かおり さん プロフィール

  •  
かおりさん: 石屋のカミさん日記
ハンドル名かおり さん
ブログタイトル石屋のカミさん日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kaori-isiyasan/
サイト紹介文仕事に趣味に子育てに・・興味のおもむくまま人生をエンジョイしてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2011/05/30 22:07

かおり さんのブログ記事

  • 10年間
  • 私達のお香の流派が 立ち上がって10年が経ち、その10周年記念の会が 京都木屋町 鴨川リゾート「舟鶴」で盛大に行われた。桜の季節が終わり 京都は新緑が 輝き始めている。ハナミズキも可憐私と先生が出会ってから 同じく10年。舞鶴にお香を教えに来てくださってから10年。あっという間の年月だった。小さかった子供達も みんな大きくなって家から出ていき、そんなことも寂しくないくらい充実した趣味を持てたこと  [続きを読む]
  • 西郷どん!
  • このあいだの日曜日サロンで 2時間半かけて(!) ヘッドスパをしてもらい、不足していた化粧品を買いに行き久しぶりにメガネを新調しに行き充実の休日だった。サロンの方と「若さ」について いろいろと談義する。もちろん、体型・髪・肌・ファッション・持ち物。。見た目に気を配るのは当たり前。大切なのは 心のもちかた。新しいものを貪欲に 吸収する。年齢で 境界線をひかない。(〇〇歳だから、そんなことしちゃいけな [続きを読む]
  • おうちごはん
  • 19歳の警察官が 先輩の警察官に怒られたから拳銃で撃って殺した・・・というなんともいえない 悲しく恐ろしい事件。あまりにも短絡的で衝動的な行動でひとりの命・人生が終わってしまうなんてやりきれない。松山刑務所からは 受刑者が逃亡して世間をにぎわせている。ほんとうに警察官の方々、ご苦労なことだと思う。そんななか。お料理サロンの今回のテーマは「おうちごはん」愛情たっぷりのおうちのごはんでおなかが満たさ [続きを読む]
  • 春夏冬茶会
  • 京都・大阪のお道具屋さんのお茶会、「春夏冬茶会」が下鴨茶寮で 行われた。「春夏冬」=「秋がない」=「飽きない・商い」お道具屋さんの お茶会だけあって、素晴らしい道具組だった。桜は散り、緑が色濃くなってきた京都。新緑の美しさが また楽しみだ。お料理も 美しく美味しく春をいっぱいいただいた。舞鶴のお墓のことなら・・・伝統と信頼の辻石材店へ [続きを読む]
  • 春爛漫
  • 桜が咲き、散っていくのも早かったのでなんとなく 駆け足で春が過ぎ去って行ったような気もするが4月 春爛漫今日 4月10日は 末っ子のカナの誕生日。もう、今年で20歳になる。今、アメリカに留学しているから 20歳の誕生日はアメリカで迎えることになるのだ。若いって ほんとにうらやましいと思う。でも皮肉なことに 若いということの価値は 年齢を重ねてからじゃないとわからない。みーんな 若かったんだから。 [続きを読む]
  • 桜満開
  • 今年は どういうことか 桜がもはや満開だお天気も良くて 長いあいだ 美しい桜をたのしむことができる。青空と桜の色の美しいこと。会社のお昼休みに 主人と お弁当をもって近くの天台寺へ花見にのんびり まったり 幸せな気分。。。。舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ [続きを読む]
  • 春雨の茶事
  • あんなに長く寒い寒い冬だったのに一気に暖かくなり あわてふためいたように桜が咲きほこっている。不思議な春だけど、良いお天気が続き、桜もとても綺麗そんな麗らかな 春の日、数寄者・中田様のご自宅のお茶事にお招きいただいた。お引越しをされて 新しいご自宅にお茶室をひらかれた おめでたいお茶事だった。「春雨」をモチーフに 素晴らしい趣向が 徐々に紐解かれていくというテーマをもった お茶事。私をふくめて  [続きを読む]
  • 香道の美学
  • 弘道館の代表、濱崎加奈子さんが 思文閣出版社から「香道の美学」という御本を 出版されて、そのタイトルのセミナーを受けに行った。濱崎さんは 美しくて頭脳明晰で すごい人。京大を出て 東大大学院を出て 日本文化の研究をしながら弘道館を残していくという大きな仕事を真摯にされている。香道は、まだまだ未知の世界で、それ故 ロマンもいっぱい。源氏香の焼き印の入ったお菓子と、お抹茶をいただいた。ここが マンショ [続きを読む]
  • 人間ドック
  • 月曜日から冷たい雨が続き、冬に逆戻りのような寒さ。こんなに寒く冷たい春のお彼岸も 珍しい。年に一度の人間ドックへ。気持ちの悪い バリウム検査も無事に終わり所見では 昨年とあまり変わらず これといって特別悪いところはなかったので 一安心検査と検査の合間は 恰好の読書タイム。NHK大河ドラマの原作林真理子 「西郷どん!」を読んだ。といっても、私ももうすぐ50歳今まで体が丈夫なのが 取り柄だったけれ [続きを読む]
  • 関ヶ原  読了!
  • 昨年秋に映画を観て 司馬遼太郎の「関ヶ原」を読み始めた。秋から冬になり、年末年始を過ぎ、春を迎えるころにやっと読み終えた〜上・中・下巻と 3冊もあり 最近 根気と時間がなくなり 読めない日もあるし読めても 1ページ2ページあらすじを忘れて また読み返したり・・・で半年もかかって 関ヶ原合戦と つきあった。日本史の教科書には 「1600年 天下分け目の関ヶ原の戦いで、徳川家康が勝利する」のたった一文 [続きを読む]
  • すっぽん鍋
  • 広島から 車で北へ  北へ 夜は 浜田市旭温泉という 行ったことがないようなところの温泉旅館に泊まった。ひなびたような温泉地の 小さな旅館だったけどお湯が すごく良かった。夕食も びっくりするくらい ご馳走だらけ!すっぽん鍋や のどぐろにお肉に。。最後のすっぽん雑炊も 最高だったカナと三人 川の字で布団を敷いて寝たことも良い思い出になった。翌日は また車で西へ 西へ縁結びの神 出雲大社へ お参りし [続きを読む]
  • 宮島 厳島神社
  • 春が近づいてきた・・・と喜んでいたら昨日から また寒さが戻り。冷たい雨が 降り続いている。ひと雨ごとに 春に向かうんだろう。昨年の今頃 浜田市にふるさと納税し返礼に 温泉旅館のペア宿泊券をいただいた。年度内に使わないと・・・と思いつつ思いつつ月日の経つのが速いことそして浜田市の遠いことこのあいだ、やっと行ってきた。ちょうどカナが帰省中なので 三人で広島経由で行った。どうせなら 厳島神社にお参りし [続きを読む]
  • ゴッホ展
  • 源氏香の会を楽しんだあとウエスティン都ホテルで ひとやすみ。どこもかしこも春爛漫そのあと 足をのばし 京都国立近代美術館に「ゴッホ展」を観に行った。平日なのに たくさんの方がチケット売り場に行列している。シニアの方が多いかな・・・?あまりの人の多さに なかなか作品を鑑賞できず辟易するのだが、一方で芸術品・美術品 美しいものを観て心を豊かにしようと 行列をつくる日本人はなんと平和で豊かな人種なんだろ [続きを読む]
  • 戌年 源氏香
  • お香の会の新年会が 大雪のため延期になり弥生三月 春めいたころ南禅寺界隈の 「桜鶴苑」にて行われた。主人と末っ子カナと3人で参加。雅な香遊び、源氏香をした。カナは 今回 お香初体験。今月半ばから アメリカへ短期留学をするので日本文化を知る 良い機会となった。52通りの組み合わせのなかから ただひとつを当てるという難しい組香(香遊び)。当てるのが、目的ではなく、千年続く源氏物語に 想いを馳せるのが目 [続きを読む]
  • 赤穂浪士47義士のお墓
  • 歌舞伎の楽しさを 長女にも知ってもらいたくて一生懸命 歌舞伎世界に ひっぱっている。これまでは わかりやすい スーパー歌舞伎を一緒に観ていたが今回 はじめて古典の演目を一緒に観た。「仮名手本忠臣蔵」 第7段を観劇したが、本来 1段から 12段(?)くらいまである長いお話、本物の「忠臣蔵」の話自体を知らない長女は第7段のみを観ても さっぱりわからず ちんぷんかんぷん。イヤホンガイドと パンフレットの [続きを読む]
  • 浅草〜神田
  • 歌舞伎見物の夜は 東京に宿泊し、次の日は 長女とふたりで あちこちを歩き回った。朝早くから 浅草詣で。風は冷たいけれど 雲一つない青空。朝早いうちは 外国人観光客も少なくて 歩きやすい。市川団十郎像。お昼は 神田明神へお参りし、お茶の水に住んでいる次男を呼び出して一緒に お昼ご飯を食べた。神田明神の近くにある 前からマークしていた お蕎麦屋さん「やぶ蕎麦」さんへ。鴨南蛮そば。と、季節の天ぷら試 [続きを読む]
  • 弥生、三月。
  • 長く 厳しすぎた 寒さもずいぶん和らぎ春の気配を感じるこのごろ。早、三月になった。ほんとに ほんとに寒い冬だった〜。ブログの更新も ままならず濱田家のお料理から とても日にちが過ぎてしまった。2月の連休のことなのですごく旧聞になりますが。。。あのあと 銀座の歌舞伎座へ行き 2月大歌舞伎の夜の部を鑑賞した。高麗屋の三世代が 同時襲名という なんとも御目出度い公演。まず 元気で長生きして しかも現役で [続きを読む]
  • 濱田家
  • 連休に長女と東京へ行った。人形町の料亭 「濱田家」さんでお食事をいただいてそれから歌舞伎座で 高麗屋襲名披露公演を観劇。濱田家さん、とても美味しかった。お刺身も ものすごく新鮮で驚いた。やはり 東京は 世界の良いものが集まる。お肉の朴葉焼き。器も美しい。 [続きを読む]
  • 如月 お香の会
  • 今年初めての 舞鶴のお香の会。前日から ニュースで大雪の予報だったのでほんとうに心配していたが なぜか舞鶴は快晴。空気が冷たいけれど 凛とした 気持ちのよいお天気だった。福井県のほうは 大変なことになっている。今年は 寒波と雪に悩まされる冬だな〜。久しぶりに皆様のお元気なお顔を拝見した。ひも結びは 「梅」の応用編  「にほい梅」難しいけれど 楽しい。午前中は お点前のお稽古と 組香「うさぎ香」  [続きを読む]
  • ほのぼのや ランチコンサート
  • パレットスクールさん主催の ランチコンサートへお友達と。大雪の予報だったが 舞鶴は真っ青な澄み渡る青空。海の見える美しいレストラン 「ほのぼのや」さんで美味しいお料理をいただいたあとピアニスト 森本ひろみさんのピアノコンサートだった。楽器が演奏できるって ほんとに素敵。。。久しぶりに のんびりまったり 音楽を聴いてリラックスできた。パレットスクールさんは 音楽教室で今年で15年目だそうだ。森本ひ [続きを読む]
  • 立春
  • 毎日 厳しい寒さが続きます。1月の後半から インフルエンザにかかってしまい久しぶりに寝込んでしまった。熱があって体がだるく、健康で動ける有難さを改めて感じた。1月月末に 奈良若草山焼きを観る旅行に申し込んでいたのに泣く泣く行けず 主人と長女に行ってもらった。そのあと 主人もインフルエンザになり暗い我が家に。。。。。病気の猛威も 去り  昨日は立春実家の父の 褒章受章祝賀会が盛大に行われたくさんの [続きを読む]
  • 淡交会 初茶会
  • 華やかイベント最終日は 舞鶴の淡交会 初茶会。雪が降らなくてよかった。朝早く行ったので 市長さんや海上自衛隊の方など来賓の方々と同じお席で 2席 薄茶をいただいた。大宗匠が お若いころ舞鶴の海上自衛隊教育隊におられたことから裏千家と舞鶴は 深いつながりがあるそうだ。初茶会の総会も 海が見えるホテルのお部屋で行われた。心静かなひととき。。。点心も 初茶会らしく 可愛い彩りのよいお弁当。写真は ない [続きを読む]
  • 若柳流 新年会
  • 引き続き 華やかイベント若柳流 大阪の幸志郎先生社中の 新年会がホテルニューオータニにてあり 舞鶴のお仲間と参加した。会場のなか 着物姿の女性で溢れかえりとても華やかで素敵な会です。師範の先生方が ステージで それぞれ舞を披露してくださって大変 勉強にもなった。毎年 テーブルごとにクイズ大会があり例年 最下位ばかりなのになんと今年は 優勝して 1位になりひとりずつ舞扇子を ゲットした幸先よくて 嬉 [続きを読む]
  • 林真理子 講演会
  • フォーシーズンズ京都のランチをすませたあとロームシアターへ駆けつけた。日経新聞セミナーを申し込んで抽選で当選した林真理子講演会「るんるんを買っておうちに帰ろう」から ずーっと大ファンだったけれど生のマリコさんを見るのは 初めてのこと。感激した。高校生のころから 雑誌アンアンの 一番最後のページエッセイを愛読していた。広いロームシアターが観客でぎっしり!!お着物をお召しの方も ちらほら見えた。日経 [続きを読む]