野菜 [続きを読む]
  • カスタムサイズのバスケットモールド
  • バスケットのモールド(型)の注文が立て続けに入っています。今回はバスケットの材料店であまり見かけない(?)7インチのラウンド(丸)の8.5インチ高。分かってはいたけど大きいです。そして重い。材料はチェリー。ところどころにバール杢のような木目があったので、一番多く入ってる部分をわざと一番上に持ってきてみました。型って使われていない時でも置いてあるだけで可愛いので、ちょっとユニークな木目が目についたら [続きを読む]
  • ナンタケットバスケットのウッドベースの作り方
  • ナンタケットバスケットのウッドベースの作り方を、ブログを読んでくださってる方からちょくちょく聞かれます。ちょうど先日ウッドベースを製作中に写真を撮ったので、簡単な説明を。私が使う方法は3種類です。(写真付き説明は最後の方法だけ。)旋盤で挽くこの方法は丸いウッドベースのみ可能です。ガウジで荒削り、スクレーパーで綺麗にし、パーティングツールで溝を入れます。市販のウッドベースの溝は1ミリ幅ぐらいだと思う [続きを読む]
  • ワークベンチにドロップイン小物入れ
  • 私の小さなガレージ工房では、チープなワークベンチ(作業台)を2台くっつけて使っています。ワークベンチって油断するとあっという間に作り途中の物でいっぱいになり、作業に差し支えます。そこで、2台の間に小さなものなら落として入れることができる物入れを作りました。手持ちのプライウッドで作り、それぞれのワークベンチの後部にボルトで付けた単純な作り。のり、ペンたて、充電器、使い途中のヤスリ紙、小さなクランプ、 [続きを読む]