おさ虫 さん プロフィール

  •  
おさ虫さん: アルコール依存症日記 2009久里浜の夏から
ハンドル名おさ虫 さん
ブログタイトルアルコール依存症日記 2009久里浜の夏から
ブログURLhttp://kurihama.livedoor.biz/
サイト紹介文久里浜アルコール症センター 東6病棟 492期 アルコール依存症日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供232回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2011/06/11 22:23

おさ虫 さんのブログ記事

  • 忘年会の記憶
  •  日本には、一つのお店に長居することはよくないと考える風潮が昔からあります。適当なところで切り上げて次のお店に行くのが当たり前河岸を変えると言うとなんだか粋な感じがしますが、2軒目、3軒目になると記憶がなくなるという経験をした人も多いですよね。 終電で帰ろうとするのも飲むペースを上げることにつながります。終電まであと30分だからあと2杯は飲めるなどと無理をしてしまうからです。また飲み会に遅れて参加して [続きを読む]
  • 認めること
  •  さすがに東京も冷え込みが強くなってきました、かわす挨拶も寒いですねから始まります。 アルコール依存症、飲むことを一生我慢することは過酷です。そして飲酒によって起こる問題を理解しているつもりでも、依存症であることを完全に認めることは、今までの人生を否定することになるので、気持ちを整理する時間が必要だと思います。 治療していく流れの中で、人とのかかわりが大切であることや、謙虚さや感謝の気持ちを持って [続きを読む]
  • 断る、捨てる、離れる
  •  何杯までが正常な飲酒なのか、どこからがいわゆるアルコール依存症なのか。どれくらい飲むとか、飲めるかは聞けば人それぞれの答えがあって、飲めるときは毎日飲むという人もけっこう多い。飲み会とかでは酔っ払いでも、家では全く飲まないという人もいるし。奥が深いというか不思議だよね。 毎日お酒を欠かせない人はふつうに沢山いるし、飲み過ぎは問題だということは分かっていますよね。日々大量のお酒を飲み続けると、アル [続きを読む]
  • ピエモンテ
  •  別に酒が強いわけではなくても何処で誰と何を飲もうかとか、寿司屋なら辛口一献、イタリアンならピエモンテかしら、あの酒はうまいと聞いたけど、実際どうなのだろうと妄想するだけでも楽しいものです。ですが、飲酒には思っているよりも身近なところに依存のリスクがあるのです。 世間一般多くの人達は、自分は依存症とは無縁と考え、問題を過小評価しやすく、忙しく働いている人ほどそんな傾向が強いかもしれません。自己の飲 [続きを読む]
  • 最初の一歩
  •  冬という季節で寒いそれとも年齢のせいなのか、運動不足という生活習慣のなせるわざか。言うまでもなく、その全てが絡み合ってのことで。そう、このところ、随分と代謝が悪くなっているようで。簡単に言うと、ずっと体重が高値安定で御座います。 寒くて動きたくないし、年齢を言い訳にする以前に、やはり生活習慣によるところが大きい。この生活習慣の大元は、わたくしの思考の癖パターンに他ならず。そして思考の癖を変えるに [続きを読む]
  • 怖れと向き合う
  •  やはり今週とか来週あたりで忘年会だという方も多いでしょうね、わかっているだろうけど飲んじゃダメですね。飲めない理由を説明するのが面倒くさいから行かないのが一番かんたんですよね、そうもいかない時は、それなりに、車で行くとかね。 まぁ今年はどうだったか考える時期でもあります。そして自分と向き合うことは勇気のいることです、昔からずっとそのことで悩んでいたように思います。また、他の多くの人がそう感じてい [続きを読む]
  • 飲めばピタリと止まる
  •  アルコールを飲んで楽しい気分になるのは、脳内で快楽を生み出すドーパミンという物質が分泌されるため。毎日飲み続けていると、効きめが落ちてきて少しのアルコール量では分泌されなくなり、徐々に量の増加を必要とするようになる。だから、酒に依存してしまうんですね。 目が覚めアルコールが切れると手足が震え出し、大量の汗をかく。これが離脱症状。この状態から逃れる為に朝酒を飲む。まさに悪循環。そして離脱症状は飲む [続きを読む]
  • わかっちゃいるけどやめられない
  •  最近の忘年会は飲み放題が増えた。飲まない僕らにはうれしくないかもしれないが、左党にとっては、酒代とか周囲の冷たい目線を気にせず遠慮なく注文できる。飲み放題となると、最初はビール、喉が潤ってきたら日本酒&ワイン。そして宴もたけなわになってくると、ハイボールをチェーサー代わりに飲みながら、仕上げに本格焼酎のロックなんてことも。自分にもこんな時代があったんですよ、あぁ飲める人達はいいやねぇ〜 アルコー [続きを読む]
  • プラス思考
  •  人生を幸せに楽しく生きていくためには健康、お金、人間関係が大切。しかし、どれも努力なしで思うような結果は得られません。健康のために食事を考えなければいけなし、お金をもらうためには働かなきゃいけない、人間関係をうまくいかせるためには気遣いが必要だし。幸せになるためには、いろんなことを調整しないといけないのですね。 当たり前への感謝、いつも笑顔でいる、明るい言葉をつかう、自分を喜ばせる、手を合わせる [続きを読む]
  • 定年後のアルコール
  •  人間はみんな長生きになっているから、先行して突っ走った挙げ句に息切れして落ちていくよりも、後半にぐぐっと伸びた方が楽しいと思います、還暦から30年近くある時代ですからね。でも健康寿命というものがあるから、自分で運転してゴルフに行けるのはあと20年は無さそう。それを考えると寂しいものがあります。先輩高齢者に言わせると、だんだんね、体力ないから、とか、気力がもたなくて、とか、自分に言い訳しだすみたいです [続きを読む]
  • くじけない心
  •  紅葉の季節ですね、世間一般の人達はアル中の人を病気だとは知りません。精神病だと思っていないし、ただダラシがない人とみています。まぁダラシないのを改めてまじめになるだけで飲酒問題が消えるのであれば、こんなに楽なことはありませんね。 精神的に脆いことで依存症を患うわけではありませんが、治療ではこの精神面の弱さが悪影響を及ぼす場合があります。アルコール依存症を治すためには断酒が必要です。 これくらいな [続きを読む]
  • 木枯らし1号
  •  木枯らし1号が来ませんね。これから冷たい風とのお付き合いがはじまります、寒いからってポケットに手をいれて猫背に歩くのを防止するため、手袋をして胸を張って歩きましょう。 季節が秋から冬へと変わる時期に初めて吹く北よりの強い風のこと。具体的には10月半ばの晩秋から11月末の初冬の間に、初めて吹く毎秒8メートル以上の北よりの風のことです。冬型の気圧配置があらわれたときに吹きます、冬になった証しです。 寒いし [続きを読む]
  • カボスを搾って
  •  勤労感謝の日、この3連休は大きな天気の崩れもなく晴れが多かったですね。東京の日中は18℃と日中はお日様があたってお散歩日和。今年は暖冬になるようですね、エルニーニョ現象の影響で積雪も少ない見込みだとか、雪が無いと、うれしいやらさみしいやらちょいと複雑な気持ちかな。 紅葉の時期ですね、花見のように散ったら終わりではなく緩やかな色彩の変化が続くような状態できれいで好きなんです。 そして熱燗の季節になる [続きを読む]
  • 泣きたい気持ち
  •  泣きたい気持ちは誰にでもあるものだけど、大人になると人前ではめったに泣けなくなってしまいますね。一般的に男のくせに泣くんじゃないと泣くことを抑圧されて育ちます。女の涙はもっと複雑な立場に置かれています。男ほど泣くことを抑圧されてないけれど、社会に出ればそこはまだまだ男社会でできていますから、女性も男と同じように涙を封印することを求められる空気に満ちています。 男女平等、男女雇用機会均等法、男女共 [続きを読む]
  • シャンクが止まらない
  •  朝晩が寒いと感じる様になって来た、もう暦の上では冬ですからね。地味だった東京の紅葉も、少しは綺麗になって来て、銀杏の街路樹が微妙な色のグラデーションをつけて来ている。近所のメープルストリートもあと2週間ほどで見頃になります。コーヒーを飲みながら物思いに耽るのが似合う季節になりましたが、世間では頭の悪い者には理解出来ずに腹が立つような出来事がゴーンと起きる実感。 まぁ考えてみれば、人生に威張れるよ [続きを読む]
  • 精神的なタフさ
  •  心が弱いとか、弱い精神の持ち主とか、なさけない人がなると思われている場合が多いですね、アルコール依存症は。 でも、アルコールがいけるくちだと信じてやまない人が陥りやすいことが証明されています。二日酔いにはなるけれど、常にお酒を楽しい気持ちで飲むことができていると感じている人などがなりやすいのです。 お酒に強いから周囲の人々の手を煩わせていることに目が向いていません。自分はアルコールで酔い潰れたり [続きを読む]
  • 加齢状況
  •  この時期、同窓会で久しぶりに会った同級生。すんごい老けたなぁという人と、 昔から変わらず若いなぁという人。こんな話ありますよね。 ハゲとかデブは別にして問題は内面の老化です。 内面の老化は見えない分自分では気づきにくいですし、日々の忙しさや疲れなどで後回しになりがちです。 その結果、時間と共に心も老化していきます、心が老化するとどうなるか、それは外面に現れてきます。 つまり人間は内側から老化していく [続きを読む]
  • 北の国から
  •  朝晩が寒いと感じる様になって来た。もう立冬を過ぎて暦の上では冬。熱いコーヒーを飲みながら空想や物思いに耽るのが楽しい季節でもあります。 無条件で平和条約を結ぼう、北方領土問題は条約を結んだ後で。ニュースでは色々言っているけれど、やっとプーチンが平和条約を結ぶ事に本気の雰囲気を出してきましたね。このいきなりの高飛車な申込みは交渉ごとの、彼らのスタイルですから。まず相手の受け入れられない自分有利の意 [続きを読む]
  • 大人になる過程
  •  若い頃、年齢を経れば誰でも自然と大人になるものだと思ってた。年月が経てば誰でも普通に成長するものだと思っていた。20代、いや30代でもそんな甘いこと考えていたんじゃないかな。そしていつしか気づく。 自然になれるわけがないじゃないか。大人になるのも成長するのもきちんとした積み重ねがいる。ちゃんと練習し続けないとうまくならないように、きちんと努力する長い地道な時間がいる。それをちゃんとした人だけ、魅力的 [続きを読む]
  • 夕焼け空
  •  11月も中盤。見渡せば木々が色づいて多摩川の向こうは夕焼け空、深まりゆく秋に心が弾みます。寒さにむかって腰が辛くなっているけれど、まぁ季節の変化を感じる余裕があるだけでも有り難いことですね。断酒継続中のみなさんも出来る出来ないはともかくとして、やりながら気が付いて、しながら身につける。毎日毎日ひとつでも自分の執着心と折り合いがつけられたら、いいよねぇ〜。そうしてその分だけ心が軽やかになっていけば [続きを読む]
  • 自分は違う
  •  ごはん、麺類、甘いものなどの糖質を多く摂る人の脂肪肝が増えています。昔からお酒の飲み過ぎが脂肪肝につながることはよく知られているけれど、これがアルコール性脂肪肝。今、アルコールを飲まない人の間で脂肪肝が増えているのです。糖質の摂り過ぎによって、血中に糖が増えすぎると、インスリンが過剰分泌され、中性脂肪が肝臓に蓄積されてしまうのです。脂肪肝の人の10人に1人が、およそ10年間かけてNASHに進展していくと [続きを読む]
  • 未練タラタラ
  •  お酒を飲んでいても、まだ体が動けていてなんとか生活できているうちは、自分の金で酒を飲んで何か悪いとか、酒で死ねば本望だよなんて威張ってる人が多いです。アルコール依存症のほとんどが、一時期このような考えに落ちいるものなんです。 飲み続けていると、文字通り死を予想したような無謀な飲酒をしたりする。逆に言えばアルコール依存症の患者とは、そこまでしても死ねなかった人でもあります。 死にたい、しかし死ねな [続きを読む]
  • あら還
  •  11月ですね59歳になりました。過ぎ去っていく時間を振りかえれば、その流れの早さに驚くばかりだけど、先を見据えて考えるとマダマダこれからという気持ちでもあります。アルコール依存症という縛りに不安を覚えていることは事実だけど、振り返る過去も、見据える未来も現在の自分を見据えて考えれば、大丈夫と思うしかありません。上を向いて歩かないと。 秋ですね、淡々と日常はすぎてゆくのだけど、生きていくことは暮らして [続きを読む]
  • メルケル
  •  KDDIと楽天が提携すると発表しました。楽天の携帯電話市場への参入で、3社寡占の構造に楽天が挑む構図と思いきや、急転直下、KDDIと組むとのこと。政府による異例の料金値下げ圧力や、同市場の成長余地への厳しい見通しがあるとみられます。中古ブランド品流通最大手のコメ兵と、「コメダ珈琲店」で知られるコメダホールディングスが連携し、コーヒー店敷地内でブランド品を買い取る取り組みも、フリーマーケットアプリ隆盛への [続きを読む]
  • 秋の夜長に
  •  思い返してみれば、よくここまで断酒を続けてきたものだと思う。今でこそ一人孤独に断酒活動をしているけれど、最初のころは久里浜の同期の仲間がお互いに励ましあったりけん制球を投げてきたり、AAにも一緒になって出かけたり。なやかんや廻りに仲間が見え隠れしていました。今の皆はどうしているやら。 飽き性の自分なのに不思議なくらい続いているのが不思議。これも思うに断酒という行為は趣味でもなく、お稽古でもなく、お [続きを読む]