園遊舎主人 さん プロフィール

  •  
園遊舎主人さん: 園遊舎主人のブログ
ハンドル名園遊舎主人 さん
ブログタイトル園遊舎主人のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/koichiro1945
サイト紹介文温故知新。 日本の自然に学ぶ。
自由文ドイツ人のランドスケープ・アーキテクトに日本のガーデニングを紹介した時、江戸期以前のガーデニングは参考にしていたが、近年のガーデニングには目もくれなかった。花についても同様。
オランダのキュウケンホフ公園の猿まねやイングリッシュガーデン擬、日本産の花の利用が少ない、わざわざ西欧から見に来る価値のないものが多すぎる。
外国人に、これが日本の新しいガーデニングと言える庭や花の増えることを期待して。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2011/06/01 06:34

園遊舎主人 さんのブログ記事

  • ★安永九年春・一月〜三月
  • 江戸庶民の楽しみ 53★安永九年春・一月〜三月★一月九日○九過より(略)浅草参詣(略)神明参詣(略)保福寺前(略)谷中通山内屏風坂、車坂の門より出(略)三河屋に休み田原町中小路並木へ出、風神門内群集、直に参詣(略)柳屋十次郎鄽(略)伊勢屋に休む(略)帰路広小路より例の如し、孔雀屋(略)山下より中町手打そはへ立寄(略)客甚多し(略)女坂より上り伊勢屋江行(略)地蔵・聖廟拝し西門より(略)土物店(略)吉祥寺前(略)暮前帰る十八日○九 [続きを読む]
  • ★安永八年冬・十月〜十二月
  • 江戸庶民の楽しみ 52★安永八年冬・十月〜十二月★十月三日○九半過より浅草参詣(略)富士前より行、首振坂宇平次菊を見、門前にてかば中菊を買ハせ直に預け、谷中門より入(略)常行堂に太師在ゆへ群集、車坂より下り浅草外繋伊勢屋に休み直に参詣(略)参詣多し、並木へ下り西福寺表門より入る(略)宝池院墓を拝し裏門より新堀浄念寺橋渡り立花表門通、竹町横丁(略)広小路植樹を見、松・八ツ手を買ハせ(略)藤やへ入る(略)植木ハ直に植 [続きを読む]
  • ★安永八年秋・七月〜九月
  • 江戸庶民の楽しみ 51★安永八年秋・七月〜九月★七月十八日○七半頃よりお隆同道日暮里へ(略)富士裏、動坂佐竹脇植樹屋へ立寄(略)法華寺の門より入、既暮るゝ庭の山より太神宮へ詣、見晴しにて烟を弄し、さくらやへ行(略)桟崎酒屋脇より法住寺前首振坂七面へ(略)世尊院前より大観音参詣(略)松悦門内腰掛に休み(略)吉祥寺前にて喧嘩有(略)仙宅長屋へ立寄(略)四少過帰る廿三日○四過より浅草参詣(略)富士の辺にて合羽脱、屏風坂より [続きを読む]
  • ★安永八年夏・四月〜六月
  • 江戸庶民の楽しみ 50★安永八年夏・四月〜六月★四月五日○九半過より他行(略)土物店より湯島(略)男坂上伊勢屋に休む、少娘在(略)中町通広小路(略)竹町開帳迄行しに開帳なし(略)池端通り(略)護国院前(略)根津廻る、参詣賑也、社内に車に屋台しかけ太鼓・すり鉦打、人群集、山を廻り乞食坂花屋を見、千駄樹通り動坂上花屋へ(略)下野花、宮城野萩買ハせ帰る九日○九半過より浅草参詣(略)谷中通いろは三辻(略)山内車坂より行(略)弘徳 [続きを読む]
  • ★安永八年春・一月〜三月
  • 江戸庶民の楽しみ 49★安永八年春・一月〜三月★一月三日○五半過(略)森田翁渡し見に(略)神明恵方故神明へ詣、御鷹部屋より身代地蔵江出、土物店礼者多し、湯島参詣、聖廟拝し伊勢屋へ(略)地蔵を拝し、崖上より行、須田町より礼者市の如し、中橋(略)四半頃猿屋へ行、初りハ九過の由云ゆへ酒なと飲(略)猿屋へ祝儀遣す(略)中橋(略)日本橋(略)筋違内旭山に休む(略)本郷五町目(略)六過帰廬五日○九頃より浅草参詣(略)春色暖和服二にて [続きを読む]
  • 信鴻のガーデニング安永八年2
  • 信鴻のガーデニング安永八年2○五月 五月の日記には18日間に植物名の記載がある。ガーデニング作業と思われる記述は、19日間ある。また、収穫の記載は4日ある。それらの中から、記された植物名は32で20種あり、この年の新たな植物の種類は8種である。なお、植物名か否か判断できない名称に「芳野葛」がある。蔦の類と思われるが、植物名は確認できない。また、信鴻が六義園に移って初めて記す種は、イネ、テッポウユリ、マツモ [続きを読む]
  • 信鴻のガーデニング安永八年1
  • 信鴻のガーデニング安永八年1 安永八年の日記にどのような植物が記されているか、また、どのようなガーデニングしていたかを示す。なお、植物名にはガーデニングとは直接関係がないものがあり、判別に迷うが前後の関係や前年までの記述から判断した。○一月 一月の日記には14日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、10日間ある。収穫の記載は8日ある。それらの中から、記された植物名は23あり、こ [続きを読む]
  • 信鴻のガーデニング安永七年2
  • 信鴻のガーデニング安永七年2                 ○七月 七月の日記には8日間に植物名の記載がある。ガーデニング作業と思われる記述は、8日間ある。また、収穫の記載は3日ある。それらの中から、記された植物名は10で8種あり、この年の新たな植物の種類は6種である。以下に示す。また、信鴻が六義園に移って初めて記す種は、総称名としてウリがある。 「瓜」は、総称名ウリ(ウリ科)とする。 「さゝけ」 [続きを読む]
  • 信鴻のガーデニング安永七年1
  • 信鴻のガーデニング安永七年1                  安永七年の日記にどのような植物が記されているか、また、どのようなガーデニングしていたかを示す。なお、植物名にはガーデニングとは直接関係がないものがあり、判別に迷うが前後の関係や前年までの記述から判断した。○一月 一月の日記には7日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、10日間ある。収穫の記載は1日ある。それらの [続きを読む]
  • 信鴻のガーデニング安永六年2
  • 信鴻のガーデニング安永六年2○六月 の植物名を記載している日数は7日ある。六月は、ガーデニング作業と思われる「草を刈」が大半をしめ、記述が17日ある。収穫の記載は庭のナスの1日だけ。植物の遣り取りは5日である。記された植物名は12、12種である。新たな植物の種類は以下の10種であり、以下に示す。また、信鴻が六義園に移って初めて記す種は、オモダカ、ガマ、コウホネ、コムギ、フトイの5種である。 「蕣」は、アサ [続きを読む]
  • 信鴻のガーデニング安永六年1
  • 信鴻のガーデニング安永六年1 安永六年の日記にどのような植物が記されているか、また、どのようなガーデニングしていたかを示す。なお、植物名にはガーデニングとは直接関係がないものがあり、判別に迷うが前後の関係や前年までの記述から判断した。○一月 一月の日記には12日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、9日間ある。収穫の記載は11日ある。それらの中から、記された植物名は18あるもの [続きを読む]
  • ★安永七年十一月〜十二月
  • 江戸庶民の楽しみ 48★安永七年十一月〜十二月★十一月朔日○九過より浅草参詣(略)富士前(略)山内屏風坂(略)御堂前(略)観音参詣、御手洗へ鰻放し、明石反畝を見(略)伊勢屋に休む(略)田原一丁め(略)感応寺内より浜田屋へゆき蕎麦を喫ひ、七面脇坂より、野通りお手鷹裏より笹原村、酒井氏館脇へ出、暮少前帰り四日○九ツ過(略)原町より小出下館(略)御薬園より戸崎町、柳町、伝通院うち、諏訪町、とんと橋より河岸通、左内坂、市谷八 [続きを読む]
  • ★安永七年八月〜十月
  • 江戸庶民の楽しみ 47★安永七年八月〜十月★八月十日○八半(略)浅草参詣(略)不二裏より行、法住寺(略)谷中門内より護国院へ行、此程廻向院より如来来給ひ甚込合て拝もならすと聞し(略)今開帳といふと中の門より人出る事潮の涌如く(略)浅草へ遅く成ゆへ直に出、塗中人叢分難し、日長原(略)屏風坂より下り車坂門(略)柳稲荷三河や(略)田原町(略)参詣、参詣多し(略)御手洗へ鰻放し、境屋(略)帰路前塗に同し(略)谷中門手前にて六の鐘聞 [続きを読む]
  • ★安永七年四月〜閏七月
  • 江戸庶民の楽しみ 46★安永七年四月〜閏七月★四月七日○九過(略)土物店より白山前馬場(略)上餌差町、牛天神茶屋(略)隆慶橋冷水番所(略)筑戸明神(略)八幡の坂(略)神楽坂の上へ出、肴町観音(略)肴町円福寺(略)平安本満寺日蓮の開帳へ(略)七軒寺町宝龍寺談義を入て見、同所多門院毘沙門開帳(略)穴八幡下へ出、高田馬場脇茶やに少休み、雑司谷胤居(略)鳥居脇より護国寺開帳甲州大聖寺(略)波切坂下(略)猫股橋より原町、西門より帰廬、 [続きを読む]
  • ★安永七年一月〜三月
  • 江戸庶民の楽しみ 45★安永七年一月〜三月★一月 三日○四半頃(略)土物店より湯島へ行、塗中礼者多し、湯島伊勢屋(略)富札百枚求め(略)中町より山下弘徳寺(略)塗中市の如く群集、今日大師参、ことに甲子護国院(略)浅草参詣、(略)馬道より聖天横町、新鳥越橋(略)真崎(略)角町へ(略)越前屋向ふ蔦屋の前大黒舞来り見物分かたし(略)七半前頃起行白玉屋(略)金杉右橋(略)感応寺内より裏門へ出る、法住寺前(略)板倉前にて挑燈つける、首 [続きを読む]
  • ★安永六年十月〜十二月
  • 江戸庶民の楽しみ 44★安永六年十月〜十二月★十月三日○九半頃(略)森川宿にて駄馬多く塗悪き故与力町へかかり、加賀わきより油島へ行、塗中行人多し、(略)昌平橋より本通り丸角屋へ行(略)日本橋(略)本材木町へ出、海賊橋より霊岸橋(略)一の橋より長崎町つはや市兵衛方へ押付(略)七半前頃起行(略)湊橋を渡りとうかん堀より行徳河岸、浜町角に子供軽業芝居あり、葺や町(略)人形町よりお玉か池上土手下(略)六半少過帰廬七日○四半時 [続きを読む]
  • ★安永六年四月〜九月
  • 江戸庶民の楽しみ 43★安永六年四月〜九月★四月朔日○六本木上邸へ(略)四半頃起行(略)白山より伝通院うち、隆慶橋(略)牛込門(略)赤坂門、一ツ木氷川前、(略)飯倉片町、土器町より切通し、愛宕下聖徳太子堂水茶や(略)松山候前より井上遠州わき、日蔭町通、芝口三町目へ出、木挽町猿やへ(略)五町目橋銀坐(略)三町目(略)弥左衛門町の通りを日本橋迄行、直に本通り本郷より暮前帰六日○九過(略)富士脇より谷中(略)車坂より行、往来群 [続きを読む]
  • ★安永六年一月〜四月
  • 江戸庶民の楽しみ 42★安永六年一月〜四月○ 安永六年★一月 この年の元旦も「福寿草を貰ふ」。「九ツ過珠成・お隆同道御霊殿へ行御容拝す」などの参詣。三日には「数の子」「小豆」「海鮮・かすていら」「九年母」「串柿」「蜆」など続々と食べ物が届く。そして、十三日には前年と同じように三河万歳が訪れている。これが安永六年の信鴻の正月のようだ。一月は、母が亡くなったことで以下のように信鴻は7日も出かけている。七 [続きを読む]
  • ★安永五年七月〜十二月
  • 江戸庶民の楽しみ 41★安永五年七月〜十二月★七月十九日○明六より浅草参詣(略)挑燈にて出谷中にて挑燈を消す、上野本堂矢来の内蔓艸高く東側林中樹をまろハし縄をはりて行人を駐め雲水塔の方一道を開く、三河屋に休み(略)御堂内を行直に参詣、帰掛に因果地蔵拝し伊せや迄来る、鄽上客多き故境屋へ引かへし休む(略)帰路別路をとり風神門にて夏菊買ふ、日出甚あつし、車坂下にて五の鐘聞へ五半頃帰廬 この年の七月は、「朔日田ら [続きを読む]
  • 信鴻のガーデニング安永五年2
  • 信鴻のガーデニング安永五年2○七月 七月は、ガーデニング作業と思われる記述が22日あり、植物名を記載した日は6日である。それらの中から、記された植物名は7、7種である。新たな植物の種類は3種である。以下、日付順に示す。なお、信鴻が六義園に移って初めて記す種はない。 「唐橘」は、カラタチバナ(ヤブコウジ科)とする。 「千日紅」は、センニチコウ(キク科)とする。 「栗」は、クリ(ブナ科)とする。○八月  [続きを読む]
  • 信鴻のガーデニング安永五年1
  • 信鴻のガーデニング安永五年1 安永五年の日記にどのような植物が記されているか、また、どのようなガーデニングしていたかを示す。なお、植物名にはガーデニングとは直接関係がないものがあり、判別に迷うが前後の関係や前年までの記述から判断した。○一月 一月の日記には12日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、18日間ある。それらの中から、記された植物名は18あるものの、この年初めて記され [続きを読む]
  • 平穏な安永四年六月〜閏十二月
  • 江戸庶民の楽しみ 39★平穏な安永四年六月〜閏十二月★六月 信鴻は、以下の一日しか外出していない。江戸の町に特記するようなことはなかったと思われる。廿二日○六半前より珠成同道浅草参詣(略)谷中通り(略)清水門より入、山内旗本衆参詣多し(略)山下門より三河屋茶やに休む(略)浅草山門にて五ツの鐘聞ゆ、御筑百度参、堺やに休む(略)田原町にて(略)又清水門より出、首振坂茶やに休む、雑司谷へ(略)帰路大暑堪かたし、四ツ帰廬 [続きを読む]
  • 安永五年一月〜六月の楽しみ 
  • 江戸庶民の楽しみ 40★安永五年一月〜六月の楽しみ ○ 安永五年★一月 この年の元旦も「福寿草を貰ふ」。二日に「風巾貰ふ」。三日「夕園にて羽子を突」。と、これらが信鴻の正月らしさを感じさせる記述である。一月の信鴻は、以下のように6日も出かけている。七日○九半前(略)首振坂にて宇平次庭へ(略)坐敷梅鉢植飾り見事也、感応寺(略)刀を預け五町見物(略)新町より裏通り二町目一町目を見る、豊後語り花人七八人鄽先にて芸 [続きを読む]
  • 信鴻のガーデニング安永四年2
  • 信鴻のガーデニング安永四年2○五月 五月も植物名を18日記載している。摘みの記載は、「いちこ・笋・梅子」などと変わり、4日に減っている。ガーデニング作業と思われる記述も10日となる。それらの中から、記された植物名は31ある。新たな植物の種類は11種である。以下、日付順に示す。 「いちこ」は、キイチゴ(バラ科)と思われるが、確証はない。                「笋」は、マダケ(イネ科)とする。 「茗 [続きを読む]
  • 信鴻のガーデニング安永四年1
  • 信鴻のガーデニング安永四年1 安永四年の日記にどのような植物が記されているか、また、どのようなガーデニングしていたかを示す。なお、植物名にはガーデニングとは直接関係がないものがあり、判別に迷うが前後の関係や前年までの記述から判断した。○一月 一月の日記には○日間に植物名の記載がある。また、ガーデニング作業と思われる記述は、11日間ある。それらの中から、記された植物名は21あるものの、植物の種類は13種で [続きを読む]