阿部日ケ〜ン さん プロフィール

  •  
阿部日ケ〜ンさん: 阿部日ケ〜ンの『魅惑的』な人々
ハンドル名阿部日ケ〜ン さん
ブログタイトル阿部日ケ〜ンの『魅惑的』な人々
ブログURLhttp://captivated2.blog.fc2.com/
サイト紹介文日蓮正宗・創価学会にかぎらず広大なネットの海で巡り会った情報の「意図」を考察します。
自由文なおこちらのブログのコメント欄は非公開にしております。こちらの記事を見て阿部日ケ〜ンと対話や討論をしてみたいという人は10年間お世話になっている「富士宮ボーイ掲示板」へどうぞ。
http://fboybbs.dip.jp
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2011/06/02 00:19

阿部日ケ〜ン さんのブログ記事

  • 公明党時局講演会で画像撮影はできるか?
  • 10月10日。いよいよ衆議院選挙の公示日となり、各党とも選挙運動がスタートした。公示前から連日政治活動に関する記事を画像つきでアップしている熱心な一部の学会員を自称するブロガーもいるようだ。しかし、各地域で公明党が行っている時局講演会に参加した一般人が無断で壇上を撮影しブログにアップするのはいかがなものなのだろうか。時局講演会というと、現職の地方議員さん首長さん国会議員さんが支援者に対し政治活動を報告 [続きを読む]
  • 【速報】 嘉田元滋賀県知事・民進(希望)合流へ
  • さきほど(9/29日)お昼のニュースで嘉田元滋賀県知事が民進党滋賀県連からの要請をうけ衆議院選挙、滋賀1区から出馬すると意向であると報じられました。民進党は前原代表は衆議院選挙で党としての独自候補をたてず、各候補予定者が東京都知事小池氏が作った「希望の党」からの公認をとりつけ民進の看板を隠したうえで当選することを、第一義にあげています。また滋賀1区は民進党の川端議員が労連などの支援をえて長年議席を守っ [続きを読む]
  • 衆議院解散総選挙 日本共産党の真の狙い
  • 今月28日の臨時国会冒頭で任期を一年残している衆議院が解散となり、総選挙が行われるとの報道で、各政党も選挙モードにシフトしているようである。連日、民進党や共産党の議員や代表たちはマスコミなどを通じ「大義なき解散」だとか「森・加計疑惑隠し解散」などと安倍政権批判を続けているが、つい数ヶ月前東京都議選で自民議員が大量に敗退した折に、民進・共産いずれもが「衆議院の早期解散」を声高に叫んでいたのではなかった [続きを読む]
  • リアルで非活のネット活動家
  • 日顕宗門徒がブログ村創価カテゴリーから強制移転させられてから、ランさんの「極悪と戦えば極善となる」ブログのランキングはジリジリとポイントを下げてしまっている。拙記事 「負けたくないからやめられないのか」の記事内で示したhttp://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-524.htmlランキング画像では、INポイントOUTポイントいずれもが二割ほど減ってしまっていることが読者の皆さんでも確認していただけたかとおもうが、 [続きを読む]
  • 性懲りのない人 真実を語るウォッチ43
  • 過日(9月4日)、NHKである番組が放送され学会員さんの間で話題をよんだ。その番組のサブタイトルは “宿命”を“使命“にかえて というもので、ある少年との約束を叶え自ら道化師となった林さんが、重い病と戦っている子供たちを励ます活動をされていることが紹介されていた。おそらく放映前にこの番組の情報を教えてもらっていた学会員さんも多いのではないだろうか。真実を語るブログを主催する「ちよ」さんは教えてもらえな [続きを読む]
  • 一難去ってまた一難 (下)
  • http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-528.html 上記記事の続きです。----------------------------------------------ツイッターやFacebookといった大手のSNSサービスが普及する以前から学会員を自称しサイトやブログを運営する方々はおおむね、オフォシャルではない学会員個人のサイトからの情報発信が創価学会のイメージアップの一端を担っているという漠然とした期待をもっていたように思う。15年以上前からインター [続きを読む]
  • 一難去ってまた一難 (上)
  • 拙のブログは現在FC2をメインとし、サブでアメブロにも開設させていただいている。最初はexciteで開設したのが始まりなのだが、それ以前から、学会系公開掲示板に常駐して内外の方と意見交換をさせていただいていた。SNSとちがって、公開掲示板では発信者(書き込みをする人)同士はリアルでの肩書や性別関係なく対等の立場であったのが心地よかったのである。公開掲示板上では日顕宗の話題、現役学会員・法華講員を公然と標榜し募 [続きを読む]
  • 空回りな信仰(エア信心)
  • ブログ村創価カテでは相変わらず、複数の学会員さんが「同盟唱題」という信仰イベントを企画して、参加者を募っている体たらくだ。つい最近では、再入会された友人会員さんが亡くなられたということで「同盟法要」なる信仰イベントを企画し、集客を図ったようだが他の学会員さんからも呆れられている。このように、いまひとつ芳しくないネット信仰イベントの話題を取り上げて書くと必ずといってよいほど、これは正しいことをしてい [続きを読む]
  • 創価学会会憲の無断コピー・ネット再配布:創価の森ウォッチ140 
  • 本日付け(2017/9/2)の聖教新聞の紙面をご覧の方は新たに創価学会会憲が制定され一般公表されたことをすでにご存知だろうとおもう。実はこの報道は昨日(9/1)の時点でにマスコミを通じてされておりその内容を創価学会公式HPで確認されたかたも多いのではないだろうか。創価学会公式HPリンクhttp://www.sokanet.jp/拙はネット上の創価学会員さんがあつまって登録しているブログ村で誰が一番にこの会憲を話題にするかを注視してい [続きを読む]
  • 心無いコトバ 真実を語るウォッチ42
  • 辞書で「心無い」を紐解くと“思慮・分別がない” ことと“思いやりがない”  こととの2つの意味があるそうだ。前者は 軽率・安易 という同義語になるだろうし後者は 無配慮 という同義語になるかとおもう。過日、ブログ村の創価カテゴリーでのブログ記事がアンチさんのせいでダメになった・・・という批判をされた方がいたという話題をさせていただいた。(だれが創価カテをダメにしたか)http://captivated2.blog.fc2.com [続きを読む]
  • 負けたくないからやめられないのか
  • つい先だって、極悪だの極善だのを語るブログを主催するランさんが、記事自粛宣言をだされていた。なんでも、リアルでの活動が忙しくなるから記事更新の頻度を下げざるを得ないとこのことだった。またランさん自身「コピー&ペースト」ができない(?)ため記事の内容は資料を見て手で打ち込んでいるらしく、手間がかかっているらしい。先月から突然始まった「極悪を退治」するブログは一時期は飛ぶ鳥を落とすような勢いで、ブログ [続きを読む]
  • 魅力的な人の生き方
  • アメブロニュースにALS発症した元アメフト選手追ったドキュメント「ギフト」 妻ミシェルが語る6年間http://news.ameba.jp/20170818-801/という記事が公開されていた。ALSとは全身の筋肉が動かせなくなっていく進行性の難病のことで、おなじみのブログ村創価カテでも同様の病をもっておられる方が話題になっていることがあるので、ご存知の方も少なくないだろう。上記の記事はALS患者とその家族が残したドキュメンタリー映画につい [続きを読む]
  • 墓地は買うものにあらず
  • 以前、あるアンチブログで「学会の会館は葬儀場として使わせるべきだ」などという批判に対し、反論を試みたことがある。(該当記事リンク)“なぜ創価学会の会館で葬儀がおこなわれないか”http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-496.html簡単にいえば、学会の会館を建設する際には、宗教施設としての届け出などがされており、葬儀場としての設備がなく届け出がされていない以上、近隣との話し合いもないまま会員の求めに応 [続きを読む]
  • マッチポンパーのブログ村
  • そういえば、アンチちよさんブログ(略してアンちよブログ)が再度ブログ村創価カテに登録されているようだ。アンちよブログの設営者については以前記事にさせてもらっていた。<アンチ「ちよ」さんブログの意図>http://captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-487.htmlそのブログが「宗教批判カテゴリー」に移動させられたのだという。再開設当初は「ちよ」さんから被害を被っており、訴える事もできるが・・・などといった文言が [続きを読む]
  • 極悪と戦う理由
  • つい先月まで、ブログ村創価カテのランキング一位ブロガーはアンチ学会を宣言する自称学会員さんのダメ出しブログだった。他に多数登録されている毎日更新型ブログの学会員さんは、ついにINポイントでもアンチブログに倍以上の差をつけられただけでなく、自らのINポイントを減らし、週300ポイント切る体たらくであったと記憶している。一日分になおすと5人にも満たない「ポチ」ポイントしかついていなかったのだ。方やダメ出しアン [続きを読む]
  • 宗教活動としての「宴」
  • 以前拙は 酒宴は禁止創価学会のルールと伝統 という記事を書かせていただいた。日蓮正宗門徒がブログなどで所属寺院の忘年会を開催しているという報告をしている記事を引用し、創価学会では組織として酒宴は禁止されていると比較をしてみたのだ。すると法華講員らしき読者から『酒が悪さをするわけではないし、謗法でもない』との反論が届いた。 たしかに「酒」そのものはたしなむ程度なら問題ないだろうし、日蓮正宗も創価学会 [続きを読む]
  • さらば蓮舫
  • 27日午後テレビを見ていると、民進党代表の蓮舫氏が辞任を表明との速報がはいった。唐突な感があったが蓮舫民新運営の頼みの綱であった野田元幹事長が都議選敗退の責をとり辞任しているのだから、さもありなんというところだろう。退潮著しい民進党にあって、蓮舫代表の東京都議選での敗退の責を問う声が身内から上がっていると報道されていなかったように思ったが蓮舫氏本人は都議選敗退の責を取るのではないと言明している。とな [続きを読む]
  • だれが創価カテをダメにしたか
  • 久しぶりの投稿となってしまいました。拙自身はブログで記事を書かないまでも、この半年間ずっとブログ村創価カテの顛末を見守っていました。学会員のある方が、ブログ村創価カテがダメになってしまったのは、「信心があるかないか」を基準にしていないから・・つまり、スレに見合わない記事を書いているアンチさんのせいだ・・という趣旨の記事を公開されているのを拝見したのですが、拙には、そうはおもえません。たしかに、アン [続きを読む]
  • ようこそ!魅惑的な人々ブログ2へ
  • 誰でも恐れていることと  願っていることを,やすやすと信じるフランスの詩人 ラ・フォンテーヌの言葉です。インターネットというコミュニケーションツールは、時代だけでなく赤裸々な人間性を映し出す鏡でもあると私は思います。自分にとって「魅惑的」で気になる存在がいるからこそ、心がわきあがり言葉(文字)で表現したくのではないでしょうか。そして、お互いが影響し合う事で「なにか」が見えてきます。主に創価学会系ネ [続きを読む]
  • プロパガンダによる印象操作の目的
  • 共産党のビラについて研究をされている方がいるそうです。http://www.yanagiharashigeo.com/html/modules/xpress/?p=744「目的のためには手段を選ばない」というコンセプトで宣伝をおこなう。まったく同じ手法をとっている人がいますね。ブログ村創価カテにおける「ナリスマシ事件」も印象操作の手法が使われています。そういうことは止めましょうと心から申し上げたいだけです。SNSなどで自分はこれだけ成果を上げている という [続きを読む]
  • ネットの「内部アンチ」で注意すること
  • ( 初稿 2014/9/10 加筆修正 2017/4/21 )菊川氏が提唱をはじめ「三猿運動」とは、学会員ブロガーに対して学会批判をする“怪しい”ブログを見ない、(意見を)聞かない話題にしないという、完全無視の推奨であったと記憶してる。少々長くなるのだが、菊川氏の「創価の森の小さな家」を中心にブログ村創価カテで行われてきた「学会員ナリスマシ」事件については拙ブログ記事を参照していただきたい。※三猿運動は欺瞞だったの [続きを読む]
  • 撤収と派遣の狭間で
  • 前回の「南スーダンPKO部隊撤収」投稿から一ヶ月以上ブログ記事を お休みさせていただいてしまった。 過日、自衛隊PKO部隊の第一陣帰国が報道され安堵したかたも少なくないだろう。 NHKニュースリンクhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20170419/k10010953621000.html五月末の完全撤収まで、どうか無事に事を運んでいただきたいものだ。 そのように思っている矢先、米国が朝鮮半島での有事を想定し軍事的圧力を増強するため原子力空 [続きを読む]
  • 【速報】南スーダンPKO 部隊撤収へ
  • NHKの報道によると、南スーダンで国連PKOの施設部隊任務についていた自衛隊が、5月の任期終了にともない派遣部隊を撤収する方向で政府方針を決めたとの報道がありました。安全保障関連法案に基づく閣議決定で昨年11月から「駆けつけ警護」の任務が付与されていましたが、活動期間が終了する5月まで、現地で何事も起こらなければ2012年からの過去最長の自衛隊PKO活動が無事終了することとなります。南スーダン国際平和協力業務(PKO [続きを読む]
  • 140年目の西南戦争と会長勇退
  • 本日2月22日は、 ニャんニャんニャん の猫の日とされて久しい。制定は昭和62年のことなのだそうだから、かれこれ30年になる。しかし、いまから日本史上最期の内戦「西南戦争」が勃発した日が2月21〜22日であることをご存じの方は、そう多くないように思う。江戸幕府を終わらせ、明治政府の立役者となった西郷隆盛が中心となった薩摩士族らが、官軍護る熊本城への総攻撃を仕掛けたのは1877年(明治10年)の2月22日のことで、本年 [続きを読む]