押し花アート・ポケット さん プロフィール

  •  
押し花アート・ポケットさん: 押し花アート・ポケット 内山実枝子のひだまり日記
ハンドル名押し花アート・ポケット さん
ブログタイトル押し花アート・ポケット 内山実枝子のひだまり日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/osibanaartbox_1954
サイト紹介文色々なジャンルの押し花作品を、フォトアルバムでご覧いただけます。
自由文名古屋・豊田・尾張旭で押し花教室を開いています。内山実枝子の作品の他に、生徒さんの作品も紹介します。日々の出来事、家族、健康、また散歩写真のほか、愛犬コーギーも時々登場します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2011/06/10 15:20

押し花アート・ポケット さんのブログ記事

  • 手毬(押し花)と日々の出来事
  • 手毬シリーズです。 M・Aさん台紙に、金の絵の具や墨などで、流れを描くパターンが多いのですが、花材で流れや動きを表現することもできます。MAさんは、ソテツの新芽のカーブを活かして作画されました。昨夜は、久しぶりに、娘夫婦と一緒に食卓を囲みました。↓食後には、誕生日が近い娘に、サプライズのケーキでお祝いをしました↓↓ここを して応援してください、更新の励みになりますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 手毬、素敵な和紙で(押し花)
  • 紅葉柄が透かし模様になっている落水和紙を、台紙に使われました。背景の台紙によって、手毬の雰囲気がずいぶん変わりますね C・Iさん  すると大きくなります可愛い手毬が3つ、素敵に出来上がりました。手毬の下の花材の置き方が気になった私。「手毬に、羽が生えて飛んでいくように見えますね・・・?」CIさんは、にっこりほほ笑んで、こたえてくれました。 「ハイ、ポケモンGOをイメージしています。」なるほど、 [続きを読む]
  • パステルセミナー・雪景色作品(押し花)
  • 2017秋・花倶楽部セミナー、パステルで描く雪景色の作品を作りました。  すると大きくなります26額サイズです。サンタクロースは、秋冬限定カタログの花パックを使って作りました。山の上のおうちにプレゼントを届けるサンタさんが一休み・・・といった光景です。パステルの復習、あと残るは《雲流れる青空》ですが・・・。これから年末にかけて忙しくなりそうですから、当分(来年の春?)まで保留にしま〜す↓ここをクリ [続きを読む]
  • 手毬、静と動(押し花)
  • 今までにご紹介した手毬の作品は、流れに乗ったり、道を転がったりと《動き》のあるものでした。今回の手毬は、しっとりと置かれた《静》を感じます。 N・Yさん3つの手毬が光の下に寄り添っています。手毬の脇から横に引いたムベの黒いラインが、《静》を印象付けています。↓ここを して応援してください、更新の励みになりますにほんブログ村  [続きを読む]
  • クラッキングの壺(押し花)
  • 壺は、クラッキング台紙を切り抜いたものです。 K・Mさん  すると大きくなります泉先生のセミナーで教えて頂いた《クラッキング台紙》ですが、思い描いた通りにひび割れないのが、また面白い(笑)KMさんのひび割れは、均一でなく不規則な形をしていますね。そして、壺の丸みを上手に表現されて、見事な《いい仕事》です大きなドッシリトした壺に釣り合うように、お花をたっぷりと活けて、存在感のある作品になりまし [続きを読む]
  • コロコロ転がる手毬(押し花)
  • 個性的な手毬とユニークな作画、なんだか楽しい!  T・Mさん 金の絵の具で描かれた緩やかなカーブを、《川の流れ》と考えて、お花を置くのが一般的です。でも、TMさんの作画の様子を拝見していると、それは流れではなく《道》に見えました。その発想は面白い!イイじゃないですかぁ、手毬が道をコロコロと転がる様子を描いてみましょう・・・ということで出来上がった作品です固定観念に縛られない発想は、少しドキドキして [続きを読む]
  • 手毬、弾けるように(押し花)
  • 教室では、手毬の作品がボツボツ完成してきました。 M・Tさん台紙に描いた金のラインに乗って、手毬が、ポーンと弾けるような、躍動感のある作品になりました。(36額)3つの手毬が、球に見えるよう、とても丁寧に作られています。 *昨日と同様、天井が映り込み、白ボケした画像で残念です ↓ここを して応援してください、更新の励みになりますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 手毬、流れに乗って(押し花)
  • 手毬が、優雅に流れに乗りましたH・Hさん基本の手毬とバリエーションの柄の手毬、どちらも、とてもお上手です。モミジを散らして、これからの季節にピッタリの作品が出来上がりました *天井が映り込んで白ボケした画像になり残念です↓ここを して応援してください、更新の励みになりますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 押し花作品展
  • 地元教室の作品展が始まりました。26額から49額サイズの、可愛いコラージュや、チューリップの花束、本格的な風景画・・等々、バラエティーに富んだ、皆さんの力作25点です。飾りつけをしている時に、ふらりと立ち寄った方から「絵画ですか?」と尋ねられました。「押し花です(^^♪」とお答えすると、ずいぶんビックリされました。会場:豊田市 高橋コミュ二ティーセンター 1階ギャラリー会期:10月24日(火曜日)13:00までお近 [続きを読む]
  • 夕焼けの海(押し花)
  • 2017秋セミナーの《パステルで描く夕焼け》の海バージョンです。↓パステル画が、思っていたよりもイイ感じに仕上がったので、押し花も台紙も、どちらも活かしたいと、欲張りな気持ちになりました。使用花材は、上部にアジアンタムとヘクソカズラ。島は黒いギンポプラの破片(笑)、下部にはクララと(紫の花の名前が?)を入れました。↓ここを して応援してください、更新の励みになりますにほんブログ村 [続きを読む]
  • パステルで描く雪空(押し花)
  • 2017秋セミナー《季節の空をパステルで描く》、今日は、《雪空》を26額サイズで描いてみました。かつて、私が巻紙のセミナー講師をしていた時に、〔パステルで描く冬景色〕のコースがありました。今回は、その時の技法と、新たに教えて頂いたテクニックをミックスして描いてみました。「学んだことを、出来るだけ早く復習しなくては!」と、思うのは、記憶力に自信がなくなっていることもありますが。。。。〔いつの日か、やろう〕 [続きを読む]
  • やめられない、とまらない♪(押し花)
  • やめられない、とまらない、○○○えびせん♪・・ではなく、パステルのことです(笑)2017秋セミナーで勉強した「夕焼け空」、そしてそのバリエーションで描いた《夕陽の海》ですが。。。。。 台紙を眺めるうちに(海に紫色を追加しよう)(雲の影を、もう少し入れてみよう)(シマッタぁ、やり過ぎた・・消しゴムで消そう)。そんなことを繰り返すうちに、ドンドン楽しくなり、やめられない、とまらない(笑)。結果、素人にして [続きを読む]
  • 色紙とミニ色紙(押し花)
  • まだ、初級クラスの生徒さんの作品ですが、楽しみながら、張り切っていらっしゃいます。 k・kさん勉強していただいたのは、ガーベラの押し方・パステルで描くガラスのコップ・キャンパス色紙の密封方・・です。↑ I・Mさん入会されてから、ストラップやシールなど小物づくりが続きました。今回のミニ色紙づくりは、お部屋に飾る作品が出来たと、喜んでいらっしゃいました。↑お二人とも、押し花のすべてが新鮮で、ワクワクさ [続きを読む]
  • パステル&押し花セミナー・夕焼けバリエーション
  • 9月30日に「花倶楽部・2017秋セミナー」を受講しました。私が所属する「中部かきつばた」は、全国に先駆けての開催でした。当日は《夕焼け空の丘》をパステルで描きましたが、講師 伊東先生のバリエーション作品に魅せられて、早速、復習を兼ねて描いてみました。 *黒のチュールのシワを伸ばしてから写せばよかった・・・ 夕焼けの海使用したパステルは、丘のバージョンと同じです。そのうえ、丘に使用した花材と一緒でも、違和 [続きを読む]
  • プライベートな話ですが・・・
  • 先日、私の夫は67才になりました(プライベートなお話で恐縮です)。お嫁さんと孫娘の、まごころ手作りケーキです ↑娘夫婦は、夫の大好物の日本酒と《治一郎のロールケーキ》、そして3日間かけた娘のキーマカレーで祝ってくれました ↑50代のころは「良い人は長生きしないというから、僕はきっと早死にするよ・・。」と、いつも言っていた夫。 *そのあと「君はきっと、亀のように長生きするね!」と付け加えるのも忘れませんで [続きを読む]
  • 花倶楽部2017秋セミナー
  • 今日は《ふしぎな花倶楽部 2017秋セミナー》を受講してきました。講師は、中部かきつばた所属の伊東邦枝先生でした。夕焼けに染まる幻想的な空を、パンパステルで描きます先生のお手本《夕焼け空》↓描いた台紙に、光と影、そして風を感じる押し花の使い方を勉強します↓夕日のバリエーション作品の他、青空と雲をテーマにした《雲流れる丘》、また冬の季節にピッタリの《雪降る公園の片隅》など、今までの風景作品とは違った、新 [続きを読む]
  • 蕎麦打ち体験
  • 地域の皆さんと、蕎麦打ちをしました。昨年に続き2度目のチャレンジですが・・・・結果はやはりまず、名人の蕎麦打ちを目に焼き付けます(気持ちは前向きですが、すぐに忘れてしまいます)手際よく粉を混ぜ、適度な力で(どれくらい?)生地をこねてまとめます。最初の段階は、ずいぶん楽しそうですが。。。↑生地を伸ばして、同じ細さに切ります↑さすが名人の仕事は美しいお昼は、名人が打ったお蕎麦を皆さんと一緒に頂きました [続きを読む]
  • 今日はここまで(押し花)
  • ただ今、制作途上の作品なんですが。。。。イメージはあるものの、遅々として進まぬ情けなさ 画面とにらめっこして、花材を置いたり外したりしているだけで時間が過ぎて行きます。アぁ〜〜疲れたぁ・・今日はここまで!!とりあえず、頭の隅っこに保管することにして、いつか必ず完成させる、させたい、させなくちゃ(笑)↓ここを して応援してください、更新の励みになりますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 彼岸花・ごんの秋まつり
  • 童話「ごんぎつね」の作者、新美南吉も散策したといわれる矢勝川堤の周辺2?にわたって300万本の彼岸花が満開でした。遠くに見えるのは《権現山》今も、南吉が愛した狐たちがいるのかも?↑堤やあぜ道を散策する人で賑わっていましたどの角度から捉えても、真っ赤な彼岸花と稲穂の、赤と緑の美しいコントラストが目に飛び込みます。↑*24日の朝刊に、矢勝川の堤を歩く《彼岸花の花嫁行列》の記事が載ったこともあって、たくさんの [続きを読む]
  • 頑張れ〜!!
  • 今年も、孫娘の運動会の応援に駆けつけました(^^♪月日の経つのは早いものです。Aちゃんは小学2年生になりました。今どきの子供らしく、顔が小さくスラリと伸びた長い脚は、ズングリむっくりの私の孫とは思えません・・・。全校生徒で力を合わせる《大玉送り》。↑転がしたり担ぎ上げたり、運動場に響き渡る笑い声と声援で大いに盛り上がりました!5・6年生で戦う《騎馬戦》。↑孫が参加していなくても、頑張る姿についつい力が入 [続きを読む]
  • 力作ぞろい!(押し花)
  • 今日・明日(23日・24日)に開催される公民館祭に、押し花も出展します(尾張旭市・瑞鳳公民館)皆さんの力作が揃いました!限られたスペースでの展示ですから、チョット窮屈・・もし、スポットライトを浴びて、ゆったりと飾ることが出来たら、どの作品も、さらに光り輝いて見えたことでしょう…(本音です)明日は、押し花はがきの体験会も行いますお近くの皆さん、立ち寄ってご覧いただけたら嬉しいです。押し花以外に、ちぎり絵 [続きを読む]
  • 心を込めてウエルカムボード(押し花)
  • 結婚されるお友達のウエルカムボードを作られました。 T・Mさん  すると大きくなりますお友達からのご依頼は《《可愛らしくね》だったそうです。結婚される若いお二人の、喜びと幸せが画面から溢れるほどに伝わってきます。お祝いにお越しくださる方々が思わず笑みになる・・・、そんな光景が目に浮かぶようです。TMさんの心のこもった、素敵なウエルカムボードになりましたね↓ここを して応援してください、 [続きを読む]
  • さわやかなチューリップの花束(押し花)
  • 爽やかで優しい雰囲気の花束ですね H・Yさん  すると大きくなりますピンクの牡丹の花びらで作ったチューリップ。花びらの色を、多くの方が外側を淡く内側を濃くされますが、その逆もまた素敵です。グリーングラスは、台紙に引っかかるなど扱いにくい花材ですが、その繊細なラインを上手に活かして花束をまとめていらっしゃいます。↓ここを して応援してください、更新の励みになりますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 安曇野にて・・・
  • 先日、台風を心配しながら出掛けた信州ですが・・・・。 ずっしりと実った稲穂が、倒れまいと踏ん張っている畑もありましたが、体感的には、雨風が多少強い程度でホッとしました。↑台風一過の翌朝は、雲間から光が射しこみ、木漏れ日を浴びながら アルプスあずみの公園を気持ちよく散策することが出来ました↓公園内にある、手作り体験コーナーで「赤飯饅頭」を作りました*参加する私たちは、用意された材料を包むだけですが・ [続きを読む]