うらら さん プロフィール

  •  
うららさん: うららのゆるーい日常
ハンドル名うらら さん
ブログタイトルうららのゆるーい日常
ブログURLhttp://etoile917.exblog.jp/
サイト紹介文本やドラマの感想を中心に、日々思ったこと、感じたことをゆるゆると綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2011/06/08 23:33

うらら さんのブログ記事

  • BUTTER:柚木 麻子
  • 高齢の男性に巧みに取り入り、彼らの心を虜にした梶井真奈子。彼女は若くもなかったし、美しくもなかったが、関わった男性たちが次々と死んでしまい、連続殺人の容疑で逮捕される。どこかで聞いたような事件だけど、記事を書くため、週刊誌の記者里佳は梶井と面会し、取材を続けていくうちに梶井に囚われていく。柚木さんの作品はわりと好きだけど、これはなんだか入り込めなかったなー。梶井の価値観... [続きを読む]
  • メルカリ初体験
  • メルカリって娘や息子は利用してるみたいだけど、どうなんだろと思いながら初めて出品してみた。どうしても欲しかったわけではないのに、ついポチってしまった物。欲しいという気持ちに対して値段が高すぎたと後悔してるもの。魔が差したというか…、ね。夜、寝る直前におっかなビックリ登録して出品したのだけど、翌朝目覚めたらもう 〇〇さんが購入したので商品を発送してください というメールが来て... [続きを読む]
  • 千の扉:柴崎友香
  • 広大な都営団地に住む千歳。彼女は夫の祖父から「斉藤さん」を探してほしいと頼まれる。面白くないことはなかったのだけど、面白いとは言い難く…。場面が唐突に変わり、視点も変わる。千歳だったり夫だったり、夫の母だったり、彼らにまつわる情景が断片的に切り取られて、フラッシュするように現れる。文章自体は興味深く読み進んだけど、つかみどころがないというか、特に心に残るものもなか... [続きを読む]
  • かがみの孤城:辻村 深月
  • 辻村深月さん、お久しぶりです。中学校1年生になってすぐ学校に行けなくなってしまった主人公、安西こころ。ある日、部屋の鏡の表面が揺れて入って行くと、そこにはこころと同じ年頃の子がいた。集められたのは全部で7人。狼の面をつけた少女が現れて、秘密の鍵を探せと命じられるのだが…。7人はそれぞれ学校に馴染みにくかったり、人と関わるのが苦手だったりする子どもたち。彼らは鏡の... [続きを読む]
  • My Premium Friday
  • プレミアムフライデーができたのはいつだったのか、わたしには全く興味のないことだったので、すっかり忘れてたけど、世間では浸透しているのだろうか。そんなことをふと考えたのは、この度わたし独自のプレミアムフライデーを設けることにしたからだ。スターバックスでは毎月新しいビバレッジが発表されて、その都度わたしのあいほんに美味しそうなフラペチーノの写真が送られてくる。そしてその度に 飲... [続きを読む]
  • 九十歳。何がめでたい:佐藤 愛子
  • 以前からタイトルが気になってて、面白そうだなーと思いながら、自腹で買うほどでもないかと思案してたところ、タイミングよく母が友達から借りてきたのを拝借した。高齢者に配慮してか、文字がとっても大きくてサクサク読める。さすが佐藤愛子さん、痛快だ。今の世の中の風潮とか、人としての在り方とかバッサバッサ切って、年代的にどっちかっていうと愛子さんよりの私は、とはいえ愛子さんの言う昔... [続きを読む]
  • 横濱エトランゼ:大崎 梢
  • 元町ロンリネス、山手ラビリンス、根岸メモリーズ、関内キング、馬車道セレナーデの5編から成っていて、タウン誌の編集部でアルバイトをしている高校生千沙が憧れの幼馴染善正の力を借りながら、それぞれの土地の歴史にまつわる小さな謎を解いていくという物語。ちょうど1年前に横浜に行ったので、横浜三塔のエピソードや、港の見える丘公園、赤レンガ倉庫周辺などは情景がありありと浮かんできて楽しめた... [続きを読む]
  • もみじのトンネルへ
  • 突然思い立って叡山電車に乗ることにしたおばさん3人。ただ、わたしが誘導できるのは出町柳までで、そこから先は知らんがな。延暦寺方面に行くか、鞍馬、貴船に行くか、時間的にどうなのか。突発的な旅なので何の予備知識もなく、出町柳の駅員さんに聞くと、今からなら両方行けますよとのこと。じゃあ先に比叡山に行こうということになり、ロープウェイの下に見える美しい紅葉に歓声をあげながら比叡山... [続きを読む]
  • 友ヶ島の悲劇
  • 和歌山県にある無人島友ヶ島を知ったのは今年の春ぐらいだっただろうか。行ってみたいという漠然とした気持ちはずっと持っていて、2か月ほど前、そろそろ どうやって行くのか、格安ツアーとかはないか 調べてみようと思ってた矢先、近所に住む元同僚がいきなり 友ヶ島とか行ってみたいと思わない? と問いかけてきてびっくりした。なんたるタイミング!日帰りバスツアーがあるというので めっちゃ行きたい!... [続きを読む]
  • 月の満ち欠け:佐藤 正午
  • 恋愛小説と謳ってあったので手を出すのを躊躇してたんだけど、友人が貸してくれたので読んでみました。タイトル萌えです。月のように死んで、生まれ変わる と言った瑠璃が電車のホームから転落して死んでしまう。それから何度も別のるりが現われる。なんとも不思議な物語だった。生まれ変わることはあるのかもしれない、あるのかもしれないけど、わたしは ンなことあるわけないやん と思っ... [続きを読む]
  • ポイント暮らし
  • かなり前からとあるアンケートサイトでポイントを貯めていた。5000ポイントになったらAmazonで5050円分のギフト券に交換していたのだけど、1年ぐらい前にバルミューダのトースターが欲しいと思い、25000ポイントを目標にコツコツ貯めてきた。8週連続で500ポイント、16週連続で1000ポイントのボーナスがつく。コツコツが苦手なわたしは、つい忘れて1週間途切れたりしてたのだけど、... [続きを読む]
  • 音楽サロン
  • 元同僚が、ついに夢を叶えた。1年半前、勤めていた事業所が閉鎖になって退職を余儀なくされた時、みんなそれぞれの先行きを考えたわけだけど、彼女はその時実家を改造してカフェをやりたいんだと言っていた。わたしも一度お邪魔したことがあるけど、山奥の自家用車でしか行けない所で、でもとても素敵な雰囲気のお家だった。中庭があって、大きな窓べりにカウンターのようなテーブルがあって、調度品もアンティークで高... [続きを読む]
  • 孤狼の血:柚木 裕子
  • 映画化されるのを知って、そして作者が柚木裕子さんと知って読んでみた。ヤクザものはちょっと…。警察と暴力団の癒着かー。というような気持ちで読み始めたのだけど、たしかに気持ちのいい物語とは言えないけど。いつの間にか引き込まれて読んでた。各章の冒頭にある日誌、削除してあるのが気になってはいたのだけど、そういうことだったのか。最後はビックリだね。孤狼の血という... [続きを読む]
  • 秋ドラマ初回
  • 刑事ゆがみ思った以上にちゃんとした刑事ドラマだったなー。いや、捜査は違法的なところもあるんだけど。そういうのが弓神なんだってことで。でも、誰が犯人なんだろという推理も楽しめたし、弓神の、彼自身の考えに基づく行動も納得できるものだったし。最後までちゃんとオチがついてて、スッキリした。毎週ゲストを迎えてという展開になるのかな。来週からも楽しみだわ。コウノドリ2赤ちゃ... [続きを読む]
  • 失なわれた地図:恩田 陸
  • あの直木賞受賞作とは全く異質の作品だけど、恩田さんらしいと言えば恩田さんらしい。むしろわたしにとって恩田さんの作品はだいたい常に不穏な雰囲気が充満していて、きちんと着地するのか不安という印象なんだけど、それでもストーリーより彼女の文章が好きなわけで。内容についてはさておき、恩田さんの表現とか描写って、本当に素晴らしいよねぃ。この作品は5つの地域を舞台に描かれているのだけど、単... [続きを読む]
  • 運転免許証更新
  • 5年ぶりの運転免許証更新に行ってきました。ゴールド免許です。運転しないから。運転するのって四方八方に神経使わなくちゃいけないし、しんどいわ。じーっと座って、ボーッとして運ばれていくのが一番。ただ、免許証を携帯してないと、いろいろ不便なシチュエーションがあるからねぃ。それに免許持ってればいざという時運転できるし・・・って、できるだろうか。どっちにしても免許は持ってる方が便... [続きを読む]
  • 奥様は、取り扱い注意
  • 秋ドラマ、まず 奥様は取り扱い注意。何だか必殺仕事人の奥様版という感じだったねぃ。綾瀬はるかちゃんとアクションがどうも結びつかなくて、ちょっと違和感あったんだけど。まぁそこはスルーしよう。西島秀俊さん演じる旦那さんもワケありな雰囲気満載ですね。ひょっとしたら、菜美を抹殺するために送り込まれた刺客なの?なんて勘ぐってしまったけど。ご近所の家庭も問題を抱えてる... [続きを読む]
  • アイネクライネナハトムジーク:伊坂 幸太郎
  • ちょっとお久しぶりの伊坂さん。伊坂さんの作品は、ほとんど伊坂フリークの長男が買っていたので、だいたい読んでいたのだけど、長男がいなくなってからはきっと奴が買ってるやろと思って、ダブってもアレだし、自腹で買うことがなくなってしまったなー。図書館で予約してもなっかなか順番が回ってこないのよねぃ。今回は自腹で文庫本を購入。いやいやいや、やっぱり伊坂さんですよ。コレ、ほんとに... [続きを読む]
  • 年休返上
  • 今日は年休取ったので引きこもろうと思ってたんだけど、Facebookでおもしろい図書館というイベントをやってるというのを知り、場所が小さい頃住んでてよく行っていた所の近くだったので、懐かしさに後押しされて行ってみた。その昔この公園には猿山があって猿がたくさんいたのだけれど、そこは噴水になってた。友人にその話をすると、噴水になったのではなく、噴水は猿山と一緒に昔からあったらし... [続きを読む]
  • 秋ドラマ 何見ようかな
  • 毎日の楽しみはドラマ見るぐらいしかないからね、最近。といっても、ほとんど録画して見てるから何となく臨場感に欠ける気はするのだけれど。さて秋は何を見ようかなー。まず、金曜10時の コウノドリ は絶対だよね。綾野剛くんて、あんなに優しい顔ができるんだーと思った前シーズン。そして星野源さん、ジャガー横田の旦那さんじゃないのかってくらいのわたし的認知度だったけど、今度はしっ... [続きを読む]
  • ラブ・ミー・テンダー:小路 幸也
  • 毎年楽しみな東京バンドワゴンシリーズ。今回で12作目だそうだ。ということは、わたしは堀田家と12年間お付き合いしてることになるなー。長い付き合いだねぃ。今回は本編にはほとんど登場してこない、というか1作目の時から既に亡くなっていたので当然だけど、藍子と紺のお母さん、つまり我南人の奥さんである秋実さんメインのお話。我南人と秋実さんがどのようにして出会ったのかというお話で... [続きを読む]
  • アルバイト始めました
  • 今の仕事は週休3日。楽っちゃあ楽なんだけど、収入面があれなのよ。まぁ、月に17日ぐらいしか働かないわけだし、月給だし、時給に換算すればそこそこな額なんだけど。絶対的な数字としてはやっぱりもうちょっと欲しいわけよ。バイトしようかなと思っても、なかなか週1回でもオッケーってところはないしねぃ。と思いきや、あったのよ、これが。先月面接に行って、こちらの希望をいっぱーい言った... [続きを読む]
  • コード・ブルー 最終回
  • このドラマについては毎回言いたいことがいっぱいあったんだけど、口に出さずに最終回まできてしまった。全体的にぬるかったという印象。医者なのに、病院なのに、おかしいやろってことばっかりだった。緋山が緒方に好意を持ってたのはわかるけど、手術中に患者が亡くなったとか、自分のところにはしょうもない患者ばっかり回ってくるとか、医者としてそんなことを入院患者に言っていいのか。廊下とか... [続きを読む]
  • 夏ドラマ 最終回それぞれ
  • 今クールのドラマもほとんど終わりましたね。いやー、ほんとはもっと感想アップしようと思いながら、何となくカホコだけになってしまってたわー。定年女子とかについても書いた記憶はあるんだけど、どこいったのかしら。定年女子 は、だいぶ前に終わったけどちょっと期待はずれだったなー。最終的には、あの女子たちが力を合わせて起業するとか、そういう展開なのかなとは思ってたけど。あんなに甘く... [続きを読む]
  • 台風の置きみやげ
  • 昨日は誕生日だった。同居してる息子はコンビニスイーツ買ってきてくれたけど、あとの2人からは何の音沙汰もなし。代わりに、この地方にしては珍しい暴風雨が渾身の力で祝ってくれたわ。一夜明けると何もなかったかのような青空。2カ月ぐらい前に娘がこっちでバイトしてた時もらってきた朝顔の種をテキトーに蒔いて、テキトーに水やってただけだけど、今ごろ1つだけ咲いてた。こういうの見ると、あぁ、... [続きを読む]