スノホワ さん プロフィール

  •  
スノホワさん: Bonitoぽるとがる
ハンドル名スノホワ さん
ブログタイトルBonitoぽるとがる
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/andorinha/
サイト紹介文☆ポルトガルの本を出版しました☆旅の写真・工芸・ホテル・おいしいもの...いろいろご紹介♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2011/06/08 20:13

スノホワ さんのブログ記事

  • サン・ミゲル島
  • 冬のアソーレスは天気がコロコロ変わるというので、雨が降って寒いかなと思い、急遽無印でウール入りの下着を買い込んだりしたのですが、来てみてびっくり、蒸し暑い〜。薄手のウール入りのコットンセーターを着ていると、額にじわっと汗が滲みます。この冬はどこも異常気象なのでしょうか。天気は聞いていたとおり、清々しい青空(アソーレスの空は本当にきれい!)が見えたと思ったら、一転どんよりとした灰色の雲に覆われたり、と [続きを読む]
  • アソーレスにいます。
  • アソーレスに来ています。リスボン→サン・ミゲル島へはテルセイラ島経由なので、機内待機を1時間くらししました。テルセイラの空港に寄れるかな、ってちょっと楽しみでもあったんだけど…。日本は暖冬ですが、こちらも寒くはなく、リネンのアウターを羽織るだけでもちょっと暑いくらい。アソーレスの天気は猫の目のように変わると聞いていましたが、幸せを感じるくらいきれいな青空が見えたと思っていたら、不穏な曇り空に強風が [続きを読む]
  • アンドリーニャ、プレオープンしました。
  • 昨日はアンドリーニャのプレオープン&旧濱田医院deマーケットにお越し頂き有難うございましたオープンを覚えていて、わざわざ駆けつけて下さった方もいらして、とてもうれしく、有り難かったです (うれしくてひとりでベラベラ喋りまくってしまいました) 明日から、またポルトガルに行きます。今回もアソーレス、そしてナザレなどを周ります。 この時期のアソーレスは、お天気が猫の目のように変わるとか…。ちょっと心配もあります [続きを読む]
  • アンドリーニャの実店舗をオープンします。
  •  この度、愛媛県松山市の三津浜にアンドリーニャの実店舗をオープンします。松山から伊予鉄高浜線の三津駅から徒歩5〜6分のところにある、旧濱田医院という、大正時代の木造建築の中に一室を借りることにしました。旧濱田医院はシェアショップのような建物で、いくつかの部屋にそれぞれ個性的なお店が入っています。11月25日に旧濱田医院のショップや、松山近郊のお店が集まって、『旧濱田医院 de マーケット』が開催され、それ [続きを読む]
  • Popeye最新号 ミランダ・ド・ドウロのナイフ
  • Popeye最新号は一人旅特集。ポルトガルのページでは、ミランダ・ド・ドウロのナイフを探す旅の記事でちょっとだけ協力させて頂きました。拙著「持ち帰りたいポルトガル」でご紹介したミランダ・ド・ドウロのナイフは男性に好評なんですよね。折り畳みのナイフで、柄の部分が美しい動物の角や木で出来ていて、眺めているだけで満足してしまいます。表紙の写真はリスボンのコメルシオ広場でしょうか。※以下公式サイトより 一度くら [続きを読む]
  • イベントのお知らせ
  • 今月は東京でアンドリーニャのイベントをします。◆ラブディエン 東京・不動前◆『ポルトガルの陶器と刺繍布』10月17日(水)〜28日(日)手に馴染んで使いやすいと人気のフォルミガ工房の陶器の食器やアソーレス諸島のコースターなどの小さな刺繍、マリーニャグランデのガラス細工のペンダントなど...ポルトガルの小さなかわいい手仕事の世界をおたのしみください。◆クリコ 東京・谷中◆『ポルトガルの漁師の衣装(仮題 [続きを読む]
  • ポルトガル・シニア旅行 2017年8月 ベレン地区へ
  • 前回の更新から間が開いてしまいました〜。とっくにポルトガルから帰国していたのですが、パソコンの買い替えやなんだかんだでバタバタとしておりました。ではでは、昨年の両親と一緒のポルトガル旅行記の続きです。ポルトガル旅行を考えている、うちの両親世代の方の参考になるところもあるかなと思って、この旅行記は題名を「シニア旅行」としています。アライオロスからエヴォラで寄り道をしたら、リスボンに戻ってきました。半 [続きを読む]
  • 【リスボンの市電28番線のスリに注意】
  • 【ポルトガル観光・リスボンの市電28番線のスリに注意】今朝、28番線に乗ったときにスリに遭いました。すぐに気が付いたので被害はありませんでした。リスボンに旅行に行く方は用心してください。 【ことの顛末】最近のリスボンの混み方は異常です。人気の28番線も、始発に近い方の停車場でなければ乗れないと思い、バイロアルトの方に向かって歩いていました。すると、シアードの停車場の所でちょうど28番線がやって来ました。車 [続きを読む]
  • 魚のうろこの花のコサージュ
  •  ネットショップに『魚のうろこの花のコサージュ』をアップしました。アソーレス諸島の修道院に伝わる伝統工芸「魚のうろこの花」。18世紀頃に始まったとされ、修道女が宗教画を飾るために作られていました。私のお友達の日本人作家のhonamiさんに、ポルトガル製の作品を参考にして作ってもらいました。すりガラスのような、不思議で美しいコサージュです。試作を重ねたり、この形になるまで苦労したみたいです。花びらは、触っ [続きを読む]
  • 上海のTV番組に、ちゃっかりアンドリーニャ
  • 3月の清澄白河のBaharさんでの「ポルトガルのかわいい手仕事展」の開催中、上海のテレビ局が清澄白河を紹介する旅番組を取材していたのですが、ラッキーなことにアンドリーニャの展示もたっぷり映してもらえました!?京印象 2018 :?京印象―文青最?的?髦下町 清澄白河地区特?取材に応じているのはBaharさんのオーナーさんです。ほぼぶっつけ本番だったのですが、堂々とした受け答えに感服いたしやした!私ならくちびるがプ [続きを読む]
  • レロ書店でワタクシの本が販売されます!
  •  ポルトのレロ書店 Livraria Lello は、世界の美しい書店と言えばたいてい名の挙がるポルトガルを代表する老舗書店で、ハリー・ポッターの物語にも影響を与えたと言われます。(作者のJ・K・ローリングはポルトに住んでいたそう)そのレロ書店で、拙著「レトロな旅時間 ポルトガルへ」と「持ち帰りたいポルトガル」が販売されることになりました!(号泣)私の本を好きだと言ってくれるポルトガルの友人たちを通じてレロ書店へ [続きを読む]