大山大介 さん プロフィール

  •  
大山大介さん: 俳句とお星様と山歩き
ハンドル名大山大介 さん
ブログタイトル俳句とお星様と山歩き
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ryuusimutou2
サイト紹介文俳句を毎日詠みたいと思ってます。山は奥多摩のほうを登ってます。お星様のお話は、いつか再開します。
自由文山登りと俳句とお星様と備前焼と「蒼空」というお酒が大好きな日々を過ごしてます。
一番は、山登りかな、軟弱ハイキング程度ですが、これが止められません。
俳句は、日々のため息と吾が記憶にある風景と自然が放つ声です。
備前焼は土のぬくもりと作家脇本博之に心酔してます。
酒は、京都伏見桃山藤岡酒造の「蒼空」です。機会あれば、お尋ねください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供347回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2011/05/31 10:38

大山大介 さんのブログ記事

  • アカショーマ
  • 夕菅や雲脚早き峰の空 今日は、午後から梅雨の晴間になりました。友人のお誘いで、昼酒を頂いてきましたが、効きますね。 草いきれ丘に墓場と寺ひとつ銭湯の前が雑貨屋かき氷枯山水望む座敷や水羊羹集落に約束事や溝浚へ密豆や蜜月なりしふたりかな水無月の孤のくつきりと水平線水貝や人に浮沈のありにけり源流の華やぎや水草の花木漏れ日に定める姿勢蝮草新婚の窓の明かりや提燈花戦場の名となりし溪蛇苺二重三重期の熟すまで女郎 [続きを読む]
  • ハエドクソウ
  • ころころと水が奏づる花山葵 山葵田がある渓の道を行くのも気持ちが良いものです。奥多摩もそうですが、伊豆の山もそうです。 老鶯や山の道にも分かれ道冷房の胸の谷間に吸はれゆく渓流の音に囃され緑の夜緑蔭や海へと向きてゐるベンチ下町に多き駄菓子屋ラムネ抜く山肌に濃淡ありてラベンダー湿りたる砂の手触り辣韭剥く雷鳥や家族つくづくよかりけりテキヤにはテキヤの言葉夜店かなダムのなき河まんまんと夜振かな夜濯ぎや男ひと [続きを読む]
  • オカトラノオ
  • 大げさに傘を広げて梅雨茸 梅雨の晴間、でも、何時雨がと思うと遠出できません。今日は、小仏城山から高尾山に行ってきました。山は、どこへ行っても気持ちが良いです。 梅雨晴間森にすがしき鳥の声木漏れ日の梅雨の晴間の濃さ太さ梅雨晴間陰影織りなす日差しかな林間の夏の青空めがけゆく草原に風を呼びくる丘虎ノ尾緑蔭も大樹なればの深さかな夏の鳥語り合ふかに山毛欅大樹夏鳥の楽園なるや山毛欅の森山毛欅の生む涼しき風を賜 [続きを読む]
  • 城山から高尾山
  • 城山から高尾山どうやら梅雨の晴れ間になるらしいので、体操代わりに、近場の高尾山に行くこととした。交通の便を考えると、高尾山口に降りて来た方が便利なので、高尾山駅から8時12分のバスで、小仏行は、二台出て、乗客は一台半ぐらいである。バスは、小仏関所跡を右手に見て、裏高尾は日影バス停で下車する。進行方向へ入り、日影林道を行けば、二番目の小さな駐車場のところで、渓へ降りる道があるので、石を伝って渓流を渡 [続きを読む]
  • 野萱草
  • 曇天を降り夏蝶の白さかな 朝起きたら、関西の地震、驚きました。関西の皆さまこころからお見舞い申し上げます。ライフラインは、大丈夫なのでしょうか。 斎場へ導く人や白紫陽花葉隠れに色を深めて茄子の花ビルひとつ跡形もなく夏燕暗雲の宿りてをりぬ夏柳俊敏は小さきほどに水馬止まるは流さるること水馬水面へと零す明りや提燈花小社の烏啼き交ふ木下闇忽然と住宅街や梅雨最中紫陽花へ雨の吸はれてゆくばかり鉄路伝ふ音高鳴るや [続きを読む]
  • ヒメキンミズヒキ
  • 安倍公房砂の女や蟻地獄 そう言えば砂の女は、岡田英次,と岸田今日子が主演で,勅使河原宏監督であったなとこの句を考えながら思い出した。 手掴みで庭へ投げつけ油虫兜虫ヘッドライトが見つけけり別荘に双子の姉妹薔薇匂ふ夕菅や雲流れゆく地平線北山の溪に帯びなす蛍かな好き嫌ひそれが理由や毛虫這ふ逡巡のあきらかなりし落し文人の世に栄枯盛衰仏法僧月光を帯びて艶やか濃紫陽花天界へ飛んでゆきたる蛇の衣ひと溪を覆ふ霊気や貴 [続きを読む]
  • クガイソウ
  • 黒塀にででむし描く銀河かな 来週も梅雨らしい天気が続くようですね、明日は、晴れ間が出るようですが、午後から句会なので、散歩も山も行けません。 山道に八十八所濃紫陽花村人はみなが長靴蛍狩山の精水の精とも花山葵風といふ形なきもの今年竹雲上に白き峰ありラベンダーラムネ飲むビー玉の音が聞きたくて獣との闘ひ今も栗の花峠はも恋の通ひ路定家かづら雷鳥と出会ふは何時も嵐の日身内ではテキヤ言葉の夜店かな夜濯に加え諍ふ [続きを読む]
  • 破れ傘
  • 破れ傘アンチテーゼといふ言葉 破れ傘は、キク科のようです。どうしても破れ傘ですから、葉っぱに重点が置かれて、花の方は感心がなくなりますが、その通り地味です。 眼差しが招く誤解や蛇苺徒花に終る努力や梅雨茸性格も声も明るく提燈花玉葱やひと皮剥けし変声期山の百合藪を飛び出て真白なる球場の熱気伝はるビヤガーデン生きて今冷素麺を啜りをり峠には狼平てふ夏野ステテコで集まりて来る町内会噴水に背を向けて座す人ばかり [続きを読む]
  • 菖蒲園
  • 宿の名の街の賑はひ梅雨最中 何年振りかで明治神宮へ行ってきました。花菖蒲が今を盛りと咲いておりました。団体が居て凄い賑わいでした。 羅の民族衣装翻る木造の鳥居に木目夏袴参道の緑陰どこも深かみゆく新緑にすつぽり抱かれ大鳥井参道に森の滴り来るごとしうすものの間に小さなお臍あり夏空に高層の塔太鼓橋半ズボンTシャツで参道をゆけり茅葺の四阿につと夏の蝶睡蓮池瑞穂の島をなぞりけり睡蓮も神の依代なりにけり神代より [続きを読む]
  • ホタルブクロ
  • ソフトクリーム舐めて通勤電車かな 山も良い天気になるかと思っていきましたら、時に晴れ間も出ましたが、山の中は夏霧で、雲の中でした。 小夜の雨なほ頭を低く栗の花夏の蝶天より降りて来たりけり緑陰に兜造りの家ひとつ雨後の万緑胸に沁みて来し万緑を奏づる風や山毛欅の森渓道にまだ色なさぬ山紫陽花霊気とも妖気とも見ゆ小紫陽花山鳥に歩を弾ませて夏の山万緑の渓白竜のをりしかと渓道はどこまでゆけど木下闇木の洞になにかの [続きを読む]
  • 三頭山から槙寄山を経て中平バス停
  •   三頭山から槙寄山を経て中平バス停梅雨の晴れ間を有効利用しなければと、武蔵五日市から八時22分発の都民の森行に乗って、座席は満杯状態で、途中に二か所四人ほどが下車して、ほとんどが都民の森9時30分下車である。天候は、九時ごろから天気になる予定だが、お山は、時折、青空が望むことが出来るぐらいで、雲がとけてゆく気配がない。都民の森入口で、準備をして、渓に白いのは、マタタビの葉で、中にはひと渓を登ってい [続きを読む]
  • ウツボグサ
  • 森に棲むものの気配や小紫陽花 約束したように雨が降ってきて、明るくなって、また曇って、また降るのでしょうね。明日は梅雨の晴れ間になるのでしょうか。 深浅の絡み合ふかに木下闇どこ行けど紫陽花と会ふ小道かな霊気はも身内に抱き山紫陽花お芝居の二幕三幕七変化ハナビてふ紫陽花風に流さるる白紫陽花己が陰影抱きをり夏鴨の湖の小島を根城とす木道をダックスフンド花菖蒲花菖蒲だらり帯する芸妓とも一丁目二丁目の叢花菖蒲白 [続きを読む]
  • オオバジャノヒゲ
  • ひと雨に生気新たな提燈花 今日は梅雨らしい日です。外出は一回もしないで、溜まっている返事やらを片付けて、早やも、夕方になりました。 梅雨激し見過し出来ぬ翁句碑省エネの夏のネクタイ売り場かな十薬や路地で遊びし子ら今もまくなぎや誰が親方なりしかと贈り物のやうにとうすみ止まりけり青梅雨や見晴らしの良き狼煙山胎内のやうなトンネル滝へ行く波平のこと思ひ出す植田かな冷し置くための網ある清水かな内陣の香りに香水混 [続きを読む]
  • 高幡不動の紫陽花
  • 護摩の火の立ち上りたる涼しさよ 今日は、午前中から高幡不動へ吟行会があり行ってきました。午前中はそれでも小ぶりで、庭のある茶室で、お薄を頂いてきました。あじさい祭の一コマでしょうか。 毬はづみ転げ出しさう紫陽花山曇天を貫くごとし今年竹五月雨を香煙上りゆきにけりひと雨に毬の重たき濃紫陽花城山にこもる霊気や七変化ひと雨に煙るひと山七変化青蛙沈思黙考法の山五月雨や衆生灯す大師堂山ひとつ紫陽花浄土なりし寺朱 [続きを読む]
  • 夏の海
  • 湘南の海の香りの青嵐神奈川に居る娘のところから、熱海まで足を延ばして、船に乗って少々遊んできました。三日間の留守でした。白雲の伸び伸び透けて夏盛り地の果ても見えざる果ても夏の海車窓過ぐ海と青葉の交差せる半島に浮き上がりたる夏の鳶ひと湾の風を抱きて夏の鳶百合鴎引き連れてゆく遊び船船腹に夏の海より水陽炎百合鴎夏の雲より白き腹白々と並ぶ船腹夏の湾真白な船のデッキに半ズボン青空に置く天守閣夏の鳶薄物や素肌 [続きを読む]
  • 蛇苺
  • 梅雨らしきひと日を閑居してをりぬ 今日から、娘のところへ行くので、三日間ほど留守にします。早ければ、土曜に更新できればと思ってますが、帰宅時間しだいです。 青梅雨や濡れればひかるもののありぽつと灯が蔵の二階に走り梅雨花弁の色の雫や梅雨の園三代が同居の昭和飯饐る冷素麺父と二人の昼餉かなネクタイを背中に放りビヤホール立飲みの美酒爛漫や冷酒なんにでも駄賃のむかし胡瓜揉み調理長晩酌一丁冷奴繰り返す世の流行や [続きを読む]
  • マタタビの葉
  • さわさわと土の弾みや走り梅雨 梅雨入りしたようです。とっても梅雨入らしいお天気で、納得です。空が白濁としてますので夏燕が目立ちます。 天も地も白濁として梅雨入かなビルどこもひと固まりに梅雨入かな腹に仕舞ふ度量なき日や梅雨ごもり新聞をまるめて剣梅雨ごもり黄濁と荒立つ大河梅雨最中長靴の色さまざまに芒種かなお使ひは盥に入れて心太貧しさといふぬくみとも白玉食ふ林道は村の管理や溝浚へ昭和てふ時代の見ゆる箱眼鏡 [続きを読む]
  • コアジサイ
  • ワンちゃんを遊ばせてゐる青野かな 今日も良い天気でした。私の散歩コースの昭和記念公園は、ワンちゃんを遊ばせるスペースがあり、良く賑わっています。 犬乗せるためのカートや青葉風林相で変はる夏日や尾根の道木漏れ日を毬と抱きて濃紫陽花四方へ日を弾くばかりや白紫陽花紫陽花の身内で風の遊びをり風につと宇宙遊泳山紫陽花木漏れ日の揺れにも揺れて山紫陽花山紫陽花風に深山の香りせり木洩れ日と湖の風和す紫陽花園花火てふ [続きを読む]
  • クリンソウ
  • 糸蜻蛉渓の木漏れ日ぐんぐんと ひと月ぶりの山行きで、たちまちばて気味になりましたが、エネルギーを補給すれば、少しは回復しました。良いですね山は。 またたびの葉の白々と夏盛り吾が影となりしお歯黒蜻蛉かな濃き影を水面に落し夏の蝶岩盤は大きかりしが小滝かな小滝てふ雫幾重もなすところせせらぎの音が潤すのんどかな森林の白き妖精小紫陽花大滝と鳥声殊に競ひ合ふ滝へ来て美しき声出す鳥のをり渓流を指揮してをりぬ夏の蝶 [続きを読む]
  • 大岳沢から大岳山
  • 大岳沢から大岳山ひと月ぶりに山に行こうかと思って、武蔵五日市に8時に降り立った。三頭山のバス停へ行くと、どうやら今日は都民の森が休みで、従ってバスが数馬までしか行かないし、それも一時間も待たなければいけないので、それは直ぐにあきらめて、同じように滝を見て頂上を極めるコースである大岳沢から大岳山のコースにすぐさま変更する。だけれども、そこの地図を持ってこなかったので、少しの不安があるが、大体の地図は [続きを読む]
  • 夏萩
  • 一湾に描きゆく水尾夏の航 今日は、句会があり午後から持ち寄りの句で一回、即吟で二回目の句会でありました。やわなことを言いますが二回やると大概疲れます。 交差して宙でぶつかるあめんぼうあんかけのやうにとつぷり梅雨茸家々に朝餉の煙山法師抜け道も近道もあり提燈花破れ傘漂ひ来たる杜の精はびこりて十薬の根の深さかな土石流注意にへくそかずらかなアンテナを巡らせてをり美女柳峠には高嶺と湖と月見草昼顔の素顔人妻かも [続きを読む]
  • コウホネ
  • 竹垣を漏るる三味の音鉄線花 陣馬高原に夕焼け小焼けの里と言うのがあって、長男の家族と一日遊んできました。ポニーや兎さんと触れ合えるので子供にはいいですね。 床の間の鉄舟の書や鉄線花朝焼の雲へ稜線登りゆく泥鰌鍋大黒柱ある老舗再婚の内祝とす泥鰌鍋ぐひ呑にたつぷり地酒泥鰌鍋性格は治らざるもの髪洗ふ車窓開け潮風となる夏めく日髭濃ゆき父の顎へと浮き人形青田道茅葺屋根の本家かな干拓の青田にねまる寒風山アルプスに [続きを読む]
  • ナデシコ
  • 街結ぶデッキロードや風薫る 午前中は定期の糖尿病の検査に行ってきました。待ち時間ではなくて読書の時間で、たっぷりと読書が出来ました。 緑陰のシート何れもふたり連れ屋上の庭園天の風薫る並木みな道に平行新樹光緑陰の父母に抱かれてゐる双子木漏れ日のぐらりぐらりと白紫陽花噴水の煙り虹色を帯にけり噴水の明日に希望のあるごとく野薔薇咲く空に真近き丘の上彫像の視線の中に夏の鳶深みゆく青葉若葉の湖の色群衆のごとく固 [続きを読む]
  • 定家葛
  • 葉桜や駅それぞれにある陸橋 立川の昭和記念公園で、「まんパク」をやってますが、初めて訪ねました。世界のビールなるものも頂き、食べ過ぎ飲み過ぎ状態です。 「熊注意」看板ひとつ草苺渓沿ひに民家筍流しかな外灯に白と橙走り梅雨盲目の愛といふこと根切虫五月尽机上で旅のシュミレーション海よりは陸に傾ぎて松落葉汚れなき杣の青空袋掛窓辺には富士と白雲新茶汲む屋根瓦備前焼とな桐の花蓴菜採る空へ尻上げたらい舟少年の頃の [続きを読む]
  • 十薬(八重)
  • 枇杷の実のたわわ廃墟のやうなビル そう言えば、山梨の芦川村で毎年、すずらんの里祭をやっていたことを思い出して調べたらもう終わってました。 自転車と歩行者の道皐月咲く禿げ山が子らの遊び場夏燕立葵一人ならざる主役かな美容室多き街路や罌粟の花夏の夕携帯まるでひとり言十薬や路地に稲荷の朱の鳥居日当たれば酸化する肌山法師花弁に散りゆく蕊や朴の花天上に浮き上がるかに朴の花弓の音にはすかに上下額の花白砂を囲みて青 [続きを読む]