事実を話す@心理カウンセラー神谷 さん プロフィール

  •  
事実を話す@心理カウンセラー神谷さん: 事実を知って、人間関係を簡単にしちゃうブログ!?
ハンドル名事実を話す@心理カウンセラー神谷 さん
ブログタイトル事実を知って、人間関係を簡単にしちゃうブログ!?
ブログURLhttps://ameblo.jp/j-mc/
サイト紹介文心理カウンセラー神谷が、難しいと言われる人間関係を簡単にすることを目指して一緒に考えるブログです。
自由文カウンセリングは本音の世界です。
建前の世界で何が真実だか区別がつかなくなっている人によくお会いします。
その方たちを見させて頂いていると大まかに2パターンに分かれるように思います。
そのことにうすうす気づいていながらその建前を真実だと言い続ける人・・、建前は建前として真実と向かい合おうとする人・・。
このブログでは後者の真実と向かい合おうとする人を対象に、一緒に考えていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供351回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2011/05/31 14:52

事実を話す@心理カウンセラー神谷 さんのブログ記事

  • 交換日記をしてあげなさい!
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Bさん「そうですよね。同じものでも、見え方って全く違うんですよね。選択肢がなかった私ということも、ここにきて痛感しています。選択肢があるといいですよね。執着する必要がないので、圧迫感もない、焦りもいらないことになっています。これだけのメリットがあるなんてわかっていなかったですね。そんなメリットに目がいくはずがないぐらい、今いる環境が唯一でそこ [続きを読む]
  • ドラマ「明日の約束」
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Eさん「そうですよね。今から思うとなんで、想像とか妄想しなければいけないの!って思うけど、今でも周りの人は、想像とか妄想で判断し、結論を出して行動しているのでそれが普通だったのだと思います。それではいい結果なんて出る訳がないのは、今だからわかることです。 これまで、そこまできちんと向かい合うことがなかったのだと思います。 もったいないですよね。 [続きを読む]
  • 子供って親の嫌な顔一つも見たくはない・・
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Aさん「そうですよね。私も字が読めないことに匹敵するぐらいのことだと思います。そのぐらい重要ですよね。ただ、字が読めなくても、そんなことを習う時間があれば水汲みにいったり、草取りした方がいい環境で、その環境の立場が強い人が字が読めなければ、字が読めない方がその環境では生きやすいと思います。立場の強い人に従っておくことでその環境にいやすいんです [続きを読む]
  • もう少し早く知りたかった♪
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。私「そうですよね。一か八かが普通で、しかも一回勝負ぐらいしかやらない人って案外多いんです。それで、結論をつけ判断しているのでいい結果が出にくいんですよね。いい結果を出すことってそうしたいかを聞けば、誰もがやりたいことなんだとは思いますが、意識ができていないことが多いのだと思います。いい結果をだすよりも、自分の気持ちとか、教えられたこととか、常 [続きを読む]
  • いわゆる毒親とかはそんな状態なんです。
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Dさん「そうですよね。私もいつも一か八かでしたね。ようはいろいろなことがわかっていなかったのだと思います。目の前のこととか、相手とかを知ろうとするのではなく、私なりの目安に照らし合わせて決めつけて評価していましたね。例えば、家柄で決めたり、学歴で決めたり、職業で決めたり、長男か、次男かで決めたりしていました。それがいけない訳ではないし、見当違 [続きを読む]
  • めんどくさい子だね〜
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Cさん「そうですよね。いろいろな普通があるんですよね。私たちが今まで思っていた普通は、たまたま、生まれた所の普通なんですよね。私たちは、日本語を日常に使っていますが、それは日本に生まれて周りの人が日本語で話していたからなんでよね。いくら日本でも、日常に一緒にいる人が英語を話していたら、英語を普通に話しますし、中国語を話していたら、中国語を普通 [続きを読む]
  • 何を目安にしたらいいかわからなくなる
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Bさん「そうですよね、結果の出ない小さい範囲での勝ちはいらないですよね。かえって自分の未来が閉ざされてしまうことは、なかなか教えてもらわない限りわからないですよね。それだけ私の周りには、その小さな勝ちにこだわっている人が多かったです。例えば、車に乗っている時にはその感覚が出やすいですね。どちらが先に行くか、割り込んだとか、進路妨害したとか・・ [続きを読む]
  • あなたは劣っているの魔法
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Eさん「そうですよね。理不尽な人が強い立場に立つんですよね〜嫌だけど、私のいた環境もそうでした。理不尽の勝ちだったですね。でも、その勝ちは一時的な小さい勝ちなんですよね。例えば自分の思い通りにしたくて、間違ったことでもあっていると押し通すことを長年している人は、間違ったことでもそのことを認めたりする感覚が少しずつなくなってきて、悪い結果だらけ [続きを読む]
  • 一時的な小さい勝ち?!
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Aさん「そうですよね、私も強くないです。私の周りには、自分の考えを言い切る人が多く相談しても、その人の考えを押し付けられるしかありませんでした。それが相談だと思っていましたね。だから、自分の意見を持って言い切る自信があって強い人というイメージがありました。だから、私も自分の意見を言い切って強くあらねばと思っていました。だから真似をして、自分の [続きを読む]
  • 理不尽な人が勝つ!?
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。私「そうですよね。私もそうですが、人ってそんなに強くないんですよね。強がるのは強がらなければいけない訳があると思います。そうしないと馬鹿にされるとか思ってしまうんですよね。その他にも理由はあるのだと思いますが、それは選択肢の一つに過ぎないんですよね。でも、自分の中で常識にしてしまい誰もが馬鹿にしたりしてくると思い込んでしまっているんです。そう [続きを読む]
  • 偏った常識
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Dさん「そうですよね。私もこの場所に支えられています。だからこそ、嫌なことがたくさんある私がいる環境で、余裕を持って対処できています。以前は、そんな余裕はなく、いつも、イライラしまくり、周りを威嚇しまくるか、怯えて、閉じこもるかぐらいしかできていなかったです。しかも、そんなことをしていると認めたくないので、相手のせいにして私は悪くない!と主張 [続きを読む]
  • 判断自体が思い込みでの勘違い?!
  • YouTube講座受講生様へ第19回目配信しました。こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Cさん「そうですよね。それ凄くわかります。この環境があると、支えてもらっている感じがしてパワーアップするんですよね。人を信じられずに、一人で孤独に立ち向かっていた私でしたが、それもそんな環境だったからでした。 環境ってこんなに大事だったんだと、ここではじめて知りました。私は、環境のせいにするのは卑怯だ [続きを読む]
  • 嫌な態度をとり続けられる環境
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Bさん「そうですよね。一緒に考えるって楽しいですよね。私も一緒に考えるって全く違うイメージを持っていました。嫌なイメージでしたね。隠したい、話したくないという感覚がすごいでてきてしまい防衛していました。もったいない話ですよね。こんなに楽しく一緒に考えられて、いろいろなことが見えてきて、解決もして、未来をよくすることができる感覚も身につけられて [続きを読む]
  • この環境があるからできる自信がある!
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Eさん「そうですよね。一緒に考えていくことが、こんなに楽しいことだとは思いませんでした。これまでのイメージは、一緒に考えるということは口を出される、考えを押し付けられるという感じでした。でも、それは、私が親にされていたことなんです。私の親、特に母は、母の考えが正しいと思っているので、その考えを押し付けられていました。子供は逃げられないんです。 [続きを読む]
  • 一緒に考えるって・・・
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Aさん「そうですよね。学ぶか学ばないかでは、全く違う結果になりますよね。私も、まったく違う結果になっています。わからないことをわからないと言えたりきちんと受け止められることは、本当は必要不可欠なんですよね。それが、以前の私はできませんでした。わからないということは、バカにされることでした、頭の浮かぶのは、バカにしている姉とか、母、父ですね。私 [続きを読む]
  • とにかく判断が早い!
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。私「そうですよね。私はカウンセリングを通してたくさんの夫婦のお話を聴き一緒に考えさせてもらってたくさん教えてもらいました。誰もが、離婚したくて結婚したのではないですよね。だから、仲が悪くなりたくて仲が悪いわけではないんです。お互いに仲良くしようとすることがすれ違うケースもあるし、家族になった途端に、家族扱いになり、丁寧に接することができなくな [続きを読む]
  • わからない時は学ぶ。
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Dさん「そうですよね。私も同じような感じでしたね。旦那と仲良くするなんて、とんでもないこと!だと思っていました。ママ友とかには「気持ち悪いあの人!」とか言っていましたからね。本当に何のために結婚したのかわからないですよね。私の場合なのですが、結婚するということと、結婚生活をするということは繋がっていませんでした。結婚=結婚生活なんですよね。当 [続きを読む]
  • 離婚したくて結婚する人はいない!?
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Cさん「そうなんですよね。私もいろいろなことから守らなければいけないので、謙虚になっている場合じゃないと思ってました。謙虚になると馬鹿にされるとか、いいように使われると思っていたのです。確かに、私のいた環境では、謙虚にしていたら「そんなこともわからないの?」と馬鹿にされていましたね。私は、ここにきて少しずつ、自分とか、人とか、状況とか見えてき [続きを読む]
  • 旦那の粗ばかり探していました^^;
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Bさん「そうですよね。私もやみくもに守っていたと思います。守るために、攻撃をしてもいました。例えば、私はいつも母に口うるさく言われていたので、言われないように母の機嫌を損なうようなことはとにかく避けて生きてきました。いつも母の機嫌を伺うことが私にとっては常識でした。その母のいつも言っていたことは、仕事の愚痴で「あの人は仕事をなんだと思っている [続きを読む]
  • 速く走れる練習の仕方とかコツ
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Eさん「そうですよね。私もすぐに気持ちがついていかないと言っていました。でも、それであまりよくない結果になっているのはわかっていませんでした。結果を見るよりも、自分の中だけで葛藤していたからだと思います。本当に、事実を捉えるとか、結果を見据えるということの習慣がないんだと思います。気持ちがついていかないというのが悪い訳ではないと思います。以前 [続きを読む]
  • 守ってばかりの人生
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Aさん「そうですよね。私もどうしたらいいかわからず、野良猫のように威嚇ばかりしていましたので孤独でした。でも、私には、威嚇するか、従うかの選択肢しかなくどちらもいい結果がでなかったので、途方に暮れていたんです。私は私なりに、懸命に考えてやっているのに結果が出ない現実を突きつけられ死にたくなりました。この苦しさは、今でも思い出すと泣けてきます。 [続きを読む]
  • 気持ちがついていかない?!
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。私「そうですよね。判断って経験、知識が基になっているんですよね。それは、知ってはいると思いますが、知っているだけになっているんですね。よく考えれば当たり前のことなのですが、見逃されているんですよね。見たくないのもありますし、見て欲しくないという気持ちもあると思います。>でも、見なければ、あまりよくない結果が出る判断をしてしまうことが多くなって [続きを読む]
  • 試してみる価値あり?!
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Dさん「そうですよね。どんな判断するかは、どんな経験をしたか、どんな知識があるかなんだと思います。経験は、近くにいる人との間で起こることですよね。知識も、どんな人に教えてもらうかで全く違うことを教えられることもよくあることでしょう。例えば、近くにいる人が人の目が気になって仕方がなかったら、その話を聞き続けることになります。しかも、人の目が気に [続きを読む]
  • 話もしぐさも表情も真に迫っている
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Cさん「そうですよね。判断って経験、教えられたことで変わってくるんですよね。以前話していた、野良猫の話も、誰に対しても威嚇したり逃げたりするのは、嫌な人にあったり、親猫に教えられたからそうなっているんでよね。これが、優しい人に出会っていたり、親猫が威嚇したり逃げたりしなくても大丈夫と教えていたら、同じ猫でも全く違う判断で行動するはずです。ここ [続きを読む]
  • 猫のケースと同じ♪
  • こんにちは、カウンセラーの神谷です。前回からの続きです。Bさん「そうですよね。私も会話するときの判断は、相手の話を私がどう思うかを話すことでした。母に同じことをされて嫌だったのにもかかわらず、そんな判断をしていました。今でも母は、私の話を最後まで聞いてくれませんのであきらめていますが私がその真似をしているとは思いませんでした。でも、実際に私は真似しているのです。無意識って怖いですね。意識しなければ [続きを読む]