大山大介 さん プロフィール

  •  
大山大介さん: 俳句とお星様と山歩き
ハンドル名大山大介 さん
ブログタイトル俳句とお星様と山歩き
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ryuusimutou2
サイト紹介文俳句を毎日詠みたいと思ってます。山は奥多摩のほうを登ってます。お星様のお話は、いつか再開します。
自由文山登りと俳句とお星様と備前焼と「蒼空」というお酒が大好きな日々を過ごしてます。
一番は、山登りかな、軟弱ハイキング程度ですが、これが止められません。
俳句は、日々のため息と吾が記憶にある風景と自然が放つ声です。
備前焼は土のぬくもりと作家脇本博之に心酔してます。
酒は、京都伏見桃山藤岡酒造の「蒼空」です。機会あれば、お尋ねください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/05/31 10:38

大山大介 さんのブログ記事

  • サラシナショーマの実
  • 国旗立ち今日は勤労感謝の日 国旗が立っているのを見て、今日は、そうか勤労感謝の日であったと気が付いたのです。久しぶりの散歩でした。 瞬間に国生みの雲鰤起し山茶花をちりばめ誰の花道やたそがれの日を宿しをり冬紅葉関東の明るき空や冬紅葉ひとところ芒靡かせ貸農園落葉踏む二人の同じ歩幅かな木道に歩を止むれば散る柳冬ざれへ長き影伸ぶ木立かな北風が急かす小流れ沸き立てり真つ黒な機影が統べる冬の空冬の鳥よしなしごと [続きを読む]
  • 十月桜
  • 海底のものぷかぷかと鮟鱇鍋 今日は、これから横浜に出かけて旧交を温めるという予定があり、早めに掲載します。 吊るされて鮟鱇にある海の艶引力てふ重さ鮟鱇ぶら下がる鮟鱇をしやぶり艶めくふたりかな小上がりの鮟鱇鍋の二人かな鮟鱇や海の深淵口中に安居とも暗愚とも鮟鱇ひかる鮟鱇のこころの在り処誰も知らず大洗海岸に鮟鱇並ぶがまぐちのやうに鮟鱇吊るさるるみささぎへ続きて銀杏落葉かな手をつなぐ家族銀杏落葉道天も地も黄 [続きを読む]
  • ツリバナの実
  • 諍ひも団欒も知る白障子 今日は、雲一つない天気で、誕生日にたまたま昼の飲み会を入れてをり、たっぷり飲んで、夜はまた家族と一杯やって、酩酊状態です。 横穴はむかしの墓や冬鴎山茶花を散らしてゆくや行商女海原に希望あるかに水仙花悟りなく過ごす晩年冬紅葉寒林やどこまでゆけど富士の峰寒林といふ格子窓富士白し集金の押し寄せて来る懐手懐手哲学の無き世なりけり寒鴉それぞれに名はなけれども友達になる時はなき寒鴉寒燈や [続きを読む]
  • ニシキギの実
  • 白菜の見事な尻を集荷せり ご近所とすれ違うと、話は寒いばかりですが、どうなのでしょうかいずれ、雪国には当然のように雪が降っているようですが。 物語あるかに二人冬木立山茶花やポツクリ逝くをひと願ふ宇品から島へゆく船酢牡蠣食ふ凍鶴や背骨まつすぐバレリーナ魚屋のバケツ一杯鯨かなむささびの里の家へと帰る影参道の夜空引き摺る熊手かな吉祥の話弾みて息白し深情け過ぎると思ふ風邪の神穴場みな一か八かや泥鰌掘る何時ま [続きを読む]
  • ムサシアブミの実
  • 葉牡丹や集会所へと村の民 今日は、結社の句会で、先ほど帰宅しました。それこそ御茶ノ水で、ばったりと鳥取の句友と出会い、聞けば、今日は結社藍生の集まりが山の上ホテルであるとのこと。会うものですね。 多摩川に富士を望むや小六月冬ざれて額広がるこころもち夜更けて頭のなか跳ねる榾の音関東の冬青空のとぼけ顔忘れ得ぬひと居らばこそ年わすれ寒雷や妻と二人の終の家この世には此岸と彼岸冬の浜素足白く膨らんでをり寒念仏 [続きを読む]
  • 二の酉
  • 門前にふたつおかめの熊手かな 今日は、大国御魂神社の二の酉に行ってから、府中競馬場へ少し立ち寄って帰ってきましたが、少しご利益があったようです。 昼ながら夜と灯して酉の市ぽつぽつと裸電球大熊手店の名の暖簾天より酉の市参道を走る手締めや酉の市手締めみな神へと届け酉の市飲み食ひの香り漂ふ酉の市一等にまた順列や菊花展賞取し後の乱れか一輪菊古熊手納められてはひかり合ふ古熊手宝の山のごとく積む乱るるは裾からの [続きを読む]
  • イヌウメモドキ
  • 地に宿り天に宿りて竜の玉 今日は、免許の更新に行ってきましたが、なにしろめったにお世話にならないところなので迷いました。 家々の自慢の味や鰰鮓猪の肝を炒めて昼の酒森といふ童話のとびら冬苺坂道は天へと銀杏落葉かな見えざるがつながつてゐる冬の星幽谷の胸のはざまやクリスマス冬雲の縦にビックリマークかな岩室は風のたまり場神無月虎落笛少年時代を港町今一度霜に生かされ荒野かな地中にはうごめく命枯野かな庭先の冬日 [続きを読む]
  • リンドウ
  • 潮を吹くごとく煮え立つ鯨鍋 今日は、病院の検査でまあまあの結果でした。増えていた体重が元に戻って、明日辺りから動かねば。 竹馬もごっこも兄のお下がりでふるさとの家々障子明かりかな着やせする骨太の人枯木山大根葉だけを商ふ無人市湯冷めして身にまつはるややまいだれ落人の里の切干太かりぬ波に乗り波に抗ひ牡蠣筏世を忍ぶ仮の姿か返り花風神の棲まふ屏風や敷松葉侘び助やむかしここらは遠流の地冬の虫土塁の上に松一本鳥 [続きを読む]
  • イソギク
  • 紅葉山白き別荘抱きをり 今日は、ようやくに欠礼を書き終えて、気分も安どしているところです。こじらせた風邪もなんとか離れてくれそうなので、明日は、ゆっくり散歩しよう。 歩み来て歩み去る人芒原青空に機影の雲の一文字千万の布陣を終えて芒原冬日抱きひと日あやして仙石原金時が遊びし山に冬日差す日に生まれかがやく笑顔芒原芒原笑顔と笑顔すれ違ふ手をつなぐ親子恋人芒原山肌はどこも曲線芒原芒野の果て白雲の空続く直線に [続きを読む]
  • 仙石原
  • 想ひ出をなぞるごとくに鳥渡る 日曜と月曜に風邪が治らないままに、広島からの友と静岡の友の三人で、箱根で一泊してきました。 あかときの引き絞られし冬の月天上へ雪の架け橋富士の峰富士白し紅葉の峰を四囲に置く山麓を流れゆく水柿の秋里宮を抱く里山神の留守天窓のあるバスに乗り紅葉山残菊のまぶしき里の畑かな感嘆符みたいに紅や黄葉山仙石原風に炎となる芒白雲と語るひと日の芒かな冬日受け仙石原のかがよひぬ冬日みな絮と [続きを読む]
  • 灯台
  • 初冬の見えざる山の浮ひてをり 今年の寒さはどうなのでしょうか、どうも年を経るごとに気になります。北国は、暖房がしっかりしているからいいのですが、東京は中途半端で、寒いところです。 狂ひ花地下の店にてフラメンコ冬帽子ステップを踏む石畳もののなき食卓に居り寒波来る自転車で縫ひゆく山河小春風観音の絶えざる笑みや小六月一樹へと飛沫のやうに冬の鳥竹筒を通りゆく水冬に入る納豆の糸引く早さ今朝の冬小魚の跳ねて冬日 [続きを読む]
  • 石蕗の花
  • 猟夫くる獣のごとき息づかひ 猟の時期になると、お山は、鉄砲の音が聞こえてきたり、猟夫と突然に出会ったり、猟犬が飛んできたりと、なんか危ないですね。 猟犬の走りてきたる山の道近寄りし夜も遠のく神の旅屏風絵の獅子の咆哮聞き逃す仏には光背人に金屏風幸不幸あればのひかり金屏風冬ざれて水に皺寄るひとところ河豚汁やつくづく上野なりにけり紀伊国屋前を木枯し過ぎゆけり小春日の舟のエンジン停めてをり煙り立つ三途の河原 [続きを読む]
  • 冬鴎
  • 湘南の海のキラリと冬立ちぬ 今日は、昨日とはまたうって変わって、天気が悪いです。お陰様で、家の中でゆっくりと出来ております。 アルバイトみたひな禰宜や七五三一艘に紅葉かつ散る殿の庭北国の煮立ちて泳ぐ皮鯨給食も鯨三昧なりし頃竹馬や砂浜なりし学校裏竹馬を立て掛けてある校舎かな露天湯の明りを四方に紅葉かな吊橋の敷板朽ちて紅葉山稜線にひかる白砂や紅葉山人の名の山の裳裾の紅葉かな萱葺の屋根裏部屋も白障子峠へと [続きを読む]
  • 伊根の舟屋
  • 生垣にぽつり茶の花文人宿 単なる風邪で誠に恐縮な話ですが、体調が回復の兆しにあるので、神奈川に居る娘のところにお呼ばれして行ってきました。今日も良い天気でした。 鳥渡る天橋立弓として紅葉へとかがよふ海のひかりかな蒼天に冬鴎浮く日本海伊根湾の波たひらかに冬鴎小春日のガレッジのやうな舟屋かな冬ぬくし舟屋大きな口を開けひと湾のどこも舟屋や海鼠桶小春日の波入れ舟屋暮にけり冬晴の闇を蔵して舟屋かな大空の鳶の高 [続きを読む]
  • 天橋立
  • 神さびの庭を抱きて秋の空三日間、旅に出てました。全日良い天気に恵まれました。初日は、俳句の通りで、観光名所俳句で、すみません。柿の秋湾はなれゆくケーブルカー秋空に一文字天橋立橋立を持ち上ぐ秋の海ひかる股のぞき橋立に浮く昼の月秋の航扇びらきに生るる波紅葉分け昼の月へとゆくリフト秋雲のやうなここちのリフトかな彼岸此岸紅葉をつなぐ天橋立色鳥の声美しき天橋立色鳥は結びの神か新松子あかときの海の影絵や新松子 [続きを読む]
  • ヤクシソウ
  • 凩の日陰に力を増しにけり 全国的に爆弾低気圧による凩の影響があったようで、私も外出して木枯し一号を、体験させていただきました。明日から三日ほど留守にします。 青空のどこかに故郷芋嵐晩秋の濃ゆきひかりの野道かな野の鳥も加はる遊び赤まんま辞儀をして直ぐに仰け反る芒かな秋天の銀鱗となる機影かな靡かせる風の言葉や芒の穂秋の蝶ひらり落ちゆく速さかな圓窓を過ぎゆく影や鶴来る枕木が小川の橋や照紅葉木枯しやゲートボ [続きを読む]
  • 柿の秋
  • 勾玉が放つ霊気や臭木の実 昨日は午後からの酒飲み句会で、二ラウンドこなして、酔っぱらって帰ってきましたので、更新できませんでした。 天界へ一斉に舞ふ草の絮草の実や身ほとりを詠み重ねつつ草紅葉白き道着の男達山栗の樹下野猿の一家族黒々と栗虫穿ちたりし穴北前船風待ち港霧笛鳴る故郷の香りのほのと栗ごはん締切の詰まる不安や暮の秋渓道に採つてくれろと鬼胡桃螻蛄鳴きて魑魅魍魎の寄り来る里山はのほほんとして黄落期大 [続きを読む]
  • 大菩薩湖
  • 日に燃えて風にも燃ゆる紅葉かな 今日は、文句なしのお天気で、気持ちが良かったです。紅葉は今一でしたが、景色も空気も最高でした。 倒れ木を潜りまたぎて野分跡妖精の悪戯赤き木の実敷く秋の蝶木の葉のやうに舞ひ上がる散り敷くは赤き木の実や踏までゆく山道とだけの表示や紅葉山秋風と一人の吾の山の道玉石を踏まばずるりと紅葉山回廊の尾根道紅葉明かりかな木漏れ日と語らひてゐる紅葉かな黄のなかの紅の一点紅葉山青々と落ち [続きを読む]
  • 小屋平から石丸峠を経て牛ノ寝通りから小菅の湯まで
  • 小屋平から石丸峠を経て牛ノ寝通りから小菅の湯まで土日は、台風ということなので、それでは、前日に、牛ノ寝通りをお散歩してみようかと思い至って、平日は、通常は、甲斐大和からバスが動いていないのだが、この時期は運行しているのである。甲斐大和駅をバスは、8時10分発であるが、8時1分下車の電車で降り立てば、すでに満杯で、立ち席で余った方は、後からマイクロバスが出そうである。まあ、50分程度の立ち席だが、山道 [続きを読む]
  • 富士の冠雪
  • 秋空の二本の橋やモノレール 天気が良かったです。富士山もくっきりと見えて、もうかなり雪を頂いてましたね。あっという間です。 こころにも沁みてくるもの薄紅葉天高し地には届かぬ機影の音青年のすがすがしさや芒の穂山襞を刻む高嶺や暮の秋笑顔満つ銀杏黄葉の並木道行進の両手を高く運動会蒼空へひかりを弾く紅葉かな青空と紅葉を入れてひとつ湖薄紅葉水辺のものに及びけり水辺てふくつろぎの時石蕗の花嵯峨菊のはすかな揺れを [続きを読む]
  • コウヤボウキ
  • 裏町の質屋の灯り虫時雨 今日も雨です。結構気温が低い気もしますが、どうでしょう。散歩が出来ないので今一気分が爽快じゃないですね。 兄が継ぐ実家の古りて暮の秋むら雲の気ままな流れ秋の月対話してゐるやうな気が松手入雲の影流れゆきたる照紅葉青空をゆく風に鳴る楝の実鵙日和森に一か所弾薬庫柏手は感謝の音や秋収め武蔵野の陸稲の穂波立にけり昔日のあれが恋かも赤のまま座り良き備前の酒器や新豆腐山法師の実見上ぐるや宿 [続きを読む]
  • 蛇木杉
  • 一村は平の姓や残る虫 今日は、広島のアンテナショップを訪ねてきました。お好み焼きを頂いてきましたが、広島弁が飛び交って更に美味しかったです。 秋の暮網代笠の坊主立つ松手入れ天の頭髪刈るごとし鵙猛る田圃に一軒百姓家宿場町ひやかし釣瓶落しかななびきをる武田が旗や柿簾あやかしのものが潜むや芒原秋霖のひと渓の寺隠しけり若き日の父母のおもかげ後の月エンジン音待ちをる埠頭秋の暮甘柿の大きさ揃ふ箱のもの箒持つジャ [続きを読む]
  • 石窟(石老山)
  • 遠山に深む山襞台風過 今日は、見事に晴れました。気持ちが良いです。国分寺のはけの水を今日歩いてきましたが、あちこちで結構溢れてました。やはり影響あります。 夕紅葉どこか淋しき花屋かな紅葉づるや散歩の腕にパトロール青空へ口をざつくり石榴かな青空に焦がれて桜紅葉かなこだはりのおにぎりの店豊の秋青空と強風残し台風過珍名の表札ひとつ赤まんま平安の礎石に立てば天高し公園を池とし遊び野分過青空に機影幾つか野分過 [続きを読む]
  • ピラカンサスの実
  • 露草の目指す高みに届かざる投票は早々に済ませて、勝ち馬投票券も買いに行きましたが、当たりのない投票券を買ってしまい、誠に、残念です。蟷螂の身を折り力貯える諍ひのしじまの中へ小鳥来る表裏なきことの明るさ吊し柿報道は娯楽番組うそ寒し台風の来るてふ夜の静けさよ明け方の薄闇包む秋の雨路地今もみんなのものや秋刀魚焼く必要な分の長さに飛蝗とぶ邯鄲や明りに工夫ありし庭渓流と照葉が奏づハーモニー誰よりも場を心得て [続きを読む]
  • 木瓜の実
  • 濡れるだけ濡れて艶めく水引草 良く降ります。明日もこの調子だと、投票率ががくりと落ちて保守政党の圧勝じゃないですか、明日は、姿勢を自らに示し、菊花賞の馬券を買う前に投票します。 溝蕎麦に淡きピンクの息使ひ蓑虫も人も蓑着る時候かなご先祖の畑守りて新牛蒡疼きたる手術の跡や雁わたし柚子味噌や祖母に母にも里があり年を経て分かりくることとろろ汁民宿の厨の音か霧の朝卓上灯その明かりもて夜食かな藁塚に職人芸と美意 [続きを読む]