kagedesu さん プロフィール

  •  
kagedesuさん: ON THE ROAD USA
ハンドル名kagedesu さん
ブログタイトルON THE ROAD USA
ブログURLhttps://kagedesu.exblog.jp/
サイト紹介文アメリカを50万キロ走った男の物語。30年間の旅の記録と影響を受けたものたち。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 52日(平均6.5回/週) - 参加 2011/06/03 21:33

kagedesu さんのブログ記事

  • ずっと好きだった42『さすがに光源社』
  • 四月になって寒さが緩んだら盛岡に行きたい。街に着いたら、光源社によって美味しいコーヒーを飲みながら、東北の時間の中に座っていたい。それから、お店に入って、並べられた工芸品の数々をゆっくり見たい。このカゴは、イカちゃん用に買ったもの。バーキン風の山藤のバッグ。使いすぎて取っ手が壊れてしまった。まだまだ直して使いたい。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ずっと好きだった41『ヴァンヴで探し物』
  • ヴァンヴ慣れしている人は初心者みたいにウロウロ見たりしないで、一直線に目的の売り場に行く。僕もヴァンヴ上級者の一人として、今回は、古い靴を探そうと決めていた。もちろん場所は知っている。なにしろ高級靴を綺麗に磨いてしっかりメンテナンスして置いてあるので古靴好きのパリの男たちが何人かテーブルを囲んでいた。僕はこの日イギリス製の明るい茶の紐靴を買う... [続きを読む]
  • ずっと好きだった35『土曜の夜と日曜の朝』
  • 作者のアラン・シリトーはイギリスのノッティンガムの労働者階級の出身。自身の生まれ故郷を舞台に同じような境遇の若者を描いた。ヘミングウェイの影響が強い。それにしても、素晴らしいタイトルだ。この小説が頭にあったので、イギリスを旅した時にノッティンガムに一泊した。霧雨が降る中で大勢の人たちがバスを待っていた。アラン・シリトーの世界がそこにあった。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ずっと好きだった34『寂しい風景その1』
  • 日本の道のようにカーブが多く道幅の狭いウエストヴァージニアの路上にて撮影。MOTELを出る前にカメラを持って散歩した時に撮った一枚。早朝のカンサスで。どこで撮ったのか覚えていない。ネガを見つけて前後の写真をチェックすれば、分かるかもしれないが、ネガが見つからない。モンタナかもしれないし、ウエストテキサスかもしれない。明るいのに寂しい。廃業したドライ... [続きを読む]
  • ずっと好きだった27『ラストショーは僕の青春』
  • 誰かと知り合いになってもっと深く知りたいと思ったら、映画の話をするのがいい。どんな映画が好きですか?そのうちのベスト3はなんですか?そんな会話をしているうちに、1本でも同じ映画が好きだったりしたら、ハイタッチ感覚で仲良くなれる。「ラストショー」はピーター・ボグダノヴィッチ監督の1971年の作品。アメリカ近代映画史に残る傑作中の傑作で僕のオールタイムベ... [続きを読む]
  • ずっと好きだった24『永井荷風の歩き方』
  • ある日、ヘミングウェイの短編を読んでいたら、どうしたわけか、永井荷風の濹東綺譚が突然目の前に現れた。ヘミングウエイと永井荷風では、どこを探しても接点はないはずなのに。強いて言えば、荷風も若い時にパリに住んだことがあるくらいだ。濹東綺譚は、永井荷風の歩き方に添った傑作だと思う。荷風の歩く方向に、画集を開いた様に一枚一枚情景が重なって展開する。それが、ヘミン... [続きを読む]
  • ずっと好きだった23『クロワッサンを探そう』
  • クロワッサンがあると買わずにいられない。アメリカの地方都市に行くと、野球のグローブの様な大型クロワッサンに出会う。いくらクロワッサン党でもさすがにあの大きさには手がひける。外側は柔らかく、それでいて、パリパリとして、ふたつに割るとバターのいい香りがする。そんなクロワッサンが食べたい。写真は、何度か訪ねたパリのパン屋、Du Pain et d... [続きを読む]