紀州くん さん プロフィール

  •  
紀州くんさん: 和歌山大学教育学部日本史ゼミのページ
ハンドル名紀州くん さん
ブログタイトル和歌山大学教育学部日本史ゼミのページ
ブログURLhttp://wakayamau.blog116.fc2.com/
サイト紹介文和歌山大学教育学部日本史ゼミのブログです。
自由文和歌山大学教育学部日本史ゼミのページです。お気軽にご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2011/06/12 14:37

紀州くん さんのブログ記事

  • 紀州がとりもった日中友好
  • 本日10月23日は、40年前の1978年の同日に日中平和友好条約が発効した歴史的な日だ。紀三井寺境内にはこの日を刻んだ記念碑が建立されている。なぜ紀三井寺なのか。詳しくはテキスト(ミネルヴァ刊の『世界史につながる日本史』)の3章を熟読されたいが、770年に唐僧の為光上人がやってきて建立したという非常に珍しい由緒をもつ大寺だからだ。中国からはパンダが、日本からは為光伝説が、両国友好の礎として役割を果たしたのだ。  [続きを読む]
  • ゼミ室前の廊下 チェ(舌打ちの音)・
  • みひらき2枚4ページぶち抜きの「チェ★ワタナベ」でかい面。今日さっそく現われたから、せめて一言日本史ゼミとか岩瀬千塚古墳とか言え、と説教した。まあいいや、理科の先生だし。それにしても、せっかくの我々のミネルヴァ広報写真が右隅に小さく浮いてしまっ…  ちぇ!★笑これがほんとにゼミ室見納めか。断捨離パーテイー、いい時期にやっておいて正解だった [続きを読む]
  • 7/28・29高大連携歴史教育研究会・大会
  • 先週「高等学校学習指導要領解説」が公開されました。(*下記URLをご覧下さい。 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/1407074.htm「歴史総合」だけでなく「日本史探求」「世界史探求」ともに、『世界史とつながる日本史』が待望されていると思います。紀伊半島の出番。 何度読んでもダラダラくりかえしと「3つの柱」とかの題目と中教審引用ばかりで理解できない。具体例はかなり出ていてイメージ作りは進んでいるよ [続きを読む]
  • はやばや卒業写真 最期のゼミ室にて
  • 和歌山県教採をうけたゼミ生の情報太田城の水攻めが出題されていて、紀州地域史が世界史につながる、という師の教えを「予言」として遵守していてよかった、と。なら来年は(2次諮問かな)間違いなく学校史料「学校の宝物をいかに教材化するのか」だからなと強調しておきましょう。 かならず皆で企画展を熟覧してくるように。 [続きを読む]
  • 県立風土記博の学校宝物展Ⅱオープン
  • 藤森・瀬谷学芸員無事オープンおめでとうございます。吉村君は非常勤出張でゼミ生もあれこれ不在で、オープニングセレモニー一人で参上になりました。もうしわけありません。 場内ちらし等を、福田さん、鈴木達也(和大特任教授)、田城賢司(和高社研事務局長)、稲生淳(紀界研会長)、山口康平(和大付中)らの地域連携枢要教員に配布説明してきました(みな紀界研組)。 鈴木校長が「ダメだなあ中学校」といってたのが印象的 [続きを読む]
  • 今年の七夕は阿テ川荘カーレース
  • 和歌山の七夕は 「2018きのくにラリーin阿弖河」www.kinokunirally.com/?page_id=45夜の運転すこし自信あったら参加したのですけどね…。運転できるゼミ生いないし。有田川町清水商工会は「阿弖河会」を名乗ってます。歴史学的観光マインドを応援よろしく。http://www.kinokunirally.com/?page_id=45きのくにラリーについて | きのくにラリー・ドット・コムきのくにラリーは、年に一回、和歌山県有田郡有田川町清水をスタート、中 [続きを読む]
  • 連休前 本気の一般教養講義
  • システム工学部・観光学部が大半の一般教養講義。あしたはいよいよ、シス工原先生の上げてくれたドローンの撮影成果を用いた実験的講義。前回は学術リポジトリの使い方の講義で、太田城を(松田研究室のアップ)事前に予習してきてもらう。工学部にばかり依存ではもうしわけないので、連休明けには此松さんに来てもらうか。明日の授業、原さんに(念のために)注意事項をFBにて照会したところ。以下の書き込みが。精度については、 [続きを読む]
  • イオン山墜落氏消息
  • To: 海津 先生 Subject: Re:連休前にダメになってないか 海津先生 ご無沙汰しております。 〇〇〇グループ一年目のミクラスです。 2週間泊まりこみの研修を先々週に終え、現在は4月末まで新入社員ミッションということで大阪大学に募集しに行ったり、様々な支部を見学させてもらったりと、関西を奔走しております。 明日も三宮で業務手伝いです。 山村復活したんですね。 新しいゼミがどうなってるか気になりますが、存続して [続きを読む]
  • 4/22奇跡の日 野球部奈良学園戦 IN紀三井寺
  • 太田城の水攻め落城した4・22の本日は、倭寇共和国日本支部(紀州惣国)滅亡の433回忌。今日ナニカアル。昨日4−5惜敗 今日勝つと1-1になり明日も試合?日本家族史休講かTo: 海津一朗 Subject: 明日、球場でお待ちしてます 今日の先発は野山さん、結果は5ー4で負けました。 明日の先発はまだ分かりません。 15時半頃プレイボールだと思います。 球場でお待ちしています。 鳥取マネージャーその3 [続きを読む]
  • 直近卒業生へ近居報告要請
  • >2018/04/21 20:12、wakadayu@ezweb.ne.jpのメール: 卒業生5人宛て 現状報告せよ。  こちらは山村つれて狭山池の学会にいって帰りに新世界のスパーワールド泊まってる。明日は紀三井寺球場に来いと言われてる。 (写真 病気になったブラクスワン)                    海津でした。 その夜のうちに戻ったのは。>海津先生 >おつかれさまです! > >毎日5:00起き5:30発で22:30帰宅。 >7時から21時の14時間ブ [続きを読む]
  • 和大日本史研究者4人衆密会
  • 昨晩は某所にて祝賀会&決起集会。奄美大島の博物館企画にも進出したとの情報も得る。火2の高野山御手印縁起は来週から喜界が島成金の文観登場。南海での研究成果を教えてもらおう。ともあれみなさんお疲れさまでした。 週末は山川均さんの講演。また刺激がもらえるだろう。文観。 [続きを読む]
  • 開講 弘法大師御手印縁起論スタート
  • 古文書演習開講  御手印縁起と後醍醐 後醍醐政権による高野山改革を再考する。元弘勅裁などといわれ、高野山再建の側面のみが強調されているがそうなのだろうか。かつて『神風と悪党の世紀』にて宇佐八幡宮(到津家下剋上)でみた事態が高野山でも勃発していた可能性はないのか。という予断のもとで、建武期の史料を読み直す。先行研究は、ややこしくなるので、池田寿氏の14c社家組織と坂口太郎氏の後醍醐財宝蒐集のみで。 第 [続きを読む]
  • 学術リポジトリに「ませんな大芝居」
  • 今年のマセンナ子ども祭は、岩野ゼミのマドンナのおかげで、なんとかしのぎました。去年は、ゼミの総力をあげた大芝居をしました。このほど、システム工学部知識システム研究室松田憲幸ゼミ&西川コンテンツ制作室長のおかげで、去年の大芝居 紀州惣国の神戦(たけのこまん)和歌山大学・学術情報センターの学術リポジトリに登録されました。ゼミ生皆さんこれトクとご覧いただき、海津ゼミが紀州の地に残したものを反芻してくださ [続きを読む]
  • 海津ゼミオープニング 433回忌の法事
  • あいかわらず斬新なメンバーで。今年の海津ゼミ太田第2公園 別名たけのこまん公園 ゼミ聖地(本日は私は荷物持ち 山村のバック半端なく重い)↑海津ゼミの救世主 撮影者の愛を感じます↓太田城といえばまずはアヒルペットに挨拶を(今日は番犬コリーが出てきてくれなかった)さー、マセンナちゃんと記念撮影タイムだよー。PARADE佳境  小山塚(首塚)の前には和歌山市長が応援演説に ここでご案内です。和歌山大学の [続きを読む]
  • 日本史ゼミの開講の歌
  • 日本史ゼミ 新メンバーでスタートしました。全員で新歓に尽力してくれたことに敬意を表し開講の際「むらの私のせんどさんは今年〇0のおじいさん♪」と敗北宣言しました。だれも知らない唄でした。鈴木達先生はモスラの歌を歌えます。新歓カラオケにてデュエット致しますから乞うご期待を。今年4月のラインナップ〇4/15 13:00 来迎寺 太田城慰霊祭       14:00 こどもみこし(今年は野外劇なし)   マセンナに客 [続きを読む]
  • 新歓ゼミ紹介
  • 白浜合宿で配る冊子用。例年ゼミ生に執筆させるが、とても任せられるのがいないので、震撼紹介に。今年2018年の海津ゼミ(日本史)なぜか5年連続で中学・高校の現役採用(教諭)を出してる「優秀」ゼミ。よくわからないが、歴史学・博物館学の成果に学んで「時代の空気を感じる歴史の実践」をしているのが強みらしい(教員の私的判定)。そこで今年のメニュー・風土記丘学芸員の企画展「学校の宝モノ②」(夏休み)に連携して、学 [続きを読む]
  • 太田小学校連携・出水堤防研究スタート
  • 出水の東側堤防を測量して水攻め攻撃を再検討したい、という附属中学校との2018歴史探訪フィールドワークの課題。 期せずしてシステム工学部の原研究室のご協力を得て、実現に向かって動き出した。「大切なのは謎解きに立ち向かう醍醐味」と教えている手前、リアルタイムで地元の小学生に伝えたい。という海津ゼミの提案が地域連携の鈴木さんを仲立ちとして、太田小学校サイドに受け入れられた。 この3/15・16連日のワダイ勢の出 [続きを読む]
  • 埴輪13人衆への通達
  • 風土記丘にて埴輪焼き実習に参加した13忍。出来上がりはいかがでしたでしょうか。歴史を深く学ぶことの大切さ、時代の空気を感じることの大切さを実感したと思います。作品は教材レプリカ博物館にいただく計画だったのですが、予期せぬ教育学部の移転によって教材博物館が閉室を余儀なくされたので、残念ですが埴輪は自宅待機させてください。なお模擬授業の時はぜひ連れて行くように。海津 [続きを読む]
  • BO-GEN ゼミの最後
  • 花山温泉にて 66期・大団円翌日の富士山望遠 江ノ島にてさらば!海のアウトロー棟梁通達誰か3/2幹事中野をきちんとサポートせよ。追いコンに来ないようなものはゼミを追い出す。ゼミ室も断捨離したし。あと3月のバイトは担当の脱走で人手が足らんから追いコンの時に追加募集するから奮って立候補を。 [続きを読む]
  • 断捨離追いコン 全員束ねて1人分のような
  • 教大協フィールドワークの続き。歴史学と違って地理学は人間の生き方を対象にしていないからおもしろくない。ブラタモリなんかも面白いけど面白くない。ーーという話を、道々奈良教の地理学者の根田さん。若き日は司馬遼太郎のファンだったといい林隆三の雑賀孫市を熱く語っていた。もちろん私へのリップサービスの可能性もあるのだけど。それで気づいた。自分は人間よりも地形のほうが好きのようだ。米軍撮影の実体視が嵩じて東国 [続きを読む]
  • 教大協近畿ブロック社会科部会の主催校
  • 教育養成学部をもつ近畿地区の6国立大学のうち社会科教室の年一度の交流会。研究をめぐる現状と開催校主催のフィールドワークを慣例にする。昨年はうっかり卒論発表会と追いコンをダブルブッキングさせてしまい(事実上の小原送別会)不参加だった。 どこの大学も制度の部分(外堀を埋められている度合い)機密情報片鱗に終始して、生き残りの工夫の部分はまるで見せてくれなかった。同世代の島津さん(会議主担)が、「自分には [続きを読む]
  • 断捨離入試問題
  • 今年の日本史入試問題をみる 第一問 藤原京出現の歴史的意義。中国の都城にならって造営された日本古代の宮都は藤原京にはじまる。その歴史的な意義を6行以内でのべよ 第二問 室町幕府財政について 第三問 異国船打ち払い令 第四問 教育の思想統制について 教育勅語成立の周辺すべて記述式。出題者の顔がしっかりみえて「微笑ましい」。がんばってるなあ、けど採点大変だろうなあ、もちろん東京大学の日本史研究室のお話 [続きを読む]