雑食 さん プロフィール

  •  
雑食さん: 遅れて来たベイ党の戯言
ハンドル名雑食 さん
ブログタイトル遅れて来たベイ党の戯言
ブログURLhttp://yaplog.jp/debu2000/
サイト紹介文Gを観て育った少年は、いつしかハマスタのライトスタンドに魅了され、野球の楽しさを知りました。
自由文寝ても覚めてもベイスターズのことを考え
ふと気がつけば応援歌とチャンステーマを口ずさむ、
そんなブログ主がベイへの思いをぶつけています。
爆発力ナンバー1の打線、覚醒する投手陣で優勝だ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2011/06/05 21:44

雑食 さんのブログ記事

  • 「ベイスターズめちゃめちゃ強いやんけ」
  • にほんブログ村東京ドーム4/10(火)De○4-3巨飯塚中継解説キヨシ山口俊嶺井ゲーム展開など絶賛飯塚好投も勝ちの権利失い8回上原登場で盛り上がるも先頭大和ヒット1死から4連打で再逆転KO(宮崎同点嶺井逆転)ヤスアキ100セーブ4/11(水)De○6-3巨平田平田吉川との投手戦初先発5回無失点文句なし6回2死から大和出て筒香レフトへ豪快2ラン勝ち投手権利発生も裏にパットン捕まり吉川坂本亀井に打たれ同点代わった三嶋が阿部押し出し [続きを読む]
  • 若きリードオフマンと若き先発
  • にほんブログ村横浜スタジアム4/4(水)De●1-2神飯塚4/5(木)De●0-2神東マツダスタジアム4/6(金)De●3-7広石田4/7(土)De○4-2広バリオス4/8(日)De○5-3広京山今週2勝3敗0分シーズン3勝5敗0分今年も阪神の投手陣の球威に抑えこまれるのか…そして例年通り4月は貧打を辛抱するのかそんな嫌な3連敗から明るい萌しが見えてきた。打線に勇気を与えたのはバリオス、京山という当初の構想ではローテに入っていなかったはずの二人の快投。今 [続きを読む]
  • 京山の快投により開幕カードは御の字
  • にほんブログ村横浜スタジアム3/30(金)※現地観戦De●3-7ヤ石田3/31(土)De●3-5ヤバリオス4/1(日)De○3-1ヤ京山1勝2敗0分申し分なし!というわけではないが、上々の滑り出しと言っていいのではないか。今永ウィーランド濱口と昨年の二桁勝利投手が調整の遅れで全員開幕ローテから外れてしまった中で始まったヤクルトとの開幕カードは、青木が軸に加わり宮本石井らの首脳陣によって意識改革をされたであろう相手打線の勢いに押され [続きを読む]
  • 開幕一軍メンバー予想
  • にほんブログ村オープン戦での使われ方と結果、そして現時点でのコンディションをもとに開幕メンバーを独断と偏見で大予想してみた。(※開幕戦第二戦あたりは先発投手の代わりに野手が多めに入るのはここでは考慮せず最初の5試合の先発を単純に並べた)石田 井納 飯塚 熊原 バリオス山? パットン 三上 国吉 三嶋砂田 桜井戸柱 嶺井 高城ロペス 宮崎 倉本 大和 ソト 佐野 柴田筒香 桑原 梶谷 神里 乙坂以上28名。選考に漏れた主な選 [続きを読む]
  • 層が厚くなった
  • にほんブログ村何年か前ら選手層、特に投手の層が厚くなったと言われるのを耳にしたり感じる場面が増えた。確かにほんの数年前までは三浦がエースでローテ2枚目以降は実績がない若手か、失礼ながら峠を越えたベテランか、投げてみなければ分からない宝くじ的な新外国人だった。例えば高崎、眞下、国吉、加賀美、三嶋、大家、清水直、山本省、ジオ、ブランドン、ソトらがそんなに遠くない昔に開幕ローテに入っていたことを考えると [続きを読む]
  • オープン戦でのアピールが頼もしい
  • にほんブログ村待ち遠しかった実戦も気がつけばけっこうな試合数を消化した。オープン戦はあくまでもテストの場であり勝敗関係なしとは言えやはり負けるよりは勝つ方がいいし期待の選手が結果を残さないよりは残してくれた方がうれしい。桑原筒香ロペス宮崎今永山?ら主力勢はもはや貫禄さえついてきた。しっかり状態のよさを見せてくれている。大和の加入により起用方法が問われていた倉本も元気一杯。慣れないセカンドでも精一杯 [続きを読む]
  • 熾烈を極める外野手争い
  • にほんブログ村2017シーズンは開幕投手に指名された石田と井納今永ウィーランド濱口の5人が主にローテーションを支えた。石田はエースという響きにやや圧されてしまい井納は菅野はじめことごとく相手エースとのマッチアップに苦しんだものの今永は一皮むけたと感じさせるピッチングを見せウィーランドと濱口は山口の穴を埋めてさらに上積みする活躍だった。トータルで考えれば先発はなかなか奮闘したと言えると思う。また中継ぎ抑 [続きを読む]
  • 新年の誓い
  • にほんブログ村年々更新が不定期になっていく当ブログを懲りずにいつも見に来てくださる同志の皆様、そしてたまたま見つけてくださったベイファンおよび他チームファンの皆様、あけましておめでとうございます。昨年はベイファンにとって最高に充実し、沢山の歓喜と最後の最後で悔しい思いと両方味わった一年でしたがその余韻をブログで表現しきれないまま年越しとなってしまいました。今年はまた昨年以上のドラマが待っていると思 [続きを読む]
  • 阪神は敵ながらイイ線をついてきた
  • にほんブログ村FA戦線は脂の乗りきった選手を獲得するための鬩ぎ合い。良い選手を獲得するためには人的補償という痛みを伴うのはよく理解しているつもりである。もっと言えばFA宣言した選手が出ていってしまうチームの方が当然痛いわけであり、今回の大和をめぐる攻防ではセカンドショートセンター全てで球界トップレベルのプレーを見せられる守りのスペシャリストを失うことになる阪神が一番痛いはずである。それは百も承知の上で [続きを読む]
  • 大和も野上も欲しいけど…
  • にほんブログ村昨日FA交渉が解禁となりベイスターズは例年になく積極的に動いている。センターラインの強化を目指し阪神大和には3年3億、3.5億、はたまた4年を提示したとも言われている。また手薄な右の先発候補として西武の野上にも触手を伸ばしているとも。パ・リーグの選手であまり詳しくないが成績やスタイルは井納に似ているとの評価をよく見る。いずれも阪神やオリックスがライバルになりそうなのだが(野上は阪神が断念か? [続きを読む]
  • 有力外国人選手、来期契約確保!
  • にほんブログ村一週間が経ってもまだ興奮の余韻の中にいるような…CSや日本シリーズがこんなにも面白くて出場チームはこんなにもシーズンオフ突入までが長いのかを知ることができた今季は最高だった。これからはFA戦線、トレード、トライアウト、新外国人事情などいよいよ本格的なストーブリーグとなるわけだが、今チームが何よりもまず優先すべきは今シーズン素晴らしい活躍をしてくれた有能な外国人選手たちの囲いこみである。球 [続きを読む]
  • 悔しいけど清々しい
  • にほんブログ村大方の予想を大きく裏切るベイスターズの健闘により、他チームファンばかりかもしかしたら野球を知らない層にまでもインパクトを与えたかもしれない日本シリーズ、大いに盛り上がった。終わってみれば2勝4敗と数字上は現時点での力関係を覆すまでは至らなかったが、チャレンジャーの若さと勢いでその強さを見せつけ、最後は王者の余裕を消すところまで追い詰めた。あと一歩で下克上を完遂できたと思うと悔しいが最後 [続きを読む]
  • DHをどうするか? 適任が1人いる!
  • にほんブログ村ハマスタで連勝を飾り勢いに乗るベイスターズ。今日から再びヤフオクドームに舞台を移す。投手も野手も長いポストシーズンの疲れはたまっているだろうが、集中力と気合いがそれを上回っているはず。今からプレーボールが待ち遠しい。先発は今永が濃厚。相手は順番からすると千賀だが、背中の違和感があるとの情報もあるので東浜か。いずれにしても今のベイ打線なら粘りと力強さで対応してくれる。それよりも問題はパ [続きを読む]
  • 最高の試合 感謝しかない ※現地観戦
  • にほんブログ村まだ日本シリーズの戦いは終わっていないのだからこんなことをいうのは早いのかもしれないが今年は本当に野球観戦を楽しめた一年だった。5月には人生初の生甲子園を経験した。シーズン終盤、息の詰まるような4位読売とのCS争いに勝ち切った。CSファーストステージでは雨中の甲子園で苦手阪神との死闘を制した。ファイナルステージではシーズン断トツ1位だったカープに横綱相撲をさせない積極的な戦いぶり、しかも最 [続きを読む]
  • 力の差じゃない、経験の差だ
  • にほんブログ村あと1点が遠い。ロペスに一発が出たあといや、1回裏から常にベイスターズの方が押していた印象だったが百戦錬磨のホークスに巧く逃げ切られた。流れを何とか引き寄せようと初回から果敢に攻める。先頭の桑原が四球を選び出塁すると盗塁を試みる。しかしキャッチャーの送球がこれ以上ないくらいのストライクでアウト。続く梶谷も四球で出塁したが筒香の打順で走ってこれまた盗塁失敗。結果だけ見れば拙攻ということに [続きを読む]
  • 悔しくて眠れない いや寝るけど そして切り替えよう
  • にほんブログ村初戦は大敗だったがそこまで心配していなかった。CSもファースト、ファイナルと黒星スタートだったし今シーズンからひとつの負けを引きずらないメンタルを強化してきた感触があったからである。日本シリーズ初体験の選手だらけのチームにとって一番プレッシャーのかかる第1戦を任された井納が言ってみれば人柱となってその重圧を受け止めながら相手チームの様子をあぶり出す役に徹してくれた。結果は大差の負けだが [続きを読む]
  • ドラフト直前 雑食的イチオシ
  • にほんブログ村今年のドラフトは早実の清宮に注目が集まっている。阪神ヤクルトソフトバンクが既に指名を公言。他の選手を指名すると明言している一部球団を除き6球団前後が競合すると見られている。当ブログの予想も願望も清宮。筒香以来の夢のある逸材であり将来球界を代表するスターになることは間違いない。チームの堅実な強化には地味に実力のある選手を獲得することも不可欠だがやはりエースと主砲は定期的に自前で育てるの [続きを読む]
  • マツダ生観戦で光ったあの選手あのプレー
  • にほんブログ村24日の勝利はこのCSの集大成だったと思う。だからチーム全員が立役者だと思うがそのなかでも特に印象に残った選手やプレーをあげておきたい。まずは何といっても三嶋である。正直ここまでの使われ方や今季の実績からしてこの試合での出番はないものと思った。2回のマウンドに上がったときのスタンドの反応は石田が降りたことへの驚き以上に三嶋というチョイスに対してだと感じた。しかし三嶋は見事に予想を裏切る素 [続きを読む]
  • しみじみと栄冠を喜ぶ現地
  • にほんブログ村10/24(火)広島3-9横浜DeNAマツダスタジアムのビジター席は平日のナイターにも関わらず沢山のベイファンが良い意味でいつも通り適度に気合いの入った選手たち本当に頼もしい9回裏アウト毎の煽りなし応援団も静かにゲームセットの声を待つ試合開始前、試合中とファンの熱はどんどん帯びて得点する毎に盛り上がっていったのだが後半はどちらかというとソワソワ、そして最後の最後は不思議なほどに落ち着いた雰囲気だっ [続きを読む]
  • パーフェクトリリーフで接戦制し王手!
  • にほんブログ村10/23(月)広島3-4横浜DeNA6回7回の継投がこのゲーム最大のポイントだった。1点リードで迎えた6回裏ここまで粘りのピッチングで試合を作ったウィーランドは四球とヒットで無死12塁のピンチを作ってしまい左の西川に対して砂田にスイッチするもバントを警戒するあまり四球で無死満塁。ラミレス監督がここでベンチを出てくる。こういう場面は須田。…と思いきや三上。三上の功績には感謝しているが正直今季は投げてみな [続きを読む]
  • ポストシーズンのこと、そしてGを追われたあの男について
  • にほんブログ村今日日曜日に行われるはずだった手元にある第5戦のチケットは昨日今日の中止により月曜に試合があると仮定すると火曜のナイターのものとなった。デーゲームならば日帰りも可能だったがこうなったら火曜一日と水曜の午前に休みを取って現地へ向かうしかないと思っている。とまあこれは個人的な事情だけの話。チームとしてはこの2日間ファーストステージからの激戦の疲れをとるいい休養となった。特にリリーフ陣。第4 [続きを読む]
  • 選手が集中している 連勝で五分に
  • にほんブログ村10/20(金)広島0-1横浜DeNA我慢の試合展開だった。先発井納が自ら打ったタイムリーヒットによる虎の子の一点を必死の継投で守りきった。粘りの投球の井納は無失点ながらもどんどん球数がかさみ広島打線のプレッシャーは相当なものだっただろう。ランナーを残して6回途中で降板するもバティスタ→三上松山→砂田エルドレッド→須田と決死のリレーで死守した。その後もエスコバーパットン山?と総動員。2勝2敗のタイ [続きを読む]
  • 田中を止めろ!
  • にほんブログ村10/18(水)広島3-0横浜DeNA0-0で進んだ緊張感のある試合展開。均衡が破れたのは5回裏だった。2死満塁から決勝打を放ったのは田中。昨年のCSファイナルでは.833という驚異的な打率を残しMVPを獲得。攻守にわたってベイファンがうんざりするくらいの大活躍だった。そしてこの日も第1打席は9球粘って四球、第2打席も結果は三振も同じく9球粘り嫌な感じを残した。そんな序盤のジャブが効いたか5回の第3打席に決勝タイムリ [続きを読む]
  • 運が向いてきたのは力がついた証
  • にほんブログ村昨日の激戦のあと雨は止むことなくグラウンド整備することができなかったため今日は流石に中止となった。明日の昼以降は雨が上がるようなので明日はなんとか試合はできるだろう。改めて昨日の激戦は見ている方としては本当に面白かった。後のない戦いを極限の状態で繰り広げているだけでスリリングなのにましてやあの環境。球場ごとにフィールドの大きさやフェンスの高さ、芝が違うのが野球の面白さのひとつではある [続きを読む]