nanahati さん プロフィール

  •  
nanahatiさん: 世界の貧困撲滅
ハンドル名nanahati さん
ブログタイトル世界の貧困撲滅
ブログURLhttp://z78b2f.blogspot.com/
サイト紹介文太陽光発電・壁窓ガラス発電・超伝導蓄電池などの先端技術を使えば世界の貧困を無くすことができる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/05/31 12:13

nanahati さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 魔法のストローと魔法のペンキ
  • およそ7億5,000万人もの人は安全な水が手に入らず、さらに年間約50万人もの子どもが汚い水が原因で命を落としているという。この魔法のストローで汚い水で命を落とす子どもが救われる、かもしれない。ただし、価格は22.95米ドル(約2,600円ほど) とすると無理でしょ、お金がないんだから。ボトルの水を購入した方が安い。このストローの原理で大型製水機を製造すればいいと思うが・・・。下記のような、塗るだけで大気中から水分を [続きを読む]
  • 悪質運転を通報しましょう
  • 悪質な運転は、高速道路を運転中でも110番に通報しましょう。高速道路のパトロール機動隊が待機しています。それがだめなら公安委員会に通報しましょう。★今の道交法は危険なドライバー、暴走、改造車に対しては厳しく取り締まる様に改正されてます。暴走だけでなく、後部に異常接近して嫌がらせをする車が多くなりました。レクサスが特に多いですねー。ただし、わざとノロノロ運転して少しでも変なことをすると通報される場合 [続きを読む]
  • 人の意識は永遠に生き続ける
  • 臨死は脳が死んでいないから、脳が起こす幻覚に過ぎない、意識があったから幻覚を見ただけ、という識者が多い。とはいえ、意識が生きていた・意識は死なない、から記憶することができた、とも言えると思います。これは意識の世界(死後の世界)が存在する証拠でもある。体は消滅しても、人の意識は永遠に生き続ける。宇宙意識が最も進化したものが人間の意識であって、意識も原子や量子の一種で、60兆個の細胞やホルモンや免疫細胞 [続きを読む]
  • 死後の世界が存在する証拠
  • 臨死は脳が死んでいないから、脳が起こす幻覚に過ぎない、意識があったから幻覚を見ただけ、という識者が多い。とはいえ、意識が生きていた・意識は死なない、から記憶することができた。これは意識の世界(死後の世界)が存在する証拠でもある。体は消滅しても、人の意識は永遠に生き続ける。3回死んだ事がある人の体験談木内鶴彦さんのお話しhttps://www.youtube.com/watch?v=Pv899bB24DE瞬間移動したhttps://youtu.be/N2bVbMnmCk4 [続きを読む]
  • 真実をぶちまけた山本太郎
  • 山本太郎が高校生100人を前にして、真実をぶちまけたhttps://www.youtube.com/watch?v=G33jiaiGvCU信じられないが事実のようです。池上 彰のニュース2016総決算! ニッポンが危ないというTv番組があった。https://www.youtube.com/watch?v=eYhHwf7p_c4これも真実、これを合わせて考えれば山本太郎の演説を信じることができる。これを踏まえて将来の職業を選択するべきでしょう。無知ほど怖いものはない。若者よ騙されるな [続きを読む]
  • 死後の世界を考える
  • 原子の性質http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/genshi1.html1]化学変化でそれ以上分けることができない。2]化学変化で新しくできたり、なくなったり、種類が変化したりしない。3]種類によってその質量、大きさが決まっている。原子の結合http://xn--cjrs7ic9cy16b.com/r3ketsugou.html様々な物質は、たくさんの原子が結合してできている。(人は母親の胎内で原子結合して誕生する)万物に意識がある(後記引用)植物や鉱物にも意識・心 [続きを読む]
  • 不敗の格闘王
  • 不敗の格闘王 前田光世伝http://d.hatena.ne.jp/shins2m+new/20140929/p1ブラジル移民を救った、前田光世伝ことコンデさん。youtubehttps://www.youtube.com/watch?v=2cuYEiLpkWM格闘王というよりも、ブラジル移民を救ったということが凄い業績でしょう。狭い日本、ブラジル、トメアスに行こう。トメアスhttps://www.frutafruta.com/agroforestry/tomeacu.html [続きを読む]
  • 過去の記事 …