pg-story さん プロフィール

  •  
pg-storyさん: ママと子どもの happy コミュニケーション
ハンドル名pg-story さん
ブログタイトルママと子どもの happy コミュニケーション
ブログURLhttps://ameblo.jp/pg-story/
サイト紹介文家庭教育、幼児教育、子どものマナー、インターナショナルスクール、英語教育や留学について書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2011/05/27 23:21

pg-story さんのブログ記事

  • 京都 宇治 町家 中宇治yorin さんへ
  • 今日の京都はとても暖かく、日中 陽の当たるリビングは暖房なしでもぽかぽかして、気持ちの良い午後でした。 猫のGさんも日向ぼっことリーシュを付けてのお庭散歩を楽しみました。 さて、年末に宇治で友人に会った日の続きです。 薬膳料理「茉莉花(ジャスミン)」さん→★で健康的かつ美味なランチをいただいた後 昔よりぐっと観光客が増えた印象の宇治を散策しました。 趣ある細い路地を入ったところで見つけた、「中宇治yorin [続きを読む]
  • 娘を見送りに羽田へ、空港って素直になれる場所?
  • あっという間の冬休みが終わり昨日、娘が大学に戻りました。  北米東部は寒波のため空港のタクシーもかなり待つという情報が入っていて、心配しましたが何とか無事、大学に戻ったようでほっと一安心です。 娘の住む街へは 残念ながら関西からの直行便はありません。 羽田経由の時はいつも私も一緒に羽田まで飛んで乗り継ぎの間の時間を母娘でゆっくり過ごします。 娘も一人で乗り継ぎ便を待って…というより、二人で過ごして搭乗 [続きを読む]
  • 京都 宇治 薬膳料理 茉莉花(ジャスミン)さんへ
  • 年末年始で里帰りしている大学時代の友人と 京都 宇治 の 薬膳料理 茉莉花(ジャスミン)さん→☆でプチ同窓会。 学生時代の友人って本当に有難いものですね。 卒業後は、それぞれの場所で違った人生を歩んできていても会えば、すぐに元通り! いろんなことを話してそれぞれの場で活躍する友人からパワーをもらってきました。お陰様で、良い年越しができそうです。 京都 宇治 の 薬膳料理 茉莉花(ジャスミン)さん→☆でいただい [続きを読む]
  • 葉加瀬太郎さんコンサート 千秋楽
  • 大好きな 葉加瀬太郎さんのコンサート♪ 10月の京都ロームシアターも行きましたが 昨日12月29日は葉加瀬さんの2017年ツアーグランキューブ大阪での千秋楽 ずっと楽しみにしていました? 京都は妹と今回のグランキューブは娘と! 葉加瀬さんの素晴らしいバイオリンに癒され 楽しいトークに笑わせてもらい 「情熱大陸」の主題歌演奏の際にはスタンディングで「はかせんす」と「はかシェーカー」を振り 上腕二頭筋と上腕三頭筋が鍛 [続きを読む]
  • 娘と温泉。猫のGさん、お留守番よろしくね
  • 遠く離れて暮らす娘との時間は非常に貴重です。 たまに会って話す分、嬉しく楽しいこともあれば え〜?そんなことに〜?とびっくりしたり 時には もういい歳ですが注意することもあります。 もう一緒には暮らすことはないかもしれない娘 親子の思い出作りに一泊だけでも 近くの温泉に行きたいと思い予約しておりましたが 直前までハラハラ ドキドキ というのも、猫のGさんの体調によっては実家の母に代わってもらい 私は留守番 [続きを読む]
  • 京都 パンケーキハウス カフェ・ラインベック
  • カナダ的発想の娘に「クリスマスなのに仕事?信じられへん!」 と言われても 12月25日でも夫は仕事だったので娘と私 二人 家でゆっくりランチした後 散歩がてら堀川通一条上ったところにある清明神社 からすぐの  パンケーキハウスカフェ・ラインベックさん☆ へ行きました。 娘は紅玉とシナモンのパンケーキそれもダブルで 画像ではわかりにくいのですがなかなかのボリュームです。 パンケーキの向こうに写っているのが娘。娘 [続きを読む]
  • クリスマスディナー、チキンの丸焼き、苦い思い出
  • クリスチャンでなくてもクリスマスイブとかクリスマスがなぜかスペシャルな日に思えるのは我が家だけではないはず! 少し前から 夫や娘がクリスマスディナーは何か?とうるさいこと。 北米のクリスマスディナーはターキー(七面鳥)が主流ですが 私にはチキンの方が口に合いカナダでもチキンで済ませていました。 それも 一羽丸ごとではなくチキンレッグのみ。 というのも、チキンの丸焼きといえば私には苦い思い出があるのです [続きを読む]
  • あ〜美味しい〜日本のイチゴ
  • 娘、帰国中のお楽しみは食べること! いまだに色気より食い気。 食べたいものリストなるものを作成して帰国します。 どんだけ食い意地 はってんねん⁉ でも、さすが私の子だ!とも思います。 意外かもしれませんがカナダってフルーツが あんまり良くないのですよね〜 ほんと、残念…  娘が大好きなイチゴ?? カナダのは おいしそうに見せかけ買ってみると、中が空洞で、ザクザク… 帰国して 翌日の朝食に娘のために用意し [続きを読む]
  • クリスマスホリデーで帰国しました〜♪
  • クリスマスホリデーで、先日娘、雪つもるカナダより帰国しました。 あっという間の3週間足らずの帰国。 多くの方は、北米に行くと太るらしいのですが 勉強の忙しさもありカナダでは必ず痩せる娘。  娘の帰国のお楽しみはなんといっても 食べること! しっかり体重を増やし体力をつけて戻ってほしい。 私は、朝から夜まで、何が食べたい〜?と聞いては、食事を作る3週間。 日頃は夫婦と猫だけの静かな生活。 一人増えるだけで [続きを読む]
  • 忘れられない獣医さんの言葉
  • 猫のGさんなかなかすっきりしません。 膀胱炎の治療はしていますがおしっこが出にくかったり発熱したり… 高齢のオス猫は要注意の泌尿器系トラブル。 Gさんママの心配は続いています。 病院に行かないと心配だけど病院はGさんにとってストレス 通院の判断のしどころが難しい。 なので、毎日 食事の時間・量排泄の時間・量飲んだお水の量お薬の記録 その他気になる様子など Gさんの観察記録をシッカリとつけ通院を決める判断材 [続きを読む]
  • とうとう遠近
  • もともと 極度の近視ですが最近は日によって恐ろしく見えづらくなります。 それも急に、右目だけ。どんなに目を凝らしてもぼや〜っとしてピントが合わない! 何か病気かも?と焦って眼科へ 眼科の先生は 〜〜さんくらいの年齢の方病気だ〜と慌てて来られるんですよ でもね、残念ながら、そういうお年なんですよね〜(フフ 笑 ) 〜〜さんは近視がすごく強いから(裸眼で)目から10?以内でしか見えません!  年齢が若いほうが遠近に [続きを読む]
  • 猫のGさん、回復の兆し
  • 猫のGさん、お陰様で少し回復の兆し 油断はできませんがほっとしています。 ごはんも いつものような勢いはありませんが少しずつ自ら食べてくれます。 人も動物も、食べること=生きることだと感じます。 Gさん 8歳で経験した胆道閉塞・劇症肝炎・膵炎の時は全く食べられなくて体重が半分まで減りました。 なので、食べてくれるうちはまずは安心と考えています。 動物にとって病院は嫌なことをされるし、疲れるしストレスだら [続きを読む]
  • 猫のGさん 食欲不振です
  • 猫のGさん 今日も頑張って通院しました お陰様で熱は下がっていました 一点昨日の記事の訂正です。 猫さんには解熱剤はあまり効かないそうで 昨日は、炎症を抑える注射で熱も下がってくれたら〜というものだったらしいです 今朝、熱は下がりましたが やっぱり 動きも鈍く食欲が落ちています 原因は何だろう?心配です 念のため今日も点滴をしました 猫のGさん早くよくなってまたお庭を散歩しようね [続きを読む]
  • 猫のGさん、発熱です
  • 猫のGさんのまぁるい手?前足? 猫のGさん、本日病院に行きました。 朝、だるいのか動きはよくなかったですが、ごはんは食べました。 おしっこも取らせてくれました。 尿検査潜血もなく、問題なし。 スメアー検査というのもしました。 おしっこの出口にプレパラートのようなものを優しくこすりつけ?結晶がつくかどうか確認するらしいです。 少し結晶はついたようですがキャットフードを食べている猫さんには普通のことだそうで [続きを読む]
  • 猫のGさん、明日 病院に行ってきます
  • 猫のGさん電気マットを両手で持って寝ています 映っていませんが写真左側には電気ストーブ 部屋にも暖房がついているのでぬくぬく 気持ちよさそう でも、明日 病院に行きます 昨日からトイレの様子がいつもと違います おしっこは出ています でも、いつもしない行動がこの二日、連続して観察されます 用を足した後いつも以上に長く砂を掻いています そして、数分後再度トイレを覗いて用を足す素振りなく砂だけ掻きます そしてす [続きを読む]
  • 猫のGさん ちょっと太っちゃいました
  • (今はもうちょっと ぽっちゃりかも?) 猫のGさん、作日 2カ月ぶりに 動物病院へ行きました。 胆道閉塞・膵炎・肝炎を経験しているので毎日お薬を飲んでいるのですが 猫のGさんが調子のいいときは、Gさんママがお薬だけいただきに行くのです。 猫のGさん、2カ月ぶりに先生とご対面。 体重測定…が〜ん 増えちゃった… 夏から300g増。 人間で言えばざっと3キロほど…らしいです。 13才で高齢というだけでなく膵炎等にも肥 [続きを読む]
  • 13才 猫のGさん ご紹介
  • 昨夜はずっと楽しみにしていた「お酒を楽しむ集い」に参加したのですが お酒、ほとんど飲めませんでした。と言いますか、飲みませんでした。 残念 ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 というのも、13歳の猫のGさん、朝から様子がおかしくて体調によっては、夜間救急へ連れて行かないといけないかも?という心配があったから。 帰宅後… お陰様で、翌朝かかりつけの病院に行けばよいと判断できる状況になりました。 今朝、動物病院で受診した [続きを読む]
  • 帰ってきた♪
  • 半年ぶりに娘が帰国しました。これから2か月は、日本です。お姉ちゃんが帰ってきて、体調を崩している猫のガイもスーツケースに入ったりして嬉しそう♪家族が揃うのは、嬉しいものですね。夫と二人だけの食卓はあっさりと、お魚と野菜中心なのですが今夜からは、娘の「食べたいものリスト」を一つ一つ線で消していくことになるので若者がっつり系の食卓です。今朝、バナナを食べた娘のひとこと。「日本のバナナって美味しい〜」バ [続きを読む]
  • 猫の観察日記 ①
  • 猫のガイの変調に気づいたのは2月ごろ。毛づくろいの後、毛が乾くと毛がバリバリに固まってしまい手でほぐしてあげないといつもの柔らかいホワホワの毛に戻らないのです。ガイは3年前、胆石による胆道閉塞から肝炎・膵炎を併発し、入院していました。もうダメだ!と覚悟していたのですが胆石が奇跡的に流れ、生きながらえたという既往歴があります。そのため、年に2回は定期検査に行っていました。ちょうど定期検査の時期だったの [続きを読む]
  • 猫ブログではないけれど…
  • 前回までのブログにも我が家の猫「ガイ」の調子が良くないことは書いていたのですが今もまだ原因が特定できず心配な毎日が続いており周囲の方々にもご理解いただき私も仕事もセーブしてなるべく一緒に過ごすよう心がけています。これだけは獣医さんに褒められるのですが3月から不定期に5月1日からは毎日 ノートにガイの観察記録をつけています。獣医さんへ相談することが確実ですし結局、解決するには獣医さん頼みなのですが心配 [続きを読む]
  • 安心感、聴き方でこんなにも違うなんて!
  • 数日前のブログにも書いた通りペットの猫、ガイの調子が悪い。食べることが何より大好きだったガイが食べないなんて!検査しても、原因がわからない…もう心配で心配で…セカンドオピニオン対応可とホームページに謳っている動物病院に行ってみた。藁にも縋る思いとはこのことか?設備も新しく清潔感があり検査機器も色々取り揃えられていて安心な面もあるけれどやっぱりこれまで通り主治医の先生を信じよう!と思いを強くして帰っ [続きを読む]
  • 母の日、おめでとう♪って言う?言わない?
  • 今朝、カナダにいる娘とスカイプしました。私はLINEもしませんし娘からはきっぱり「親とFBでは繋がらない!」と宣言されているので連絡はもっぱらeメールと2〜3週間に一度のスカイプ。- 親と子は親子であって、お友達ではない- 親も子は、それぞれの世界があり、 お互いに知らない世界があっていい(すべてを把握する必要もなければ、 把握できるはずもないので…) と私は考えているので娘から「ママとはFBで繋がらな [続きを読む]
  • その見方で本当にいいの?思い込みの視点…
  • ペットの猫、ガイの調子が悪い…と気になり始めて、2か月。注意して観察していたつもりができていなかったことが判明。話の出来ない動物に代わって飼い主の私たちが獣医の先生に自分たちが観察したことを報告するわけですが…ある一つの動きを見過ごすというか気がついていたけれど、病気には関係ないと勝手に思い込み先生に報告していなかったことがあったのです。昨日撮ったレントゲンを見て、本日、先生から「〜〜のような動き [続きを読む]
  • ガイちゃん、一緒に頑張ろうね。
  • 2か月前から気になっていたペットの猫、ガイの調子がここ数日悪化。夫や娘・自分の体調が悪いよりもずっと心配。言葉が話せないからどんなにつらいのか?どこが悪いのか? なかなか分からない。分かってあげられない。検査しても、よく分からない…私にできることは、そばで寄り添うことだけかも。私たち人間も、体や心がつらいとき誰かに寄り添ってもらうとほっと安心できますものね。生きているもののぬくもりってほんとうに温 [続きを読む]
  • あ〜失敗した…
  • あ〜失敗した!やっちゃった… っていうこと、ありますよね。 注意しようと思っていたのにまた悪い癖が出ちゃった…私も昨日やってしまいました。以前の私なら、くよくよ、悶々…落ち着かない時間を過ごすこともありました。もちろん、相手に直接きちんと謝るべきは謝りますが問題は自分の心の中での消化の仕方。最近は「〜〜さん、こんな私に付き合ってくれてありがとう〜〜!」と心の中で相手に感謝を送りつつ「この失敗は私の [続きを読む]