おまきぴあの さん プロフィール

  •  
おまきぴあのさん: 『はんなりぴあの』板橋のピアノ教室おまきぴあの教室
ハンドル名おまきぴあの さん
ブログタイトル『はんなりぴあの』板橋のピアノ教室おまきぴあの教室
ブログURLhttp://omakipiano.blog31.fc2.com/
サイト紹介文板橋区のピアノ教室、おまきぴあの教室のブログです。音楽教育、ピアノの練習、演奏活動等々を綴りました。
自由文豊かな心と、美しい音楽を・・・。

美しいものを美しいと感じることのできる、素直な心。
美しさを求め、追求していく向上心。
周りの人たちに支えられているという、感謝の心。
自分自身、ピアノという楽器を通し、音楽を奏でることにより、豊かな心へと常に精進していくことを目指しております。

おまきぴあの教室HP
http://www.ab.cyberhome.ne.jp/~neko/index.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2011/05/29 15:01

おまきぴあの さんのブログ記事

  • ウチの教室らしい(笑)
  • 日曜日に発表会がありますので、今日の通常レッスンの後、高学年の生徒さんたちにレッスン室を解放しました。(低学年の生徒ちゃんたちは、お誘いできずにごめんなさいね。)セルフサービスで、ピアノの準備片付けも任せています。私が顔出すこともありません。三人の生徒さんたちが集まってくれました。違う学校に通う三人ですが、すぐ打ち解けたよう。時々、謎の笑い声が聞こえてきました。そろそろ帰った方が良い時間になり、レ [続きを読む]
  • クリスマスカード、大量生産!
  • ピアノの先生とバイオリンの先生とパパに、クリスマスカードを作りました。すると、「幼稚園の先生にも作る!」「シッターの先生にも作る!」と言われ、覚悟を決めて、付き合いました。ふぅ・・・。約3時間、イライラに耐えながら、本当に苦行のような時間(笑)。糊のカスや紙屑が、床に散乱しています。意外とハサミや糊を下手ですが使いこなし、配色などは自分で選んでいました。クリスマスツリーに灰色とか、私だったらきっと [続きを読む]
  • 毎週来ることも、強さではなかろうか・・・
  • 忙しい毎日を送っている生徒さんたち。自分の中では、練習不足だと思っている子もいるようで、少し失敗すると、どんどん自信を失くしてしまう。私も経験あります。よくあるお話ではないかと思います。いよいよ来週、発表会を迎える私の教室。自信持って、堂々と弾いてほしい。「頑張って」とか「大丈夫!」とか、そういう言葉では、緊張は解けないと思うから・・・。「テスト期間中も、休まず来てくれたね。正直、練習不足で来たく [続きを読む]
  • たくさんの体験を、できれば成功体験を積ませたい。
  • 息子、この三日間とてもハードスケジュールでした。金曜、幼稚園帰りにピアノレッスンのため、仙川。もちろん帰宅時間遅い。土曜、幼稚園生活発表会(お遊戯会のようなもの)→音楽教室のクリスマス発表会。再び仙川。日曜、教会学校。と、物凄いスケジュールでした。彼の中で、お遊戯会とクリスマス発表会は、頑張って準備したものだと自覚しているようでした。そのせいか金曜は緊張なのかな、とても興奮していました(>_土曜の本 [続きを読む]
  • 可愛いリボンの結び方
  • 発表会に着用予定のドレスを着て、レッスンに来てくれた女の子。すごく可愛い(^^)。後ろに大きなリボンが付いているのですが、解けていたので結び直してあげる。「あたし、リボン結んであげるの、夢だったんだぁ〜!」「やっぱり、女の子って良いなぁ!可愛いなぁ!」などと言いながら。ドレスのリボンって、帯結びに似ている。ふんわりと結んであげました。ピアノに映った自分の後ろ姿を見た彼女、「可愛い!!キティちゃんのリボ [続きを読む]
  • 久しぶりに、私の先生とお話しました。
  • 私のピアノの先生に、季節のご挨拶にお手紙を書きました。丁度、松本に行ってきたので、松本からお気に入りの和菓子屋さんからお菓子もお送りしました。息子を幼稚園へ送って、ぼーっとリビングで日向ぼっこしていると、先生からお電話をいただきました。話題は、息子のこと。ピアノレッスンを音教で始めたので、色々とお話しました(^^)。「で、ピアノ好きなんでしょ?」「そうみたいです。幼稚園の前に弾いて行きます」と伝えると [続きを読む]
  • いつ、練習する?
  • 息子、ピアノのレッスンが始まりました。さて、幼稚園から帰ってくると、「お腹すいた!」「眠い!」「どんぐりの公園行きたい!」などとワガママ言い放題、好き勝手し放題。幼稚園後は難しいだろう・・・と思い、朝練習することになりました。元々、ソルフェージュも朝やっていたので、本人もさほど違和感ない模様。そこで思いました。生徒のみなさんは、いつ、練習しているのだろう???中学生の生徒ちゃんに聞いてみると、「小 [続きを読む]
  • 電子ピアノじゃ、ダメですか?
  • 先日、ピアノ購入を検討中の保護者さまから、「やっぱり、電子ピアノだとダメですよね・・・」との相談がありました。電子ピアノ、アコースティックピアノ、それぞれメリット、デメリットがあります。耳を育てるのであれば、音楽を育てるのであれば(個性的な表現ですね)、グランドピアノに勝るものはない。でも、無理して苦労をしてしまうことは避けたい。折角、アコースティックピアノを購入しても、騒音問題で練習できなくなっ [続きを読む]
  • 親の想いと子どもの態度
  • 息子、初めてのピアノレッスンが始まりました。とても優しい男性の先生が担当になりました。人見知り、緊張しやすい息子です。落ち着いてレッスン室に入ってほしい、できれば先生に、お名前、年齢、よろしくお願いしますと言ってほしい。毎日、先生のお写真を見せて、自己紹介の練習をしていました。母の心配をよそに、息子はすんなりお部屋に入室、練習したようにご挨拶ができました。でも、段々と集中できなくなる息子。ピアノの [続きを読む]
  • どうしたら、良くなるか
  • 「どうしたら良くなるか」いつもここを大切に、言葉を選んでいます。集中できていない力、入っている楽譜をよく見て音が揃っていないなどなど、簡単に見つかる気になるところ、簡単に言えるものほど、真剣に考えてもらう伝え方をするのが難しい。欠点は見つけやすくて、指摘しやすいけれど、言うのは簡単。だけど、向き合うのは大変です。出来ないには、出来ない理由があります。だから、それを見つけて、その子に分かりやすく説明 [続きを読む]
  • ひとりひとりに合わせて選ぶ
  • 私の教室の月謝袋は、とても種類が多いです。最初は、5種類くらいから好きな袋を選んでもらっていました。それがいつしか、生徒ちゃんひとりひとりの好みを思い浮かべて選ぶようになり、ここまで膨大な種類となりました。もちろん、当たるときもあれば外れるときもあります。意外だったのは、年少の男の子のために選んだ、クルマの月謝袋が中学生女の子たちに人気でした。2人も、そのクルマの月謝袋を選んでいます。そして、男の [続きを読む]
  • 音が変わった!
  • 先生オススメの松脂が届きました。早速塗ってみる。今までと音が違う。朝露のような、なんだかきらきらとした感じがして、音がクリアになったような気がします。すごく嬉しい。さて、以前使っていたネコさんがチェロ弾いている松脂は、無造作にポンっと、リビングのカウンターに置きっ放しにしていました。息子、それを見て、「コレ、ぼく割っちゃったんだよね・・・」ぽつりと呟く。なるほど。悪かったと思っていたのね(笑)。 [続きを読む]
  • 子どもの発見!
  • 今日はバイオリンのレッスンを受講しました。バイオリンが1/16から1/8になり、新しいバイオリンの調整などもしてもらいました。肩当ても、クジラさんから大人と同じ肩当てに変わりました。小さな子供は、小物にも興味深々。ウチの息子、松脂が大好きです。「お母さんのは赤くてネコさんがチェロ弾いてんの!」「ぼくのは青いの」と言う。え!?ネコ??と思い、先生と改めて松脂を見てしまいました。確かにネコがチェロを弾いてい [続きを読む]
  • アイデアBOOKが届きました。
  • レッスンアイデアBOOKが届きました。原稿は何度も目を通しておりまして、想像はついていたのですが、実際に出来上がった本を手に取ると、なんだか感動です。私の他にもたくさんの先生方の想いとアイデアがたくさん詰まったこの一冊。ピアノや音楽の楽しさを、たくさん届けたい、そう願っています。 [続きを読む]
  • 練習の目的
  • 和音がきれいに鳴らないとある生徒ちゃん。最初のうちはバランス良くなっているのに、曲を弾いていくうちに、段々と失敗が増えていきます。自分でも、失敗をしていることに気が付いていました。「どうして、鳴らなくなっちゃうか、考えてみようか・・・」「Pだから、弱くしようと思ってるの!」「そっか・・・。どうしたら、弱くても音が鳴るのかな。研究してみない?」見ていると、段々と手のフォームが崩れていくこと、弱くしよ [続きを読む]
  • クリスマスツリーを出しました。
  • 商店街でクリスマスソングが流れていて驚きました。まだ11月・・・と思っておりましたが、先程、リビングとレッスン室にクリスマスツリーを飾りました。今年は小さい子が多いので、彼らの手の届かないところ、そして彼らの目に留まるところ・・・と部屋中ぐるぐるまわって考える。今年はピアノの上となりました。演奏中、かたかた揺れてうるさいかなぁ。そうなったら、また別の場所へ移動します。 [続きを読む]
  • 一冊の本に想いを込めて・・・。
  • ピアノ教室、現場の先生たちからうまれた、「生徒が夢中になる!ピアノレッスンアイデアBOOK」。それの第2弾が発売されることになりました。ピアノ教室アイデアbookお恥ずかしながら、私もこの本に携わることができました。当教室のチラシを採用していただき、載せてもらっています(^^)。私の他にも、21人のピアノ先生たちの、熱心な想いが込められています。今回は、「教室運営」がテーマ。ピアノ教室運営の熱意、たくさんの方々 [続きを読む]
  • 少し、大きくなりました。
  • 息子の新しいバイオリン、1/8サイズが届きました。サンタさんには、大きいバイオリンを頼もうね〜などと言っておりましたので、「あれ?もうサンタさん、来ちゃったの?」息子はあれ?という感じでした。まだ調整もしていないので、「今年、サンタさん忙しいから、少し早く届けてくれたらしいよ」「でも、クリスマスまで待ってね(次のレッスンで調整してもらうから)」と言いましたが、もう我慢できないそう。「大きい方が良い! [続きを読む]
  • 音を聴く
  • 今日は、本当に久しぶりのバイオリンのレッスンでした。息子は相変わらずマイペース(笑)。先生に挨拶した後、楽器を出し、構えるまではスムーズにやりましたが、少しだけ弾いた後、即、「終わった〜!」と勝手に終わりにしました。なので、私とバトンタッチ。でも、私が弾いていると、自分の楽器をまた取り出してくる。そのうち、私の楽器に自分の弓を強引に当てて、音を出してきました。私と同じくらいの音量が出ています。「耳 [続きを読む]
  • 言葉の表現は面白い
  • 最近、息子が落語にハマっております。息子のお気に入りのお話の中に、「狐は尻尾で戸をとんとん、狸は頭で戸をとんとん(戸に寄りかかって、頭でとんとんするそう)・・・」というフレーズがあります。さて、ここまでが前置きです。レッスンにて、どんっどんっと、と押すように弾いてしまう生徒ちゃんがいました。つい、その落語を思い出してしまう。そこで、「狐はさ、尻尾で戸をとんとんするんだって」「でね、狸は頭で戸をどん [続きを読む]
  • お兄さんの世界を疑似体験!
  • 音楽教室で、打楽器コンサートがありました。音大生のお兄さんお姉さんの演奏です。とても楽しみにしていた息子、夕方から始まった演奏会でしたが、元気に出掛けて行きました。少しお茶目な、お兄さんお姉さんの打楽器コンサートは、物凄い迫力でした。こういうコンサートに、たくさん触れ合うことができること、お兄さんお姉さんの世界を身近に感じることができること、この音楽教室の一番のメリットだと思っております。音楽教室 [続きを読む]
  • 組曲「水族館」
  • バイオリンの乱れ弾きを毎日する息子が、幼稚園のお誕生会のときに披露した「あざらしさん」に続き、また数曲作曲しました。今回は、「あしかさん」と「ペンギンさん」の二曲です。私には、両方乱れ弾きにしか聴こえませんが、彼にとっては違うそう。「今度はカメの曲作るから、水族館連れてってほしいの!」などと言っております。ちゃっかり、しています。「それだけ曲が揃ったら、「組曲」になるねぇ」ちょっと冗談言うと、ぽか [続きを読む]
  • 「わた」で、力が抜けるかな
  • ピアノを弾くとき、手の甲が下がってしまう生徒ちゃんに、手芸用品の「綿」を少し持たせました。ふわふわしたものをふんわり持つと、ピアノを弾く理想の手の形になるからです。「そのままの手で、鍵盤にお引越ししてみようか」すると、綿がころんっ。落ちてしまいました。綿ぽこ作戦、失敗です(笑)。生徒ちゃんにも「落ちちゃったね〜!このアイデアはNGだねぇ」などと言われてしまいました。 [続きを読む]
  • 練習するまでのステップは短めに
  • 息子にバイオリンの練習を習慣付け中です。バイオリンは、練習するまでに少し準備が必要です。楽器をケースから出す。弓を張ったり、必要であれば松ヤニを付ける。調弦する。この3ステップを踏む間に集中力が切れることもありますので、我が家の場合、ここまでは私が準備してしまいます。無言の要求かもしれません。「さぁ!やりなさい!やるわよね!?」このような空気があるかもしれません(笑)。ここまですると、ほぼ楽器を構 [続きを読む]