Warachan さん プロフィール

  •  
Warachanさん: いつまでも青く、枯れても青く
ハンドル名Warachan さん
ブログタイトルいつまでも青く、枯れても青く
ブログURLhttp://greenforever.blog120.fc2.com/
サイト紹介文勝手きままな話題と心の色を綴っています。心の豊かさは遊び心をモットーに、趣味を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/06/08 22:52

Warachan さんのブログ記事

  • ダイエットウォーキング
  • 10月は職場の健康活動として、みんなでウィーキング歩数を競った。私は一日の目標を最初は7,000歩、途中からは10,000歩として、徒歩通勤の帰宅時に一時間くらいの遠回りをして歩数を稼いだ。ウォーキングと合わせて始めたダイエットも、間食やめて夕食をサラダだけにし、81kg→77kgと少しづつ効果も目に見えつつある。 [続きを読む]
  • 奥殿陣屋のコスモス畑
  • 今年はまだコスモスを見ていなかったので、奥殿陣屋のコスモス畑にぶらりきてみた。広さ、密集度はイマイチだけど、美しく形の良い花を探して風のやむのを待ちながら写真を撮っていると、時を忘れる。最近、孤独感を強く感じて少し弱り気味。ひとりでいること、ひとりで遊ぶことは孤独感など感じないのだけど、理解者がいないというのはけっこう孤独感を感じる。仕事で立場的に、本人たちのことを思って言わなくてはいけないことを [続きを読む]
  • 明治村を歩く
  • 10月20日、21日は、明治村のJAFワンコインデーだったので、長女と三女の時間の都合がついた21日に娘ふたりと私で三人旅をしてきた。長女は自分の一眼レフカメラ、三女は私のEOS 7Dを貸してあげて、みんなで明治村を撮影。明治村は私は初めてだったけど、こんな良いところだと思わなかった。一日ではすべてを見ることはできないほどの広さと建物の数、何度でも来てみたい魅力がある。こういう旅も楽しい。帝国ホテル中央玄関(5丁 [続きを読む]
  • 知多四国八十八ヶ所霊場巡り・四日目
  • 本当に久しぶりの知多四国八十八ヶ所霊場巡り。今回で4回目。3回目が昨年の9月2日だったので、一年以上もサボってしまっていた。今年は知多四国開創210年記年で記念宝印がいただける年だった。年内にできるだけ先を進めよう。第30番札所・真言宗豊山派 宝珠山 医王寺第30番札所・真言宗豊山派 宝珠山 医王寺第31番札所・真言宗豊山派 宝珠山 利生院第31番札所・真言宗豊山派 宝珠山 利生院第32番札所・真言宗豊山派 宝珠山 宝乗院 [続きを読む]
  • 蓬莱山徳源寺の巨大涅槃像
  • 逢妻女川で元気が出たので、その足でテレビで紹介されていた巨大涅槃像のある名古屋の徳源寺に行ってきた。朝は雨の残る曇り空だったけど、徳源寺に着いた頃には青空が広がっていた。徳源寺は、織田信長の次男信雄が建立した宝泉寺が前身。境内は名古屋の真ん中にある割には広大。本堂と修古館は現代風に建て替えられているが、その他の建造物は古いままの姿で残っており歴史を感じる。佛殿にある巨大涅槃像と五百羅漢は見ごたえが [続きを読む]
  • 逢妻女川の彼岸花・2018年
  • 父の葬儀や仕事の疲れなどで、ここのところどこにも出かける気持ちにならなかったのだけど、友人たちが「この週末は出かけてフレッシュしたほうがいいよ」と言ってくれるので、今年は行くつもりのなかった逢妻女川の彼岸花を見に行った。朝までの雨の水滴が花に残っていて美しい。まだ蕾もあって赤の絨毯がところどころ抜けた感じだけど、ここの彼岸花はやっぱり見ごたえがある。夢中で写真を撮っていたら、なんか元気が出てきた。 [続きを読む]
  • 岩船寺のあじさい
  • 関西のあじさい寺、京都・岩船寺のあじさい。岩船寺は初めてだったが、雨降る三重塔にあじさいがとてもよく似合う、静かで落ち着くお寺だった。あじさいはまだ少し早いかなという感じ。【このエントリは、2018年6月19日に2018年6月15日付で掲載しました。】 [続きを読む]
  • 東武ワールドスクウェア・その4〜日本ゾーン〜
  • 東武ワールドスクウェア、最後の第4弾。日本ゾーンの建造物は、海外各国の有名建造物に比べるとこじんまりとしておりちょっと迫力不足。大きな地域や集合体で世界遺産となっているので、個々の建物だけに着目すると仕方がないことかなと思う。また、建物自体は精密でリアル感はあるのだけど、植栽は本物を使っており小さな形に手入れされているのはすごいのだけど、どうしてもスケール感に無理が生じて箱庭的におもちゃっぽく見え [続きを読む]
  • 東武ワールドスクウェア・その1〜現代日本ゾーン〜
  • 初めて訪れた東武ワールドスクウェア。広大な敷地に世界21ヶ所102点の有名建造物が、1/25の縮尺で非常に精巧に再現されている。その精巧さは、写真だけを見れば本物と見間違うほど。しかもすべての展示物がきちんと手入れされていて、損傷していたり汚れていたりといった見苦しいところがまったくない。植樹や背景の木々も美しい。まずは、現代日本ゾーンの建築物の写真から。エントランスウェルカムミュージックモニュメントウェ [続きを読む]
  • 尾張津島藤まつり
  • 通院のために取ったせっかくの年休なので、雨だけど、見頃が今月中と言っていた津島市天王川公園の尾張津島藤まつりを見てきた。天王川公園の藤の花は初めてだけど、長い藤棚が川の上に続き、藤の花は長く垂れ下がり満開で美しく、甘い香りが心地よい。川面はすでに落ちた花でピンクに染まっている。雨だけど来てみて良かった。本降りの雨で、人が少ないのは写真撮影には好都合だったのだけど、レンズ面に雨粒があたるのでカメラを [続きを読む]
  • 三度の地震
  • 今日は、3度も体に感じる地震があった。一度目と三度目は、震源地が同じで、三度目の方が突き上げるような揺れが大きかった。このまま落ち着いてくれればいいのだけど。 [続きを読む]
  • 京都花見サイクリング〜その6 知恩院の桜
  • 知恩院の桜の写真。知恩院の詳名は、浄土宗総本山 華頂山知恩教院大谷寺。三門からが境内のように区切られているが、三門へ続く参道の先に新門、古門、黒門、南門などの門があり、付近一帯が参道、知恩院境内だったという大規模なお寺。浄土宗信仰の徳川家が朝廷(御所)を見下ろすという形で規模を拡大していったといわれている。御影堂は現在平成の大修理中。桜は多くはないが、歴史的な建物や風景との景色が素敵。【このエント [続きを読む]
  • 京都花見サイクリング〜その4 南禅寺の桜
  • 南禅寺の桜の写真。南禅寺は人が多くて、いい感じで人がフレームに入るタイミングを待つ時間が多かった。それでも撮った写真は、こう撮れば良かったとか、絵にならない人物が入ってたりと、「あらら」という残念な写真が多かった。現地で気づかずに修正できていないのがヘボいところ。【このエントリは、2018年4月12日に2018年3月31日付で掲載しました。】 [続きを読む]