クラウン さん プロフィール

  •  
クラウンさん: ドイツ好きなクラウン
ハンドル名クラウン さん
ブログタイトルドイツ好きなクラウン
ブログURLhttp://crown.naganoblog.jp/
サイト紹介文ドイツ大好きなクラウンがドイツのこと仕事の事など、思うままに書いています
自由文仕事の事(果樹園経営)、海外グルメの事、ちょっとエコな事 等
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/06/09 21:31

クラウン さんのブログ記事

  • 剪定枝
  •  冬季の私の主な仕事は、剪定作業です。 2か月をかけて、果樹園の枝を誘引したり、余分な枝を取り除いて、生産性の高い果樹園にする為の大切な作業です。 長期の作業なので、切除された枝の量も膨大になります。 小枝は、畑で炭焼きを行い、出来た炭は畑に還元してやります。  炭は、微生物の棲みかとなりより良い土壌のもととなり、結果 より美味しい果物の生産に貢献してくれます。今年は、剪定枝の量が多く、小枝だけで [続きを読む]
  • アップルワイン
  •  2015年から商品化したアップルワイン 画像撮影を行いました。 詰合せ用の箱の試作品が上がってきました。詰合せにするからには、種類が必要  現在3種類のラインアップ ①:2015 サンフジ②:2016 秋映③:2016 サンフジ味は、食前酒用の甘口にしております。秋映のワインが自分は気に入っています。ボトルサイズは、飲みきりのハーフボトル画像にはないのですが、業務用の1ℓサイズというのがメインの販売です。今後数年 [続きを読む]
  • 新しい果樹園
  •  クラウン農園がある 千曲市 上山田 八阪地区は、扇状地にあり、果樹園や棚田が混在し、農地が多くを占めています。 特にリンゴの産地であるのですが、後継者不足から栽培者の高齢化が進んでいます。 高齢者といっても、バリバリの現役の人が多く80歳を過ぎても、私より多くの面積のリンゴ園を切り盛りしている強者も何人かいらっしゃいます。   それでも、果樹栽培は重労働なので、高齢を理由にリンゴの樹を伐採する人も [続きを読む]
  • リンゴジュース ピックアップ
  •  加工に出していたリンゴジュースが出来上がりました。 サンフジの量が少なく、量的には例年の20%ほどしかありません。  加工業者さんの都合で、今回からボトルの栓が、王冠からスクリューキャップへと変更になりました。一つの仕様が変わると、それに付随するものも変更となります。①:ボトル外寸が変わったので段ボール箱も変わる。②:付属のプラスチックキャップが不要になるので、ラベル表記を変更しなくてはならず、在 [続きを読む]
  • ワイナリーはしご
  •  2年前から商品化した「アップルワイン」 醸造免許を取得する事は困難なので、ワイナリーさんと試作を重ね、委託醸造で製造していただき、クラウン農園では酒販免許だけを取得して、クラウン農園ブランドのアップルワインとして販売する。 という形をとっています。 昨年10月に仕込んだ「秋映りんご」のワインのビン詰めが完了したので、ピックアップしに伊那ワイン工房さんまで行きました。 高速を使っても、1時間30分ほどか [続きを読む]
  • 剪定作業
  • 冬場の主な仕事は、剪定作業になります。雪が沢山降ると、畑に入れない日が続き、寒い中 屋外作業となるので、快適な環境下での作業とは言えません。 今は、ブドウの剪定が終わって、リンゴの剪定をしています。 ブドウは、長年にわたってクラウン農園のメインの品種であった巨峰がとうとう、今回の剪定で全てなくなってしまいました。 ブドウ栽培を行う限り、巨峰は作り続けるものと思っていました。最後の巨峰の木にノコギリ [続きを読む]
  • 仕事納め
  •  一応 今年度の仕事は、昨日の出荷で終わりという事にしました。 色々とあったものの、終わって見れば 今年も、ブドウ リンゴともに豊作の年でした。 サンフジの収穫の途中の大寒波による降雪では、凍害を覚悟しましたが、幸いにも被害はありませんでした。 ここより、海抜が高く、冷え込みの厳しい地域では、凍害が発生しているので、ギリギリの所だったと思われます。 現在は、畑も片付き ブドウの剪定を開始しており、 [続きを読む]
  • 11月で大雪
  •   11月にこれだけの大雪が降るのは、50数年ぶりとの事です。 ただいま、サンフジりんごの収穫を開始しておりますが、フジは、蜜入りを良くするため、樹で完熟させてから収穫を行います。 ただ、あまり収穫が遅いと、リンゴが凍ってしまうので、12月5日位に収穫を終えるように計画しています。 ちょうどその頃だと、雪も積もらないし、リンゴが凍るほどには気温も下がらないので、ちょうど良かったのですが・・・  今 [続きを読む]
  • 研修を活かす
  •  今年の夏は、経費をかけて、研修旅行に行ってきました。 研修で、得たものを、何らかの形で、クラウン農園の経営に活かさなくては、わざわざ研修に行った意味がありません。  自分の農園に、すぐに取り入れる事が出来るもの、時間のかかるもの、検討すべきもの、さまざまな事を持ち帰ってきましたが、さしあたって、すぐに取り入れられる、お手軽ないくつかの物は、早々に実施してみました。 8月に研修へ行って、9月〜直売 [続きを読む]
  • 直売所DIY final
  •  今年のDIYは、直売所 外装の改装で、春先からチョロチョロと始めて、ブドウシーズンまでに終了というスケジュールで行って来ました。 果物の出荷が始まる9月以降は、DIYに時間をなかなか割く事が出来ないので、リンゴの飾りをつけたところで、今年のDIYは一応終了という事になります。もともとは、車庫用に作ったものが、今では、直売所&作業場として機能してくれています。 外観も今年の作業で、それっぽくなって [続きを読む]
  • 秋映(あきばえ)出荷作業など
  •  りんごの出荷シーズンの到来です。  今は、秋映などの中性種(10月出荷のりんご)の出荷を開始していますが、これから御歳暮用のサンフジまで、どんどん忙しくなって行きます。 そして、一息つく頃がクリスマスというのが、いつものパターンです。秋映リンゴは、例年通りの良い出来です。 この地区は、秋映栽培には本当に良く適しています。 これから、忙しくなるばかりで、除草作業もままならないので、今年も除草作業  [続きを読む]
  • 黄金 ラ・フランス
  •  3年前に接いだ 黄金ラ・フランスが、今年 ようやく初なりしてくれました。 普通のラフランスの樹に黄金ラフランスを接いだので、違いは、一目りょう然 名前のままの外見です。 果実は一回り大きく、普通のラフランスより、さらに美味しいらしいです。 食味がそのとうりの結果だったら、来期に接木でかなり増やそうか?と思っています。  この黄金色は、我々が呼ぶサビというものです。 リンゴでも、ラフランスでもサビ [続きを読む]
  • ブラムリーのアップルパイ(試作)
  •  私は、意志が強いわけではないので、農園経営においては、自分でノルマを課して、それを達成できるように行動するよう心掛けています。(達成できない事が多々あります。) ノルマの一つが、毎年 新商品を作る(ように努める)です。 ノルマといっても、新商品の開発は、楽しい仕事でもあります。 今年は、グラニースミス(品種名)のアップルパイを商品化する予定  昨年の試作では、素晴らしい出来だったので、味的には、 [続きを読む]
  • ぐい飲みテーブル DIY
  •  今年は、ブドウの出荷が短期間だったので猛烈に忙しく、太くて短いブドウのシーズンでした。 毎年 生産量は増やしているのですが、思うほどは増えてくれず、後半では、お得意様の注文に応える事が出来ずに、申し訳ありませんでした。 当園は、リピーターさんメインの形態なので、来年は、新規顧客獲得の為のブドウ狩りは行わない予定です。 来期は、ホームページからブドウ狩りは消える事になりますが、お得意様は、従来通り [続きを読む]
  • 黒系ブドウの御紹介
  •  今年は、ブドウの出来上がりが早く、出荷が猛烈に忙しく、すでに残りのブドウもずいぶん減って、ブドウ園も寂しくなって来ました。 早くも、連休を前にブドウ狩りは締め切りとなってしまいました。 先日ブドウのカタログ用に撮影を行ったので、今回は、黒系ブドウの御紹介①:ナガノパープル  皮ごと食べられる黒の大粒ブドウ 栽培が難しく、裂果が発生する年もあり、主力品種にするのに勇気がいります。 黒色で、皮ごと食 [続きを読む]
  • ブドウ荷作り
  •  クラウン農園は、家族経営で、私たち夫婦で、何とかきりもりしております。 今は、ブドウの出荷で、てんてこまいです。 ブドウは、クール便で発送するのですが、宅配便の集荷が2時までとなっており、限られた時間で量をこなさなくてはならず、ブドウの到着を待っているお客さんがいることは重々 承知しているのですが、すぐに御要望にお応え出来ない場合もあり、御迷惑をおかけする場合もございます。 当園の直売所は、作業場も [続きを読む]
  • 休憩場所 DIY
  •  DIYでコンクリート基礎などを作ると、セメントが余ります。 ただ捨てるのは、もったいないので、細かい所で何かに使うように心掛けています。 先日 駐車場の土留めを作った際にも、コンクリートが余ったので、直売所側面の段差にステップを追加しました。ここは、裏側の目立たない場所なので、仕上げもしないまま放置していたましたが、北側の日陰で、コンクリートが冷たくて気持ち良いのか?愛犬「くろみ」の休憩場所とな [続きを読む]
  • 赤系ブドウの御紹介
  •  当園のブドウの宅配は、様々な品種を混ぜた詰合せセットがメインとなっております。 詰合せの場合、様々な品種のブドウの食べ比べができるのが良いのですが、青系、赤系、黒系の3色のブドウを詰合せる事で、見た目も抜群に良くなり、詰合せの場合は、3色のブドウを入れる事を基本としています。 赤系のブドウは、多くの品種を栽培しています。 それは、赤系ブドウの主力品種を決めきれていない為とも言えます。 赤いブドウ [続きを読む]
  • 青系ブドウの御紹介
  •  ブドウのカタログ用の写真撮影を行いました。 今年の販売品種は、15品種になっており、全品種をDMで御紹介する際、ハガキサイズか、A4サイズのものを同送できれば、良いかな〜と思っています。 本当は、今年に このカタログは出来るはずだったのですが、昨年 撮影した画像が良くなく、今年 再度撮影して来年用に使う事にしました。今日は、青系ブドウ3品種の御紹介①:シャインマスカット  クラウン農園では、栽培面 [続きを読む]
  • 直売所 DIY-10
  •  ブドウ園がオープンしました。 午前中は、ブドウの収穫&荷作り 接客 午後は、農作業というのがこの時期のパターンです。 直売所の改装は、ほぼ終了しましたが、残工事が、あと2割ほど残っています。 空き時間で、これをちょろちょろと進めて行く予定。 今日は、この前制作しておいた、花壇用プランターを納める木箱を取り付けました。2階のテラス部分に3箱取付け、夏の間に育成していたプランターも、寸法通りに納まっ [続きを読む]
  • ブドウ園 オープン
  •  今日から、ブドウ園 オープンとなりました。今は、ぎっしりと実っているブドウですが、一ヵ月で出荷を終えて葉っぱだけの姿になります。実が付いている間は、養分を実に送り、収穫が終わって、葉が落葉するまでの間に、自分用に来年の養分を蓄えます。我々 子育て世代と、ブドウの生態は、何となくダブル部分があります。 さて、私の仕事ですが、冬〜夏までは、果樹 相手ですが、秋の果樹園がオープンしている間だけは、農家 [続きを読む]
  • 夏ばて気味の くろみ
  •  今年の夏は、ずーと暑さが続き、クラウン農園の果物は、豊作になりそうです。 夏が暑いと、果物は甘くなる傾向にあり、仕事は大変ですが、暑さは歓迎です。 我家のアイドルは、毛皮を着ているので、暑い日中は、バテバテです。 日中は、ウッドデッキのブドウ棚の日陰で、お昼寝が日課となっています。 一方 自分は、バテている余裕もなく、明日のブドウ園の開園に向けて、DIY等 ラストスパートで準備して来ました。 と [続きを読む]
  • 直売所 オープン準備 
  •  ブドウ園のオープンを9月1日に予定しています。 同時に直売所もオープンしないとまずいのですが、今年は、直売所の外装工事をDIYにて行っており、それが未だ完了しておりません。 大体のところは、終わっているので、細かい所のDIYは後回しにして、今日から直売所の中を片付けて、1日のオープンに間に合わせる段取りを行っている所 とりあえず、外装工事は、大きな部品は取付け終えて、看板も付いたので、まあ何とか [続きを読む]
  • サンヴェルディー
  •  青系の皮ごと食べられるブドウで、大粒になります。 青系ブドウと言えば、シャインマスカットが主流ですが、それよりも早く収穫開始出来るという事で、クラウン農園では、1本だけ栽培しております。 昨年 初なりして、今年が2回目の収穫となりますが、まずまずの粒の伸びになってくれて、今年から贈答での出荷も出来そうです。 去年は、この品種 大丈夫か?という感じでしたが、今年の出来だと、これなら行けるに、評価が [続きを読む]
  • 駐車場 拡幅工事
  •  直売所のお客さん用の駐車場を、ここ5年間ほど拡幅してきていますが、ようやく最終形に近い所まで拡幅が完了しました。 この土地は、三角形で、3面を道路に囲まれています。 駐車は、旧県道側のみからしか入れませんでしたが、今年は土を盛って、県道側かわも入る事が出来るようになり、これにより、駐車スペースも、かなり増やす事が出来ました。 後は、ガードレールの撤去ですが、役所に書類を提出して許可が下りてからな [続きを読む]